メインメニューを開く

富山機関区(とやまきかんく)は、富山県富山市新冨居にある、日本貨物鉄道(JR貨物)関西支社車両基地である。

富山機関区
基本情報
鉄道事業者 日本貨物鉄道
帰属組織 関西支社(金沢支店)[1][2]
所属略号 富山、富機[2]
配置両数
電気機関車 48両
合計 48両
備考 2015年3月現在のデータ
テンプレートを表示

目次

概要編集

あいの風とやま鉄道線富山貨物駅構内に設置されている。日本海縦貫線貨物列車の起点である青森信号場から終点の梅田駅までの全線をカバーする主力機関区であり、糸魚川 - 梶屋敷間、敦賀 - 南今庄間にある直流1500V交流20kV (60Hz) および、羽越本線村上 - 間島にある直流1500V・交流20kV (50Hz) の交直セクション通過に対応するため、この機関区の電気機関車はすべて交流直流両用車になっている。前身は日本国有鉄道富山第二機関区で、2006年に設立40周年、2016年に設立50周年記念イベント[3]が開催された。

配置車両に表示される略号編集

国鉄分割民営化後は「富山」と表記している。

配置車両編集

2017年3月1日現在の配置車両(EF510型)は以下のとおり[4]

電気機関車
  • EF510形
    • 0番台23両、500番台15両の計38両が配置されている。
    • 運用区間は、梅田 - 青森信号場間。また2012年3月17日のダイヤ改正で城東貨物線の百済駅まで運用を開始、2017年3月4日のダイヤ改正で名古屋貨物ターミナルまで乗り入れを開始した。0番台・500番台による区別はなく全機とも共通で運用されている。0番台(愛称 ECO-POWER レッドサンダー)はJR貨物オリジナル、500番台は「北斗星」「カシオペア」で運用していた機関車をJR東日本から譲り受けたものである。JR貨物オリジナルの0番台は赤色、500番台は二色あり、そのうち、青色のものが北斗星色、銀色のものがカシオペア色となっている。

歴史編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 組織図”. 企業情報. 日本貨物鉄道. 2019年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c ジェー・アール・アル編『JR気動車客車編成表2016』交通新聞社、2016年、231頁(日本語)。ISBN 978-4330690162(JR現業機関一覧表、日本貨物鉄道 金沢支店分)
  3. ^ 富山機関区が一般公開される”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年6月5日). 2019年1月21日閲覧。
  4. ^ 『2017 JR貨物時刻表』社団法人鉄道貨物協会[要ページ番号]
  5. ^ 石堂亮太・尾迫政邦「2018 EF81全稼働機プロフィール」、『J-train』Vol.72、イカロス出版 pp. 77-80
  6. ^ 富山機関区所属のEF81形の定期運用が終了”. railf.jp(鉄道ニュース). 交友社 (2016年3月27日). 2019年1月21日閲覧。
  7. ^ 『国鉄車両配置表 '79』交友社、1979年[要ページ番号]

関連項目編集