妹尾直哉

日本のサッカー選手

妹尾 直哉(せのお なおや、1996年8月15日 - )は、三重県津市出身のプロサッカー選手Jリーグガイナーレ鳥取所属。ポジションは、ミッドフィールダーディフェンダー

妹尾 直哉 Football pictogram.svg
名前
愛称 チャッピー
カタカナ セノオ ナオヤ
ラテン文字 SENOO naoya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1996-08-15) 1996年8月15日(25歳)
出身地 三重県津市
身長 172cm
体重 60kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ガイナーレ鳥取
ポジション MF / DF (SB)
背番号 17
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015-2018 ガンバ大阪 0 (0)
2016-2018 ガンバ大阪U-23 74 (12)
2019-2020 AC長野パルセイロ 15 (1)
2021- ガイナーレ鳥取 13 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

来歴編集

地元の三重FCセントロ津南でサッカーを、津ラピドFCでフットサルを始めた。小学校6年時には全日本少年フットサル大会で優勝し、大会ベストプレーヤー賞にも選出された。中学ではサッカーとフットサルの双方において津ラピドFCに所属。2012年よりガンバ大阪ユースに加入。

2014年10月、2015年シーズンからのトップチーム昇格内定が発表された[1](同期昇格は林瑞輝嫁阪翔太平尾壮)。2015年10月7日のナビスコカップ準決勝第1戦アルビレックス新潟戦で、公式戦初出場を果たした。

2016年8月2日、ガンバ大阪U-23として出場したJ3第17節のSC相模原戦でプロA契約に達したことを発表した[2]。U-23ではサイドバックとサイドハーフをつとめ、ユーティリティ選手としてチームに貢献した。

2017年7月2日、第15節の栃木SC戦では2得点を挙げて勝利に貢献した[3]

2018年5月9日、ルヴァンカップ第5節のサンフレッチェ広島戦では途中交代からトップチーム初得点を決めた[4]。2018年シーズン終了後、契約満了によりガンバ大阪を退団。

2019年、AC長野パルセイロへ加入[5]。2020年シーズン終了後、契約満了により長野を退団[6]

2021年、ガイナーレ鳥取へ加入[7]

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 G大阪 26 J1 0 0 1 0 0 0 1 0
2016 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 0 0 1 1 1 0 2 1
2019 長野 7 J3 11 1 - 1 0 12 1
2020 4 0 - - 4 0
2021 鳥取 17 13 2 - 1 0 14 2
通算 日本 J1 0 0 2 1 1 0 3 1
日本 J3 28 3 - 2 0 30 3
総通算 28 3 2 1 3 0 33 4
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 G大23 26 J3 29 3 29 3
2017 18 3 18 3
2018 27 6 27 6
通算 日本 J3 74 12 74 12
総通算 74 12 74 12
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2015 G大阪 26 0 0
2016 0 0
2017 0 0
通算 AFC 0 0

その他の公式戦

出場歴

タイトル編集

クラブ編集

津ラピドFC
ガンバ大阪ユース
ガンバ大阪

AC長野パルセイロ

ガイナーレ鳥取

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集