AFCチャンピオンズリーグ2016

AFCチャンピオンズリーグ2016 (AFC Champions League 2016)は、2002-2003年に第1回大会が行われて以来、14回目(前身大会も含めれば35回目)のAFCチャンピオンズリーグ である。

AFCチャンピオンズリーグ2016
AFC Champions League 2016
大会概要
日程 1月27日-11月26日
チーム数 45 (17連盟)
大会結果
優勝 大韓民国 全北現代モータース (2回目)
準優勝 アラブ首長国連邦 アル・アイン
大会統計
試合数 139試合
ゴール数 357点
(1試合平均 2.57点)
総入場者数 1,793,768人
(1試合平均 12,905人)
得点王 ブラジル アドリアーノ(13点)
最優秀選手 アラブ首長国連邦 オマル・アブドゥッラフマーン
 < 20152017

優勝クラブはFIFAクラブワールドカップ2016への出場権を獲得する。

出場枠編集

46のAFC加盟協会 (国・地域。準会員北マリアナ諸島を除く)は、AFC大会における過去4年間のナショナルチームおよびクラブの実績に基づいてランク付けされ、2015年および2016年のAFCクラブ大会の出場枠が配分されている[1]

地区の割り当て

出場枠の割り当て

  • 各地域に4つのグループステージがあり (1グループは4クラブなので全16クラブ)、12枠は協会別に与えられる直接の出場権により決定、残り4枠はプレーオフで決める。
  • AFCランキングによる各地区の上位12の協会は、AFCチャンピオンズリーグの基準を満たしている限り参加する資格がある。
  • 各地区の6位までの協会は、グループステージで少なくとも1つの出場枠を獲得し、残りの協会はプレーオフ枠だけを獲得する (プレーオフ枠だけを獲得した協会は、AFCカップのグループステージ出場枠も得る)。
    • 東西両地区の上位2協会は3つのグループステージ出場枠と1つのプレーオフ枠を有する。
    • 東西両地区の3位・4位の協会は2つのグループステージ出場枠と2つのプレーオフ出場枠を有する。
    • 東西両地区の5位の協会は1つのグループステージ出場枠と2つのプレーオフ出場枠を有する。
    • 東西両地区の6位の協会は1つのグループステージ出場枠と1つのプレーオフ出場枠を有する。
    • 東西両地区の7位~12位の協会は1つのプレーオフ出場枠を有する。

協会に割り当てられる出場枠の最大数

  • 各協会の出場枠数は、各協会の国内リーグ最上位ディビジョンの総クラブ数の3分の1まで認められる (オーストラリアは最上位ディビジョンであるAリーグの総クラブ数が10なので、基準を満たしていても最高3枠までとなる)。

協会ランキング編集

2016年のAFCチャンピオンズリーグ出場枠は、2014年11月3日に発表されたアソシエーションランキング [2]に従って、協会ごとに出場枠が割り当てられる。これはAFCチャンピオンズリーグとAFCカップの成績、ならびに代表チームの2011年から2013年までのFIFAランキングに基づいてランク付けされたものである。

確定した出場枠は、2014年12月4日に発表された[3][4]

各国協会の評価[5]
基準をクリア
出場枠を認められず


出場枠についての注釈
  1. ^ イラク(IRQ):イラクはクラブライセンスを満たすクラブがなかったため、出場枠なし。同協会が有していたグループステージ出場枠の一つはウズベキスタンに再配分された。
  2. ^ インドネシア(IDN):インドネシアはインドネシアサッカー協会がFIFAからの資格停止処分[6] を受けているため、出場クラブはなしとなった。
  3. ^ オーストラリア (AUS): 本来であれば、ポイントが東西各地区で4位の協会はグループステージ出場2枠とプレーオフ出場2枠を得られるものの、当該協会の最上位リーグのチーム数の3分の1までしか出場枠が認められないため、出場枠が3しか認められなかった(直近のシーズンのAリーグは10チームで実施)。
  4. ^ オマーン(OMA):オマーンはクラブライセンスを満たすクラブがなかったため、出場枠なし。
  5. ^ クウェート (KUW): クウェートはクウェートサッカー協会がFIFAから資格停止処分を受けており、これがエントリー期日まで解けなかったため、参加不可[7]
  6. ^ シリア(SYR):シリアはクラブライセンスを満たすクラブがなかったため、出場枠なし。
  7. ^ バーレーン(BHR):バーレーンはクラブライセンスを満たすクラブがなかったため、出場枠なし。
  8. ^ レバノン(LBN):レバノンはクラブライセンスを満たすクラブがなかったため、出場枠なし。

参加クラブ編集

出場チームは以下のリストの通りとなった[5]

