古今亭菊太楼

落語協会の落語家

古今亭 菊太楼(ここんてい きくたろう、1968年6月28日 - )は、落語協会所属の落語家[1]。出囃子は紀文大尽、紋は「裏梅」[1]

古今亭ここんてい 菊太楼きくたろう
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}古今亭(ここんてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}菊太楼(きくたろう)
古今亭菊太楼定紋「裏梅」
本名 西村にしむら 一郎いちろう
生年月日 (1968-06-28) 1968年6月28日(52歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県
師匠 2代目古今亭圓菊
弟子 古今亭菊一
名跡 1.古今亭菊一
(1995年 - 1999年)
2.古今亭ここんてい菊可きっか
(1999年 - 2008年)
3.古今亭菊太楼
(2008年 - )
出囃子 紀文大尽
活動期間 1995年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
公式サイト 古今亭菊太楼公式サイト

人物編集

1968年(昭和43年)6月28日に長崎県で生まれた後、千葉県で育つ[1]。高校卒業後、早稲田大学商学部に進んだがその後中退[2][3]。1995年(平成7年)5月、2代目古今亭圓菊に入門し、前座名「菊一」。同年8月に鈴本演芸場にて「寿限無」で初高座を踏む[4]。1999年(平成11年)5月に二ツ目に昇進し「菊可」と改名[1]。2008年(平成20年)9月21日に真打に昇進し「古今亭菊太楼」と改名した[1]

趣味は散歩と掃除[1]

略歴編集

弟子編集

  • 古今亭菊一(前座)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 古今亭 菊太楼”. 落語協会. 2019年11月8日閲覧。
  2. ^ 御 縁〈リンク〉”. 落穂会〜早稲田大学落語研究会OB会〜. 2019年11月8日閲覧。
  3. ^ 大和田落語会出演者プロフィール 古今亭菊太楼”. 大和田落語会 date=2016-11-13. 2019年11月8日閲覧。
  4. ^ 菊太楼のご紹介”. 落語家 古今亭 菊太楼公式サイト. 2019年11月8日閲覧。

外部リンク編集