世界平和統一家庭連合と政界との関係

世界平和統一家庭連合 > 世界平和統一家庭連合と政界との関係

世界平和統一家庭連合と政界との関係(せかいへいわとういつかていれんごうとせいかいとのかんけい)では、世界平和統一家庭連合(世界基督教統一神霊協会、統一教会)と、日本アメリカ合衆国大韓民国を含む各国の政治家政治機構との関係について述べる。

日本の政界との関係 編集

沿革 編集

1960年代 編集

 
岸信介
 
笹川良一
 
児玉誉士夫

1964年7月15日に宗教法人の認可を受けた統一教会は、11月1日、教団本部を世田谷区代沢5丁目から、岸信介が女優の高峰三枝子に返却した渋谷区南平台町45番地(当時の番地)の隣地(500坪)に移転した[1][2][3][4]。このため信者が隣同士になった岸の私邸を訪れるようになり、教団と岸との密接な関係が生まれた[5]

1968年4月1日、統一教会は、岸と笹川良一児玉誉士夫の協力を得て反共イデオロギーを宣布する政治団体「国際勝共連合」を結成した[6][7][8][9]。1970年代初頭からは反共産主義をテーマにした教団主催の集会・イベントを通じて、佐藤栄作青木一男千葉三郎小川半次玉置和郎源田実辻寛一らと関係を結び、自由民主党を中心に政界に浸透していった[10][11]

岸と自民党が統一教会と関係を深めることとなった背景には安保闘争日本共産党の存在があったとされる。岸は1960年に日米安保条約改定を強行採決させたが、10年後に失効を迎えることになっていた。「安保護持」を掲げる岸の懸案は安保法制に反対する左派の存在だったが、70年安保の反対運動は、60年安保を超える国民的な大反対運動に発展することが予想され、共産党の躍進も岸と自民党の懸念材料であった[12]

安保闘争で猛威を奮った全学連新左翼の学生、数万人規模とも噂される共産党の学生組織「民青」に対し、自民党にはそれらに対抗する学生組織がなかった[注 1]。教団は選挙の際には日本共産党攻撃の実働部隊として活躍、自民党との協力関係が続いた。岸が主導した統一教会への接近について、評論家の荒井荒雄は「韓国と文鮮明に国を売り、共産党破壊ではなく日本の幾多の善良の家庭が破壊されるという悲劇を生む結果に至るのである」と厳しく批判している[12][13]

国際勝共連合が設立された1968年に教団は早くも自民党候補者の選挙応援を行った。第8回参議院議員通常選挙に全国区から初出馬した石原慎太郎を支援し[14]、石原はトップ当選を果たした。以後、教団は選挙の応援をするとともに、革新勢力の候補者への選挙妨害もたびたび行った[15]

1970年代 編集

1971年4月の東京都知事選では、再選を狙う社会・共産推薦の美濃部亮吉に対し、自民党は警視総監出身の秦野章を擁立。福祉政策を掲げる美濃部に対し、秦野は災害対策を前面に掲げる「四億円ビジョン」を打ち出した。この選挙では正体不明の団体「東京を災害から守る会」が「大地震がやってくる 核攻撃以上の被害」「迫りくる大地震の恐怖 東京中は焼野原と化す」などの内容のビラを大量にばら撒いており、同団体は秦野の別働部隊ではないかと物議を醸した。選挙後に『週刊新潮』が調査したところ、同団体の代表の男の住所は渋谷区松濤にある統一教会の本部であり、熱海に住む父親に取材すると、男は韓国で合同結婚式に参加した信者であることが判明した[16]

1972年12月の総選挙で自民党が議席を減らし、日本共産党が14議席から38議席に躍進すると、教団はこれを警戒し「救国の予言」キャンペーンを展開した。当時、東京・神奈川・京都・大阪など各地で実現していた革新自治体を敵視し、特に京都府蜷川府政をターゲットにすることを決定。京都府の各地で街宣車を展開するなどの教団信者による激しい反共運動が展開された。

1973年に発行された国際勝共連合の広報誌によれば、勝共連合が主宰する「勝共理論の研究活動」に参加した議員は同年だけで482人であった(この手の研修活動は韓国に渡航して行うものもあったとされる)[10]。また、アメリカ合衆国下院フレイザー委員会の取材を行っていた読売新聞は、米国議会関係者の証言として、最低数人の自民党国会議員が統一教会に入信しているとの情報を得ている[17]

1974年当時、国際勝共連合から自民党への政治献金は1億円以上にも及んでいた。統一教会信者による朝鮮人参茶やの販売、生花の押売り、目的を偽った街頭募金などが原資と見られる。教団がたびたび開催した政治関連のイベントの費用は時に数千万にも及んだが、大半のケースでは教団側が負担した[18]

教団は国会議員のみならず地方議員にも接近をはかっており、学生ボランティアなどを口実に議員に接近し、ビラ配りなどの活動を熱心に行うと言う。このときもダミー団体を表に出して、あくまで旧統一教会の信者であることは隠して接近する。ジャーナリストいのうえせつこによれば、教団が地方議員に接近する主な理由は、議員の支援者名簿の入手や議員とつながりのある富裕層をリストアップして、教団のターゲットを洗い出すことだという[19]

 
松下正寿福田赳夫

1974年5月、帝国ホテルにて教団系のイベント「希望の日バンケット」が開催され、このとき来賓として安倍晋太郎中川一郎倉石忠雄らの自民党議員が出席。当時の大蔵大臣だった福田赳夫は文鮮明を絶賛する短いスピーチを行った[20]

東洋に偉大な指導者現る。その名は文鮮明、ということを聞いて久しいのですが、今日、親しく文先生の教えを聞くことができて、とてもいい晩だったなあという感じです。文先生に『お前たちは神の子である』といわれて、少し偉くなったような気分ですが、それは、そういわれるように国のために一生懸命に働け、ということだと思います。 — 福田赳夫〜1974年5月、帝国ホテルにて[20]

同年9月28日、世界平和教授アカデミーが設立。同団体は1973年5月に文鮮明が韓国で設立した「世界平和教授協議会(세계평화교수협의회)」の日本組織とされる[21][22]。初代会長に元参議院議員の松下正寿が選出された[23][22]

自民党議員は各地で勝共連合後援会を結成し、また地方議員レベルでも「国を守る会」「救国連盟」といった実質的な勝共連合の後援組織が作られた。これらの議員のお墨付きを得た上で国際勝共連合は会社や団体を巡り資金集めを行い、一方で勝共連合側は選挙等で自民党を支援するという共存関係を作り上げていった[10]

1975年4月の東京都知事選挙は社会党・共産党・公明党推薦の現職の美濃部亮吉、自民党推薦の石原慎太郎、民社党推薦の松下正寿の三つどもえの争いとなったが、教団は世界平和教授アカデミー会長の松下[23]ではなく、石原を応援した[24]。国際勝共連合は、石原の選挙費用のうち1億5、6千万円ほどを負担した[注 2]

1976年12月5日に行われた衆院選では、ロッキード事件の対応に抗議する形で自民党を離党した宇都宮徳馬に対し、勝共連合が公示直前に同候補に中傷的な内容の教団紙『思想新聞』の号外をばら撒き、選挙後に宇都宮陣営が思想新聞編集局長を公選法違反で刑事告発する事件が発生した。宇都宮への批判キャンペーンには在日本大韓民国居留民団(民団)も参加し、宇都宮に対し「糾弾活動を凡ゆる手段によって無期限かつ無限界に展開する」と宣言した[15]教団からの選挙妨害について、宇都宮は自身が金大中事件等を巡って韓国政府を批判していたことに触れた上で、教団と朴正煕政権の関係に言及した[26]

完全に朴(正煕)政権とつながっているということですね。朴政権のKCIA、それから日本の癒着した部分とつながっている。だから片方を支援し、片方をやっつける。許しがたい問題だね、ほんとにこれは。アメリカで起こっているのも同じですね。ニクソンを応援したり、フレイザーを妨害したり。許しておけないことですよ — 宇都宮徳馬 〜 勝共連合の選挙妨害を受けて[27]

1976年12月17日、帝国ホテルで教団系のイベント「希望の日実行委員会」が開催され、名誉委員長には岸信介、実行委員長には三菱電機元会長の高杉晋一日本生産性本部会長の郷司浩平らが名を連ねた。会合には船田中増田甲子七石原慎太郎毛利松平中川一郎など自民党議員、元参議院議員の松下正寿が出席し[28]、その他にも数十人の議員が祝電を送った。石原は来賓代表として「敬愛する久保木先生…私は同志として選挙運動を助けてもらいましたが、こんなに立派な青年がいまの日本にいるのかと思った」と久保木修己を絶賛するスピーチを行った[29]

1977年7月、統一教会品川大田支部長の男が選挙違反の疑いで逮捕された。男は都議選・永井辰男候補の運動員だった。別の信者に指示して、品川区内の50戸に同候補の推薦文の載せたはがきを配布させ、報酬として6万円を渡した疑いだった[30]

1970年代には、教団の「原理運動」による学生の学業放棄、家庭崩壊が社会問題化していたが、1977年の第80回国会予算委員会で日本社会党石橋政嗣が、教団による被害を訴える団体が自民党議員に陳情しても「多くは儀礼的な挨拶だけ」であり、『自民党では、この問題はタブーです』と断られた例もあった、と報告している[31]

1978年4月3日の参議院予算委員会で、当時の福田赳夫内閣総理大臣は自民党と統一教会系の国際勝共連合が協力関係にあることを公に認めている。福田首相は「反共という点では同じ考えを持っている」「自民党が協力的関係を持っていたのは事実だ」と述べた。勝共連合から自民党へ多額の政治献金が流入していたことが当時の自治省の資料からも確認できる。1973年には4780万円、1974年には4618万円、1975年は4509万円、1976年は100万円が献金されていた。自民党の勝共連合からの借入金は1672万5千円に及んでいた[32]

1978年4月9日に行われた京都府知事選挙では、教団は国際勝共連合を通じて全国動員をかけて、自由民主党新自由クラブ推薦の林田悠紀夫を支援[6][33]。社共共闘が崩れたこの年の府知事選で、林田は初当選を果たした。元総理府副長官の弘津恭輔は「革新の灯台の火を消した勝共連合」と絶賛した[34]。また、1978年の第84回国会地方行政委員会では、共産党の正森成二が、京都府知事選における勝共連合の杉村敏正陣営に対する演説妨害について報告し、公職選挙法違反に該当する可能性について言及している[35]

1980年代 編集

1984年6月の世界日報事件を機に教団を脱会した元世界日報記者の伊藤達夫によれば、統一教会は選挙に弱い議員を狙って接近する。教団の信者は一人でいくつもの肩書を使い分けており、政治家に接近する場合は、反共政治団体の「国際勝共連合」の名刺を渡す。教団が政治家に接近する理由は複数あり、電話掛けのために渡される名簿を持ち出して霊感商法のターゲットを洗い出すことや、議員秘書としての給与を教団に献金させること、政治家に霊感商法等の経済活動が問題化しないように働きかけるなどの各種の便宜を図ってもらうことだという。教団と近しい議員には重要な役職についているものもおり、自民党国防族の重鎮で、第1次中曽根内閣での防衛庁長官谷川和穂は少なくとも3人の教団信者を秘書としていた。伊藤は秘書を通じて、日本の防衛政策の機密情報が第三国に流出するリスクを指摘し、政治家は自発的に関係を断つべきとの見解を示した[36]

同年11月26日、岸信介は、米国で脱税被疑により投獄されていた文鮮明の釈放を求める意見書をレーガン大統領(当時)に連名で送った[37][38]

1986年7月6日、衆参同日選挙第38回衆議院議員総選挙第14回参議院議員通常選挙)執行。文鮮明はこの二つの国政選挙に際し「日本の金で60億円以上使った」と、2年後の説教で証言している[39]。教団は、肩入れした候補150人のうち134人を当選させた。勝共連合の機関紙は、後にその全員が教義セミナーを受講したと伝えている[40]

1987年の自民党総裁選では、竹下登安倍晋太郎宮澤喜一の3人は投票前日の10月19日に候補辞退届を提出。現職総裁の中曽根康弘が調停役として「後継指名」を引き受けることとなった。文鮮明は、岸信介の娘婿である安倍が中曽根の後継者として首相となることを強く望んでいたが、翌20日、中曽根は総理官邸で竹下を後継に指名した。この「中曽根裁定」への恨みを文は後年繰り返し語っており、1988年2月18日の説教で「中曽根の野郎は今回、裏切った。韓国の政治的な風土に大きな損失をもたらした。あいつが竹下を推していなかったら、安倍が首相になったはずだった」と述べた[39]

霊感商法」と政治の関係も明らかとなっており、1987年の第109回国会法務委員会で、政治家の安藤巖は「霊感商法をやっておる「世界のしあわせ」、「世界のしあわせ北海道」、「世界のしあわせ名古屋」あるいは「世界のしあわせ九州」、「(世界のしあわせ)広島」」といった団体から自民党の保岡興治議員、桜井新議員、亀井静香議員に政治献金がなされており、政治資金報告書によると、わかっている範囲で保岡が400万円、桜井が150万円、亀井が300万円、また自民党の中村文教部会長が国際勝共連合から10万円の政治献金を受け取っていると述べている[41]

1987年6月24日には、霊感商法との関わりが指摘されている霊石愛好会「翡翠の会」が群馬県前橋市で開催したイベントに福田赳夫福田宏一中曽根康弘らの自民党議員が祝電を送っていたことが判明した。毎日新聞の取材に対し、中曽根の事務所は「国際勝共連合の支部からしつこく祝電の依頼があったため打った。別に応援する意図はない」と説明。福田の事務所も「勝共連合から"ぜひ祝電を打ってほしい"と強く頼まれた」とした[42]1987年8月にも、「霊感商法」の卸元の1つだった「世界のしあわせ名古屋」が自民党の小島善吉・静岡県議とともに静岡県警を訪れ、「今後、誤解を招くような商法は一切しない」との説明をしていたことがわかった。小島は「国際勝共連合に頼まれた」としている[43]

1988年、安倍晋太郎は「勝共連合の皆さんには、わが党同志をはじめ大変お世話になっている」「スパイ防止法制定のために積極的に取り組みたい」と発言した。教団と自民党議員の政策や主張には多くの一致点が見られる。教団系の『思想新聞』は自主憲法制定とスパイ防止法を一貫して唱えており、自主憲法制定を訴える大会の記事には、必ず岸信介が登場し「憲法改正!」「マスコミの偏向を許すな!」と叫んだ[44]

1989年、土木建設業の男性を、300万円の報酬で元暴力団組員に依頼し拉致・生き埋めにして殺害したとして元厚木市議の大貫晟司が不法監禁・殺人容疑で逮捕された[45][46]。元市議は統一教会2世信者で地主の父が厚木市内の広大な土地を教会に寄付したことで壮夫会長になり、教団内の地位も高いエリート信者(1965年1月時点の日大原理研委員長に「大貫晟司」の名前があるが当人であるかは不明[47])だった。自民党厚木市議時代に被害者の投書により不祥事が発覚して、市議辞職を余儀なくされて次回の選挙にも落選した[48]

1990年代 編集

教団は信者を議員秘書として派遣することが知られている。当時ジャーナリストとして活動していた有田芳生の調査によれば、1991年当時、自民党の新井将敬東力民社党菅原喜重郎公設秘書が統一教会の信者だったという。私設秘書はさらに多く、自民党の高橋一郎伊藤公介平沼赳夫原健三郎大塚雄司らの議員秘書が信者だったとされ、ある自民党大物議員も「こんなものじゃない。私設秘書だって数十人の規模でいる」と証言していたというほどだった。1990年2月の大塚の選挙活動には数十人規模の信者が関与していたとされ、カンパポスター貼り、他陣営候補者のポスター破り、推薦はがきの宛名書き、演説会の案内状書き、支持依頼の電話などを熱心に行ったという。教団は京都嵐山神戸須磨の関連施設を、信者を議員秘書とするための養成所とし、話し方、接待の仕方、お茶の出し方、受付や名刺交換、電話の応対の作法などを泊まりがけで叩きこんだとされる[49]。このほかにも、勝共連合では「まず秘書として食い込み議員の秘密を握り、次に自ら議員になれ」との指示が下されているという[50]

1990年2月の衆院選で、渡辺美智雄の元秘書(6000双)で、霊感商法でトーカーと呼ばれる霊能師を担当していた阿部令子が旧大阪3区から立候補。阿部は選挙戦中盤で自民党の公認を受けたが、落選した。 1992年11月2日、ホテルニューオータニ大阪で、阿部を応援するイベントが開催され「(女性とは)古い古い付き合い」と公言する自民党の元参議院議員安西愛子が司会を務めた。当時政治評論家として活動していた高市早苗も挨拶を述べ、ほかにも衆議院議員武藤嘉文が講演した[51] 。1993年7月の衆院選にも阿部は立候補するが落選した。

韓国の統一教会で発行された『統一世界』1990年4月号では、文鮮明本人が日本の政治に対する影響力の大きさを自慢する演説の要旨を紹介している[52]

日本の今度の選挙だけでも、私たちが押してあげたのが、百八議席当選しました。今回、私たちが援助しなければ、無所属で出てきた中曽根なんか吹けば飛んだよ。また派閥で見れば、中曽根派は六十二議席にもなって、安倍派は八十三議席です。私がそういうふうに作ってあげたんですよ。この二派閥を合わせるといくつになりますか?それで安倍とか中曽根は、原理の御言を聞け!と言ったら聞きはじめました —  文鮮明の演説より抜粋『統一世界』1990年4月号[52]

1992年3月26日、文鮮明は特例措置で14年ぶりに日本に入国した。この来日に関し、自民党関係者との密接なつながりが見られた。文鮮明は過去に二度来日したが、出入国管理法に違反して宗教活動を行なったため、1979年1981年1982年にわたり、入国を三度拒否されている(米国で1984年に受けた実刑判決の影響との指摘もある[53][54])。副島嘉和によれば、1981年には教団と関連企業「ハッピーワールド」の顧問弁護士だった自民党の高村正彦山崎武三郎に裏工作を依頼したという。表向きは当時東海大学大学院に留学中だった長男の文聖進に面会するためだったが、最終的にビザの発給は失敗した。この異例の来日が実現した背景には自民党副総裁の金丸信の働きかけがあったとされる。来日に協力した自民党代議士として、加藤武徳中山利生相沢英之牧野隆守大塚雄司谷川和穂の名前も挙がっている。

同年3月29日、文鮮明は中曽根康弘と会談し、30日夜には「北東アジアの平和を考える国会議員の会」が主催した晩餐会で、三十一人の国会議員の前で講演を行なった。31日には金丸信と密室で会談した。金丸との会談の内容は主に北朝鮮をめぐるものだったとされ、金日成の親書を金丸側に手渡したとの噂まであった[55][56][57]

1993年6月の東京都議選で、立候補し落選した自民党の佐藤良平派による公選法違反(個別訪問)の捜査で、警視庁は国際勝共連合が組織的に関与したとして、渋谷区宇田川町の本部など数カ所の家宅捜索が行われた[58]

1998年の第143回国会法務委員会で、中村敦夫は、国会議員に対して統一教会やその政治組織などから秘書が派遣されており、多い人は統一教会から一人の議員に、9人もの秘書がついているというようなこともあったと述べた[53]。在任中の法務大臣であった保岡興治が政策秘書として使う信者(1800双)[59]秘書官に登用したことが週刊誌で報じられ[60] 国会で追及を受けたこともある[61]

参議院議員だった西川きよしは自身の秘書が統一教会信者であることが発覚すると、自発的に解任している[62]

2000年代 編集

2002年4月、当時自民党幹事長であった山崎拓が統一教会信者の女性と不倫関係にあり、教団側に国家機密が漏れる危険性があったとされる。山崎と関係があった女性は東京の九段にあるマンションに住んでいたが、彼女は毎週末に八王子にあるアパートの1室に通っており、そこは信者が共同生活をする統一教会の関連施設そのものだったという。有田芳生はこの女性を、二十四時間教団の施設で生活する「献身者」ではなく、普段は働いて週末には施設に通い教義を学ぶ「勤労青年」と呼ばれる信者であり、この女性は自ら政治家に接近し、情報を引き出すための「特別な使命」が教団から課せられた人物であるとし、教団が北朝鮮に近い立場にあることから北朝鮮などに国家機密が流出する危険性を指摘した[63]。また、有田によれば「女性信者が信者獲得や政界に食い込むためのハニートラップのような手段を取ることが少なくない」という[64]。山崎は一連の不倫報道を名誉毀損とし、週刊文春に対し5000万円の損害賠償を請求する訴訟を提起したが、2003年9月、東京地裁は「記事は真実か真実と信じる相当の理由があった」と判断、山崎側の敗訴が確定した[65]

