メインメニューを開く

大規模マンション(だいきぼマンション)は、日本の高層建築の区分の一つ。一般的に総戸数が300戸[1]を超える住居用集合住宅(マンション)のことである。「大規模」とは、法令では、建築基準法や建築基準法施行令などで、構造部の材料や建築確認に関する条文に定義の記述が見られるが、様々な定義がある。

目次

概要編集

第二次世界大戦後の日本では住宅不足対策の為、日本住宅公団が大規模な住宅供給を実施し、それらは「マンモス団地」と呼ばれた。また郊外丘陵地を開拓したり田園を埋め立てたりして戸建て中心のニュータウンが盛んにつくられていたが、平成に入るころになると、主に民間デベロッパーが主体となり、工場跡地など都心部を中心に大規模マンションが建設されるようになった。人口の都心回帰東京一極集中の加速の要因の一つとなっている。スケールメリット[2]を活かした豊富な共用施設、広大な敷地面積を利用した緑化、認可保育所スーパーマーケット等の利便施設誘致といった点をセールスポイントとして開発される例が多い。

2000年代までは団地型の大規模マンションが多かったが、超高層マンションツインタワーなどの登場で飛躍的に戸数が増えた。現在1位のTHE TOKYO TOWERSは2棟で8000人以上が居住し、北海道夕張市歌志内市などより人口が多い(市町村の人口順位参照)。2位のクレストプライムレジデンスも14棟で合計2500戸、約7500人の計画人口で建設されている。1棟で3000人以上が居住するタワーマンションもあり、一つの自治体に匹敵する人口規模のマンションが多数出現している。なお、マンモス団地と大規模マンションの過渡期には1971年から1988年まで断続的に建てられた志木ニュータウン(3274戸)が象徴的である。

大規模マンションの例編集

 
ザ・東京タワーズ
(東京都中央区)
 
ワールドシティタワーズ
(東京都港区)
 
パークシティ豊洲
(東京都江東区)
 
ザ・タワー&パークス田園都市溝の口
(神奈川県川崎市)

2018年(平成30年)時点での全国の大規模マンション(1980年以降に竣工)の戸数の順位は以下の通り。なお、2019年現在、日本最大の大規模マンションは2008年に竣工した東京都中央区THE TOKYO TOWERS(総戸数2799戸)。

民間の単一事業主による分譲マンション(建築基準法における一団地認定を取得したもの)として日本最大なのは、2007年(平成19年)2月に竣工した東京都港区ワールドシティタワーズ住友不動産)(総戸数2090戸)。

2020年までに完成して、東京オリンピック選手村として使用されたあと、分譲される東京都中央区晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業では4145戸の供給を計画している。

