和沙哲郎

和沙 哲郎(わさ てつろう、1954年11月16日 - )は、島根県邑智郡出身のフリーアナウンサー大阪芸術大学放送学科アナウンスコース教授。元・朝日放送[1]アナウンサーで、妻はラジオパーソナリティ阪口佳澄

わさ てつろう
和沙 哲郎
プロフィール
愛称 ダンディ
出身地 日本の旗 島根県邑智郡
生年月日 (1954-11-16) 1954年11月16日(63歳)
血液型 B型
最終学歴 関西学院大学文学部英文科
活動期間 1978年-
ジャンル スポーツ中継
ラジオパーソナリティ
配偶者 阪口佳澄(ラジオパーソナリティ)
出演番組・活動
現在 吹奏楽の時間
ダンディ 歌の旅人
過去 ABCヤングリクエスト
プロ野球中継高校野球中継
備考
2001年~2002年全日本リコーダー・コンクール銀賞受賞。2015年4月から大阪芸術大学放送学科教授に就任。

目次

来歴・人物編集

関西学院大学文学部英文科卒業後の1978年に、アナウンサーとして朝日放送(ABC)へ入社。入社後は、長らくスポーツアナウンサーとして活動した後に、アナウンス部長を務めた。

部長在任中の2003年には、同郷で部下の宮根誠司がフリーアナウンサーへの転身を表明したことを受けて、周りの社員とともに宮根の慰留に努めた(宮根は結局転身)。部長職の退任を機にアナウンサーとしての活動を再開したが、スポーツ実況の第一線からは事実上引退。『ダンディ・エクスプレス』『ダンディ・サタデー/ダンディ・サンデー』など、主にABCラジオの番組でパーソナリティを務めた。ただし2006年8月には、朝日放送の関連会社・スカイ・A東北楽天ゴールデンイーグルス北海道日本ハムファイターズ戦中継(22日・岩手県営野球場、23日・フルキャストスタジアム宮城)で久々に実況を担当している。

特技はリコーダーで、笛吹きの名人。2001年~2002年の全日本リコーダー・コンクールでは、銀賞を受賞した。この他にも、中学・高校時代はブラスバンド部に所属して主にトランペットを担当し、この時は全国大会出場も経験した。大学時代はオーボエ演奏も担当していた[2]。スポーツ中継の担当から退いた後の2011年からは、ABCラジオで『吹奏楽の時間』という番組が定期的に放送されている。

妻の阪口とは、ABCラジオの深夜番組『ABCヤングリクエスト』で同じ時期に出演していたことが縁で結婚。同番組では、担当曜日が異なっていたため、2人で進行したのは1回だけにとどまった(和沙が阪口担当の曜日にパーソナリティ代理で出演)。しかし、結婚後の2007年から2009年までは、『和沙家の食卓』という同局の番組で「夫婦共演」を果たしている。

2014年の誕生日で60歳になったことから、2015年3月31日付で朝日放送を定年退職。退職後は、関西を中心にフリーアナウンサーとして活動するかたわら、大阪芸術大学放送学科の教授として後進の指導に当たっている。

現在の担当番組編集

いずれもABCラジオで放送

  • 吹奏楽の時間(2011年 - )※朝日放送アナウンサー時代の2011年4月と6月に、単発番組として放送。同年7月から月1回の番組としてレギュラー化。2012年4月より毎週放送。
  • ダンディ 歌の旅人(2015年4月4日 - 、毎週土曜日6:30 - 6:45) ※朝日放送からの退職・フリーアナウンサーへの転身後初のレギュラー番組。

過去の担当番組編集

いずれも朝日放送アナウンサー時代

テレビ編集

ラジオ編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 在籍当時は認定放送持株会社移行前の旧・朝日放送
  2. ^ 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年2月刊)より

外部リンク編集