2006年頃に教団関連団体が作成した資料によれば、信者の議員を100人立てることが教団の目標に掲げられており、また、元総理大臣の安倍晋三を信者にすることも関連団体の講義の内容に含まれていた[66]

2006年9月に安倍晋三内閣総理大臣に就任した直後の2006年10月1日付『思想新聞』の見出しには「安倍政権で新憲法制定を」と掲げられた[66]

2008年3月、日韓海底トンネル推進議員連盟自民党衛藤征士郎民主党鳩山由紀夫幹事長、公明党議員、社民党議員ら9人によって設立された[67]

2008年4月11日、朝日新聞が、碧南市長選挙に立候補予定の禰冝田政信が1982年に行われた合同結婚式の参加者であり、全国霊感商法対策弁護士連絡会が禰冝田に公開質問状を送った際、「コメントすべき事項ではない」との回答があったと報じた[68]。にもかかわらず、同年4月20日の選挙で禰冝田は2人の元市議を破り初当選した[69]

同年11月、文鮮明の三男・文顕進が、教団ダミー団体の「天宙平和連合」共同会長として教団系のイベント「グローバル・ピース・フェスティバルジャパン2008」に参加するために来日。14日には、自民党の後藤田正純と会談した。そのほかにも選挙協力などを目当てに自民党議員20数名が参加したとされるが、いずれの議員も否定した。これについて有田芳生は、統一教会が霊感商法等で反社会性が問題視されていることから「出ていても、出たことは否定するでしょうね」としている[70]

2009年9月、衆議院選挙で民主党から出馬した萩原仁を支援した教団関係者が公職選挙法違反で逮捕された[71][72]

2010年代 編集

2010年5月、参院選に向けての山谷えり子への支援ならびに有田芳生への落選運動を通達する教団の内部文書が流出し物議を醸した[73]。翌月には信者による有田に対する選挙妨害が行われた[74]

同年11月6日に国際勝共連合が新宿で行った「沖縄・尖閣諸島をまもれ!緊急国民集会」では、中国の覇権主義への抗議と尖閣漁船衝突事件での国の対応を批判し打倒民主党も呼びかけられた[75]

同年11月21日に行われた松戸市議会議員選挙に、北東京教区足立教会に所属する女性信者が立候補した[76]。女性信者は候補者68人中、64番目の得票数で落選した。

2013年3月7日、統一教会系団体が靖国神社で「戦没者と東日本大震災犠牲者」の慰霊祭を行った[77][78][79]。団体名は「宗教新聞社」および「平和大使協議会」であり、慰霊祭では靖国神社の元宮司・湯澤貞〔湯沢貞〕が「宗教新聞の立場から」と称して挨拶を行った[80]。この慰霊祭は、統一教会が安倍政権と自民党との関係を深める狙いの行動の一つであったと鈴木エイトは見ている[79]神社界創価学会とは異なり、集めることができる献金はごく少なかった[79]。そこで統一教会は、表向きはNPO法人を称して神社に献金(玉串料の納入)を行い、氏子への投票依頼・改憲賛同者署名・募金活動を行うことで、神社界への影響力を高めていったという[79]。なお、全国の神社を統括する神社本庁総長が二人いるなど、神社界には分裂が表れている[79]。神社本庁に詳しいジャーナリストは「神社本庁の事務局には、統一教会の隠れ信者がいると噂される。彼らの教義からすれば、サタンの宗教である神道を分裂させることは理にかなっている」と述べている[79]

教団による落選議員の支援指示があったことも知られている[81]。自民党の萩生田光一2009年第45回衆議院議員総選挙で落選し、学校法人加計学園の運営する千葉科学大学危機管理学部で客員教授を務めていた当時、頻繁に八王子市の教団関連施設を訪れ、何度も挨拶をしたとされる。萩生田は自身を「浪人生」として「政界に戻らせてください」と言っていたとされ、実際に教団からの萩生田への支援として、信者によるビラ配りやポスターの貼り付け、電話掛けなどが行われていたという。TBSの取材に答えた信者は、「萩生田さんを政界に戻すことが、神様の計画というか使命」と教えられていたと語った[82]

2017年5月19日、教団系の放送局「PeaceTV」の番組内において、教団関係者が5月上旬に来日した際に自民党本部を訪問し副総裁の高村正彦田中和徳からの歓迎を受けたこと、京王プラザホテルで開催したシンポジウムで国会議員6人が参加したこと、「日米安保の権威、安倍首相に毎日報告する政府要職者」とも会ったこと、官房長官菅義偉首相官邸に教団関係者を招待したことなどの活動報告がなされた。『週刊朝日』の取材に対し、高村と田中は面会した事実を認めた上で「党本部の要請」があったと証言した。菅は「ご質問中の当議員に関わる事象は、一切承知していません」と回答している[83]

2019年10月、愛知県の2都市(名古屋市常滑市)でそれぞれ大規模なイベントが開催され、4日から6日にかけて韓日米の最高クラスの教団幹部と日本の政治家が交流を深めた。詳細は下記のとおり。

2020年 - 2022年6月 編集

2020年10月の富山県知事選新田八朗は教団から組織な支援を受けた。この選挙では、当初は対立候補の石井隆一の優勢が伝えられていたが、教団の元広報局長で関連団体・世界平和連合の県本部事務局長の鴨野守が主導して後援会の名簿集めを行い、戸別訪問を行った。新田は世界平和連合の名古屋支部長とも面談を行い、滑川市富山市で合わせて3回も信者らを前に演説した。その後、逆転勝利を収めた選挙事務所の会場には鴨野の姿があった。また、鴨野は2021年4月の富山市長選にも関与しており、2021年7月の高岡市長選でも角田悠紀とグータッチする姿が捉えられていた[97]

2021年の衆院選では、教団の関連団体が自民党の複数の議員との間で電話掛けなどの選挙支援と引き換えに、憲法改正などへの賛同を求める事実上の「政策協定」を結んでいた。推薦確認書では、憲法改正や、家庭教育支援法青少年健全育成基本法の制定、LGBT問題・同性婚合法化への慎重な姿勢、日韓トンネル推進、関連団体の平和大使協議会および世界平和議員連合への入会などの条件が記されていた[98]

RKB毎日放送が入手した教団による地元国会議員への選挙支援についての映像では、福岡県久留米市の教団関連施設で教団の渉外部長が、2021年の衆院選・福岡5区で立憲民主党堤かなめに敗れた自民党原田義昭の選挙運動を報告する内容が映されていた。映像では「ここに鳩山二郎先生を迎えて、勝利の報告をしてもらう。また藤丸先生も、(大牟田市の)桑原市議からもうすでにきのう『なんとか藤丸さんを教会に連れて行きます』と約束していただいております」と藤丸敏などの複数の自民党議員の名前が挙がり、教団関係者が選挙運動で得た約6000人分の名簿を今後の信者獲得につなげていくとの趣旨の発言をした[99]

2022年4月、自民党所属の岡山県議・福島恭子が教団系の『世界日報』のインタビューで、自身が素案の作成から成立まで中心的に関わってきた「家庭教育応援条例」について、その狙いについて話した。条例にもある「子供の教育についての、保護者の第一義的責任」を重ねて主張した。また、憲法に「家族条項」がないことについての懸念を述べた[100][101]

2022年7月以降 編集

同年7月の参議院選に際し、自民党所属の参議院議員である青山繁晴は、別の所属議員から「派閥の長」から「旧統一教会の選挙の支援を受けるように」と指示され、断ったことを明かされた。その事実関係を「派閥の長」に問いただしたところ、「派閥の長」は「各業界団体の票だけでは足りない議員については、旧統一教会が認めてくれれば、その票を割り振ることがある」と回答したとされる[102][103]

同年7月6日、第1次安倍内閣で秘書官を務めた井上義行さいたま市文化センターで開催された「神日本第1地区 責任者出発式」に参加。同出発式で神日本大陸会長の方相逸は「井上先生は、もうすでに食口(シック)になりました、私は大好きになりました」と演説した[104][105][106]。安倍晋三はこの年の参院選比例区において、教団の組織票を井上に割り振ったとされる[107][108]

同年7月7日、自民党は、安倍の翌8日の遊説先を長野県から奈良県に急遽変更した[109]ジャーナリスト岩田明子の語るところによれば、同日夜、安倍は岩田の携帯電話に2度電話し、翌日の日程が長野から奈良に変わったことを告げた。「22時27分」着信の通話では、岩田は、井上義行と統一教会の関連性について、安倍に真偽を確認した。岩田によれば、安倍は事実だと認めつつ「大丈夫だから、その件は」と話したがらない様子を示したという[110][111]

同年7月8日、安倍は大和西大寺駅北口付近で銃撃され死亡[注 3]

同年7月29日、福田赳夫の孫で衆議院議員の福田達夫は、自民党の議員が統一教会から支援を受けていることについて、「何が問題なのか僕はよく分かんないです」「お相手の方もだいぶご迷惑なのかなと正直思っております」と述べ、教団の活動をかばった[115][116]

同年8月にTBSが教団との関係について、全国会議員に「旧統一教会の関連イベントに出席したり祝電を送ったりしたことがあるか」と調査を行った結果、「ある」と答えたのは、自民党が60人、日本維新の会が9人、立憲民主党が5人、公明党が1人、参政党が1人だった。選挙支援を受けたことが「ある」と答えたのは、自民党が14人だった。政治献金を受けたのは自民党議員4人と国民民主党玉木雄一郎だった(全国会議員中、回答率は76%)[117]

同年8月13日配信の西日本新聞の記事において、元衆議院議員の原田義昭は教団から選挙支援を受けていたことを明らかにし、「宗教組織はある程度まとまった数がいるから、本当にありがたい。旧統一教会は自民党の思想にも近い」と感謝の気持ちをあらわした[118]

同年9月7日、「世界日報」は沖縄県知事選挙の記事を報道。現職候補の玉城デニーを批判。「佐喜真陣営 振興予算減額に危機感」と見出しに掲げ、自民党衆議院議員の政策報告会で佐喜眞淳が述べた沖縄振興予算に関する発言を紹介するなど、自民・公明推薦の佐喜眞への支持を鮮明にした[119]

同年11月26日、『月刊Hanada』2023年1月号(飛鳥新社)が発売。教団信者の徳島市議会議員の美馬秀夫と、同じく信者でいわき市議会議員の小野潤三は同号で「メディアリンチと民主主義の危機」と題する対談を行った[120]

2023年12月18日、世界日報の公式サイトは「政界一喝」と題する連載コラムを更新。政治資金パーティー収入の裏金問題を取り上げ、「安倍派報道の屈辱に負けるな」と見出しに掲げた[121]。安倍派所属の閣僚4人、副大臣5人は岸田文雄首相によって12月14日に事実上更迭[122][123]されるが、世界日報編集部は「安倍派の99人は無論、政治資金不記載問題を厳に戒め、改めなければならないが、安倍元首相と安倍派の名誉にかけて、その遺志を受け継ぐ有志らによって再起し、日本国のために立ち上がらなければならない」と綴り、安倍派所属の国会議員を激励した[121]

安倍晋三 編集

 
安倍晋三

安倍晋三と教団の関係は、祖父の岸信介、父親の安倍晋太郎の親子三代にわたるものである。2022年7月8日に発生した安倍晋三銃撃事件後の同年7月19日、統一教会元会長郭錠煥は記者会見にて、「文鮮明総裁は岸信介元首相と近かった。安倍晋太郎元外相とも近かったと承知している」と指摘した[124]。また、安倍が説いていた国家像である「美しい国」と、日本統一教会の初代会長であり、国際勝共連合の日本初代会長でもある久保木修己の遺稿集『美しい国 日本の使命』のタイトルとの共通点が指摘されている[125]

英「フィナンシャル・タイムズ」紙もその関係を「近すぎる距離」とし、「祖父・岸信介の時代から、日本の支配者層とメディアが見て見ぬふりをしてきた公然の秘密」と指摘している[126]週刊朝日の報道によれば、統一教会の日本での拡大には、笹川良一児玉誉士夫らのフィクサーと岸信介の尽力が大きかったとしており、父親の安倍晋太郎も「勝共推進議員連盟」に参加していたとされる[127][128]。文鮮明が、アメリカのCIAが創設に深く関与した大韓民国中央情報部の支援のもとにアジアの反共団体の結成に動き[129]、笹川が勝共連合の名誉会長に就任すると、協力関係にあった岸も教団に接近。日本本部は岸がかつて所有していた土地に置かれ、教団は様々な訴追を受けずに済んだ。さらに、教団関係者は自民党の内部にも浸透した[130]カーター政権下の1977年FBIによるレポートなどによると、上記の3者が文鮮明の強大な支援者となり、また文鮮明は日本政府上層部との繋がりを保っていたとしている[131]ジェフリー・ジェムズ・ホールFTなどの取材に対し、反共産主義活動により自民党の有力な支持団体になった統一教会は、のちに安倍晋三の派閥になる岸の派閥を冷戦期に支持していたとしている[132][133]

公安調査庁幹部の菅沼光弘は、高橋浩祐の取材に対し、安倍晋太郎が外相だった時に訪米したときに、アメリカ政界の有力者と晋太郎をつなげたのは統一教会だったと話した[134][135]

週刊文春が紹介する統一教会関係者の証言では、1980年代以降に教団の違法な霊感商法が社会問題化した後も、別名称の「ダミー団体」を次々作ることで、政治家との接点を持っていたとしており、その内の一人が安倍晋三であったとしている[136]

また、文鮮明が設立した米ワシントン・タイムズ紙2011年5月10日付に掲載された意見広告にと共に署名[137]。2010年2月と2012年7月には幹部信者(12双)が代表を務めるシンクタンク「世界戦略総合研究所」で講演[138][注 4]。さらに、『FLASH』誌などは父親の金脈、人脈を継いだため教団とは切るに切れない事情があると報じており[140]、教団内では「安倍先生なくしてみ旨は成就できない」と伝えられる[141]

2006年6月、ジャーナリストの有田芳生は、『週刊朝日』において、安倍と教会の"祖父の代から脈々と続く関係"について「私は以前、安倍さんから統一教会と北朝鮮の関係について聞かれたことがある。そのときは『統一教会が接近してきている。会おうと言われているが断っている』と言っていました。安倍さんは北朝鮮に対して強硬な立場で総裁選も近いということから考えると、少なくとも本人の意思では(前述の祝電を)送っていないとは思います」とコメントしていたが[128]、その後長期安定政権樹立を目指していた安倍は、2013年頃から教団の持つ組織票と無尽蔵の人員を目当てに、一時は距離を置いていた教団に一転して再接近したとされる[142]。宗教ジャーナリスト鈴木エイトは、安倍晋三と統一教会の関係について、「癒着」との表現を用いて極めて密接であったとしている[142]。有田は2022年7月の時点では、「岸信介氏、安倍晋太郎氏、安倍晋三氏は三代続けて、統一教会を日本社会に深く浸透させる政治的に重要な役割を果たした」と評価している[143]

安倍が「じきじきに」後援を依頼して、教団による選挙協力・動員が得られた例として、2013年夏の参議院議員選挙比例区で出馬した北村経夫があるとされる。鈴木の調査によれば、北村の後援会名簿には国際勝共連合世界平和連合の幹部の名があり、北村の選挙事務所には世界平和連合の女性スタッフが事務員として派遣されていたという。教団による組織票は約8万票であり、北村の総得票数142613票の大半を占めていたとされる[144]。また、安倍政権下で開催された桜を見る会にも、2013年から2016年にかけて教団関係者が招待されていたとされる[145]

霊感商法の被害者支援を行う弁護士の集まり「全国霊感商法対策弁護士連絡会」が一貫して名称変更反対の申し入れを文化庁に行ってきた中でも、2015年に教団の「世界平和統一家庭連合」(家庭連合)への名称変更が許可された背景に、安倍の関与があったとされる。なお、名称変更当時の文部科学大臣であり、安倍とも親しかった下村博文に対し、教団関係者が陳情したり、政治資金パーティのパーティ券を購入したりしていたことが、『文春オンライン』によって報じられている。ほかにも安保法制の改定時期に「安倍政権を支えよう!」と街頭で安倍政権支持デモを繰り返すなど活発に活動した大学生集団「勝共UNITE」のバックには教団系の国際勝共連合があり。この集団は教団の二世信者により結成されたものだったと伝えられる[146][147][148][149]

2010年8月3日、梶栗正義、小山田秀生は安倍の国会事務所を訪れた。梶栗正義と安倍はこのとき初めて会った[150][151][152]

2011年12月2日、安倍晋三は、日本統一教会の元会長の大塚克己の長男の大塚洪孝と自民党本部で面会。面会後、大塚洪孝は、かつて韓国にともに留学した男性信者に「自民党が政権に復帰し、安倍元首相が返り咲けば、もっと教会と自民党の関係は深くなり、選挙など支援に力が入る」と語った[153]

安倍は首相在任時に計6回、国際勝共連合の機関誌「世界思想」の表紙を飾った。表紙になったのは2013年3月号、2013年9月号、2015年2月号、2016年9月号、2017年12月号、2018年6月号である[154][155][156]。2013年9月号では「安倍政権の救国ロードマップ」という特集が組まれた[157]

2016年11月、安倍が大統領就任前のドナルド・トランプと異例の会談を実現した背景に、教団の仲介があったとされている。「新潮45」の報道によれば、側近から提案を受けた安倍は教団系の国際勝共連合のメンバーに連絡すると、そのメンバーは教祖・文鮮明の妻でUPF総裁の韓鶴子に電話を入れた。韓鶴子はトランプの娘のイヴァンカ・トランプの夫、ジャレッド・クシュナーに連絡し、ペルーで開かれるAPEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会談前の17日にトランプとの会談が実現したとされる[158]

安倍は2021年9月12日(日本時間)に開催された天宙平和連合(UPF)主催のイベント『THINK TANK 2022 希望前進大会』にも、UPFインターナショナルとワシントン・タイムズからの依頼に応じる形でビデオメッセージを寄せている[159][160][161][162]。このビデオメッセージについて、全国霊感商法対策弁護士連絡会は同年9月17日、安倍に対し公開抗議文を送付した[163][164]

ワシントン・ポスト紙(米国ワシントンD.C.におけるクオリティペーパー。旧統一教会がオーナーを務めるワシントン・タイムズ紙は全く別の新聞である。)の記事によれば、統一教会と関連団体は、世界のリーダーやセレブリティ、高名な聖職者に対し、高額の謝礼を支払って講演を依頼しており、統一教会の名を世に知らしめるのが目的としている[165]H.W.ブッシュ元大統領以外にも、フォード元大統領、俳優のビル・コスビー、旧ソビエトのゴルバチョフ元大統領などの名前も挙がっているという(プーチン政権以降、統一教会はロシア国内では対テロ法により事実上活動が不可能となっている[166][167][168]。1960年代から1970年代にかけてアメリカ統一教会の政治部門の元幹部であったアレン・ウッドによれば、1回の謝礼が100万ドルであったこともあるという[168]ワシントン・ポスト紙のマーク・フィッシャーの署名記事によれば、安倍も他の多くの世界的指導者と同様に、旧統一教会関連のイベントに登壇し、講演料を得ていたとする[169]。安倍元首相は、ドナルド・トランプ前大統領を含む他の多くの世界の指導者と同様に、統一教会関連のイベントに報酬を受けて講演者として登場し、最近では、2021年9月の番組でビデオリンクを通じて講演したという[170]。この安倍の天宙平和連合(UPF)主催のイベントへのビデオメッセージについては、トランプからUPFにビデオメッセージが寄せられたことが他ならない機縁になったと、UPF、国際勝共連合、世界平和連合3団体の会長を務める梶栗正義はしている[168]。他に日本の元首相3人に依頼をしたものの、例えば名前を利用しようとするものとして断られ、安倍元首相のみが依頼に応じたという[168]

