メインメニューを開く

李 載先(り さいせん、イ・ジェソン、이재선、? - 1881年10月28日)は、李氏朝鮮末期の武臣、政治家。

彼は興宣大院君は最初の息子だったが庶子であり[1]興宣大院君の技女妾が産んだ。高宗興親王李載冕は彼の嫡兄弟であった。哲宗末期とき彼は武科に及第し、弟が高宗の朝鮮王即位した後彼は軍官職を歴任した。1874年11月には、摂政にあった興宣大院君がグォルムン出入りを拒否されて権力の座から追放された。しかし彼はずっと軍官を務めた。

1881年 興宣大院君の追放に不満を抱いた興宣大院君の側近は、衛正斥邪と一緒結託して高宗閔妃を廃位させと彼を朝鮮国王に選出しようとした。

1881年8月29日政変2週間前、広州南漢山城の兵士たちが義禁府に報告しており、そして彼の妹婿李允用高宗明成皇后を訪ねて直接暴露した。同年9月3日、政変関係者30人が義禁府の逮捕されと同時に各所で彼も弾劾を受けて、続いた文武高官の弾劾、糾弾の末尾に彼は済州島済州牧に流刑された。政変関係者30人は義禁府の尋問後に斬首型された。1881年10月28日彼は高宗死薬を受けて死刑した。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 구국의 결단? 갑신정변은 최악의 친일 행위! 프레시안 2010.04.23. (朝鮮語)