メインメニューを開く

宮島 喜文(みやじま よしふみ、1951年7月28日 - )は、日本政治家臨床検査技師細胞検査士自由民主党所属の参議院議員(1期)、財務大臣政務官日本臨床衛生検査技師会会長を2期務めたほか、中央社会保険医療協議会専門委員などを歴任した[1]

宮島 喜文
みやじま よしふみ
生年月日 (1951-07-28) 1951年7月28日(67歳)
出生地 長野県下伊那郡泰阜村
出身校 帝京医学技術専門学校臨床検査学科
前職 日本臨床衛生検査技師会会長
現職 財務大臣政務官
所属政党 自由民主党細田派
公式サイト 宮島よしふみ オフィシャルウェブサイト

選挙区 比例区
当選回数 1回
在任期間 2016年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

目次

経歴編集

長野県下伊那郡泰阜村出身。長野県立阿南高等学校卒業後、帝京医学技術専門学校に進学、臨床検査技師となる道を選ぶ[2]

1972年4月、長野県に入庁[3]。20代から30代は、山間地域の医療を担う長野県立木曽病院阿南病院に勤務。往診の際、患者だけでなく家族の健康状態も尋ねる医師の姿勢に「医療とは、社会を見つめるもの」であると考えるようになったという[4]。その後、長野県立こども病院副院長などを務めた後、2010年に木曽病院に戻り、副院長に就任[3]、自ら立ち上げた医療技術部の部長を兼務、「チーム医療」の強化や人材育成に尽力した[4]2012年日本臨床衛生検査技師会会長に就任、2期を務めた[3]

2016年7月、第24回参議院議員通常選挙に自民党公認で比例区から日本臨床衛生検査技師会の組織内候補として立候補。検査技師会のほか、日本衛生検査所協会日本臨床検査薬協会日本臨床検査薬卸連合会など検査関連団体の支持を幅広く集めて初当選した[5]

当選後、清和政策研究会(細田派)に入会[6]

‪2019年4月8日、栃木県那須塩原市長選立候補のため、財務大臣政務官ならびに参議院議員を辞任した渡辺美知太郎の後任として任命された[7][8]。‬

現在も生まれ故郷の泰阜村に父と母、妻の4人で暮らしており、参院選の際には地元で選挙活動を行っていなかったにも関わらず、同村を含む飯伊地域からは2,264票の得票を得た[2]

政策編集

参院選の際は、僻地医療に従事してきた経験から、「国民の健康を大切にする国づくり」を掲げて選挙に臨んだ。国民皆保険制度を日本が世界に誇る制度としてその堅持を主張している。また、地域医療を支える、地域産業を育てることの重要性を指摘している[2]

脚註編集

  1. ^ 中医協、新たな専門委員が2人就任CBニュース 2015年12月01日
  2. ^ a b c 参院選比例代表の宮島喜文さんに聞く南信州新聞 2016年7月14日
  3. ^ a b c プロフィール宮島よしふみ オフィシャルウェブサイト 2016年7月20日閲覧
  4. ^ a b 技師の人材育成に取り組む 長野県立木曽病院 宮島喜文さん中日新聞 2011年10月18日
  5. ^ 宮島氏が初当選、12万票を獲得「赤石氏からしっかり引き継ぐ」THE MEDICAL & TEST JOURNAL 平成28年7月20日閲覧
  6. ^ 山田宏氏ら細田派入会=自民時事通信 2016年7月14日
  7. ^ 平成31年4月12日『官報』本紙第7489号11ページ
  8. ^ 渡辺美知太郎財務政務官が退任、後任は宮島氏 産経新聞 2019年4月8日配信 2019年4月12日閲覧

外部リンク編集