弁護士の山口広は「安倍政権になってから、若手の政治家が統一教会のイベントに平気で出席するようになった。それまでは、政治家が参加しても名前は出さないとか、統一教会側も名前を伏せて『衆議院議員が参加してコメントした』と言っていた。安倍さんには、統一教会と仲良くすることに開き直るというか、顕著なものがあり、憂慮していた」と発言している[143]。また、「全国霊感商法対策弁護士連絡会」の弁護団は、第1次安倍政権終了後の2007年頃から、教団に関連した違法行為の刑事事件化が相次いでいた一方で、2012年第2次安倍政権発足後に再び刑事事件化することは少なくなったことを指摘した上で、教団に対する警察捜査に政治が圧力をかけていた可能性に言及した[171]。なお、安倍元首相襲撃直後、「(容疑者は)安倍元首相が某団体と関係があるものと思って」と発表すれば、十分にその意味が正しく伝わるにもかかわらず、奈良県警からは「安倍元首相が某団体と関係があるものと思いこんで」と、ことさら関係者らに忖度した、誤解を招くような表現内容で、事件の公式発表が行われている。結局、この発表内容は、後になって判明した事実とは全く食い違うものとなっている。

2022年7月8日11時31分、教団信者を母親にもつ41歳の男が大和西大寺駅北口付近で安倍を銃撃し、現行犯で逮捕された。同日12時過ぎ、奈良西警察署弁解録取書が作成された。この最初の弁解録取手続で、男は聴取を担当した同署巡査部長に「安倍元首相ではなく、統一教会のトップ、韓鶴子総裁を撃ちたかったが、コロナで日本に来ないので、統一教会と深い関わりのある安倍元首相を撃った」と述べた[172]

同年7月11日、日本での会長である田中富広は一連の報道を受けて記者会見をおこない、犯人の母親が信者であることを認めると共に、安倍との関連性については「友好団体(UPF)が主催する行事にメッセージが送られてきたことがあり、『世界平和運動』に関しては賛意を示してくれた」としつつ、「会員や顧問になったことはない」との見解を示した[173]。この会見について、霊感商法などの宗教問題を専門とする弁護士の紀藤正樹は、「UPFと統一教会はいわば一体の組織であって、友好団体という言い方は極めてミスリード」と述べ、「多くの信者は区別がつかない」として、田中の見解を完全に否定した[174]2009年以降は教団にまつわる献金トラブルがないとの説明も、裁判の判決文を見せた上で「これは平成25年(2013年)とか27年(2015年)とか、その頃の事件の判決です。その頃でもまだ高額献金をやってた」と完全に否定する見解を示した[174]。全国霊感商法対策弁護士連絡会も、2009年から2020年にかけて献金を含む被害を年に61件から1113件を確認しているという。2021年は47件で、被害総額は3億3153万507円という[143]

同年7月15日、岩手県達増拓也知事は記者会見にて安倍の銃撃事件に関連し、「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)とその関連団体が自民党と結び付いていたことが明らかになった」と批判[175]。達増は「自民党や所属議員が団体から選挙で支援を受けている」と指摘すると共に、「政策が極端な特定の宗教団体と関連グループが法外な寄付金を集め、選挙結果や政府の政策に影響を与えている」とし、「そういう団体と深く結び付いている自民党を有権者は支持し続けてくれるのか」と自民党の姿勢を疑問視した[175]

統一教会への潜入調査を行った経験を持つ中川晴久は、事件の背景には統一協会への接近について問題意識のない政治家たちへの被害者たちの憤りがあるとしながらも、統一教会と直接関係を持つのは選挙地盤が弱い小物の政治家にすぎないとしている[176]。しかし、自民党の元参議院議員・伊達忠一は、2016年の参議院選挙で、当時党総裁で首相であった安倍晋三により、直接的な教団組織票の割り振りがあったと証言している。この証言について、北海道大学大学院教授の櫻井義秀は「自民党が組織的に旧統一教会とやはり関わりを持っていたのかということがだんだん明らかになってきた」と述べている[177]

同年7月17日、安倍晋三銃撃事件の実行犯の男が、事件以前に「憎むのは統一教会だけだ」「オレが14歳の時、家族は破綻を迎えた」「統一教会の本分は、家族から巻き上げさせたアガリを全て上納させることだ」「統一教会は全世界の敵」などと教団への恨みを2019年からツイッターに投稿していたとみられることが判明した[178][179]。また、事件の直前に米本和広宛てに、銃撃を示唆する手紙を送付していたことが判明した。この手紙の中では、「本来の敵ではない」「あくまでも現実世界で最も影響力のある統一教会シンパの一人に過ぎない」「オレが憎むのは統一教会だけだ。結果的に安倍政権に何があってもオレの知ったことではない」「安倍政権の功を認識できないのは致命的な歪み」と安倍を評価している[178][179]

同年8月12日、教団は、文鮮明の死後10年にあわせて、ソウルで国際会議を開催。トランプ前政権で国務長官を務めたマイク・ポンペオやカナダのスティーヴン・ハーパー前首相など各国の閣僚経験者が出席した。会合の冒頭、檀上のスクリーンに安倍の顔が映し出され、教団幹部が促す形で、参加者は安倍の死を悼んだ。トランプ前米国大統領は10分にわたるビデオメッセージを送り、「安倍元首相は良き友人であり、偉大な人物であった。人々は彼を懐かしむだろう。深い哀悼の意を表する」と述べた。会議の途中、安倍を追悼するセレモニーも行われた[180][181]

同年9月7日、教団は、韓国の新聞13紙に「声明文」と題した全面広告を掲載。「不意の逝去を迎えた安倍晋三元首相に対して深い哀悼の意を表します」「安倍元首相の崇高なる犠牲を家庭連合は絶対に忘れません」と述べ、改めて安倍の死を悼んだ[182]

教団と関係のある政治家一覧 編集

以下は教団ならび教団関連団体と関係のある政治家の一覧である。背景色が桃色の人物は信者または元信者。

北海道
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
伊達忠一 [107][92]
中川郁子 [183][184]
伊東良孝 [185]
東国幹 [186][187][188]
中村裕之 [189][185]
高木宏壽 [190][183]
鳩山由紀夫 [191][192][193]
松木謙公 [194]
今津寛介 [195]
蝦名大也 [196][197]
米沢則寿
清水誠一 [198][199]
蝦名信幸 [注 5]
蝦名安信 [注 6]
草島守之 [注 7]
東北地方
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
土井亨 [202][203][204]
秋葉賢也 [205][206]
御法川信英 [207][185]
森まさこ [208][209]
上杉謙太郎 [208]
木村次郎 [210]
西村明宏 [211]
菅原喜重郎 [注 8]
玉澤徳一郎 [214][215]
安住淳 [194]
佐藤剛男 [216]
内堀雅雄 [217]
木幡浩 [218]
内田広之 [219]
佐藤孝弘 [220]
深谷晃祐 [221]
若生裕俊 [222]
伊藤康志 [223]
小野潤三 [注 9]
東京都
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
下村博文 [226][227][228]
萩生田光一 [226][229]
井上信治 [226]
平沢勝栄 [230]
木原誠二 [231]
三ッ林裕巳 [232]
小田原潔 [233]
松下正寿 [234]
菅原一秀 [235][236]
中川雅治 [237]
池澤隆史
石原慎太郎 [14][24]
関東地方(東京都を除く)
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
船田元 [226][238][239]
渡辺美智雄 [注 10]
福田昭夫 [194]
福田赳夫 [注 11]
中曽根康弘 [242][243]
上野通子 [244][245]
井野俊郎 [246][247]
高橋克法 [248][249]
葉梨康弘 [250]
松本文明 [185]
猪口邦子 [251][252]
島村大 [253][92]
豊田俊郎 [254]
神山佐市 [232][185]
田嶋要 [194]
枝野幸男 [194]
森田俊和 [194]
小宮山泰子 [194]
菅義偉 [注 12]
山本朋広 [207][92]
田中和徳 [226][255]
山際大志郎 [256][257][258]
星野剛士 [259]
義家弘介 [260]
河野太郎 [214][215]
川島正次郎 [261]
小林温 [262]
笠浩史 [194]
大泉博子 [84][263]
本村賢太郎 [232]
藤本正人 [264]
西田三十五 [265][266]
守屋輝彦 [267]
中部地方
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
高鳥修一 [268][269]
斎藤洋明 [185]
中原八一 [270]
田畑裕明 [271][185][272]
野上浩太郎 [273]
務台俊介 [274]
小坂憲次 [262]
長勢甚遠 [273][262]
新田八朗 [275][276][277]
藤井裕久 [278][279]
角田悠紀 [280][281][282]
村椿晃 [283][284]
水野達夫 [285]
細野豪志 [226]
若林洋平 [286][287]
吉川赳 [287]
仁科喜世志 [287]
野田聖子 [288]
熊田裕通 [289][288]
池田佳隆 [290][92]
工藤彰三 [291][185][292]
神田憲次 [293][294]
丹羽秀樹 [288]
江崎鉄磨 [226]
八木哲也 [185]
青山周平 [295][296][184]
石井拓 [297][298]
今枝宗一郎 [288]
根本幸典 [290]
山本左近 [288]
大村秀章 [注 13]
鈴木克昌 [207]
青山丘 [302][303]
鈴木政二 [273]
久世孝宏 [304]
山田拓郎 [305][306][307]
内田康宏 [308][309][310]
松井聡 [311][312]
猫田孝 [313]
馳浩 [262]
稲田朋美 [314][315][316]
高木毅 [226]
杉本達治 [317]
禰冝田政信 [注 14][320][321]
藤曲敬宏 [注 15]
天野正基 [注 16]
喚田孝博 [注 17]
近畿地方
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
鈴木英敬 [317]
岡田克也 [194]
中川正春 [194]
二之湯智 [326]
前原誠司 [226]
足立康史 [327][328]
藤田文武 [329]
馬場伸幸 [330]
松井一郎 [331]
山口壮 [226]
末松信介 [331]
高市早苗 [332][333][334]
大串正樹 [335]
盛山正仁 [336]
山田賢司 [337][338]
上野賢一郎 [339]
長尾敬 [84]
大内啓治 [注 18]
中国地方
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
石破茂 [341]
細田博之 [342][343]
竹下亘 [344]
逢沢一郎 [345][346][347]
山下貴司 [341][226]
加藤勝信 [348][226]
中川秀直 [138][349]
高村正彦 [53][350]
岸信介 [10]
安倍晋太郎 [351]
安倍晋三 [164]
岸信夫 [352][353]
岸田文雄 [354][355][86]
北村経夫 [356][357]
石橋林太郎 [358]
細田重雄 [198]
四国地方
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
後藤田正純 [359]
井原巧 [360]
白石徹 [361][362][363]
磯崎仁彦 [364]
中谷元 [226]
福井照 [365][366]
平井卓也 [367][364]
松永恭二 [368]
大野功統 [207]
美馬秀夫 [注 19]
九州・沖縄地方
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
山崎拓 [370][371]
麻生太郎 [137][372][373]
三原朝彦 [185]
武田良太 [207]
古賀之土 [194]
原口一博 [194]
大串博志 [194]
木原稔 [374][375][376]
衛藤征士郎 [50]
重野安正 [377]
中山成彬 [378][379]
保岡興治 [380]
清山知憲 [381][382]
穴見陽一 [207]
岩下栄一 [198][383]
下地幹郎 [384]
佐喜眞淳 [385]
縣善彦 [注 20]
新垣安弘 [注 21]
参議院議員比例区
統一教会 天宙平和連合 平和大使協議会 世界平和連合 世界平和女性連合 世界日報 その他 【出典】
山田宏 [389][390]
山谷えり子 [391][392][393]
宮島喜文 [394][185]
神谷宗幣 [注 22]
衛藤晟一 [400]
室井邦彦 [401]
堀江正夫 [402][403]
井上義行 [注 23]

警察捜査への政治圧力 編集

上越教育大学教授の塚田穂高は、「旧統一教会の場合は、教団を追及や捜査から守ってもらうために政治に近づき続けた面も強い」とし、「政治家が『よくあるつきあい』で済ませてよい相手ではなかった」として、教団による政治家へのアプローチの背景には、捜査を回避する目的があるとの趣旨の発言をしている[112]

有田芳生によると、有田は1995年警察庁関係者に警察庁幹部から依頼を受けて教団についての講義を行った。当時オウム真理教の次に摘発をしようとしていると聞かされていたが、結局摘発はなかった。その10年後、警視庁幹部二人から「政治の力」により摘発を阻まれたと聞かされたとしている[405][406]

2012年には、元警察官僚の平沢勝栄が、この種のアプローチを受けたのではないかとの話があった。週刊新潮の報道によれば、平沢の発言を収録したテープが流出し、そのテープには平沢の声で「各地で今、5、6ヶ所警察とトラブってんだよ。それで結局、警察けしからんって言ってんだよなあ、統一教会は。それで私にそれをやってくれって…」などの発言が収録されていたという。この発言について、平沢が、統一教会から警察の捜査について相談され、警察との窓口役を務めざるを得なくなり、困惑したのではないかとの関係者の証言があった。なお、平沢は教団との関与を否定している[407]

全国霊感商法対策弁護士連絡会」のメンバーで弁護士の川井康雄は、第1次安倍政権終了後の2007年頃から、教団に関連した違法行為の刑事事件化が相次いでいた一方で、2012年第2次安倍政権発足後に再び刑事事件化することは少なくなったことを指摘した上で、教団と政治家の関係性は明らかであるとした。同じく弁護士の山口広は、教団は政治だけでなく、言論・学術界などにも食い込んでおり、違法な霊感商法の被害について警察や行政が積極的に取り組まないように、圧力をかけてもらうように働きかけていることを証言している[171]

また、2005年2006年公安調査庁の報告書で「特異集団」として位置づけられていた教団が、第1次安倍政権下の2007年で項目から外れていたことがわかっている。同報告書では教団について、「危機感や不安感をあおって勢力拡大を図り、不法事案を引き起こすことも懸念される」としていた。対象から外れた理由について、日本政府は「時々の公安情勢に応じて取り上げる必要性が高いと判断したものを掲載している」としている[408]

諸外国の政界との関係 編集

韓国 編集

 
1961年5月16日、朴正熙らは軍事クーデターを決行した。

1957年2月、韓国陸軍中佐の朴普煕(パク・ポヒ)が、駐韓米軍第8軍に配属中に入信。同じく第8軍所属の軍人であった韓相国(別名ブド・ハン)、金相仁(スティーブ・キム)、韓相吉(ハン・サンキル)も入信した[409]

1961年5月15日、ソウルの青坡洞の前本部教会で33組(33双)の合同結婚式が行われ[410]、上記の朴普煕、韓相国、韓相吉の3人、そして駐韓米軍第8軍所属の金相哲も参加し、祝福を受けた。

その翌日、5月16日未明、朴正熙らは軍事クーデターを決行した。6月10日には大韓民国中央情報部(KCIA)が正式に発足し[411]金鍾泌がKCIAの初代部長に任命された。朴普煕、韓相国、金相仁、韓相吉の4人はいずれもKCIAの要員となった[409]フレイザー委員会に関連して公開された、1963年から1965年にかけて作成された統一教会に関する米中央情報局(CIA)による3つの秘密報告書によれば、統一教会は、1961年に金鍾泌の指示で「韓国政府機関」として再組織され、莫大な資金力を背景にアメリカや日本で秘密裏に政治活動を行った。教団は1964年3月、米国で「韓国文化自由財団」というフロント組織を設立した。この組織の名目上のリーダーは梁裕燦だが、本当のリーダーは陸軍将校朴普煕であるという[412]。朴政権発足とともに、その庇護のもとに急速に勢力を伸ばしと言われている[413][414]

1965年から、文鮮明と江原道の知事が協力し、統一教会信者を中心とした反共啓蒙団を発足させ、その後全国8つの道に運動が拡大した。警察署長や郡守などの公務員を対象にした反共教育が教団信者によって行われた。文は「統一教会の思想で60万人の大軍を武装させる」とも語った[415][416]

1967年5月の文鮮明来日時には、文が韓国大使館と民団を訪れ、日本共産党朝鮮総連に対抗するため、在日韓国人に対する反共教育を実施する必要性を訴え[417]、同年8月、韓国人幹部の崔容硯民団で講演している[418]。崔は1973年5月にも、国際勝共連合民団代表として朝鮮総連への対抗のため日本に派遣され、万景峰号の大阪寄港を阻止する街宣活動などで活躍した[419]

1970年10月21日、ソウルで開催された統一教会の合同結婚式(777双)では、韓国海軍軍楽隊が演奏を披露した[420]

1976年に「コリアゲート」疑惑が発覚したが、フレイザー委員会の調査や『ワシントン・ポスト』紙の報道等を通じて、韓国大使館とKCIA、韓国人実業家の朴東宣、統一教会の政財宗が一体となった組織的な対米工作であるとの見方が強まった[421]

複数の韓国軍の高級将校が入教しており、系列企業の「統一産業」が小銃工場を建設する際に、文鮮明の側近となった朴普煕朴正煕大統領(当時)が事業支援について協議したことや、公務員教育が国際勝共連合で行われたことなどが報じられた[422]

1977年5月5日、米ニューヨーク・タイムズ紙は、金炯旭を取材、「コリアゲート」に関与する朴東宣が、1960年からKCIAの工作員であるとの証言を得ている。朴東宣はこのほか、当時の韓国駐カナダ大使、文鮮明朴普煕もKCIAの工作員であると証言している[423]

1977年6月、早稲田大学で「在日韓国人政治犯救援会」が教団系の「原理研究会」と公開討論を行い、その中で原理研は、教団の活動が大韓民国中央情報部(KCIA)に好感を持たれていること、原理研が勧誘活動で入手した資料や写真がOBを通じて、KCIAに流出する可能性があることを認めている[412]

1978年の第84回国会予算委員会で、内藤功は「米国議会フレーザー委員会におきまして「米韓関係の調査」と題する報告書が公表された。その中で統一教会はKCIAが政治活動の目的のために組織したものだ、こういう米CIA資料を公開しております。」と述べ、園田直(当時国務大臣)は 「米国下院国際関係委員会の国際機構小委員会、いわゆるフレーザー委員会が米韓関係に関する調査との関連で先月開催した一連の公聴会の冒頭、韓国中央情報部長であった金鍾泌氏が統一教会を設立した旨の米政府部内資料が公開されたということは承知しており、すでにその資料の写しを取り寄せ済みでございます。ただ、同資料がどのような裏づけを持ってやられたものか等を含め、同資料の性格はまだ判明しておりません。なお、この公聴会では、後日、22日だと思いますが、公聴会で統一関係者が右資料の趣旨を否定する証言を行った旨、これまた報道で承知しております。」と述べている[424]

韓国では教団自ら政党を設立して政界進出を企図することもある。2008年4月に行われた総選挙では「平和統一家庭党」から全245地方区(選挙区)と13比例区に候補を立て臨むも全員落選。更に、政党得票率が全有効票の2%に満たなかったため、選挙法の規定により政党登録を抹消されることとなった[425][426]。こうした教団の動きに対し同選挙では、「統一教会対策協議会」を中心に全キリスト教派が連携し、統一家庭党候補への落選運動も展開された[427]

2007年5月17日、教団系の『ワシントン・タイムズ』紙の創刊25周年を祝うイベントがワシントンDCで開催された際、元国連事務総長潘基文は「ワシントン・タイムズは正義と報道の自由を守るチャンピオンでした。今後も国連の業務に大きく貢献することを期待します」とのメッセージを寄せた。元英国首相マーガレット・サッチャーもビデオ映像で賛辞を述べた[428]

2020年に潘は鮮鶴平和賞を受賞し、100万米ドルの賞金を授与された[429][430]

以下は教団と関係のある韓国の政治家の一覧である。

アメリカ合衆国 編集

 
ホワイトハウスにて面会したニクソン大統領文鮮明(1974年)

国際勝共連合の機関紙「思想新聞」によれば、20世紀後半から共和党の面々が接点を持ったことがうかがえる。1992年1月1日付の同紙は、見開きの紙面で教団創設者、文鮮明の年表を紹介。アイゼンハワー1965年)、ニクソン1974年)らと会談していたと報じている[433]。また、アイゼンハワーとトルーマン元大統領は、文が設立した韓国文化自由財団のレターヘッドに名前を連ねている[434]

教団は1959年より、米国への宣教を開始した。梨花女子大事件を契機に関係が生じた自由党を利用、旅券を発行させ、金永雲を1月2日に、金相哲を9月18日に相次いで派遣した[435]

