メインメニューを開く

存在の証明』(そんざいのしょうめい)は、2000年8月2日に発売された角松敏生通算13作目のスタジオ・アルバム。

存在の証明
角松敏生スタジオ・アルバム
リリース
録音 WESTSIDE STUDIO (TOKYO)
WESTLAKE AUDIO (LOS ANGELES)
RIGHT TRACK RECORDING (NEW YORK)
SONY MUSIC STUDIOS (LOS ANGELES)
ジャンル ロック
ポップス
AOR
時間
レーベル IDEAK ⁄ BMGファンハウス
CD:BVCR-11024
チャート最高順位
角松敏生 アルバム 年表
The gentle sex
2000年
存在の証明
(2000年)
1988-1993
(2000年)
EANコード
ASIN B00005EIHN
JAN 4988017096888
『存在の証明』収録のシングル
  1. 愛と修羅
    リリース: 2000年7月5日 (2000-07-05)
テンプレートを表示

解説編集

今まで打ち込み系サウンドが際立っていたが、同アルバムは生の楽器を前面に出した音作りになっている。

収録曲編集

全作詞・作曲・編曲:角松敏生
ホーン・セッション指揮 / ジェリー・ヘイ (4, 5, 10)

  1. 生足の駝鳥 - (3:41)[1]
  2. 夏休み - (4:27)[1]
  3. 愛と修羅 - (4:07)[1]
    コーラス編曲:佐野健二
  4. 煩悩 Rolling Stone - (5:05)[1]
    ホーン編曲:本田雅人
  5. 浜辺の歌 - (2:59)[1]
    ホーン編曲:本田雅人
  6. 10月の愚者 - (4:57)[1]
  7. Hope all goes well - (5:36)[1]
    コーラス編曲:佐野健二
    ジェムケリー「GemCEREY Collection」CMソング[2]
  8. Hold on to love 〜 Nothing I can do for love - (5:00)[1]
    コーラス編曲:佐野健二
  9. 痴漢電車 - (3:53)[1]
    コーラス編曲:佐野健二
  10. 週末 - (4:35)[1]
    ホーン編曲:本田雅人
  11. Flow of Love - (6:02)[1]
    コーラス編曲:佐野健二
  12. 存在への不安と欲望の十二ヶ月 - (6:41)[1]

クレジット編集

スタッフ編集

  • PRODUCED by TOSHIKI KADOMATSU


  • Directed by TETSUO KOKUBU (BEANS)
  • Artist Management : HAJIME URUSHIBARA (BEANS), HIROYUKI SUZUKI (BEANS)
  • A&R : RYUICHI KASHIWAGI (BMG FUNHOUSE)


  • Mixed by STEVE SYKES
  • Recorded by SHINICHI KAWASUMI (MIXER'S LAB), STEVE SYKES, PETER KARAM, TOSHIHIRO "KIM" MASUDA (MIXER'S LAB)
  • Engineering Assisted by MINORU HIROSE (MIXER'S LAB), PABLO MUNGUIA (WESTLAKE AUDIO), SAMIE BARELA (SONY MUSIC STUDIOS), ANDREW FELLUSS (RIGHT TRACK RECORDING), CHINATSU KOIZUMI (MIXER'S LAB), YOSHIKO MORI (MIXER'S LAB), YOSHIO OHIRA (MIXER'S LAB)
  • Mastered by STEVE HALL (FUTURE DISC SYSTEMS)
  • Mixed at SONY MUSIC STUDIOS (LOS ANGELES)
  • Recorded at WESTSIDE STUDIO (TOKYO), WESTLAKE AUDIO (LOS ANGELES), RIGHT TRACK RECORDING (NEW YORK), SONY MUSIC STUDIOS (LOS ANGELES)
  • Mastered at FUTURE DISC SYSTEMS (LOS ANGELES)


  • Studio Management : KOJI KIKKAWA (MIXER'S LAB), STEVE BURDICK (WESTLAKE AUDIO), BARRY BONJIOVI (RIGHT TRACK RECORDING)
  • Equipment Management : HIROSHI YAMADA (BEANS)
  • Equipment Technician : MASAZUMI NAKAYAMA
  • Production Desk : AKIKO SUNADOI (EMERALD SPLASH), KYOKO SUGIURA (EMERALD SPLASH), YUKIKO WATANABE (EMERALD SPLASH), MASAKI YOSHIZAWA (EMERALD SPLASH)
  • Promotion Staff : AKIRA TAKEUCHI (BMG FUNHOUSE), AKIRA TSUJIMURA (BMG FUNHOUSE), YOSHINORI MORINAGA (BMG FUNHOUSE)
  • Sales Promoter : YOSHINORI OHTA (BMG FUNHOUSE), SHIGERU MORIYAMA (BMG FUNHOUSE)
  • Supervisor: HIDEHIKO TASHIRO (BMG FUNHOUSE), HIROMI YOSHIZAWA (BMG FUNHOUSE)
  • LA Recording Co-ordination : KENJI SANO (3G JOOB), HIROKO "CHOCO BOO" SANO (3G JOOB), CLARIS SAYADIAN-DODGE, NAOJU NAKAMURA (MY MUSIC), GOSHI MANABE (TRIGGER), DAVID BURRELL (TROPIX INTERNATIONAL), JUN UMEMOTO, NAOKI TAYA, NOBUAKI NUMAMOTO
  • NY Recording Co-ordination : MEGUMI SATO (GIO), MASASHI NISHIKAWA (GIO)


  • Photography : GEN MURAKOSHI (G.M.R.)
  • Photography Assistant : SACHIKO FUJIWARA
  • Design : JUN KOBAYASHI (LAPIS)
  • Creative Co-ordination : NORIHIKO "ANTHONY" NISHIKAWA (BMG FUNHOUSE)
  • LA Photography Co-ordination : KAZ SHINAGAWA (KAZ COORDINATION), MASA KOBAYASHI (KAZ COORDINATION)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 角松敏生/存在の証明”. TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2018年1月27日閲覧。
  2. ^ 出演:葉月里緒菜

外部リンク編集

SonyMusic