メインメニューを開く

城所 英夫(きどころ ひでお、1927年10月4日 - 1997年6月15日)は、日本の俳優劇団俳優座出身。

きどころ ひでお
城所 英夫
生年月日 (1927-10-04) 1927年10月4日
没年月日 (1997-06-15) 1997年6月15日(69歳没)
出生地 日本の旗 日本東京市[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台吹き替え
活動期間 1959年 - 1980年代
主な作品
七人の刑事

目次

来歴・人物編集

1927年(昭和2年)東京市生まれ[1](1930年生まれとも)。

劇団俳優座養成所に第2期生として入団。同期には小林昭二滝田裕介横森久などがいる。

1959年(昭和34年)松竹より『人間の條件 第三部』で映画デビュー。映画、テレビ、舞台で活躍するが、1961年(昭和36年)から放送された、TBSのドラマ『七人の刑事』の中島刑事役が有名。

1997年(平成9年)6月15日、肺癌のため死去。69歳没。

出演作品編集

映画編集

  • 人間の條件 第3・4部(1959年、松竹) - 工藤大尉
  • 青春残酷物語(1960年、松竹) - 刑事一 役
  • 地獄の饗宴(1961年、東宝) - 公卿
  • 非情の男(1961年、松竹) - 山井仙
  • 名もなく貧しく美しく(1961年、東宝) - 取調官
  • 豚と軍艦(1961年、日活) - 王
  • ママのおうちが燃えているの(1961年、松竹) - 弁護士
  • 背徳のメス(1961年、松竹) - 安井
  • 松川事件(1961年、新東宝) - 高倉陪席裁判官
  • 空と海の結婚(1962年、松竹) - 青年紳士
  • 山の讃歌 燃ゆる若者たち(1962年、松竹) - 山岳クラブ員・吉田
  • 100万人の娘たち(1963年、松竹) - 医者
  • 七人の刑事 女を探がせ(1963年、松竹) - 中島刑事
  • 暗殺(1964年、松竹) - 稲葉
  • 七人の刑事 終着駅の女(1965年、松竹) - 中島刑事
  • やさぐれの掟(1965年、松竹) - 刑事B
  • 必殺仕掛人 梅安蟻地獄(1973年、松竹) - 豊五郎

など

テレビドラマ編集

など

吹き替え編集

ラジオドラマ編集

  • 消えてゆく(1960年、LF芸術劇場)
  • シルバー・グレイの空間(1964年、LF芸術祭参加劇)

舞台編集

  • 庭はすべて(1986年、地人会第17回公演)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 城所英夫 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2018年3月10日閲覧。

外部リンク編集