文鮮明は1970年代よりアメリカに居を構えて、大規模な講演会を幾たびも開催した。日本から渡米した信者らも活発に伝道と経済活動をした。自ら創刊した保守系新聞『ワシントン・タイムズ』などのマスメディアで政治的に保守政党である共和党を一貫してバックアップしたほか、ニクソンなどの共和党政治家を支援し、関係を築いてきた[436][437][438]。教団は特に、ニクソン政権時代(1969~1974年)に共和党に食い込んだとされている[439]。なお、文鮮明は当初北朝鮮のスパイの疑いで入国を拒否されたが、教団から電話で連絡を受けた共和党上院議員のストロム・サーモンドより便宜が図られ無事入国が実現したとされる[440]

1973年11月30日、文鮮明は『ニューヨーク・タイムズ』および『ワシントン・ポスト』紙に意見広告を出稿し「ウォーターゲート宣言」を掲載、ウォーターゲート事件で窮地に陥っていた当時の大統領・ニクソン擁護の姿勢を鮮明にし[439]、赦免を求めるための信者による断食運動も展開[441]、1974年2月1日には、ニクソンがホワイトハウスに文鮮明を招待し、約1時間の会談。ニクソンは「この国で、誰よりも私を愛し、私のために心配してくれる人はミスター文である」と感謝の意を述べたとされる[441]

ベトナム戦争米軍撤退(1973年)後、文鮮明や勝共連合は米国での「共産主義化の克服」を名目に多くの集会を開いたという[433]。元教団幹部のスティーブン・ハッサンによれば、「教団は1972年ごろには米国各地の大学キャンパスで共産主義に反対する青年団体を組織していた」と証言した[439]

統一教会の米国における政治的・社会的影響力について、1976年5月25日付のニューヨーク・タイムズ紙は、その活動を以下のように報じている[422][442]

急成長している文鮮明のグループは、米国内で韓国政府への支持を確立するため多くの努力を払っている[442]。これらは、議会での集中的なロビー活動、著名な政治家や実業家、地域リーダーへの働きかけ、韓国で戦争が起こった場合に参戦することを誓う熱心な信奉者の育成、共産主義を攻撃して、韓国とアメリカの愛国的テーマを結びつける入念なPRキャンペーンなどの形式を取っている[442]

アメリカ合衆国大統領ジョージ・H・W・ブッシュは、CIAアメリカ中央情報局)長官時代から文鮮明と交流があり、レーガンの就任式に文をゲストとして招いた。ブッシュと文は、南米の裏社会と深いつながりがあった。1980年ボリビアで起きた右翼の軍事クーデターに協力し、同地域で最初の麻薬国家を樹立している[434]1995年に日本で開催された教団系の「世界平和女性連合」で講演している。1996年には、アルゼンチンで創刊された教団系の新聞のパーティーでスピーチをしていた[81][443][444]。ブッシュはまた、教団系のワシントン・タイムズ紙について、「自分の政権はもちろん、アメリカの国益の推進のために計り知れない役割を果たしてくれた」と評価。同紙はレーガン政権時も旧ソ連への対抗政策「戦略防衛構想(SDI)」を擁護する役割を果たしている[445]有田芳生は、教団は共和党と密接な関係にあり、ブッシュの一連の言動は、その交際の一環とみるべき、としている[445]

息子のジョージ・W・ブッシュ2000年大統領選挙への関与が指摘されており[434]2002年5月にワシントンで開かれたワシントン・タイムズ紙創刊20周年の集まりにメッセージを寄せているほか[81]、ブッシュ一族の中には統一教会の信者がいるとの噂もあった[81]

このほかにも、文鮮明本人がアメリカで行った演説の内容として「先生(文鮮明が使う一人称)は、上院議員一人あたり三人の若い夫人を割り当てるだろう。・・・・・上院議員を正道に戻すには、まずその助手たち、とくに秘書たちを友達にしなければならない」(1972年)「先生には、多数の美貌の女性たちが必要である。三百人ほど必要である。先生は上院議員一人あたり三人の若い夫人を割り当てるだろう。一人は選挙、一人は渉外、一人はパーティーを担当する。もし女性会員たちが多くの点で上院議員たちにまさっていれば、その上院議員はまさにわれわれの会員のとりこになるだろう」(1973年)とあり、信者を議員秘書として送り込む戦術を米国で行っていたことを教祖自ら語っていた[446]

ドナルド・トランプ(第45代アメリカ合衆国大統領)は退任後の2021年に統一教会主催のオンラインイベント、「シンクタンク2022希望前進大会」で基調演説をし、朝鮮半島の安定化の努力と成果をアピールした[447]2022年8月12日にも、天宙平和連合ソウルで開いた大規模集会にビデオメッセージを送り、「世界平和のために素晴らしい取り組みをされている韓鶴子総裁に感謝します。彼女は素晴らしい女性です」と述べいている[448]。また、トランプは関連団体からビデオ出演3回の報酬として計250万ドル(約3億円)を受領していたことが判明している[439]

ポーラ・ホワイト英語版トランプ政権のホワイトハウス宗教特別顧問)は、放送福音伝道者として、統一教会主催の「希望前進大会」に参加したことがある[447]

イスラエル 編集

2001年、文鮮明はイスラエルの首相選挙でリクード党のシャロンに選挙資金の援助を行っている[449]。2002年11月30日の放送では、イスラエルのアリエル・シャロンが、リクード党の党首選挙でのベンヤミン・ネタニヤフに勝った資金は、アメリカのシカゴを拠点とする文鮮明の統一協会から流れていると断言した[449]

イスラエルの首相選挙で、リクードのシャロン候補が勝利し、政権党が労働党からリクードに交代することになった[450]。これは、冷戦後の国際情勢の中でパレスチナ問題を解決しようとして1993年に締結された「オスロ合意」の体制が崩壊したことを意味している[450]。パレスチナ問題が中東情勢の中核をなしていることから考えて、中東地域では「冷戦後」という一つの時代が終わったことになる[450]。イスラエルでは、建国前のシオニズム運動発祥の時代から現在まで、右派と左派の2つの流れがある[450]。右派は、ユダヤ教をイスラエルの建国精神の中心に置き、パレスチナ人が住んでいるヨルダン川西岸地域までを含めた地域を「神から与えられたユダヤ人の故郷」であると考え、パレスチナ人を弾圧し、できれば西岸から出て行ってもらうことを究極の目標としている[450]

西岸は1967年の第3次中東戦争の大勝利でヨルダンから奪ったものだが、この大勝利こそ、神がユダヤ人に西岸を与えた証拠だと極右の人々は考えている[450]。彼らにとって、パレスチナ人とその背後にいるアラブ諸国は交渉相手ではなく、追い出すべき敵となっている[450]。首相選挙で勝利したシャロン氏が党首をしているリクードが、右派政党の代表的存在である[450]

一方、イスラエルの左派の考え方は社会主義に基づき、民族や宗教を越え、ユダヤ人とパレスチナ人が共存するイスラエルを作ろうとするものである[450]。イスラエル建国運動はもともと左派の考え方が発祥になっている[450]。左派政党の中核は労働党で、敗北したバラク氏が党首をしていた[450]

アメリカのクリントン前大統領が音頭をとって続いていた中東和平交渉は、左派的な和解の精神に立脚している[450]。この方向性は、1992年に労働党のラビン氏が政権を取った後、イスラエルとパレスチナがオスロ合意を締結したことで始まった[450]。この合意は、パレスチナ人が住んでいる西岸とガザ地区にパレスチナ人国家を作り、イスラエルとパレスチナを友好関係の兄弟国家にするシナリオである[450]

リクードはパレスチナ人とアラブ諸国を信頼しない立場にたち、イスラエルの安全保障のためにはパレスチナ人への寛容政策を取るべきではないと主張し、和平交渉に消極的だった(リクードは自由主義を信奉するタカ派の非宗教政党)[450]。また、極右派の宗教勢力は「神から約束の地として与えられた西岸地域にパレスチナ人が国家を建設することを許すのは神への冒涜だ」と考え、オスロ合意に反対した。ラビンは95年に暗殺されたが、極右イスラエル人の中には「神を冒涜したのだから殺されて当然だ」と考える人々が多い[450]

しかし2001年に文鮮明は中東和平を望まない政党を支持していながら、2003年シャロンの2次内閣が出発後、摂理と称して「エルサレム宣言」「中東和平イニシアチブ(ワシントン宣言)」とあたかも中東和平を推進している団体のように装っていた[449][450][451]

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 抗議に訪れた「全国原理運動被害者父母の会」に対し、自民党の辻寛一もそのように述べていた。
  2. ^ 国際勝共連合の事務総長を務めていた梶栗玄太郎の法廷証言による[25]
  3. ^ 安倍晋三銃撃事件直後の識者らのコメントは以下のとおり。弁護士の紀藤正樹は『AERA』2022年8月2日号で、政治と教団の関係について「国会内に特別委員会を設置するなど、本気でやらなければ、何年か後に同じことが起きる。それは、国として大きすぎるダメージとなることでしょう」と述べた[112]鈴木エイトは7月15日配信のFLASH電子版において、日本における政治家と教団の関係について「政治家が教団に求めるのは『票集め』ではありません。選挙戦での運動員、事務所スタッフなどの『人的貢献』です。それは政治家が何よりほしがるもので、教団は無尽蔵に提供してくれるわけです。政治家と旧統一教会――その関係は、世間一般の人たちが思うよりも、ずっと深いものなのです」と述べた[113]法学者南野森は8月、新興宗教を含め、一般論として政治家が宗教団体と関係を持つことは問題がないとしつつも、「不法行為を繰り返しているし、自分たちが宗教団体であることを隠してアプローチしてくるところが決定的に他の宗教団体と違う」として、旧統一教会は一般的な宗教団体とは区別して、交流を持つべきではないと述べた[114]
  4. ^ 「やや日刊カルト新聞」によると、統一教会信者の阿部正寿が代表を務める教団関連組織「世界戦略総合研究所」で安倍は第九十代内閣総理大臣の肩書きで講演を行い、またこの団体は議員の口利きがないと使えない参議院議員会館を利用していたという[139]
  5. ^ 2022年8月、旭川市議会議員の蝦名信幸は北海道テレビの取材に対し、自身が教団信者であることを認めた[187]
  6. ^ 2021年9月26日に行われた旭川市議会議員の補欠選挙に蝦名安信は自民党公認で立候補し、初当選した。2022年9月、旭川市議の蝦名信幸、蝦名安信の親子は北海道新聞の取材に対し、自身らはともに元信者だと答えた[200]
  7. ^ 草島守之は釧路市議会議員。2015年に統一教会信者になった[201]
  8. ^ 関連組織の「世界平和超宗教超国家連合(IIFWP)」では共同議長として活躍した[212][213]
  9. ^ 小野潤三はいわき市議会議員。統一教会信者。自民党所属[224][225]
  10. ^ 信者(6000双)を秘書に起用しており、この秘書は後に衆院選へ立候補し自民党が公認。同僚議員にはセミナーの受講を勧めたとされる[50]
  11. ^ 政治家の西宮弘は、文芸春秋の記事(答弁では何年のどの号であるかの言及はなく、どの記事か同定不能)によると、1974年5月7日の「希望の日」晩餐会の祝辞で「アジアに偉大な指導者あらわる、その名は文鮮明、私はこのことをうかがいまして久しいのですが、今日は待ちに待ったその文先生と席を同じくし、又ご高邁なるご教示瀬戸山国務大臣(当時)に対し、にあずかりまして、本当に今日はいい晩だなあと、気が晴ればれとしました」に始まって、最後の結びは「文先生、ほんとうにりっぱなお話をうけたまわりありがとうございました」であったと述べている[240] 昭和53年(1978年)の第84回国会法務委員会で、政治家の横山利秋は、瀬戸山国務大臣に対し、文鮮明と福田赳夫は、「ごあいさつが終わった後、文鮮明氏と、これ見えますか、ごらんのようにかたく抱き合っておる、抱擁しておるのであります。当時の大蔵大臣、現在の内閣総理大臣福田赳夫さんが文鮮明氏と、これ以上は抱き合えないくらいに男と男が抱き合った。」と述べ、両者の関係を問い詰めている[241]
  12. ^ 統一教会の金起勲(キムギフン)北米大陸会長を官邸に招待し、面会したとされる[226][255]
  13. ^ 2019年10月6日、統一教会は常滑市愛知県国際展示場で「孝情文化祝福フェスティバル 名古屋4万名大会」を開催[299]。大村は碧南市長の禰冝田政信と教団側の依頼を受け、祝電を送ったが[300]、教団側は韓鶴子総裁を礼賛する言葉に改竄して読み上げた。安倍晋三銃撃事件後に改竄の事実が発覚し、教団側は大村に謝罪した[301]
  14. ^ 禰冝田政信は19歳のときに統一教会に入信[318]。1982年10月14日、ソウルで開かれた合同結婚式に参加し、文鮮明の指名により韓国人女性と結婚した[319]
  15. ^ 藤曲敬宏は熱海市選出の静岡県議会議員。統一教会信者であることを公表している[287]
  16. ^ 天野正基は小牧市選出の愛知県議会議員。2019年10月の「孝情文化祝福フェスティバル」に参加。「既成祝福式」の代表として夫婦で登壇し、韓鶴子に贈り物を捧げた。翌日の会合では韓を「お母さま」と呼び、「私の議員活動が他の議員の祝福につながるようしっかりと活動してまいることを誓いまして私からの祝意とさせていただきます」などと挨拶した。教団からは信者とみなされている[322]
  17. ^ 喚田孝博は元蒲郡市議会議員。統一教会信者とされ、教域長や豊橋市の教会長などを務めた[323][324]2023年の愛知県議会議員選挙に立候補し初当選した[325]
  18. ^ 大内啓治は大阪市会議員。統一教会信者[340]
  19. ^ 美馬秀夫は徳島市議会議員。2022年9月、朝日新聞の取材に信者であることを認めた[369]
  20. ^ 縣善彦は北九州市八幡西区選出の福岡県議会議員。元幹部信者[386]
  21. ^ 新垣安弘八重瀬町長。1982年10月、ソウルで開かれた合同結婚式に出席し、指名された女性と結婚した[387][388]
  22. ^ 自民党大阪第13区支部長を務めていた2013年に地方議員の紹介で世界平和統一家庭連合の会合に出席していたことを、2022年8月に共同通信のアンケートで答えているほか[395]、教団系メディア世界日報社が発行する月刊誌『ビューポイント』のWeb版に神谷の3本の2017年の記事が掲載され「ライター一覧」に名が載っていたが[396][397][398]、これは当時転載自由としていたブログの転載に過ぎないと日本テレビの番組内で説明した[399]
  23. ^ 安倍晋三は2022年の参院選に際し、統一教会の組織票を井上に差配。井上は同選挙で2期目の当選を果たした[108]。選挙期間中、さいたま市文化センターで開催された統一教会の集会で、教団関係者は井上がすでに信者になっていることを明かした[404]

