メインメニューを開く

李 載覚(り さいかく、1874年2月18日 - 1935年5月11日)は、李氏朝鮮末期から大韓帝国期の政治家。宣祖の九男慶昌君朝鮮語版の10世の子孫にあたる。

李載覚
Lee Jae-gak Portrait.jpg
李載覚(1910年、『朝鮮貴族列傳』より)
本貫氏派 全州李氏
没死地 大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮京畿道京城府
配偶者 貞夫人柳氏
子女 李徳鎔
李載覚
各種表記
ハングル 의양군 이재각
漢字 義陽君 李載覺
発音: ウィヤングン・イ・ジェガク
日本語読み: ぎようくん りさいかく
ローマ字 Uiyanggun I Jae-gak(2000年式
Ŭiyangkun I Chae-kak(MR式
テンプレートを表示

目次

生涯編集

完平君李昇応の三男として漢城府に生まれる。光緒17年(1891年)に式年文科に丙科で合格した。以降は秘書監左書郎、中枢院三等議官、侍講院侍読官などを経て、光武3年(1899年)には皇太子侍講院副詹事、弘文館副学士となった。同年に義陽君に進封された後、宮内府特進官に補任された。

光武6年(1902年)にイギリス特命全権大使に任命され、エドワード7世の戴冠式に参席した。

帰国後の光武9年(1905年)には宗正院卿及び日本国特命全権大使となり、7月には韓国赤十字社英語版の初代総裁に就任した。在任中は勲一等太極章をはじめ、大勲李花章・瑞鳳章・大勲金尺章を授与され、日本からも勲一等旭日桐花大綬章を授与された。

日韓併合条約締結後の1910年明治43年)10月16日に、朝鮮貴族として侯爵に列せられた。

死後の評価編集

2002年に発表された親日派708人名簿と、2005年民族問題研究所で親日人名辞書に収録するために整理した親日人名辞書収録予定者1次名簿に選定された。2007年親日反民族行為真相糾明委員会が発表した「親日反民族行為195人名簿」にも選定されている。

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1225号「叙任及辞令」1931年1月31日。
  2. ^ “통감부의 총무장관 쯔루하라 사다키치 등에게 훈장을 주다”《고종실록》. 국사편찬위원회. 1907년 1월 21일. 2015년 4월 10일에 확인함.
  3. ^ “이재각, 이하영, 박제순 등에게 훈장을 수여하다”《고종실록》. 국사편찬위원회. 1905년 3월 19일. 2015년 4월 10일에 확인함.
  4. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  5. ^ “이재각, 이준용, 이해창 등에게 훈장을 수여하다”《순종실록》. 국사편찬위원회. 1910년 8월 27일. 2015년 4월 5일에 확인함.
  6. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。