大久保主計家(おおくぼかずえけ)は、江戸時代讃岐国高松藩藩士で、大老職を世襲した家。

概要編集

初代藩主松平頼重の庶弟ともいう大久保公忠が初代。代々の当主は、「主計」「飛騨」「一学」を通称とした。大老は、家老の上に位置する家臣の最高位で、藩政当初は、肥田、彦坂、大久保の3家から大老が出ていたが、後に大久保家が独占することとなった。公忠の血統は5代新蔵で絶え、藩主松平家より頼辰が養子入りし、以降は、事実上藩主一門となった。頼辰は、明和2年(1765年)2月、藩主の命で藩主一門に復帰し、名を頼起と改め、安永9年(1780年)に第7代藩主となる。幕末の当主頼均(大久保協)は、明治2年(1869年)に明治新政府より高松藩大参事に任命された。

歴代当主編集

系図編集

大久保公吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川頼房水戸1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(実父?)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大久保公忠1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼重高松1
 
 
 
徳川光圀水戸2松平頼元額田1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公卓2
 
彦姫守羨3
 
徳川綱條水戸3松平頼侯松平頼芳松平頼常高松2松平頼貞守山1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公敦4
 
 
 
 
 
松平頼豊高松3松平頼煕
 
 
 
松平頼恭高松5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新造5
 
 
愛姫徳川宗堯水戸4松平頼桓高松4松平頼真高松6頼辰6
松平頼起高松7
松平頼昌頼裕7
松平頼裕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川宗翰水戸5
 
 
 
松平頼儀高松8
 
 
 
松平頼格頼郁8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川治保水戸6
 
 
 
松平頼胤高松10松平頼顕
 
 
 
公純9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川治紀水戸7
 
 
 
 
 
 
頼均11
 
 
 
公暉10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
徳川斉脩水戸7松平頼恕高松9徳川斉昭水戸8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

参考文献編集

  • 『増補高松藩記』