出典 編集

  1. ^ 岸信介の “私邸” が統一教会の本部に…「西郷どん」と「高峰三枝子」がつないだ数奇な縁」Smart FLASH、2022年7月27日。2023年2月2日閲覧
  2. ^ 日本統一運動史 52 全国的規模での統一教会の最初の決断式」光言社、2020年6月21日。2022年11月8日閲覧
  3. ^ 日本統一運動史 54(最終回) 宗教法人・統一教会の出発」光言社、2020年7月5日。2022年11月8日閲覧
  4. ^ 徹底追及 統一協会 闇勢力編(下)岸信介元首相と懇意 “勝共運動飛躍の契機”」しんぶん赤旗、2022年8月18日。2022年11月8日閲覧
  5. ^ 柳錫「統一教会・文鮮明“お言葉集”発掘「安倍晋太郎は私と契約書を書いた」「福田赳夫と中曽根は私が首相にした」」文春オンライン、2022年10月6日。2022年11月8日閲覧
  6. ^ a b 社会科学辞典編集委員会 編『新版 社会科学辞典』新日本出版社、1978年9月20日、367頁。 
  7. ^ 上久保誠人 (2022年9月27日). “国葬反対が急増も、統一教会問題が「安倍氏だけの責任」といえない歴史的理由(5/5ページ)”. ダイヤモンド・オンライン. 2023年10月20日閲覧。
  8. ^ 茶本繁正「『反共』陣営と連動する勝共連合」 『朝日ジャーナル』1978年8月11日・18日号、31-35頁。
  9. ^ 梶栗玄太郎 (2012年9月7日). “追悼の言”. 国際勝共連合. 2022年11月14日閲覧。
  10. ^ a b c d 『原理運動の研究』 1977, pp. 165–169.
  11. ^ 久保木修己『愛天 愛国 愛人ー母性国家日本のゆくえ』世界日報社p103-112
  12. ^ a b 荒井荒雄『日本の狂気:原理運動謀略と自民党岸信介原罪論 3』P183-185
  13. ^ 村上重良『世界宗教事典』講談社 p270-274
  14. ^ a b 都知事選で旧統一教会との関係を疑われた大前研一”. ビジネス・ブレークスルー大学大学院 (2022年9月20日). 2023年10月10日閲覧。
  15. ^ a b 『原理運動の研究』 1977, pp. 168–169.
  16. ^ 『原理運動の研究』 1977, pp. 39–40.
  17. ^ 『読売新聞』1978年3月23日付夕刊、1面。
  18. ^ 荒井荒雄『日本の狂気:原理運動謀略と自民党岸信介原罪論 3』p16-17
  19. ^ 旧統一教会の学生信者が議員に近づく巧妙な手口 決まり文句は「ボランティアで選挙を手伝わせて」」『AERA dot.』。2022年8月19日閲覧
  20. ^ a b 福田 1992, pp. 70–78.
  21. ^ 연혁”. 세계평화교수협의회. 2023年9月25日閲覧。
  22. ^ a b "真の父母様と統一運動の歴史 1970-1989". 光言社. 2022年10月12日閲覧
  23. ^ a b 沿革”. 世界平和教授アカデミー. 2017年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月10日閲覧。
  24. ^ a b 樋田毅 (2022年9月30日). “(5)訪韓を機に大きく活動転換 「勝共思想」を武器に都知事選で石原慎太郎を応援”. 日刊ゲンダイ. 2023年10月10日閲覧。
  25. ^ 赤旗社会部 1980, p. 164.
  26. ^ 『原理運動の研究』 1977, pp. 223–232.
  27. ^ 『原理運動の研究』 1977, pp. 225–232.
  28. ^ 『朝日新聞』1976年12月18日、「統一協会支持派が客を招き晩さん会」。
  29. ^ 『朝日新聞』1977年1月31日号 朝刊 4面
  30. ^ 『読売新聞』1977年7月28日号 朝刊 21面
  31. ^ 第080回国会 衆議院 予算委員会 第2号 昭和52年(1977年)2月7日(議事録
  32. ^ 『毎日新聞』1978年4月4日、「自民、勝共連合と協力関係 首相が認める」
  33. ^ 勝共連合、共産党の「最終決戦」へ(2)”. 国際勝共連合 (2022年11月30日). 2023年9月22日閲覧。
  34. ^ 久保木修己『愛天 愛国 愛人ー母性国家日本のゆくえ』世界日報社 p136-146
  35. ^ 第084回国会 衆議院 地方行政委員会 第24号 昭和53年(1978年)6月1日(議事録
  36. ^ 伊藤達夫「自民党を蝕む統一教会隠れ秘書リスト」『週刊文春』1992年9月10日号 p175-181
  37. ^ 徳本栄一郎 (2023年5月7日). “「安倍晋三元首相」暗殺の闇 なぜ祖父・岸信介は「統一教会教祖」の釈放嘆願書をレーガン大統領に送ったのか”. デイリー新潮. 2023年9月21日閲覧。
  38. ^ 文鮮明師のアメリカ裁判に関する岸信介元首相の意見書
  39. ^ a b 田中裕之、野口麗子、坂口裕彦、渋江千春 (2023年1月30日). “旧統一教会教祖「中曽根の野郎」 安倍晋太郎氏担ぐ思惑裏切られ”. 毎日新聞. 2023年1月30日閲覧。
  40. ^ 『思想新聞』1986年7月20日号
  41. ^ 第109回国会 衆議院 法務委員会 第11号 昭和62年(1987年)9月16日(議事録
  42. ^ 『毎日新聞』1987年6月25日号 朝刊 27面
  43. ^ 朝日新聞 1987年8月28日 夕刊
  44. ^ 有田芳生 1992, pp. 152–173.
  45. ^ 「読売新聞」1989年11月21日、朝刊
  46. ^ 「読売新聞」 1989年11月25日、朝刊
  47. ^ https://www.kogensha.jp/news_app/detail.php?id=7790
  48. ^ 「秋田の母ちゃん統一協会とわたりあう」 本間 てる子【著】
  49. ^ 有田芳生 1992, pp. 90–103.
  50. ^ a b c 『週刊現代』1999年2月27日号、講談社、200-205頁。 
  51. ^ 有田芳生『「神の国」の崩壊 : 統一教会報道全記録』教育史料出版会、1997年。ISBN 9784876523177
  52. ^ a b 有田芳生 1992, pp. 106–107.
  53. ^ a b c 第143回国会 参議院 法務委員会 第3号 平成10年(1998年)9月22日(議事録
  54. ^ 統一教会・文教主の特別入国 自民6議員も要請状 法務省回答」『朝日新聞』1992年11月7日。[リンク切れ]
  55. ^ 有田芳生 1992, pp. 84–90.
  56. ^ 副島嘉和,井上博明「これが「統一教会」の秘部だ」『文藝春秋』1984年7月号 p134-151
  57. ^ 飯干晃一『われら父親は闘う−娘・景子を誘いこんだ統一教会の正体』ネスコ P248-254
  58. ^ 『毎日新聞』 1993年7月8日号 夕刊 11面
  59. ^ 祝福結婚とは
  60. ^ 「森内閣にまたも大問題 保岡興治法相の秘書官はあの『合同結婚式』参加者」『FRIDAY』第2000年9月8日号、講談社。
  61. ^ 第149回国会 参議院 決算委員会 第2号 平成12年(2000年)8月30日(議事録
  62. ^ 伊藤達夫「自民党を蝕む統一教会隠れ秘書リスト」『週刊文春』1992年9月10日号 p175-181
  63. ^ 「山崎拓幹事長も証人喚問せよ 夜這い不倫OLは統一教会ホームにいた!」『週刊文春』2002年4月4日号 p30-34
  64. ^ 「統一教会の"ホーム"に通う29歳女性と不倫していた山崎拓元幹事長」『週刊文春』2022年9月1日号 p26-27
  65. ^ 『産経新聞』2003年9月9日 朝刊
  66. ^ a b 「日本はとんでもない間違いをした」岸信介、安倍晋太郎、安倍晋三…3代続く関係性から見える旧統一教会が目指した“国家宗教”【報道特集】」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年9月24日。2022年11月22日閲覧
  67. ^ 細田氏、日韓トンネル関連団体の顧問をめぐって調査内容を訂正”. 朝日新聞 (2022年10月7日). 2022年10月24日閲覧。
  68. ^ 『朝日新聞』2008年4月11日付朝刊、2社会、28面、「統一教会への対応質問 出馬予定市議に弁護士ら 碧南市長選【名古屋】」。
  69. ^ “碧南市長選(2008年4月20日)”. 中日新聞. (2008年4月20日). https://www.chunichi.co.jp/article/4744 2021年12月24日閲覧。 
  70. ^ 『週刊新潮』2008年12月4日号 p50-51
  71. ^ 民主・萩原氏支援の経営者逮捕=運動員に現金報酬容疑-大阪府警」『jiji.com』時事通信社、2009年9月5日。[リンク切れ]
  72. ^ “統一協会、民主に接近/集団結婚参加者が選挙応援”. しんぶん赤旗. (2010年1月5日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-01-05/2010010501_04_1.html 2019年10月23日閲覧。 
  73. ^ 【参院選】統一教会が「有田退治」の方針」『有田芳生の『酔醒漫録』』2010年5月20日。2010年11月22日閲覧
  74. ^ 有田芳生への誹謗・中傷ビラと統一教会への通知文」参議院議員有田芳生公式ウェブサイト。2010年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月21日閲覧
  75. ^ 沖縄・尖閣諸島をまもれ!緊急国民集会」国際勝共連合(IFVOC)、2010年11月6日。2012年8月30日閲覧
  76. ^ 統一教会(統一教会)信者?が松戸市議選に立候補していた!」『やや日刊カルト新聞』2010年11月16日。2012年6月20日閲覧
  77. ^ 統一教会系団体が靖国神社で慰霊祭 1ページ 日刊サイゾー2013年4月1日16時00分配信(2022年8月13日閲覧)
  78. ^ 「終戦の日」の国会議員の靖国神社参拝を憂慮・反対 日本基督教団が声明 Christian Today2022年8月9日14時25分配信(2022年8月13日閲覧)
  79. ^ a b c d e f 鈴木エイト「現状は検証・解決に向かっていない 旧統一教会問題と安倍暗殺」紙の爆弾』2022年9月号20-21ページ、鹿砦社
  80. ^ 統一教会系団体が靖国神社で慰霊祭 2ページ 日刊サイゾー2013年4月1日16時00分配信(2022年8月13日閲覧)
  81. ^ a b c d 『AERA』2004年5月10日号 p36-38
  82. ^ 「萩生田さんを政界に戻すことが神様の計画」…旧統一教会元信者が証言“落選中の萩生田氏を手伝った”」『TBS』。2022年8月20日閲覧
  83. ^ 旧統一教会幹部ご一行を“歓迎”した菅官房長官、高村副総裁らの思惑」『AERA dot.』。2022年9月24日閲覧
  84. ^ a b c d e The United States House Committee on Ethics. “Member / Officer Post-Travel Disclosure Form, etc.” (英語). Office of the Clerk, U.S. House of Representatives. 2023年12月5日閲覧。
  85. ^ a b 沢伸也、高島曜介 (2023年12月7日). “岸田氏との面談は教団友好団体が「手配」 元米議長が認め、写真提供”. 朝日新聞. 2023年12月7日閲覧。
  86. ^ a b 沢伸也、高島曜介 (2023年12月4日). “「首相、旧統一教会系トップと面会」 19年に党本部で 関係者証言”. 朝日新聞. 2023年12月4日閲覧。
  87. ^ 首相とギングリッチ氏面会「安倍氏が要請」 教団関係者同席問題”. 朝日新聞 (2023年12月4日). 2023年12月4日閲覧。
  88. ^ 沢伸也、高島曜介 (2023年12月5日). “米国の旧統一教会元会長も同席か 岸田氏面会時とみられる写真も”. 朝日新聞. 2023年12月5日閲覧。
  89. ^ a b c d 鈴木エイト (2019年10月17日). “<政界宗教汚染~安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第9回> “統一教会”の国際会議に自民党国会議員大量出席、清和会会長が来賓として講演”. ハーバー・ビジネス・オンライン. 扶桑社. 2022年11月22日閲覧。
  90. ^ 【独自】統一教会・名古屋4万人イベントの内部写真《来日した韓鶴子総裁と、礼賛した有名政治家たち》(現代ビジネス編集部) @gendai_biz”. 現代ビジネス (2022年7月14日). 2022年7月18日閲覧。
  91. ^ HJ PeaceTV (2019年10月12日). “HJグローバルニュース (2019年 10月 12日)”. YouTube. 2022年10月21日閲覧。
  92. ^ a b c d e ハーバー・ビジネス・オンライン編集部編著『日本を壊した安倍政権』扶桑社、2020年12月2日、116-118頁。ISBN 978-4594086749 
  93. ^ 平和大使運動の紹介”. UPF-Japan. 2022年11月28日閲覧。
  94. ^ 山際大臣、19年にも教団総裁と面会 写真で確認も「覚えていない」”. 朝日新聞 (2022年10月21日). 2022年10月21日閲覧。
  95. ^ 読売テレビ情報ライブ ミヤネ屋』2022年10月21日放送。
  96. ^ 名古屋で盛大に4万名大会「孝情文化祝福フェスティバル」開催”. 世界平和統一家庭連合 (2019年10月23日). 2020年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月13日閲覧。
  97. ^ 新田・富山県知事誕生の裏で何が?旧統一教会選挙応援の実態 鍵握る幹部直撃「瞬殺だった」検証第2弾」『TBS』。2022年10月28日閲覧
  98. ^ 旧統一教会、自民議員と「政策協定」 衆院選の支援条件、署名も―岸田首相、実態把握の意向」『時事通信』。2022年10月28日閲覧
  99. ^ 【旧統一教会・ナマ音声】「6000人の名簿」を布教活動に? 自民候補の総選挙支援で獲得」『RKB毎日放送』。2022年10月31日閲覧
  100. ^ 『Viewpoint』世界日報社 2022年6月号 p38-41
  101. ^ 『世界日報』2022年4月15日号 8面
  102. ^ 自由民主党の立候補者と ( 旧 ) 統一教会の関係をめぐって、わたしが参院選の前に行動したこと」『青山繁晴の道すがらエッセイ/On the Road』2022年7月18日。2022年7月19日閲覧
  103. ^ “統一教会”と政治家の関係… 自民党の現職議員が証言 参院選で「票を割り振り」も?」日テレニュース、2022年7月20日。
  104. ^ 「井上先生はもうすでに信徒になりました」旧統一教会側が参院選で安倍氏元秘書官を支援、宗教と政治の距離とは【news23】”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月15日). 2023年1月23日閲覧。
  105. ^ 鈴木エイト 2022.
  106. ^ 霊感商法の旧統一協会 自民・井上議員を支援 参院選 集会招き「信徒になりました」と紹介 ジャーナリストの横田氏が音声入手”. しんぶん赤旗 (2022年7月16日). 2023年1月23日閲覧。
  107. ^ a b 【解説】伊達前参議院議長 安倍元総理に旧統一教会票を依頼北海道テレビ、2022年7月28日。2022年7月29日閲覧
  108. ^ a b 【前参院議長の告白 完全版】伊達忠一氏 安倍元総理に旧統一教会票を依頼」北海道テレビ、2022年7月28日。2022年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月27日閲覧
  109. ^ "安倍元首相が松山氏の応援取りやめ 参院選長野県区 女性問題など週刊誌報道受け". 信濃毎日新聞. 2022年7月8日. 2022年7月8日閲覧
  110. ^ 記者と取材先という矩をこえてしまった…"安倍首相に最も食い込んだ記者"岩田明子が悔やむ「最大の失敗」」プレジデントオンライン、2023年5月25日。2023年7月13日閲覧
  111. ^ 岩田明子 (2022年9月16日). “《岩田明子氏が事件後初執筆》安倍晋三“暗殺前夜”の電話で口にした統一教会問題「私自身は…」”. 文春オンライン. 2023年12月5日閲覧。
  112. ^ a b 『AERA』2022年8月2日号 p20-21
  113. ^ 安倍元首相銃撃事件で注目の旧統一教会「主導イベント」国家公安委員長が呼びかけ人だった!」『FLASH』2022年7月15日。2022年7月16日閲覧
  114. ^ 不法行為多く 他宗教と相違 九州大・南野森教授(憲法学)」『毎日新聞』。2022年8月20日閲覧
  115. ^ 旧統一教会問題 自民・福田総務会長「正直、何が問題かよく分からない」”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月29日). 2022年7月29日閲覧。
  116. ^ 旧統一教会と党の関係否定 「何が問題か分からない」―自民・福田氏”. 時事ドットコムニュース (2022年7月29日). 2022年7月29日閲覧。
  117. ^ 【独自】全国会議員アンケート 旧統一教会へのイベント出席・祝電は78人(5日午前10時現在)」『TBS』。2022年8月6日閲覧
  118. ^ 小川俊一 (2022年8月13日). “「選挙支援ありがたい」「自民党の思想に近い」 原田義昭氏、旧統一教会との関係で”. 西日本新聞. 2022年8月25日閲覧。
  119. ^ 玉城県政の公約達成は2% 佐喜真陣営 振興予算減額に危機感”. 世界日報 (2022年9月7日). 2022年9月12日閲覧。
  120. ^ 月刊 Hanada 2023年1月号 (発売日2022年11月26日)”. Fujisan. 2023年1月26日閲覧。
  121. ^ a b 【政界一喝】安倍派報道の屈辱に負けるな”. 世界日報 (2023年12月18日). 2023年12月19日閲覧。
  122. ^ 安倍派の政務三役、計15人を全員交代へ 鈴木総務相、宮下農水相も”. 朝日新聞 (2023年12月10日). 2023年12月10日閲覧。
  123. ^ 【速報中】政治資金問題で閣僚交代へ 安倍派「5人衆」辞任へ”. NHK NEWS WEB (2023年12月14日). 2023年12月14日閲覧。
  124. ^ 旧統一教会元会長が指摘「文鮮明総裁は岸信介元首相と近かった。安倍晋太郎元外相とも近かった」」『日刊スポーツ』 共同通信、2022年7月19日。2022年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月20日閲覧
  125. ^ 旧統一教会側と自民党、改憲案が「一致」 緊急事態条項、家族条項…濃厚な関係が影響?」『東京新聞』2022年8月2日。2022年8月3日閲覧
  126. ^ 英紙が「安倍晋三と統一教会の関係」に迫る─それは祖父・岸信介の時代から「公然の秘密」だ」『クーリエジャポン』。2022年7月19日閲覧
  127. ^ 藤田庄市「日本における統一教会の活動とその問題点―活字メディアで報道された批判を中心に― (PDF)」『公益財団法人国際宗教研究所宗教情報リサーチセンター』公益財団法人国際宗教研究所 宗教情報リサーチセンター、2019年3月25日、146頁。2022年7月21日閲覧
  128. ^ a b 『週刊朝日』2006年6月30日号
  129. ^ Bob Fitrakis「Reverend Moon: Cult leader, CIA asset and Bush family friendScoop、2012年9月5日。
  130. ^ RICHARD J. SAMUELS. Machiavelli's Children Leaders and Their Legacies in Italy and Japan. p. 245  / リチャード・J・サミュエルズ 鶴田知佳子・村田久美子訳. マキァヴェッリの子どもたち. pp. 247-248. ISBN 978-4-492-21167-0 
  131. ^ The Washington Times / Who pays the bills for the right's daily paper?」『FAIR』1995年3月1日。2022年7月11日閲覧
  132. ^ Killing of Shinzo Abe shines spotlight on politicians’ links with Moonies」『FINANCIAL TIMES』2022年7月11日。"This group has been one of the bases of the LDP's campaigns since that time in the cold war when the church was a reliable ally against communism," "They worked with the Kishi faction of the LDP, which later became the Abe faction.""Having religious groups that can provide a very reliable group of voters who will definitely turn out on election day, will definitely vote for your party, can provide volunteers for your campaign, is important,"
  133. ^ Abe’s ruling coalition secures big election win in Japan after his killing」『THE WASHINGTON POST』2022年7月9日。
  134. ^ 高橋浩祐「「勝共連合」の名称で今も日本保守政界に食い込む“統一教会” 元公安調査庁幹部が警鐘(動画付き)」YAHOO!ニュース、2022年7月21日。
  135. ^ 高橋浩祐 (21 July 2022). 元公安調査庁幹部に緊急取材(下)戦後長く続く自民党と統一教会のただならぬ関係に鋭く迫る❗️元公安調査庁調査第2部長、菅沼光弘氏に聞く❗️.
  136. ^ 《検証》統一教会と安倍元首相との「本当の関係」」『週刊文春』。2022年7月19日閲覧
  137. ^ a b Thank you, America,」Washington Times、2011年5月10日。2013年2月15日閲覧
  138. ^ a b 統一教会のダミー団体「世界戦略総合研究所」」『政教ログ』。2012年6月11日閲覧
  139. ^ 米国政府への“逆失望”発言の首相補佐官に本紙副代表は1月から“失望中”」『やや日刊カルト新聞』2014年2月25日。2022年7月21日閲覧
  140. ^ 「日本はこの男と心中するのか--安倍晋三窮地! 統一教会『合同結婚式』に祝電!」『FLASH』第2006年7月4日号、光文社。
  141. ^ 統一教会からの「噴飯物」抗議文書を公開する」『有田芳生の『酔醒漫録』』2010年6月13日。2012年6月11日閲覧
  142. ^ a b 鈴木エイト<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第2回> 自民党安倍政権と統一教会。いつ安倍晋三は「変節」したのか(3/3ページ)」『ハーバー・ビジネス・オンライン』扶桑社、2019年1月16日。2019年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月10日閲覧
  143. ^ a b c 動機は「私怨」、国葬は「民主主義守る」ため?  霊感商法被害1237億円、弁護士らが安倍氏に抗議文」『共同通信』2022年7月15日。2022年7月16日閲覧
  144. ^ 鈴木エイト<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第1回> 自民党安倍政権と統一教会。2013年参院選時に蠢いた策動」『ハーバー・ビジネス・オンライン』扶桑社、2019年1月11日。2019年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月23日閲覧
  145. ^ 鈴木エイト<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第23回> 安倍首相主催の「桜を見る会」、統一教会関係者も招待客に」『ハーバー・ビジネス・オンライン』扶桑社、2019年11月12日。2019年11月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月26日閲覧
  146. ^ 藤田庄市「日本における統一教会の活動とその問題点―活字メディアで報道された批判を中心に― (PDF)」『公益財団法人国際宗教研究所宗教情報リサーチセンター』公益財団法人国際宗教研究所 宗教情報リサーチセンター、2019年3月25日、148頁。2022年7月21日閲覧
  147. ^ 街頭デモで安倍政権を応援 旧統一教会系の国際勝共連合が支援する大学生集団「UNITE」の正体」『AERA dot.朝日新聞出版、2016年7月1日。2022年7月21日閲覧
  148. ^ 『週刊金曜日』2016年7月22日号。
  149. ^ 《内部文書入手》 「統一教会」関連団体幹部が名称変更当時の下村博文文科相に陳情、パーティ券購入」文春オンライン。2022年7月20日閲覧
  150. ^ ANNnews (2022年9月26日). “「最初は警戒していた」元関係者が語る“安倍氏と旧統一教会” 距離を縮めた背景とは(2022年9月25日)”. YouTube. 2022年9月26日閲覧。
  151. ^ 旧統一教会と政治 見過ごされてきた関係”. NHK (2022年8月29日). 2022年9月26日閲覧。
  152. ^ 田中裕之、金森崇之、坂口裕彦、渋江千春 (2022年11月7日). “文鮮明氏、安倍元首相就任直後「秘書室長と面会を」 発言録で判明”. 毎日新聞. 2022年11月7日閲覧。
  153. ^ 【独自】安倍晋三が統一教会「文鮮明一族」を党本部に招き入れた蜜月写真を入手”. 現代ビジネス. 講談社 (2022年10月25日). 2022年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月27日閲覧。
  154. ^ 「世界思想」2013年3月号”. 国際勝共連合. 2015年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月13日閲覧。