  1. ^ 日本 (JPN): 第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会で優勝したガンバ大阪がリーグ戦で3位以内が確定し、出場権を確定させているため、リーグ4位のFC東京が繰り上げで出場する。
  2. ^ シンガポール (SIN): Sリーグ2015優勝のブルネイDPMMブルネイ・ダルサラームサッカー協会に属するクラブであり、シンガポールの国内リーグを代表して出場する資格を有さないため、Sリーグ2015で2位となったタンピネス・ローバースが出場する。
  3. ^ タイ (THA): 本来はタイ・プレミアリーグ2015 3位のスパンブリーが出場する予定であったが、クラブライセンス要件を満たさなかったため、4位のチョンブリーFCが出場する[8]
 
 
リヤド
 
ジッダ
 
エスファハーン
 
タシュケント
 
ドバイ
 
カタール
 
ソウル首都圏
 
東京首都圏
 
 
東京首都圏 teams
  浦和レッズ
  FC東京(p)


ソウル首都圏 teams
  水原三星ブルーウィングス
  FCソウル
AFCチャンピオンズリーグ2016出場チーム
  西地区
  東地区
(p) プレーオフラウンド

日程編集

2016年度のAFCチャンピオンズリーグの日程は以下のとおりである (組み合わせ抽選会はすべてマレーシアクアラルンプールのAFCハウスにおいて行われる)[9]

区分 抽選日 第1戦 第2戦
予選ステージ 予選1回戦 抽選なし 2016年1月27日
予選2回戦 2016年2月2日
プレーオフステージ プレーオフラウンド 2016年2月9日
グループステージ 第1節 2015年12月10日 2016年2月23-24日
第2節 2016年3月1-2日
第3節 2016年3月15-16日
第4節 2016年4月5-6日
第5節 2016年4月19-20日
第6節 2016年5月3-4日
ノックアウトステージ ラウンド16 2016年5月17-18日 2016年5月24-25日
準々決勝 2016年6月9日[10] 2016年8月23日-24日 2016年9月13日-14日
準決勝 2016年9月27日-28日 2016年10月18日-19日
決勝 2016年11月19日 2016年11月26日

予選プレーオフ編集

プレーオフは、予選1回戦、予選2回戦、プレーオフラウンドの計3回戦制で行われ、プレーオフラウンドに勝利した両地区の8クラブがグループステージに進出する。プレーオフの組み合わせは2015年12月4日に発表された[5]

1回戦編集

2016年1月27日に行われた。

チーム #1 スコア チーム #2
東地区
モフン・バガン   3 - 1   タンピネス・ローバース

2回戦編集

2016年2月2日に行われた。

チーム #1 スコア チーム #2
東地区
ハノイFC   1 - 0   傑志
チョンブリーFC   3 - 2 (延長)   ヤンゴン・ユナイテッド
山東魯能   6 - 0   モフン・バガン
ムアントン・ユナイテッド   0 - 0
(3-0 (p))
  ジョホール・ダルル・タクジム

プレーオフ編集

2016年2月9日に行われた。

チーム #1 スコア チーム #2
西地区
アル・イテハド   2 - 1   アル・ワフダート
ナフト・テヘラン   0 - 2   アル・ジャイシュ
ブニョドコル   2 - 0   アル・シャバーブ
アル・ジャジーラ   2 - 2
(5-4 (p))
  アル・サッド
東地区
浦項スティーラース   3 - 0   ハノイFC
FC東京   9 - 0   チョンブリーFC
アデレード・ユナイテッド   1 - 2   山東魯能
上海上港   3 - 0   ムアントン・ユナイテッド

グループステージ編集

組み合わせ抽選会は2015年12月10日に、クアラルンプールのAFCハウスにて行われた[5][11]。その模様はAFCの公式YouTubeチャンネルでライブ配信された[12]


括弧内の打ち消しされたクラブは抽選時のクラブである

地区 グループ 1 2 3 4
西地区 A   セパハン   アル・ナスル・ドバイ   ロコモティフ・タシュケント   アル・イテハド (PO1勝者)
B   アル・ナスル   ゾブ・アハン   レフウィヤ   ブニョドコル (PO3勝者)
C   パフタコール   アル・ヒラル   トラークトゥール   アル・ジャジーラ (PO4勝者)
D   アル・アイン   ナサフ・カルシ   アル・アハリ   アル・ジャイシュ (PO2勝者)
東地区 E   全北現代モータース   江蘇蘇寧   ベカメックス・ビンズオン   FC東京 (PO2勝者)
F   サンフレッチェ広島   FCソウル   ブリーラム・ユナイテッド   山東魯能 (PO3勝者)
G   メルボルン・ビクトリー   ガンバ大阪   水原三星ブルーウィングス   上海上港 (PO4勝者)
H   広州恒大   シドニーFC   浦和レッズ   浦項スティーラース (PO1勝者)


