メインメニューを開く

国立病院機構大阪南医療センター

独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター(どくりつぎょうせいほうじんこくりつびょういんきこうおおさかみなみいりょうセンター)は、大阪府河内長野市にある医療機関。旧名称は国立大阪南病院独立行政法人国立病院機構が運営している。病床数は2009年5月29日現在で520床(一般病床)。政策医療における免疫異常、がん、循環器病、骨・運動器疾患の診療を担う。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 大阪南医療センター
National Hospital Organization Osaka Minami Medical Center.JPG
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター
英語名称 National Hospital Organization Osaka Minami Medical Center
前身 国立大阪病院
国立河内長野病院
国立大阪南病院
許可病床数

520床


一般病床:520床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 竹田清(病院長)
開設年月日 1945年
所在地
586-8521
位置 北緯34度28分21.8秒 東経135度34分18.2秒 / 北緯34.472722度 東経135.571722度 / 34.472722; 135.571722 (大阪南医療センター)座標: 北緯34度28分21.8秒 東経135度34分18.2秒 / 北緯34.472722度 東経135.571722度 / 34.472722; 135.571722 (大阪南医療センター)
二次医療圏 南河内
PJ 医療機関
テンプレートを表示
大阪南医療センター附属大阪南看護学校

大阪南医療センター附属大阪南看護学校が併設されている。地域医療支援病院の承認を受けるほか、地域がん診療連携拠点病院や各種医学会の研修や教育施設に指定されている。

沿革編集

  • 1945年 - 大阪第一陸軍病院(大阪府堺市)が現在地に移転。厚生省の管轄となり国立大阪病院となる。その後、国立大阪病院大阪市東区(現: 中央区法円坂に移転し、現在地の病院は国立大阪病院長野分院となる。
  • 1957年 - 国立河内長野病院となる。
  • 1965年 - 国立大阪南病院に改名。
  • 2004年 - 厚生労働省から独立行政法人国立病院機構に移管され、国立病院機構 大阪南医療センターとなる。

診療科編集

交通アクセス編集

鉄道編集

自動車編集

関連項目編集

外部リンク編集