  155. ^ 「世界思想」2013年9月号”. 国際勝共連合. 2014年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月13日閲覧。
  156. ^ 「安倍派が飛び抜けて多かった」旧統一教会と政治家“持ちつ持たれつの関係”その実態とは【報道特集】”. TBS NEWS DIG. TBSテレビ (2022年7月25日). 2022年11月11日閲覧。
  157. ^ 中国「レッド・キャピタリズム」の終焉」国際勝共連合。2022年7月11日閲覧
  158. ^ 米政治家に根を張る旧統一教会、安倍・トランプの蜜月も演出」JBpress。2022年7月19日閲覧
  159. ^ Ben Wolfgang「Trump:‘Magnificent reality’of denuclearized Korea within reach」『The Washington Times』The Washington Times, LLC.、2021年9月11日。2021年9月15日閲覧
  160. ^ 鈴木エイト「速報!!安倍晋三前内閣総理大臣が統一教会系大規模イベントで演説、韓鶴子に敬意を表す」『やや日刊カルト新聞』2021年9月12日。2021年9月15日閲覧
  161. ^ 編集部「安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと共演! 前総理としてカルトの総裁を絶賛、同性婚や夫婦別姓を「偏った価値観」と攻撃」『LITERA』株式会社ロストニュース、2021年9月14日。2021年9月15日閲覧
  162. ^ 安倍晋三、晋太郎、岸信介「岸・安倍家3代と旧統一教会」60年の知られざる関係」『NEWSポストセブン』2022年7月15日。2023年7月31日閲覧
  163. ^ 藤倉善郎霊感商法対策の弁護士団体が安倍晋三前首相に公開抗議文」『やや日刊カルト新聞』2021年9月17日。2021年9月19日閲覧
  164. ^ a b 凶弾に倒れた安倍元総理に「旧・統一教会」被害弁護団から届いていた“警告書”と、いまなお続く4つの「献金返還訴訟」」『デイリー新潮』新潮社、2022年7月13日。2022年7月14日閲覧
  165. ^ シェリー めぐみ「安倍元首相だけではない…米メディアが「トランプ元大統領と統一教会の癒着」を相次いで報じる理由 共和党出身大統領は長年教会に助けられてきた」『プレジデント』2022年7月21日。2022年9月7日閲覧
  166. ^ 【社説】プーチン大統領、次の「戦争相手」は宗教」『WSJ Japan』。2022年8月22日閲覧
  167. ^ Kyrgyzstan Bans Unification Church」『RadioFreeEurope/RadioLiberty』(英語)。2022年8月22日閲覧
  168. ^ a b c d 鈴木エイト「《スクープ映像入手》旧統一教会のフロント組織「勝共連合」会長が安倍元首相との“ビデオ出演”交渉の裏話を激白」『週刊文春』2022年7月30日。2022年9月7日閲覧
  169. ^ 米紙が斬る「統一教会にとって日本は大事な“金づる”だ」 教団が安倍晋三を重宝した理由 | 文鮮明帝国の“カネの流れ”に迫る | クーリエ・ジャポン。2022年8月23日閲覧
  170. ^ Former Prime Minister Shinzo Abe's party triumphs after his assassination Friday」The Washington Post。2022年8月23日閲覧
  171. ^ a b 「旧統一教会と政治家のつながりは明らか」紀藤弁護士らが海外メディア向けに会見」Business Insider。2022年8月9日閲覧
  172. ^ "銃撃直後に語っていた「深い関係」 教団名を伏せ続けた警察の内幕". 朝日新聞. 2023年1月7日. 2023年1月8日閲覧
  173. ^ 斎藤文太郎「「安倍氏は会員ではない」 旧統一教会「親しみは持っていた」」『毎日新聞』2022年7月11日。2022年7月11日閲覧
  174. ^ a b 旧統一教会の会見「100%嘘としか言いようがない」モーニングショー紀藤弁護士の断罪に驚きの声」『リアルライブ』2022年7月12日。2022年9月7日閲覧
  175. ^ a b SANKEI DIGITAL INC「「旧統一教会と結び付き」 岩手知事が自民批判」『産経ニュース』2022年7月15日。2022年7月15日閲覧
  176. ^ 中川晴久「「統一協会と安倍元総理は関係がない」と私が言う理由 「心のレイプ」の被害者救済を」『クリスチャントゥデイ』2022年7月16日。2022年7月30日閲覧
  177. ^ 【解説】伊達前参議院議長 安倍元総理に旧統一教会票を依頼」『北海道テレビ』2022年7月28日。2022年7月30日閲覧
  178. ^ a b 元首相銃撃、手紙で示唆か」共同通信、2022年7月17日。2022年7月17日閲覧
  179. ^ a b 日本テレビ「安倍元首相銃撃 ツイッターに「統一教会は全世界の敵」 2019年から“恨み”繰り返し投稿か」『日テレNEWS』。2022年7月19日閲覧
  180. ^ 旧統一教会が韓国・ソウルで国際会議 安倍元総理を追悼するセレモニー、トランプ前大統領ビデオメッセージ寄せる」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年8月12日。2022年8月12日閲覧
  181. ^ “統一教会”大規模会合 各国の閣僚経験者など出席 日本で批判の声高まる中、影響力示した形に」日テレNEWS、2022年8月12日。2022年8月12日閲覧
  182. ^ 【全文公開】旧統一教会が韓国の新聞13紙で展開した“反撃広告”「安倍元首相を絶対に忘れません」」『NEWSポストセブン小学館、2022年9月16日。2022年9月16日閲覧
  183. ^ a b 衆院選2017総力特集!“オカルト候補”300人ぜんぶ載せ!」やや日刊カルト新聞、2017年10月13日。2022年8月1日閲覧
  184. ^ a b 今西憲之、吉崎洋夫「旧統一教会系団体に参院選の応援「希望する議員いれば記入を」 自民党が幹部の議連でアンケートAERA dot.、2022年7月29日。2022年8月1日閲覧
  185. ^ a b c d e f g h i j k “21人のガッツポーズ”細田衆院議長の姿も・・・旧統一教会と自民党が国会内で集会、出席した元閣僚「選挙にプラスになる」」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年7月26日。2022年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月9日閲覧
  186. ^ 東国幹衆院議員、旧統一教会と接点 会長職の団体が教団会員の県議招き講演会」北海道新聞、2022年8月22日。2022年8月24日閲覧
  187. ^ a b HTB北海道ニュース「旧統一教会・元信者の旭川市議がHTBのインタビューで語る 政務活動費でセミナー参加「地方自治に資する」」YouTube、2022年8月30日。2023年2月20日閲覧
  188. ^ テレビ朝日『モーニングショー』2022年9月12日。
  189. ^ HTB北海道ニュース「【独自】「献身的に応援して下さった…」自民・中村裕之衆院議員がブログに 「旧統一教会」後援組織の支援」『YouTube』2022年8月1日。2022年8月2日閲覧
  190. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党北海道第三選挙区支部(平成27年分 定期公表) (PDF)」『政治資金センター』北海道選挙管理委員会。2022年7月18日閲覧
  191. ^ 『週刊ポスト』2005年4月22日号、小学館。 
  192. ^ 鳩山由紀夫 [@hatoyamayukio] (2022年7月20日). "2022年7月20日午後4:32のツイート". X(旧Twitter)より2022年7月20日閲覧
  193. ^ 鳩山由紀夫氏「合同結婚式で結婚したという噂は完全に嘘」ウワサを完全否定、イベント出席は謝罪 - 社会 : 日刊スポーツ」『nikkansports.com』。2022年7月22日閲覧
  194. ^ a b c d e f g h i j k l m 立憲の14議員が旧統一教会と接点、岡田氏・枝野氏・安住氏ら 調査結果を公表(一覧)」Business insider、2022年8月24日。2022年9月3日閲覧
  195. ^ 旭川市の今津市長 旧統一教会の施設を過去に3回訪問」NHK、2022年8月30日。2022年8月31日閲覧
  196. ^ 釧路市長 過去2回の市長選の際に旧統一教会の集会であいさつ」NHK、2022年8月3日。2022年8月3日閲覧
  197. ^ 旧統一教会は首長とも接点が…釧路市長が関連団体のイベント「ピースロード」に4回出席 北海道」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年8月2日。2022年8月3日閲覧
  198. ^ a b c 地方実行委員会(2019)」PEACE ROAD。2020年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月9日閲覧
  199. ^ 旧統一教会と政治家また新たな関係が…帯広市の議員「霊感商法はマスコミの造語」HTB2022年8月2日付
  200. ^ 自民2氏 旧統一教会元会員 旭川市議に本紙アンケート 政活費で世界日報購読、いずれも「退会済」」北海道新聞、2022年9月3日。2023年3月10日閲覧
  201. ^ 自民党・地方議員「旧統一教会の会員です」 退会は「経過を見て考えたい」 ほかに同僚2人も… 北海道」北海道ニュースUHB、2022年9月30日。2023年3月30日閲覧
  202. ^ 「仕事人内閣」の副大臣は統一教会・家庭連合ずぶずぶ議員の宝庫」やや日刊カルト新聞、2017年10月9日。2022年8月2日閲覧
  203. ^ 「真のお母様」土井亨議員が発言、岸田総理“最側近”木原副長官と教団に新たな接点も」テレ朝NEWS、2022年9月13日。2022年9月14日閲覧
  204. ^ 日テレNEWS「【“統一教会”と政治家】2年前設立の議員連合“顧問”に… 名簿を入手」『YouTube』2022年7月25日。2022年8月2日閲覧
  205. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党宮城県第二選挙区支部(令和2年分定期公表) (PDF)」宮城県選挙管理委員会、2021年11月26日。2022年11月25日閲覧
  206. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党宮城県第二選挙区支部(令和3年分定期公表) (PDF)」宮城県選挙管理委員会、2022年11月25日。2022年11月25日閲覧
  207. ^ a b c d e f 旧統一教会トップと国会議員らがアメリカで面会…目的は?開示された名称変更の理由示した文書は黒塗り…政治家の関与は不明のまま」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年7月28日。2022年7月28日閲覧
  208. ^ a b 福地慶太郎、酒本友紀子「森参院議員と上杉衆院議員、旧統一教会主催の「復興イベント」に出席」朝日新聞、2022年8月25日。2022年9月16日閲覧
  209. ^ 森雅子首相補佐官が“統一教会”イベント参加「旧統一教会との認識なし」」日テレNEWS、2022年8月24日。2022年8月24日閲覧
  210. ^ 政治資金収支報告書 あすなろ21懇話会(令和元年分 定期公表) (PDF)」『政治資金センター』青森選挙管理委員会。2022年9月21日閲覧
  211. ^ 環境相で初入閣予定の西村明宏氏、教団側出席の会合に参加」朝日新聞、2022年8月10日。2022年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月10日閲覧
  212. ^ 警視庁立川少年センター臨床心理士の発言に関する質問主意書 質問第104号 平成13年(2001年)6月19日
  213. ^ 真の平和を構築できる偉大な指導者」『グラフ新天地』第2003年11月号、光言社。
  214. ^ a b 創設大会メッセージ」平和統一聯合。2022年10月10日閲覧
  215. ^ a b 河野太郎大臣が旧統一教会関連団体の創設大会に祝辞を贈っていた!」『FRIDAY DIGITAL』講談社、2022年9月8日。2022年10月10日閲覧
  216. ^ 천주평화연합 조국향토 환원대회 문선명 총재 교차결혼·평화의 다리 필요성 천명」『Segye.com』(韓国語)、世界日報社、2006年4月5日。[リンク切れ]
  217. ^ 「福島県の内堀知事、旧統一教会の集会出席 18年知事選で遊説」【河北新報】2022年7月26日付
  218. ^ 福島市長、旧統一教会と接点 年1回程度関連イベントに出席」福島民友新聞、2022年8月18日。2022年8月19日閲覧
  219. ^ 西堀岳路「市長選前に旧統一教会施設へあいさつ いわき市長、自民市議が案内」朝日新聞、2022年9月6日。2022年9月16日閲覧
  220. ^ 小川尭洋「旧統一教会系のイベントに参加 山形市長「広告塔利用の恐れあった」」朝日新聞、2022年8月10日。2022年8月11日閲覧
  221. ^ 平川仁、根津弥「多賀城市長、旧統一教会系イベント参加費を政活費で支払い 県議時代」朝日新聞、2022年9月5日。2022年9月16日閲覧
  222. ^ 池田良「富谷市長 世界日報取材 「旧統一教会関係性、認識なかった」」朝日新聞、2022年8月26日。2022年9月16日閲覧
  223. ^ 平川仁「大崎市長「世界日報の取材受けた」 旧統一教会と関係性「気づかず」」朝日新聞、2022年8月24日。2022年9月16日閲覧
  224. ^ 【宗教と政治】“逆風”にも地盤揺るがず 旧統一教会信者を公表し7選 ルポ 美馬秀夫・徳島市議世界日報、2023年4月28日。2023年9月20日閲覧
  225. ^ 書籍『家庭連合信者に人権はないのか』が刊行されました」世界平和統一家庭連合、2023年6月26日。2023年9月20日閲覧
  226. ^ a b c d e f g h i j k l m n 旧統一教会と関係ある「安倍派議員35人」のリストがコレだ! 自民党内でも圧倒的な人数|日刊ゲンダイDIGITAL」『日刊ゲンダイDIGITAL』。2022年7月23日閲覧
  227. ^ 下村博文氏 旧統一教会の改称に関与を全否定も…関連団体との“親密交流”報道で説明求める声」『女性自身』2022年7月23日。2022年9月8日閲覧
  228. ^ 週刊文春』2022年8月4日号、「統一教会の闇 自民党工作をスッパ抜く!」、22-26頁。
  229. ^ 萩生田光一政調会長、生稲晃子氏の選挙支援を統一教会に要請か 教会関係者は「萩生田さんは家族同然」」『デイリー新潮』2022年8月16日。2022年8月18日閲覧
  230. ^ 政治資金収支報告書 勝栄会(平成30年分 定期公表) (PDF)」『政治資金センター』東京都選挙管理委員会。2022年9月18日閲覧
  231. ^ 「記憶呼び覚まされた」木原副長官が旧統一教会との関係“報告漏れ” 自民党に追加報告」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年9月13日。2022年9月13日閲覧
  232. ^ a b c 統一教会の「さいたまスーパーアリーナ2万人集会」に自民党国会議員ら6人が来賓出席」『やや日刊カルト新聞』2018年7月1日。2022年7月16日閲覧
  233. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党東京都第二十一選挙区支部(平成27年分 定期公表) (PDF)」『政治資金センター』東京都選挙管理委員会。2022年9月18日閲覧
  234. ^ 松下正寿 1984, pp. 5–6.
  235. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党東京都第九選挙区支部(平成29年分 定期公表) (PDF)」『政治資金センター』東京都選挙管理委員会。2022年7月18日閲覧
  236. ^ ハーバー・ビジネス・オンライン編集部編著『日本を壊した安倍政権』扶桑社、2020年12月2日、114–115頁。ISBN 978-4594086749
  237. ^ 週刊朝日 2014年12月5日号
  238. ^ 旧統一教会の関連団体に祝電 自民・船田氏が謝罪「不用意な行動」|政治行政,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)」『下野新聞 SOON』。2022年7月23日閲覧
  239. ^ 船田 元」『www.facebook.com』。2022年7月24日閲覧
  240. ^ 第080回国会 衆議院 法務委員会 第8号 昭和52年(1977年)4月6日(議事録
  241. ^ 第084回国会 衆議院 法務委員会 第18号 昭和53年(1978年)4月19日(議事録
  242. ^ [1]
  243. ^ 憲法改正し「平成維新」を 日中韓首脳会談定例化を提案」『世界日報』2004年3月23日。
  244. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党栃木県参議院選挙区第一支部(平成24年分 定期公表) (PDF)」『政治資金センター』選挙管理委員会。2022年7月29日閲覧
  245. ^ 政治資金収支報告書 自由民主党栃木県参議院選挙区第一支部(平成25年分 定期公表) (PDF)」『政治資金センター』選挙管理委員会。2022年7月29日閲覧
  246. ^ パーティー券購入の人物「教団関係者なんだろう」 井野・防衛副大臣」朝日新聞、2022年11月1日。2022年11月1日閲覧
  247. ^ 旧統一教会関係者、法務省内見学か 井野副防衛相後援会メンバー」毎日新聞、2022年10月28日。2022年11月1日閲覧
  248. ^ とちテレNEWS「旧統一教会 栃木県内の国会議員2人が接点」YouTube、2022年9月9日。2022年9月22日閲覧
  249. ^ 高橋かつひろ Facebook 2016年1月24日。2022年9月22日閲覧
  250. ^ 旧統一教会問題で連絡会議 法務・警察など関係省庁」共同通信、2022年8月15日。2022年8月16日閲覧
  251. ^ 大野友嘉子「旧統一教会との関連「知らなかった」 イベント出席の猪口邦子氏」毎日新聞、2022年8月3日。2022年8月26日閲覧
  252. ^ 『Our Story』2021年1月号 (PDF)」猪口邦子公式サイト。2022年8月26日閲覧
  253. ^ 統一教会・家庭連合一万人イベントで自民党参議院議員が来賓あいさつ」ほぼ日刊カルト新聞、2017年10月16日。2022年7月29日閲覧
  254. ^ 新副大臣・政務官16人が旧統一教会と接点 「LGBT」問題発言の議員も任命 “改造内閣”本格始動」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年8月13日。2022年9月27日閲覧
  255. ^ a b The Asahi Shimbun Company「旧統一教会幹部ご一行を“歓迎”した菅官房長官、高村副総裁らの思惑〈週刊朝日〉」『AERA dot. (アエラドット)』2017年7月13日。2022年7月23日閲覧
  256. ^ 山際大臣がネパールで教団イベントに出席か 事務所側「資料がなく確認できない」“マザームーン”発言の山本議員の姿も」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年8月23日。2022年8月31日閲覧
  257. ^ レダ開拓20周年記念式典」大脇準一郎提言のページ。2022年8月11日閲覧
  258. ^ 政治資金収支報告書 (平成25年分 定期公表) (PDF)」『政治資金センター』神奈川選挙管理委員会。2022年8月4日閲覧
  259. ^ 星野剛士氏、選挙支援や祝電 接点の副大臣・政務官23人」共同通信、2022年8月16日。2022年8月18日閲覧
  260. ^ 衆議院議員「義家弘介」OFFICIAL WEB SITE | 国政ニュース」『archive.ph』2014年4月25日。2022年8月5日閲覧
  261. ^ 歴史編纂委員会『日本統一運動史ー文鮮明先生御夫妻と日本の統一教会および統一運動の歩み』光言社 P281-355
  262. ^ a b c d 統一教会のダミーに祝電「54人政治家リスト」出回る」『FACTA ONLINE』。2022年7月23日閲覧
  263. ^ 旧統一教会系『世界平和研究』誌への寄稿者”. NetIB-News (2022年7月28日). 2023年12月5日閲覧。
  264. ^ 所沢市長、旧統一教会系と知りつつイベント出席 「反省はそんなにしていません」「もう行かないとは言えない」:東京新聞 TOKYO Web」『東京新聞 TOKYO Web』2022年8月31日。2022年8月30日閲覧
  265. ^ 【独自】佐倉市長、旧統一教会集会に出席 参院選の自民党候補応援、公務扱い 「今後関係持たない」」千葉日報、2022年9月5日。2022年9月5日閲覧
  266. ^ 【独自】旧統一教会系団体イベントに千葉県内3市長が出席 佐倉、富津、東金の3市 21年、西田氏あいさつ」『www.chibanippo.co.jp』。2022年8月26日閲覧
  267. ^ 旧統一教会へ「感謝」の市長コラム、「適切と判断」から一転し削除:朝日新聞デジタル」『朝日新聞デジタル』。2022年7月27日閲覧
  268. ^ 政治資金収支報告書 東京修友会(平成25年分 定期公表) (PDF)」『政治資金センター』新潟県選挙管理委員会。2022年9月21日閲覧
  269. ^ 高鳥修一 Facebook 2021年11月23日」2021年11月23日。2022年9月26日閲覧
  270. ^ 中原八一新潟市長「慎重にすべきだった」 旧統一教会関連団体の会合に出席」新潟日報、2022年9月14日。2022年9月26日閲覧
  271. ^ “統一教会”関連団体幹部 選挙応援認める」日テレNEWS、2022年8月3日。2022年8月4日閲覧
  272. ^ 3分野で西側脅かす中国にどう対峙すべきか」『平和大使協議会』2021年6月9日。2021年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月26日閲覧
  273. ^ a b c 統一協会・集団結婚に祝電 小坂文科相・中川政調会長も 安倍官房長官、広島大会にも送付」しんぶん赤旗、2006年6月25日。2022年8月12日閲覧
  274. ^ 自民・務台氏 旧統一教会関連団体のイベントであいさつ 安曇野市で開催」信濃毎日新聞、2022年7月27日。2022年11月4日閲覧
  275. ^ 富山県知事 旧統一教会関連団体が選挙支援 「適切でなかった」」『NHK』2022年8月9日。2022年8月27日閲覧
  276. ^ 旧統一教会友好団体から選挙支援 名簿集めや電話 富山県知事」『朝日新聞』2022年8月10日。2022年8月27日閲覧
  277. ^ 「名簿作成した」証言に新田知事は…「それを含め後援会事務局に調査を指示している」旧統一教会関連団体からの選挙応援で 富山」『チューリップテレビ』2022年7月26日。2022年8月27日閲覧
  278. ^ 藤井市長と“旧統一教会”との親密な関係 名簿作成に電話かけ…さらに関連団体が後援会立ち上げ 問われる姿勢 富山」チューリップテレビ、2022年8月3日。2022年8月4日閲覧
  279. ^ 「スマートシティ」で郊外も活性化 富山市長 藤井裕久氏」ビューポイント、2022年5月31日。2022年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月15日閲覧
  280. ^ 高岡市・角田市長 選挙応援受けたと認める 世界平和統一家庭連合の支援集会」チューリップテレビ、2022年8月3日。2022年9月16日閲覧
  281. ^ イベント情報 角田ゆうき高岡市長講演会 『高岡の今と未来を変える為に』」富山県高岡文化ホール。2022年9月16日閲覧
  282. ^ 市改革 市民全体で挑戦 高岡市長 角田悠紀氏」ビューポイント、2022年7月19日。2022年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月16日閲覧
  283. ^ 旧統一教会関連団体のイベントに関係し…村椿魚津市長「不勉強」・夏野射水市長「関連知らず」」FNNプライムオンライン、2022年8月1日。2022年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月2日閲覧
  284. ^ 令和4年8月魚津市定例記者会見 (PDF)」魚津市、2022年8月1日。2022年8月9日閲覧
  285. ^ 「もうあとのまつり…」選挙応援のお礼に来賓のあいさつ 旧統一教会と水野達夫市長 富山・滑川市」チューリップテレビ、2022年8月10日。2022年9月15日閲覧
  286. ^ 自民・若林洋平参院議員 旧統一教会の関連団体のイベントに出席しあいさつ 「知らなかった。うかつだった…」」静岡朝日テレビ、2022年8月16日。2022年8月17日閲覧
  287. ^ a b c d 吉川赳衆議院議員 旧統一教会の関連団体の会合に出席」NHK、2022年8月25日。2022年9月18日閲覧
  288. ^ a b c d e 『中日新聞』2022年8月10日付朝刊社会面25頁、「4人に1人旧統一教会側と関係 中部国会議員調査 行事出席や祝電」
  289. ^ 『中日新聞』2022年8月10日付朝刊社会面1頁、「自民6人選挙支援受ける」
  290. ^ a b 統一教会・家庭連合の大規模フェスティバル・愛知大会に同県選出の自民党国会議員が多数出席」やや日刊カルト新聞、2017年11月16日。2022年7月26日閲覧
  291. ^ 鈴木エイト「「心から感動」「身震いする思い」「ムンセンミョン総裁」「真(まこと)の親方様」現職の自民党国会議員が統一教会名称変更出帆式で来賓挨拶 」」『やや日刊カルト新聞』2015年10月13日。2022年7月16日閲覧
  292. ^ 旧統一教会系催し、顧問に工藤衆院議員 実行委員長に藤田名古屋市議」朝日新聞、2022年9月9日。2022年9月9日閲覧
  293. ^ 自民党代議士が統一教会青年イベントに連続出席、来賓祝辞で教祖への感銘を“鮮明”に語る」やや日刊カルト新聞、2018年10月23日。2022年8月2日閲覧
  294. ^ 鈴木エイト<政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係・第12回> 原田環境大臣、就任前に杉田水脈議員との講演会で韓国大統領を「文鮮明」と失言」『ハーバー・ビジネス・オンライン』扶桑社、2019年5月16日。2022年11月22日閲覧