グループA編集

チーム







  ロコモティフ・タシュケント 6 2 4 0 6 3 +3 10
  アル・ナスル・ドバイ 6 2 3 1 5 4 +1 9
  アル・イテハド 6 2 3 1 9 4 +5 9
  セパハン 6 1 0 5 2 11 −9 3


グループB編集

チーム







  ゾブ・アハン 6 4 2 0 12 2 +10 14
  レフウィヤ 6 2 3 1 7 2 +5 9
  アル・ナスル 6 1 2 3 5 14 −9 5
  ブニョドコル 6 0 3 3 5 11 −6 3


グループC編集

チーム







  トラークトゥール 6 4 0 2 10 3 +7 12
  アル・ヒラル 6 3 2 1 10 7 +3 11
  パフタコール 6 3 1 2 10 9 +1 10
  アル・ジャジーラ 6 0 1 5 2 13 −11 1


グループD編集

チーム







  アル・ジャイシュ 6 3 1 2 6 8 −2 10
  アル・アイン 6 3 1 2 8 6 +2 10
  アル・アハリ 6 3 0 3 10 7 +3 9
  ナサフ・カルシ 6 1 2 3 4 7 −3 5


グループE編集

チーム







  全北現代モータース 6 3 1 2 13 9 +4 10
  FC東京 6 3 1 2 8 8 0 10
  江蘇蘇寧 6 2 3 1 10 7 +3 9
  ベカメックス・ビンズオン 6 1 1 4 6 13 −7 4


グループF編集

チーム







  FCソウル 6 4 1 1 17 5 +12 13
  山東魯能 6 3 2 1 7 5 +2 11
  サンフレッチェ広島 6 3 0 3 9 8 +1 9
  ブリーラム・ユナイテッド 6 0 1 5 1 16 −15 1

グループG編集

チーム







  上海上港 6 4 0 2 10 8 +2 12
  メルボルン・ビクトリー 6 2 3 1 7 7 0 9
  水原三星ブルーウィングス 6 2 3 1 7 4 +3 9
  ガンバ大阪 6 0 2 4 4 9 −5 2


グループH編集

チーム







  シドニーFC 6 3 1 2 4 4 0 10
  浦和レッズ 6 2 3 1 6 4 +2 9
  広州恒大 6 2 2 2 6 5 +1 8
  浦項スティーラース 6 1 2 3 2 5 −3 5


ノックアウトステージ編集

  ラウンド16 準々決勝 準決勝 決勝
                                             
   FC東京 2 0 2  
   上海上港 (a) 1 1 2  
     上海上港 0 0 0  
     全北現代モータース 0 5 5  
   メルボルン・ビクトリー 1 1 2
   全北現代モータース 1 2 3  
     全北現代モータース 4 1 5  
     FCソウル 1 2 3  
   浦和レッズ 1 2 3 (6)  
   FCソウル (p) 0 3 3 (7)  
     FCソウル 3 1 4
     山東魯能 1 1 2  
   山東魯能 (a) 1 2 3
   シドニーFC 1 2 3  
     全北現代モータース 2 1 3
     アル・アイン 1 1 2
   アル・アイン 1 2 3  
   ゾブ・アハン 1 0 1  
     アル・アイン 0 1 1
     ロコモティフ・タシュケント 0 0 0  
   アル・ヒラル 0 1 1
   ロコモティフ・タシュケント 0 2 2  
     アル・アイン 3 2 5
     アル・ジャイシュ 1 2 3  
   レフウィヤ 0 4 4  
   アル・ジャイシュ 4 2 6  
     アル・ジャイシュ 3 1 4
     アル・ナスル・ドバイ 0 0 0  
   アル・ナスル・ドバイ 4 1 5
   トラークトゥール 1 3 4  

ラウンド16編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
西地区
アル・ヒラル   1 - 2   ロコモティフ・タシュケント 0 - 0 1 - 2
アル・ナスル・ドバイ   5 - 4   トラークトゥール 4 - 1 1 - 3
アル・アイン   3 - 1   ゾブ・アハン 1 - 1 2 - 0
レフウィヤ   4 - 6   アル・ジャイシュ 0 - 4 4 - 2
東地区
メルボルン・ビクトリー   2 - 3   全北現代モータース 1 - 1 1 - 2
FC東京   2 - 2 (a)   上海上港 2 - 1 0 - 1
浦和レッズ   3 - 3 (6-7 (p))   FCソウル 1 - 0 2 - 3 (延長)
山東魯能   3 - 3 (a)   シドニーFC 1 - 1 2 - 2

