メインメニューを開く

国立病院機構信州上田医療センター

独立行政法人国立病院機構信州上田医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうしんしゅううえだいりょうセンター)は、長野県上田市にある医療機関独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。旧国立長野病院及び旧国立東信病院を統合した独立行政法人国立病院機構長野病院が、2011年4月1日に改称した[1]政策医療分野におけるがん、循環器病の専門医療施設であり、上田市・東御市長和町青木村で構成される上小保健医療圏の基幹病院としての役割を担う。地域医療支援病院の承認を受ける。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 信州上田医療センター
Shinshu Ueda Medical Center.JPG
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構信州上田医療センター
英語名称 National Hospital Organization Shinshu Ueda Medical Center
前身 国立東信病院ほか
許可病床数

420床


一般病床:420床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 森哲夫(院長)
所在地
386-8610
長野県上田市緑が丘一丁目27番21号
位置 北緯36度24分47秒 東経138度15分5秒 / 北緯36.41306度 東経138.25139度 / 36.41306; 138.25139 (信州上田医療センター)座標: 北緯36度24分47秒 東経138度15分5秒 / 北緯36.41306度 東経138.25139度 / 36.41306; 138.25139 (信州上田医療センター)
二次医療圏 上小
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

沿革編集

旧国立長野病院編集

旧国立東信病院編集

  • 1944年(昭和19年)8月 - 日本医療団上田奨健寮創設[2]
  • 1947年(昭和22年)4月 - 厚生省へ移管後、国立松本療養所上田分院発足
  • 1947年(昭和22年)7月 - 国立長野療養所上田分院となる
  • 1950年(昭和25年)4月 - 国立上田療養所となる
  • 1954年(昭和29年)11月 - 伝染病棟併設(上田市他9町村病院組合立)
  • 1961年(昭和36年)4月 - 国立東信病院となる
  • 1976年(昭和51年)4月 - 附属看護学校開設

統合後編集

  • 1997年(平成9年)7月1日 - 国立長野病院と国立東信病院を統合(旧国立東信病院の地)
  • 2001年(平成13年) - 厚生労働省移管
  • 2004年(平成16年)4月 - 独立行政法人化により独立行政法人国立病院機構長野病院となる
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 独立行政法人国立病院機構信州上田医療センターへ名称変更。

診療科編集

主な機能編集

アクセス編集

編集

  1. ^ 長野病院の名称変更について(新名称:信州上田医療センター) 国立病院機構、病院名が変わりました 独立行政法人 国立病院機構 信州上田医療センター。
  2. ^ 国立療養所史研究会『国立療養所史』(厚生省医務局国立療養所課、1975年)132ページによると、建物は明治20年頃に上田遊郭として建てられた建物を日本医療団が買収して座敷を病床にしたものであるという。

外部リンク編集