メインメニューを開く

宮下 伸(みやした しん、1941年11月5日[1] - )は、三十絃演奏家、作曲家。東京生まれ。

5歳より、父である山田流箏曲演奏家・作曲家の初世宮下秀冽より箏曲のてほどきを受ける。1964年東京芸術大学卒業。在学中、安宅賞受賞。NHK邦楽育成会第9期首席修了。NHK「全国今年のホープ」に選ばれる。現在、財団法人日印協会理事。中央教育審議会専門委員。元創造学園大学副学長。元堀越学園理事。宮下伸箏曲研究所主宰。

目次

主な経歴編集

代表委嘱作品編集

文化庁委嘱編集

  • 三十絃と打楽器のための(ひびき)(1978年)
  • 朗唱による箏独奏曲(海のまほろば)(1979年)
  • 三十絃・尺八・歌による(南島)(1995年)

NHK委嘱編集

  • 二面の三十絃と打楽器のための“ひびき”(1972年)
  • 箏組歌六白嬉遊曲(1978年)
  • 回帰(1978年)
  • 八千代獅子変奏曲(1981年)
  • 響の宴(1981年)

国立劇場委嘱編集

  • 響流(1981年)
  • 日本舞踊協会委嘱 祀の中で(1979年)
  • 日本三曲協会委嘱 海流にのって(1993年)

高崎芸術短期大学(創造学園大学)委嘱編集

  • 箏とピアノのための“水琴抄”(1993年)
  • 箏と尺八のための“黄山霧海”(1997年)

高崎市制100周年委員会委嘱編集

  • 箏とオーケストラのための祝楽“煌”(2000年)

著書編集

  • 楽しくひける箏教則本(邦楽社)

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.524

外部リンク編集