準々決勝編集

準々決勝から決勝までの組み合わせ抽選会は、2016年6月9日に行われた[10][13]。この抽選では、異なるゾーンのチームは決勝まで対戦することはなく、「カントリー・プロテクション (同一協会所属で2チーム以上が勝ち残った場合、当該チーム間の対戦を避ける)」は適用されない。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
西地区
アル・アイン   1 - 0   ロコモティフ・タシュケント 0 - 0 1 - 0
アル・ジャイシュ   4 - 0   アル・ナスル・ドバイ 3 - 0 1 - 0
東地区
上海上港   0 - 5   全北現代モータース 0 - 0 0 - 5
FCソウル   4 - 2   山東魯能 3 - 1 1 - 1

準決勝編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
西地区
アル・アイン   5 - 3   アル・ジャイシュ 3 - 1 2 - 2
東地区
全北現代モータース   5 - 3   FCソウル' 4 - 1 1 - 2

決勝編集

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
全北現代モータース   3 - 2   アル・アイン 2 - 1 1 - 1

二試合合計スコア 3 - 2で全北現代モータースが優勝


AFCチャンピオンズリーグ 2016 優勝
 
全北現代モータース
10大会ぶり2回目

表彰編集

各表彰は以下の通り

選手名 クラブ
最優秀選手   オマル・アブドゥッラフマーン[14]   アル・アイン
得点王   アドリアーノ[15]   FCソウル
フェアプレー賞   アル・アイン[14]

得点ランキング編集

最終結果[16][17][18] ※予選とプレーオフの記録は除外する。

順位 選手 所属 得点
1   アドリアーノ   FCソウル 13
2   レオナルド   全北現代モータース 10
3   ロマリーニョ   アル・ジャイシュ 7
T4   デヤン・ダミヤノヴィッチ   FCソウル 5
  イゴール・セルゲーエフ   パフタコール
  李同国   全北現代モータース
  ドウグラス   アル・アイン
  武磊   上海上港
T9   ダニーロ・アスプリージャ   アル・アイン 4
  ベサルト・ベリシャ   メルボルン・ビクトリー
  エウケソン   上海上港
  ジョー   江蘇蘇寧
  ジエゴ・タルデッリ   山東魯能
  アブデルラザク・ハムダラー   アル・ジャイシュ
  グエン・アン・ドゥク   ベカメックス・ビンズオン

関連項目編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ Revamp of AFC competitions”. AFC. 2014年1月25日閲覧。
  2. ^ AFC MA Ranking as at 3 November 2014 (PDF)”. The-AFC.com. 2014年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月2日閲覧。
  3. ^ AFC Champions League slots allocated for 2015-2016 (PDF)”. AFC. 2014年12月4日閲覧。
  4. ^ Slot Allocation for the ACL 2015-2016 & Number of Participating Clubs in ACL 2015 (PDF)”. AFC. 2014年12月4日閲覧。
  5. ^ a b c d CHAMPIONS GUANGZHOU EVERGRANDE TO LEARN ACL 2016 OPPONENTS” (英語). AFC (2015年12月4日). 2015年12月5日閲覧。
  6. ^ Current allocation of FIFA World Cup™ confederation slots maintained” (英語). FIFA.com (2015年5月30日). 2015年12月27日閲覧。
  7. ^ Suspension of the Kuwait Football Association” (英語). FIFA.com (2015年10月16日). 2015年12月27日閲覧。
  8. ^ ด่วน! "สุพรรณ" แห้ว เอเอฟซีให้สิทธิ์ "ฉลาม" เล่นถ้วยเอเชีย”. MGRSport (2015年12月15日). 2015年12月22日閲覧。
  9. ^ AFC Calendar of Competitions 2016 (PDF)”. AFC. 2016年4月20日閲覧。
  10. ^ a b ACL 2016 quarter-finalists to learn opponents on Thursday” (英語). AFC (2016年6月8日). 2016年6月8日閲覧。
  11. ^ AFC CHAMPIONS LEAGUE 2016 GROUP STAGE DRAW” (英語). AFC (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  12. ^ #AFC Champions League 2016: Official Draw 映像 - YouTube
  13. ^ AFC Champions League draw produces intriguing quarter-final ties” (英語). AFC (2016年6月9日). 2016年6月9日閲覧。
  14. ^ a b OMAR ABDULRAHMAN LANDS AFC CHAMPIONS LEAGUE 2016 MVP AWARD”. AFC (2016年11月27日). 2017年2月2日閲覧。
  15. ^ ADRIANO NAMED AFC CHAMPIONS LEAGUE 2016 TOP SCORER”. AFC (2016年11月27日). 2017年2月2日閲覧。
  16. ^ TOP GOAL SCORERS(GROUP STAGE)”. AFC. 2016年5月5日閲覧。
  17. ^ TOP GOAL SCORERS(Round of 16)”. AFC. 2016年9月28日閲覧。
  18. ^ TOP GOAL SCORERS(Knockout Stage)”. AFC. 2016年11月26日閲覧。

外部リンク編集