国道181号

日本の岡山県から鳥取県に至る一般国道

国道181号(こくどう181ごう)は、岡山県津山市から鳥取県米子市に至る一般国道である。

一般国道
国道181号標識
国道181号
地図
総延長 100.3 km
実延長 099.2 km
現道 097.5 km
制定年 1953年指定
起点 岡山県津山市
院庄交差点(地図
主な
経由都市
岡山県真庭市
鳥取県日野郡日野町
終点 鳥取県米子市
公会堂前交差点(地図
接続する
主な道路
記法
国道179号標識 国道179号
国道313号標識 国道313号
国道180号標識 国道180号
国道482号標識 国道482号
国道9号標識 国道9号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
国道181号 起点
岡山県津山市 院庄交差点
国道181号、国道183号 終点
鳥取県米子市 公会堂前交差点

概要編集

 
岡山県津山市中北上
(2020年6月撮影)

起点の岡山県津山市から北西方向へ進路を取り、終点の鳥取県米子市へと続く路線で、途中、岡山県美作地方に当たる真庭市新庄村、鳥取県では西部地区の南側に位置する日野町伯耆町などを経由する路線である。

路線データ編集

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史編集

並行する旧街道編集

岡山県
  • 旧出雲街道[5]

路線状況編集

バイパス編集

 
岸本バイパス
鳥取県西伯郡伯耆町
  • 岸本バイパス(西伯郡伯耆町吉定 - 米子市諏訪)[6]

重複区間編集

 
国道313号との重複
岡山県真庭市江川
  • 国道313号(岡山県真庭市久世 - 真庭市江川)
  • 国道180号(鳥取県日野郡日野町・高尾交差点 - 日野町・塔の峰交差点)
  • 国道183号(鳥取県日野郡日野町・塔の峰交差点 - 米子市・公会堂前交差点(終点))
  • 国道482号(鳥取県日野郡江府町・江尾交差点 - 米子市・公会堂前交差点(終点))

道路施設編集

トンネル編集

  • 四十曲トンネル(しじゅうまがりトンネル)
    岡山県と鳥取県にまたがる県境トンネルで四十曲峠直下を貫く。1968年(昭和43年)に開通[7]

道の駅編集

地理編集

 
鳥取県米子市冨士見町
(2020年6月撮影)

通過する自治体編集

交差する道路編集

岡山県津山市
岡山県真庭市
  • E73 米子自動車道 : 久世IC
  • 国道313号 : 久世 - 三田で重複
鳥取県日野郡日野町
  • 国道180号 : 高尾交差点 - 塔の峰交差点で重複
  • 国道183号 : 塔の峰交差点(米子市まで重複)
鳥取県日野郡江府町
鳥取県米子市

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ a b 2005年3月31日に5町4村が合併して真庭市発足。
  3. ^ 2005年1月1日に2町が合併して西伯郡伯耆町発足。
  4. ^ a b c d e f g 2018年4月1日現在

出典編集

  1. ^ a b 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年11月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況   (XLS)”. 道路統計年報2019. 国土交通省道路局. 2020年6月27日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年11月12日閲覧。
  4. ^   ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ 『出雲街道』 歴史の道”. おかやま歴史発見の道. 岡山県庁土木部道路建設課. 2013年1月11日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 国道181号(岸本バイパス)の事業概要”. 鳥取県西部総合事務所米子県土整備局. 2020年6月14日閲覧。
  7. ^ 鳥取県県土整備部事業のあゆみ (PDF)”. 鳥取県庁. p. 37. 2013年1月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集