順位 名称 所在 戸数 竣工年 備考
1位 THE TOKYO TOWERS 東京都中央区 2,799戸 2008年 2棟タワー
2位 クレストプライムレジデンス 神奈川県川崎市鶴見区 2,506戸 2015年- 10haに14棟の中層マンション
3位 西武小手指ハイツ 埼玉県所沢市 2,100戸 1977年-1997年 A棟からU棟までの低層マンション
4位 ワールドシティタワーズ 東京都港区 2,090戸 2007年 複数棟のタワー
5位 サンシティ 東京都板橋区 1,872戸 1978年-1980年 AからN棟まである
6位 レイディアントシティ横濱 神奈川県横浜市金沢区 1,805戸 2004年-2006年 11棟のマンション
7位 ザ・パークハウス晴海タワーズ 東京都中央区 1744戸 2013年-2016年 2棟のタワー
8位 パークシティ新川崎 神奈川県川崎市幸区 1,714戸 1988年 高層棟・中層棟の複合
9位 シーアイハイツ和光 埼玉県和光市 1,616戸 1984年 AからK棟までの中層マンション
10位 シティタワーズ東京ベイ 東京都江東区 1,539戸 2019年 3棟のタワー
11位 ガーデンアソシエ 神奈川県横浜市栄区 1,502戸 2004年 13棟の中層マンション
12位 プラウド船橋 千葉県船橋市 1,500戸 2013年 5棟の中層マンション
13位 パークシティ豊洲 東京都江東区 1,481戸 2008年 2棟のタワーと1棟の低層
14位 ユトリシア 千葉県習志野市 1,458戸 2009年 5棟の中層
15位 DEUX TOURS 東京都中央区 1,450戸 2015年 2棟のタワー
16位 パークフィールドみさとテラスウエスト 埼玉県三郷市 1,447戸 1990年 中層と高層マンション
17位 パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワーステーションフォレストタワー 神奈川県川崎市中原区 1,437戸 2008年・2009年 2棟のタワー
18位 YOKOHAMA ALL PARKS 神奈川県横浜市鶴見区 1,424戸 2010年~2012年 AからK棟までのマンション
19位 KACHIDOKI THE TOWER 東京都中央区 1,420戸 2016年 1棟のタワー(1棟では日本最大)
20位 リヴァリエ 神奈川県川崎市川崎区 1,394戸 2012年~2017年 3棟のタワー
21位 東京フロンティアシティ 東京都荒川区 1,313戸 2007年 4棟の中層
22位 ブリリア多摩ニュータウン 東京都多摩市 1,249戸 2013年 AからG棟の中層
23位 ブリリアシティ横浜磯子 神奈川県横浜市磯子区 1,230戸 2013年 13棟の中層
24位 ワンダーベイシティサザン 千葉県船橋市 1,211戸 2007年 4棟の高層
25位 M.M.TOWERS FORESIS 神奈川県横浜市西区 1,206戸 2007年 2棟のタワー
26位 パークシティ武蔵小杉ザ ガーデンタワーズ 神奈川県川崎市 1,205戸 2017年・2018年 2棟のタワー
27位 広尾ガーデンヒルズ 東京都渋谷区 1,181戸 1984年~1986年 中層の複数棟
28位 ザ・タワー横浜北仲 神奈川県横浜市 1,176戸 2019年 1棟、横浜市最高層のマンション
29位 サンマークスだいにち 大阪府守口市 1,163戸 2007年~2009年 3棟のタワーと中層
30位 Wコンフォートタワーズ 東京都江東区 1,149戸 2004年 2棟のタワー
31位 SKYZ TOWER&GARDEN 東京都江東区 1,110戸 2014年 1棟のタワー
32位 アイムふじみ野タワー 埼玉県富士見市 1,108戸 2003年~2005年 2棟のタワー
33位 芝浦アイランド「ケープタワー」 東京都港区 1,095戸 2006年 1棟のタワー
34位 富久クロス 東京都新宿区 1,093戸 2015年 高層棟、低層棟がある
35位 ブリリア有明スカイタワー 東京都江東区 1,089戸 2010年 1棟のタワー
36位 大崎ウエストシティタワーズ 東京都品川区 1,084戸 2009年 2棟のタワー
36位 リエトコート武蔵小杉 神奈川県川崎市中原区 1,084戸 2008年 2棟のタワー
38位 Brillia Mare 有明 東京都江東区 1,081戸 2009年 1棟のタワー
39位 ベイマークスクエア 千葉県千葉市美浜区 1,067戸 1999年~2000年 1棟のタワーと複数の中層
40位 東京テラス 東京都世田谷区 1,036戸 2006年 複数棟の中層
41位 東京ツインパークス 東京都港区 1,000戸 2002年 2棟のタワー
参考
※人口は2018年(平成30年)

なお、183ある村のうち5000人以下は143村、740ある町のうち5000人以下は140町となっている。

脚注編集

  1. ^ 通常のマンションは100戸規模のものが多く、200戸規模でも大規模という呼称が見られる。
  2. ^ 不動産経済研究所の「首都圏マンション管理費調査」によれば高層マンション管理費は割高であるという結果が出ている。

関連項目編集