  295. ^ 政治資金収支報告書 周平懇話会(令和元年分 定期公表)”. 愛知県選挙管理委員会 (2020年11月27日). 2022年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月10日閲覧。
  296. ^ 全国会議員712人アンケート 旧統一教会と政治の関係」共同通信、2022年8月31日。2022年8月31日閲覧
  297. ^ 「自分の勉強になると思った」旧統一教会との接点認める 衆議院 比例東海ブロック選出の自民党 石井拓議員」CBC、2022年10月27日。2022年10月27日閲覧
  298. ^ 石井拓 Twitter 2021年6月7日 午前8:28。2022年10月28日閲覧
  299. ^ 名古屋で盛大に4万名大会「孝情文化祝福フェスティバル」開催」世界平和統一家庭連合、2019年10月23日。2020年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月13日閲覧
  300. ^ 酒井志帆、山下俊輔、森田采花、川瀬慎一朗「「旧統一教会が祝電を改ざん」愛知知事が抗議 式典祝いを総裁賛美に」毎日新聞、2022年7月22日。2022年7月23日閲覧
  301. ^ 旧統一教会のイベントで大村愛知県知事からの祝電を書き換え 抗議に「失礼なことをし申し訳ない」」TBS、2022年7月24日。2022年7月25日閲覧
  302. ^ 藤倉善郎「統一協会「反拉致監禁」キャンペーンにつるむ国会議員たち」やや日刊カルト新聞、2010年12月4日。2022年10月18日閲覧
  303. ^ 議会運営委員会協議結果(平成30年9月21日) (PDF)」半田市議会。2022年10月17日閲覧
  304. ^ 【独自】半田市長、選挙支援受ける 旧統一教会関連の2団体から」中日新聞、2022年8月26日。2022年8月29日閲覧
  305. ^ 旧統一教会が関係する行事に4回参加 愛知・犬山市の山田拓郎市長「認識の甘さを大変反省している」」『名古屋テレビ』2022年8月25日。2022年8月25日閲覧
  306. ^ 愛知・犬山市長、旧統一教会系イベントに出席 市の後援名義使用も」『朝日新聞デジタル』2022年8月25日。2022年8月25日閲覧
  307. ^ 「認識が甘く反省している…」 愛知・犬山市の山田拓郎市長 旧統一教会関連行事に4回参加「今後は一線を引く」」『TBS NEWS DIG』2022年8月25日。2022年8月25日閲覧
  308. ^ 大会レポート(2022年1月15日〜6月26日)」アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラム。2022年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月13日閲覧
  309. ^ 山口春美(碧南市議会議員) Twitter 2022年9月11日 午後0:04。2022年9月13日閲覧
  310. ^ 山口春美(碧南市議会議員) Twitter 2022年9月11日 午後0:09。2022年9月13日閲覧
  311. ^ 6.2アジアと日本の平和と安全を守る安保岐阜県大会」アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラム。2020年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月24日閲覧
  312. ^ 松井聡 Facebook 2019年6月2日」2019年6月2日。2022年9月24日閲覧
  313. ^ 旧統一教会「平和大使」に岐阜県議10人 関連団体から任命」岐阜新聞、2022年8月25日。2022年9月15日閲覧
  314. ^ 稲田朋美:」『INADA Tomomi Official Homepage』2006年4月。2012年6月10日閲覧
  315. ^ 稲田朋美:活動報告」『INADA Tomomi Official Homepage』2009年11月。2012年6月10日閲覧
  316. ^ 稲田朋美:活動報告」『INADA Tomomi Official Homepage』2010年4月。2012年6月10日閲覧
  317. ^ a b 【独自】統一教会・名古屋4万人イベントの内部写真《来日した韓鶴子総裁と、礼賛した有名政治家たち》(現代ビジネス編集部) @gendai_biz」『現代ビジネス』。2022年7月18日閲覧
  318. ^ FFWPU「하늘부모님성회 신통일세계 안착을 위한 신일본 제3지구 희망전진예배(21.06.20)」YouTube、2021年6月22日。2022年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月4日閲覧
  319. ^ 愛知・碧南市長候補の禰宜田氏 統一協会で集団結婚 全国弁連が公開質問状しんぶん赤旗、2008年3月31日。2018年10月10日閲覧
  320. ^ 外国人が住み易い環境推進 不妊治療に補助金も」『vpoint.jp』世界日報社、2019年12月9日。2022年7月20日閲覧
  321. ^ ピースロードが地元ケーブルテレビで取り上げられる(東愛知)」ピースロード。2022年8月18日閲覧
  322. ^ 有田芳生氏、旧統一教会イベントに夫婦で参加の愛知県議「信者にカウントされてる」」『デイリースポーツ』2022年7月26日。2022年7月27日閲覧
  323. ^ 有田芳生 Twitter 2023年3月4日 午後0:11。2023年3月27日閲覧
  324. ^ 蒲郡市 令和4年12月 定例会 12月05日-02号」蒲郡市議会 会議録検索システム。2023年3月1日閲覧
  325. ^ 愛知県議選 蒲郡市 統一地方選挙2023」『NHK選挙WEB』NHK。2023年4月10日閲覧
  326. ^ 旧統一教会系イベントで実行委員長、あいさつも 二之湯智国家公安委員長が認める京都新聞、2022年7月26日。2022年7月26日閲覧
  327. ^ ひろゆき氏〝統一教会問題〟巡り3議員斬り「嘘をついていた」「ズブズブ」「不勉強」 – 東京スポーツ新聞社」『東スポWeb』。2022年7月23日閲覧
  328. ^ 足立康史 衆議院議員Twitter」『Twitter』。2022年7月24日閲覧
  329. ^ 馬場共同代表・藤田幹事長らが「旧統一教会」と接点 維新が調査結果を公表」『MBS』2022年8月2日。2022年9月2日閲覧
  330. ^ 馬場伸幸氏、世界日報のインタビュー「ありません」⇒「取材依頼があったので対応」一転して認める」『HUFFPOST』2022年8月15日。2022年9月2日閲覧
  331. ^ a b 政治と旧統一教会の関係に注目…自民とは歴史的つながり、野党も集会出席や寄付など明らかに」『読売新聞オンライン』2022年7月22日。2022年7月24日閲覧
  332. ^ 高市氏「厳重に抗議」 赤旗の旧統一関連報道を否定」産経新聞、2022年9月26日。2023年3月17日閲覧
  333. ^ 疑惑の高市大臣新たにウソ発覚 統一協会「世界日報」に何度も登場(2023年3月19日号)」しんぶん赤旗日曜版。2023年3月17日閲覧
  334. ^ 藤倉善郎「統一教会から分派「サンクチュアリ教会」指導者が来日 文鮮明7男は集会でアブナイ発言を連発」『デイリー新潮』2022年7月12日、2面。2022年9月8日閲覧
  335. ^ 政務三役でも発覚 大串副大臣が旧統一教会の関連団体の推薦確認書に署名」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年10月26日。2022年10月26日閲覧
  336. ^ 沢伸也、高島曜介 (2024年2月7日). “盛山文科相、旧統一教会側と「政策協定」 21年衆院選、関係者証言”. 朝日新聞. 2024年2月7日閲覧。
  337. ^ 山田外務副大臣 “旧統一教会関連団体が関係の会合に出席”」NHK、2022年8月15日。2022年8月18日閲覧
  338. ^ 【速報】「サインして」教団側の要請に副大臣がまた・・・「よく確認せず」推薦確認書に署名」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年10月28日。2022年10月30日閲覧
  339. ^ 【独自】滋賀2区・上野衆院議員が旧統一教会系2団体に会費支出中日新聞、2022年8月6日。2022年8月8日閲覧
  340. ^ 大阪維新の会“元大阪市議会議長”が統一教会信者になったワケ」FRIDAY DIGITAL、2022年8月29日。2023年3月10日閲覧
  341. ^ a b 鈴木エイト 2022, pp. 307–318.
  342. ^ 検証10弾 細田議長と教団の関係【報道特集】」『TBS NEWS DIG』TBSテレビ、2022年10月23日。2022年10月26日閲覧
  343. ^ “統一教会”系の会合に自民党重鎮の姿…政界との関係どこまで? 苦しみ続ける元信者「地獄への恐怖」今でも…」日テレニュース、2022年7月24日。
  344. ^ APTF島根 真の家庭運動推進協議会「アジアと日本の平和と安全を守る島根県フォーラム設立大会」『「家庭は愛の学校」』2012年4月29日。2014年4月15日閲覧
  345. ^ 岡山で1万人が集い「孝情文化ピースフェスティバル」」世界平和統一家庭連合、2018年7月23日。2022年7月28日閲覧
  346. ^ “統一教会”と政治家 2年前設立の議員連合“顧問”に関連団体「議長」も… 名簿を入手」読売テレビニュース、2022年7月25日。2022年7月28日閲覧
  347. ^ “統一教会”と政治家 2年前設立の議員連合“顧問”に関連団体「議長」も… 名簿を入手」日テレニュース、2022年7月25日。
  348. ^ 旧統一協会系団体に会費/加藤官房長官 14年・16年に/反社会的活動との関係 説明責任」『www.jcp.or.jp』。2022年7月27日閲覧
  349. ^ 公開質問状 文部科学大臣,埼玉県.宮城県知事 他へ」全国霊感商法対策弁護士連絡会、2006年7月6日。2014年4月15日閲覧
  350. ^ 週刊ポスト 1998年12月4日号
  351. ^ 第11回世界言論人会議 モスクワ」『www.telepathy.asia』。2022年8月31日閲覧
  352. ^ 藤倉善郎統一教会系閣僚9人。安倍政権と変わらぬ菅政権の「新宗教・スピリチュアル・偽科学」関係(2/3ページ)」『ハーバー・ビジネス・オンライン』2020年11月9日。2020年11月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月26日閲覧
  353. ^ 旧統一教会が岸防衛相の選挙支援 安倍元首相の実弟」共同通信、2022年7月26日。2022年11月20日閲覧
  354. ^ 岸田首相の熊本県の後援会長 旧統一教会関連報道で会見”. NHK (2022年8月24日). 2023年2月3日閲覧。
  355. ^ 岸田首相の熊本後援会長 旧統一教会との関連指摘に「認識なかった」”. 朝日新聞 (2022年8月24日). 2023年2月3日閲覧。
  356. ^ 参院選で自民候補支援の宗教団体、靖国参拝に賛否朝日新聞、2013年8月16日。2013年10月17日閲覧金曜日朝刊第3面記事
  357. ^ The Asahi Shimbun Company「街頭デモで安倍政権を応援 旧統一教会系の国際勝共連合が支援する大学生集団「UNITE」の正体〈週刊朝日〉」『AERA dot. (アエラドット)』2016年7月1日。2022年7月27日閲覧
  358. ^ 自民の石橋林太郎氏、旧統一教会系イベントで共同実行委員長」中国新聞、2022年8月10日。2022年8月16日閲覧
  359. ^ 週刊新潮 2008-12-04 「『文鮮明の息子』と会った『猪木・ボビー・後藤田正純』」
  360. ^ 「統一教会が全面支援した自民党候補者参院選から見えた政権とカルトの歪な関係」フォーラム21、2013年9月号
  361. ^ 白石徹「アジアと日本の平和と安全を守るフォーラム」『白石とおる ホームページ』2012年1月30日。2014年4月15日閲覧
  362. ^ 白石徹「平和大使セミナー」『白石とおる ホームページ』2012年1月18日。2014年4月15日閲覧
  363. ^ 白石徹「愛和会、発会式」『白石とおる ホームページ』2012年9月23日。2014年4月15日閲覧
  364. ^ a b 西本紗保美「磯崎官房副長官が旧統一教会教区主催の行事に参加 当時の会長も出席」『毎日新聞』2022年8月12日。2022年9月3日閲覧
  365. ^ 福井照衆議院議員(自民)が統一教会集会に出席」『KOCHI-MINPO.ONLINE』高知民報社、2002年5月5日。
  366. ^ 福井照・衆院議員(高知1区) カルト教団・統一教会集会に祝電 天宙平和連合祖国郷土還元高松大会」『KOCHI-MINPO.ONLINE』高知民報社、2006年6月20日。
  367. ^ 四国実行委員会 四国霊場を巡礼しながら世界平和のために走る」PEACE ROAD in Japan、2016年9月6日。2022年7月21日閲覧
  368. ^ 増田洋一「丸亀市長、旧統一教会との接点認める 市長選で関係者の応援を受ける」朝日新聞、2022年9月16日。2022年9月16日閲覧
  369. ^ 「使命は教団の願いをかなえること」 信者の徳島市議、自民の傘のもと活動 党本部、「決別」宣言したが」朝日新聞、2022年9月20日。2023年3月10日閲覧
  370. ^ 「山崎拓幹事長も証人喚問せよ 『夜這い不倫OL』は統一教会ホームにいた!--『サタン血統根絶』のステッカーが…」『週刊文春』第2002年4月4日号、文藝春秋社、30–34頁。
  371. ^ 종교·민족·인종의 벽 넘어 평화세계 건설 매진해야」『세계일보』(韓国語)、한국신학마당、2005年10月4日。2012年8月31日閲覧
  372. ^ 米国の震災支援に「Arigato」日本人有志がWT紙に意見広告世界日報、2011年5月11日。2013年2月15日閲覧
  373. ^ 日韓トンネル研究会九州支部役員」。2013年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月8日閲覧
  374. ^ 旧統一教会と関連指摘の団体や関係者、熊本の自民議員2人に寄付 衆院選や県議選、選挙費用報告書に記載あり」熊本日日新聞、2022年11月3日。2022年11月4日閲覧
  375. ^ 後援取り消しのピースロード、自民党の国会議員らが実行委員務める」朝日新聞、2022年8月3日。2022年8月9日閲覧
  376. ^ 木原稔衆議院議員招請、公邸昼食会」駐福岡大韓民国総領事館、2019年1月26日。2022年11月4日閲覧
  377. ^ <オピニオン>相互依存の韓日関係 〜日韓・韓日海底トンネル構想〜大東文化大学 永野 慎一郎 教授(2009/10/09)(東洋経済日報)
  378. ^ 統一教会系団体から献金 100万円、支部長は文科相」『47NEWS』共同通信社、2004年11月9日。
  379. ^ 統一教会系が中山文科相側に献金 昨年11月、党支部に」『asahi.com』朝日新聞社、2004年11月9日。
  380. ^ 第149回国会 決算委員会 第2号
  381. ^ 徹底追及 統一協会 宮崎市長選を支援 22年 現市長が「家庭教会」訪問 動画に“ビラ配布・電話かけ”」しんぶん赤旗、2023年2月2日。2023年2月2日閲覧
  382. ^ 清山知憲 宮崎市長 市長選告示前に旧統一教会の関連施設訪問を明らかに 関係性は否定」宮崎放送、2023年2月3日。2023年2月2日閲覧
  383. ^ 熊本の旧統一教会関連団体、役員に熊本県議ら地方議員8人 全員が辞任意向「関係知らなかった」」熊本日日新聞、2022年9月7日。2022年9月16日閲覧
  384. ^ 統一教会の請願を受けた吉田公一(民主党)下地幹郎(国民新党)衆院議員 有田芳生の「酔醒漫録」2010年12月3日
  385. ^ 池田哲平 (2022年7月28日). “「旧統一教会と認識せず」沖縄知事選立候補予定の佐喜真氏、関連団体会合への出席で声明”. 琉球新報. 2022年9月6日閲覧。
  386. ^ 地方議員にも…“旧統一教会”と政治の接点 関連団体を退会後に大物政治家の秘書に転身【福岡発】」FNNプライムオンライン、2022年10月2日。2023年3月10日閲覧
  387. ^ 「THINK TANK 2022 第4回ILC国際ウェビナー」神日本報告・朴鍾泌神日本5地区長、2022年1月24日。
  388. ^ 이영균「‘THINK TANK 2022 제4차 ILC 국제 웨비나’ 개최世界日報、2022年1月24日。2022年12月8日閲覧
  389. ^ 本山秀樹「統一教会系NPOイベント、外務省が後援」『朝日新聞』2009年6月16日。2009年6月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月12日閲覧
  390. ^ 統一教会の過激分派「サンクチュアリ教会」の正体自民党の議員が関連集会で応援メッセージも – 東洋経済新報社」『東洋経済オンライン』2022年9月6日。2022年9月5日閲覧
  391. ^ 山谷国家公安委員長 統一協会直系紙に登場/警察の監督役 資格問われる/霊感商法多くの被害 捜査の対象」しんぶん赤旗、2014年11月9日。2022年7月18日閲覧
  392. ^ 第187回国会 予算委員会 第4号(平成26年10月30日)」衆議院。2022年8月3日閲覧
  393. ^ 全教協の歩み。2022年8月5日閲覧
  394. ^ 旧統一教会側の支援受けた自民・宮島氏 陣営幹部「教団の力すごい」」朝日新聞、2022年8月20日。2022年8月25日閲覧
  395. ^ 参政党・神谷宗幣氏、旧統一教会の会合出席 石川県関係」『北國新聞』2022年8月14日。2022年8月14日閲覧
  396. ^ オピニオンの「ビューポイント」ライター一覧」『ビューポイント』。2022年8月4日閲覧
  397. ^ オピニオンの「ビューポイント」神谷 宗幣」『ビューポイント』。2022年8月4日閲覧
  398. ^ 日本の教育とオランダの教育」『ビューポイント』。2022年8月4日閲覧
  399. ^ 【徹底議論】参政党・神谷宗幣氏を生直撃 コロナ対策・党勢拡大…次の一手は?【深層NEWS】」『日テレNEWS(YouTube)』。2022年9月11日閲覧
  400. ^ 白石徹「米国政府への“逆失望”発言の首相補佐官に本紙副代表は1月から“失望中”」『やや日刊カルト新聞』2014年2月25日。2014年4月15日閲覧
  401. ^ 『しんぶん赤旗』2007年11月16日、「民主・室井議員 統一協会と密接/対策弁連『関係断絶を』」。
  402. ^ アジアと日本の平和と安全を守る全国フォーラム」。2022年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年10月10日閲覧
  403. ^ 勝共運動50周年記念インタビュー 元参議院議員 堀江正夫氏に聞く」国際勝共連合、2018年4月20日。2022年10月17日閲覧
  404. ^ TBS「教団票の割り振りあった」旧統一教会めぐり自民議員が証言 票の差配に“派閥の長”が関わっていた」『TBS NEWS DIG』。2022年7月31日閲覧
  405. ^ 肌感覚で知る永田町の統一教会 有田芳生さん 【The Burning Issues vol.23】. デモクラシータイムス. 17 July 2022.
  406. ^ 羽鳥&玉川氏が絶句フリーズ 有田議員が旧統一教会捜査に「圧力」と発言「政治の力」トレンド入り」デイリースポーツ。2022年7月18日閲覧
  407. ^ 『週刊新潮』2012年12月20日号 p39-40
  408. ^ 「特異集団」は旧統一教会 公安庁報告書、安倍政権下で項目消える」朝日新聞。2022年8月19日閲覧
  409. ^ a b 『韓米関係の調査―文鮮明機関(3)』, pp. 52–53.
  410. ^ 櫻井 2023, pp. 184–185.
  411. ^ 기관 기본정보 - 중앙정보부”. 국가기록원. 2023年8月8日閲覧。
  412. ^ a b 『朝日新聞』1978年3月17日付朝刊、3面。
  413. ^ 村上重良『世界宗教事典』講談社 p270-274
  414. ^ 第080回国会 参議院 文教委員会 第8号 昭和52年(1977年)4月7日(議事録
  415. ^ 韓国歴史編纂委員会『真の御父母様の生涯路程 4―文鮮明先生御言精選ー真の御父母様の聖婚と第一次七年路程』光言社 2000年 P304-343
  416. ^ 韓国歴史編纂委員会『真の御父母様の生涯路程 5―文鮮明先生御言精選ー第二次七年路程』光言社 2000年 P26-71
  417. ^ 韓国歴史編纂委員会『真の御父母様の生涯路程 4―文鮮明先生御言精選ー真の御父母様の聖婚と第一次七年路程』光言社 2000年 P408-439
  418. ^ 歴史編纂委員会『日本統一運動史ー文鮮明先生御夫妻と日本の統一教会および統一運動の歩み』光言社 P185-280
  419. ^ 韓国歴史編纂委員会『真の御父母様の生涯路程 5―文鮮明先生御言精選ー第二次七年路程』光言社 2000年 P316-367
  420. ^ 『毎日新聞』1970年10月22日号 朝刊 17面
  421. ^ 『朝日新聞』1977年2月8日号 朝刊 3面
  422. ^ a b Crittenden, Ann (1976年5月25日). “Moon's Sect Pushes Pro‐Seoul Activities”. The New York Times. 2023年10月8日閲覧。
  423. ^ 『読売新聞』1977年6月6日 朝刊 4面
  424. ^ 第084回国会 参議院 予算委員会 第23号 昭和53年(1978年)4月3日(議事録
  425. ^ 平和統一家庭党解説」『霊感商法の実態』全国霊感商法対策弁護士連絡会。2012年6月22日閲覧[リンク切れ]
  426. ^ 〈情報〉家庭党登録取り消しへ」『有田芳生の『酔醒漫録』』2008年4月13日。2010年11月22日閲覧
  427. ^ 韓国総選挙 統一教会系候補者が全国で立候補の動き キリスト教会が対抗策を展開」『CHRISTIAN TODAY』Christian Today Co., Ltd.、2008年2月12日。
  428. ^ 歴史編纂委員会『日本統一運動史2ー文鮮明先生御夫妻と日本の統一教会および統一運動の歩み』光言社 P456-457
  429. ^ Khmer Times: "Three leaders chosen to receive Peace Prize"
  430. ^ BAN KI-MOON CENTRE : "Co-chair Ban Ki-moon’s acceptance speech for Sunhak Peace Prize"
  431. ^ a b 통일교, 유력인사 내세워 이단 이미지 지워」『데일리굿뉴스』(韓国語)、2021年5月13日。2022年7月16日閲覧
  432. ^ a b c d e f g h i j 바른미디어 통일교 행사에 등장한 무책임한 정치인들!」『바로알자』(韓国語)、2021年9月15日。2022年7月16日閲覧
  433. ^ a b トランプ氏ら米共和党と旧統一教会の半世紀にわたる関係 政権復帰なら日本はどう対応?」『東京新聞』2022年11月15日。2023年7月30日閲覧
  434. ^ a b c 文鮮明の統一教会の政治的支配力の源泉は米国! ブッシュ親子を大統領に押し上げたのは統一教会! IWJは、この事実を伝えたコロンバス現代ジャーナリズム研究所Free Pressの記事を全文仮訳!【前編】”. IWJ (2022年8月21日). 2023年12月22日閲覧。
  435. ^ 韓国歴史編纂委員会『真の御父母様の生涯路程 3―文鮮明先生御言精選ー統一教会設立と摂理の再出発』光言社 2000年 P203-230
  436. ^ Bush Sr. To Celebrate Rev. Sun Myung Moon – AgainMother Jones、2007年4月29日。2021年10月15日閲覧
  437. ^ Sun Myung Moon, founder of Unification Church, dies at 92」NBC NEWS、2012年9月3日。2021年10月15日閲覧
  438. ^ 'Moonies' founder dies, aged 92The Irish Times、2012年9月3日。2021年10月15日閲覧
  439. ^ a b c d “旧統一教会、米国でも政界工作 絆固めたウォーターゲート事件”. 毎日新聞. (2023年10月13日). https://mainichi.jp/articles/20231012/k00/00m/010/208000c 2023年10月21日閲覧。 
  440. ^ 久保木修己『愛天 愛国 愛人ー母性国家日本のゆくえ』世界日報社 p113-122
  441. ^ a b 韓国歴史編纂委員会『真の御父母様の生涯路程 5―文鮮明先生御言精選ー第二次七年路程』光言社 2000年 P370-425
  442. ^ a b c 統一教会とは何か?安倍晋三・岸信介元首相らとの関係は | The HEADLINE」『www.theheadline.jp』。2022年7月18日閲覧
  443. ^ Bush Addresses Group Tied to Rev. Moon」AP、1995年9月15日。2021年10月15日閲覧
  444. ^ excerpt Archived 29 April 2003 at the Wayback Machine. The Unification Church Studies in Contemporary Religion, Massimo Introvigne, 2000, Signature Books, Salt Lake City, Utah, ISBN 1-56085-145-7
  445. ^ a b 『AERA』1995年9月25日号
  446. ^ 有田芳生 1992, pp. 105–106.
  447. ^ a b 통일교 행사에 나선 트럼프, “트럼프가 트럼프 했네!”」『NEWS M』(韓国語)、2021年9月23日。2022年7月16日閲覧
  448. ^ 旧統一教会、長年かけ米共和党に浸透 トランプ氏も度々「称賛」」『毎日新聞』2022年8月18日。2023年7月30日閲覧
  449. ^ a b c 北朝鮮の背後に潜むカルト統一協会資金でシャロン勝利の恐怖aku451」『www.jca.apc.org』。2022年7月20日閲覧
  450. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q イスラエル選挙で「冷戦後」が終わった中東」『tanakanews.com』。2022年7月20日閲覧
  451. ^ 2003年イスラエルから聖職者帰国報告後のみ言葉

