メインメニューを開く

姫田 真佐久(ひめだ しんさく、1916年11月19日 - 1997年7月29日[1])は、日本撮影監督である。兵庫県[1]加古川市出身[2]帝国美術学校を中退し、1937年4月日活多摩川撮影所に撮影助手として入社[1]大映でデビューしたのち、日活で活動した[3]今村昌平神代辰巳との仕事で知られている[3]。「戦後の日本映画を代表する撮影監督の一人」とされている[3]

ひめだ しんさく
姫田 真佐久
生年月日 (1916-11-19) 1916年11月19日
没年月日 (1997-07-29) 1997年7月29日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県加古川市
職業 撮影監督
ジャンル 映画

目次

フィルモグラフィー編集

撮影編集

出演編集

著書編集

脚注編集

  1. ^ a b c 山口猛『映画撮影とは何か-キャメラマン四〇人の証言』平凡社、1997年、77-86頁。ISBN 4-582-28235-0
  2. ^ 姫田真佐久 2018年8月17日閲覧。
  3. ^ a b c たむらまさき青山真治『酔眼のまち ゴールデン街』朝日新書、2007年、56-57頁。ISBN 978-4-02-273179-1

外部リンク編集