宮澤 寿梨(みやざわ じゅり、1980年4月25日[1][2] - )は、日本女優タレント

みやざわ じゅり
宮澤 寿梨
プロフィール
愛称 じゅりちゃん
生年月日 1980年4月25日
現年齢 40歳
出身地 日本の旗 日本長野県上田市
血液型 A型[1][2]
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 155 cm / 44 kg
BMI 18.3
スリーサイズ 85 - 56 - 85 cm
カップサイズ D
靴のサイズ 23 cm
活動
デビュー 1993年
モデル内容 一般、水着
他の活動 女優タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

長野県出身[1]。エービーシープロジェクトを経て、2018年10月からジョイメーカーに所属[3]日出女子学園高等学校卒業。

略歴編集

1993年、『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』で仲根かすみ山崎亜美らと共にねずみっ子クラブとしてデビュー。当初は俳優の大野しげひさの個人事務所であるグリーンプロモーションに所属していた。

その後もCMやドラマで活躍し、1998年、『星獣戦隊ギンガマン』にサヤ / ギンガピンク役で出演[2]。写真集も出した後、2001年には『くノ一忍法伝』で主役ヒロインを務めた。

その後はDVD「rare」(2004年10月)や「パチスロ必勝本DX」(2005年8月で休止)でのレポーター活動、2005年元旦のかくし芸大会に出演。また、2004年3月には戦隊ピンクを演じた女優のトークライブイベント「桃祭」に出演したり、同年12月にTOKIYAの特撮出演女優のゲストとして出演している。

主に女優業や別のパチスロ雑誌のレポーターを中心に活躍を続けていたが、2008年より芸能活動を休止。引退したことを公言したが、それから10年後に復帰。休業は祖母が倒れ、芸能活動で疎遠になった家族と過ごす時間を増やすためだったという[4]。この間に介護ヘルパー2級(現・初任者研修)の資格を取得した[4]

2016年からは、イベントでの共演をきっかけにスーパー戦隊シリーズOB・OGである海津亮介信達谷圭牧野美千子たなかえりらと「ニヤニヤブラザーズ&シスターズ」を結成し、ライブ活動を行っている[5]

人物・エピソード編集

実家はクリーニング店を営んでいる[1]。デビューのきっかけは、母親がテレビのオーディションに応募したことであった[1]

よく寝てしまうことや、歩く速度が遅いことなどから、他人からはマイペースだと言われることが多い[6]

動物が好きで、犬、猫、ウサギなどを飼っていた[6]

『ギンガマン』で演じたサヤについては紅一点だが男勝りな役柄であったからやりやすかったと述べている[2]。また、不器用なところが自身に似ているとも語っている[6]

出演編集

テレビ編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • 雀鬼くずれ2(2003年) - カンコ 役

オリジナルビデオ編集

舞台編集

  • 春を待つトイレの花子さん[7](2018年2月28日 - 3月4日、サンモールスタジオ)[4]

写真集編集

  • VOYAGE(2000年)

DVD編集

  • くノ一忍法伝 魔物の館〜女淫兄妹抄〜(2001年)[4]
  • rare(2004年)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e SPECIALPHOTOBOOK 1999, p. 75, 「PROFILE」
  2. ^ a b c d 「ギンガマンメモリアル座談会」『星獣戦隊ギンガマン超全集小学館てれびくんデラックス愛蔵版〉、1999年3月10日、59-63頁。ISBN 4-09-101467-4
  3. ^ https://twitter.com/joymaker_info/status/1051640422936657920
  4. ^ a b c d 戦隊ドラマでも活躍 元ねずみっ子クラブ宮澤寿梨さんは今 |あの人は今こうしている”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2018年12月17日). 2020年4月9日閲覧。
  5. ^ 構成・取材 藤渡和聡「イベントレポート」『宇宙船』vol.155(WINTER 2017.冬)、ホビージャパン、2016年12月29日、 140頁、 ISBN 978-4-7986-1360-4
  6. ^ a b c SPECIALPHOTOBOOK 1999, pp. 30-35, 「ギンガピンク・サヤ」
  7. ^ 舞台「春を待つトイレの花子さん」”. JOY MAKER. 2018年3月5日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集