参考文献 編集

書籍 編集

1970年代 - 1990年代
2000年代 - 2010年代
  • 櫻井義秀中西尋子『統一教会 日本宣教の戦略と韓日祝福』北海道大学出版会、2010年。ISBN 978-4832967205
  • ダグラス・E・コーワン [in 英語]デイヴィッド・G・ブロムリー [in 英語](著)『カルトと新宗教 アメリカの8つの集団・運動』村瀬義史(訳)、キリスト新聞社、2010年。
  • Sarah Lewis(著)『現代世界宗教事典—現代の新宗教、セクト、代替スピリチュアリティ』クリストファー・パートリッジ英語版 編、井上順孝 監訳、井上順孝・井上まどか・冨澤かな・宮坂清 訳、悠書館、2009年。
  • 榛和夫 執筆、2009年、「平成10大宗教事件 現代を震撼させた教団と社会の衝突 3.芸能人は広告塔?【統一教会・合同結婚式騒動】」、『Books Esoterica 別冊 [図説] 宗教と事件』、学研マーケティング
  • 米本和広 執筆、2009年、「日本を揺るがした新宗教 瀬戸際に立った統一教会」、『Books Esoterica 別冊 [図説] 宗教と事件』、学研マーケティング
  • 弓山達也 執筆、伊藤雅之・梶尾直樹・弓山達也(編)、2004年、「スピリチュアリティの目覚めとその危機」、『スピリチュアリティの社会学 現代世界の宗教性の探求』、世界思想社
  • 櫻井義秀 執筆、伊藤雅之・梶尾直樹・弓山達也(編)、2004年、「教団発展の戦略と「カルト」問題」」、『スピリチュアリティの社会学 現代世界の宗教性の探求』、世界思想社
  • 浅見定雄「コメント.聖書学・キリスト教研究の領域から (宗教社会学・教団研究の現在と社会との接点-櫻井義秀・中西尋子『統一教会』を検討する-,テーマセッション2,2011年度学術大会・テーマセッション記録)」『帝塚山學院大学研究論集』第18号、「宗教と社会」学会、2012年6月16日、129–130頁。NAID 110009480546
  • 石井智恵美 執筆、大貫隆・名取四郎・宮本久雄百瀬文晃(編)、2000年、「統一教会」、『岩波キリスト教辞典』、岩波書店 ISBN 400080202X p. 796
  • 宮本久雄 執筆、大貫隆・名取四郎・宮本久雄百瀬文晃(編)、2000年、「原罪」、『岩波キリスト教辞典』、岩波書店 ISBN 400080202X p. 372
  • 川瀬貴也「書評:真鍋祐子著, 『烈士の誕生-韓国の民衆運動における恨の力学-』, 平河出版社, 1997年6月刊」『宗教と社会』第7号、「宗教と社会」学会、2001年6月17日、155–160頁。NAID 110007653099
  • 川崎経子 『統一教会の素顔 ─新装改訂版―その洗脳の実態と対策』 (教文館 2008年5月)ISBN 978-4764264335
  • 青春を返せ裁判(東京)原告団・弁護団 (編著) 『青春を奪った統一教会――青春を返せ裁判(東京)の記録』(緑風出版 2000年9月)ISBN 978-4846100117
  • 全国統一教会被害者家族の会(編) 『自立への苦闘―統一教会を脱会して』(教文館 2005年10月)ISBN 978-4876997695
  • 本間てる子 『秋田の母ちゃん統一教会とわたりあう』(ウインかもがわ 2003年8月)ISBN 978-4876997695
  • 米本和広『カルトの子 心を盗まれた家族』文藝春秋 ISBN 4-163-56370-9
  • 米本和広『我らの不快な隣人 統一教会から「救出」されたある女性信者の悲劇』(情報センター出版局 2008年ISBN 4795847622
2020年代

論文・寄稿文 編集

  • 櫻井義秀、中西尋子「著者からのリプライ (宗教社会学・教団研究の現在と社会との接点-櫻井義秀・中西尋子『統一教会』を検討する-,テーマセッション2,2011年度学術大会・テーマセッション記録)」『宗教と社会』第18巻、「宗教と社会」学会、2012年6月16日、133–135頁。
  • 古田富建「韓国キリスト教系新宗教のイエス観 : 李龍道の晩年期の再考察とその系譜団体のイエス観」『帝塚山學院大学研究論集』第46号、帝塚山学院大学リベラルアーツ学部、2011年、17–38頁。NAID 110008802572
  • 中西尋子「「民衆宗教」としてみた統一教会(「民衆宗教」研究の最前線,パネル,<特集>第六十六回学術大会紀要)]」『宗教研究』81(4)、日本宗教学会、2008年3月30日、930–932頁。NAID 110006646210
  • 古田富建「韓国の「民族性」としての恨のイメージ : 恨の時代的変遷(第二部 個人発表,東アジアにおける宗教の位置,特別テーマ部会,<特集>第六十四回学術大会紀要)」『宗教研究』第79巻第4号、日本宗教学会、2006年3月30日、961–962頁。NAID 110004751994
  • 櫻井義秀「「カルト」問題と社会秩序(2) : 脱会カウンセリングと信教の自由」『北海道大学文学研究科紀要』第117号、北海道大学、2005年11月25日、109–157頁。NAID 110006689120
  • Nemeshegyi Peter(ペトロ・ネメシェギ) [in ハンガリー語]「統一教会の教説についての考察」『カトリック研究』第47巻、上智大学神学会、1985年6月、57–97頁。NAID 120005873222
  • 米本和広「統一教会信者「脱会」後の重い十字架 書かれざる「宗教監禁」の恐怖と悲劇」(講談社月刊現代』2004年11月号掲載)
  • 小川榮太郎、藤原かずえ、佐藤優世界日報取材班「総力特集 統一教会批判は魔女狩りだ!」 『月刊Hanada』2022年10月号、飛鳥新社
  • 鴨野守「【統一教会信者が告発!】『魔女狩り報道』はこうして作られる」 『月刊Hanada』2022年11月号、飛鳥新社。
  • 杉原誠四郎 「『統一教会』に信教の自由はないのか」 『月刊Hanada』2023年5月号、飛鳥新社。
  • 福田ますみ「解散請求ゴリ押し!文化庁合田哲雄次長の『言論封殺』」 『月刊Hanada』2023年9月号、飛鳥新社。

教団関係者の文献 編集

  • 世界基督教統一神霊協会『原理講論』第5版(光言社 1968年7月20日)
  • 世界基督教統一神霊協会伝道教育局(訳編) 『原理講論〔重要度三色分け〕』(光言社 2007年7月 ISBN 978-4876569212
  • 久保木修己(監)『為に生きる〔改訂版〕―文鮮明師講演集』(光言社; 改訂版 1990年)ISBN 978-4876560172
  • 世界基督教統一神霊協会(編)『統一教会の回答 日弁連「意見書」への求釈明』(光言社 1999年11月20日)ISBN 978-4876560837
  • 松下正寿『文鮮明 人と思想』善本社、1984年5月31日。
  • 福田信之『文鮮明師と金日成主席―開かれた南北統一の道』世界日報社、1992年6月。ISBN 978-4-88201-049-4 
  • 増田善彦『「マインド・コントロール理論」その虚構の正体―知られざる宗教破壊運動の構図』(光言社 1996年5月24日)ISBN 978-4876560493
  • 朴正華『六マリアの悲劇―真のサタンは、文鮮明だ!!』(恒友出版 1993年10月)ISBN 978-
  • 朴正華『“私は裏切り者 その時私にサタンが入った!”』(世界日報社 1995年11月)ISBN 4-88201-059-3
  • 洪蘭淑(著)、林四郎(訳) 『わが父 文鮮明の正体』(文藝春秋 1998年11月)ISBN 978-4163546100
  • 魚谷俊輔『統一教会の検証』(光言社 1999年9月1日)ISBN 978-4876560813
  • 徳永信一鴨野守、近藤徳茂(編)、2023年6月22日『家庭連合信者に人権はないのか』グッドタイム出版。ISBN 978-4908993336

英語の文献 編集

  • Sontag, Frederick. 1977. Sun Myung Moon and the Unification Church, Abingdon Press. ISBN 0-687-40622-6
  • Bryant, M. Darrol, and Herbert Warren Richardson. 1978. A Time for consideration: a scholarly appraisal of the Unification Church. New York: E. Mellen Press. ISBN 978-0-88946-954-9
  • Tingle, D. and Fordyce, R. 1979, Phases and Faces of the Moon: A Critical Examination of the Unification Church and its Principles, Hicksville, NY: Exposition Press ISBN 0-682-49264-7
  • Kim, Young Oon, 1980, Unification Theology, Barrytown, NY: Unification Theological Seminary, Library of Congress Cataloging number 80-52872
  • Matczak, Sebastian, Unificationism: A New Philosophy and World View (Philosophical Questions Series, No 11) (1982) New York: Louvain. The author is a professor of philosophy and a Catholic priest. He taught at the Unification Theological Seminary.
  • Barker, Eileen, The Making of a Moonie: Choice or Brainwashing? (1984) Blackwell's, Oxford, UK ISBN 0-631-13246-5.
  • Durst, Mose. 1984. To bigotry, no sanction: Reverend Sun Myung Moon and the Unification Church. Chicago: Regnery Gateway. ISBN 978-0-89526-609-5
  • Bromley, David G. (September 1985). “Financing the Millennium: The Economic Structure of the Unificationist Movement”. Journal for the Scientific Study of Religion, Vol. 24, No. 3 (Sep., 1985), pp. (Blackwell Publishing on behalf of Society for the Scientific Study of Religion) 24 (3): 253–274. JSTOR 1385816. 
  • Fichter, Joseph Henry. 1985. The holy family of father Moon. Kansas City, Mo: Leaven Press. ISBN 978-0-934134-13-2
  • Gullery, Jonathan. 1986. The Path of a pioneer: the early days of Reverend Sun Myung Moon and the Unification Church. New York: HSA Publications. ISBN 978-0-910621-50-2
  • Biermans, J. 1986, The Odyssey of New Religious Movements, Persecution, Struggle, Legitimation: A Case Study of the Unification Church Lewiston, New York and Queenston, Ontario: The Edwin Melton Press ISBN 0-88946-710-2
  • Sherwood, Carlton. 1991. Inquisition: The Persecution and Prosecution of the Reverend Sun Myung Moon. Washington, D.C.: Regnery Gateway. ISBN 978-0-89526-532-6
  • Chryssides, George D., The Advent of Sun Myung Moon: The Origins, Beliefs and Practices of the Unification Church (1991) London, Macmillan Professional and Academic Ltd. The author is professor of religious studies at the University of Wolverhampton, United Kingdom.
  • Yamamoto, J. Isamu, 1995, Unification Church, Grand Rapids, Michigan: Zondervan ISBN 0-310-70381-6
  • Hong, Nansook, In the Shadow of the Moons: My Life in the Reverend Sun Myung Moon's Family. Little Brown & Company; ISBN 0-316-34816-3; (August 1998).
  • Introvigne, M., 2000, The Unification Church, Signature Books, ISBN 1-56085-145-7
  • Ward, Thomas J. 2006, March to Moscow: the role of the Reverend Sun Myung Moon in the collapse of communism. St. Paul, Minn: Paragon House. ISBN 978-1-885118-16-5
  • Hickey, Patrick 2009, Tahoe Boy: A journey back home. John, Maryland: Seven Locks Press. ISBN 0-9822293-6-4, 978-0982229361
  • Moon, Sun Myung, 2009, As a Peace-Loving Global Citizen. Gimm-Young Publishers ISBN 0-7166-0299-7
  • Investigation of Korean-American relations: report of the Subcommittee on International Organizations of the Committee on International Relations, U.S. House of Representatives」『United States: Congress』1978年10月31日。2022年8月27日閲覧
    • 「韓米関係の調査―文鮮明機関(1) 米下院フレーザー委員会最終報告」『世界政治資料』第539号、日本共産党中央委員会、1978年12月25日。
    • 「韓米関係の調査―文鮮明機関(2) 米下院フレーザー委員会最終報告」『世界政治資料』第540号、日本共産党中央委員会、1979年1月10日。
    • 「韓米関係の調査―文鮮明機関(3) 米下院フレーザー委員会最終報告」『世界政治資料』第542号、日本共産党中央委員会、1979年2月10日。
    • 「韓米関係の調査―文鮮明機関(4) 米下院フレーザー委員会最終報告」『世界政治資料』第543号、日本共産党中央委員会、1979年2月25日。

関連項目 編集