富山県立南砺平高等学校

日本の富山県南砺市にある県立高等学校

富山県立南砺平高等学校(とやまけんりつ なんとたいらこうとうがっこう、: Toyama Prefectural Nanto Taira High School)は、富山県南砺市大島に所在する県立高等学校である。自宅からの通学が難しい生徒が多く、寄宿舎を利用する者もおり、給食がある。

富山県立南砺平高等学校
Nanto-taira-high-school toyama-pref 2018.jpg
過去の名称 富山県立福野高等学校平分校
富山県立平高等学校
富山県立南砺総合高等学校平高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 富山県の旗 富山県
校訓 創造・自律・誠実
設立年月日 1950年
創校記念日 6月6日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
所在地 939-1912
富山県南砺市大島1203

北緯36度25分53.6秒 東経136度57分14.2秒 / 北緯36.431556度 東経136.953944度 / 36.431556; 136.953944座標: 北緯36度25分53.6秒 東経136度57分14.2秒 / 北緯36.431556度 東経136.953944度 / 36.431556; 136.953944
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
富山県立南砺平高等学校の位置(富山県内)
富山県立南砺平高等学校

概要編集

もとは富山県立福野高等学校平分校福野高校の分校)という名称だったが、1995年富山県立平高等学校となった。

2005年福野高校福光高校井波高校と共に「富山県立南砺総合高等学校」の提携事業に参加し、富山県立南砺総合高等学校平高等学校となり、2010年の提携事業終了に伴い、現在の校名となった。

富山県立南砺福野高等学校の分校である[1]

設置学科編集

沿革編集

  • 1950年(昭和25年)
    • 5月19日 - 富山県立福野高等学校平分校設立認可(定時制普通科を設置)。
    • 6月6日 - 下梨小学校、平中学校校舎の一部を借りて開校。
  • 1951年(昭和26年)11月20日 - 平村下梨に独立校舎新築。
  • 1961年(昭和36年)12月1日 - 平村大島に校舎移転増築。
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 定時制から全日制に変更。
  • 1964年(昭和39年)11月10日 - 教員住宅(下梨地内)・特別教室(理科・調理)新築。
  • 1966年(昭和41年)
    • 3月31日 - 生徒寄宿舎「青雲寮」第1期工事新築。
    • 12月9日 - 生徒寄宿舎「青雲寮」第2期工事増築。
  • 1967年(昭和42年)12月13日 - 体育館新築。
  • 1968年(昭和43年)4月1日 - 家政科を新設。
  • 1970年(昭和45年)
    • 3月31日 - 家政館(被服・保育)新築。
    • 12月7日 - 教員住宅(大島地内)新築。
  • 1971年(昭和46年)
    • 11月1日 - 体育館ステージ新設。
    • 11月6日 - 分校歌制定。
  • 1974年(昭和49年)
    • 3月30日 - 校舎(鉄筋3階建)新築。
    • 4月1日 - 家政科募集停止。
    • 11月30日 - 門柱建立。
  • 1980年(昭和55年)
    • 3月31日 - 格技場「尚道館」新築。
    • 9月27日 - 創立30周年記念式典挙行、前庭造成。
  • 1987年(昭和62年)2月18日 - 特別教室棟(鉄筋4階建)新築。
  • 1990年(平成2年)
    • 3月30日 - 体育館・青雲寮渡り廊下新設。
    • 10月6日 - 創立40周年記念式典挙行。
    • 12月26日 - 教職員住宅1号棟(大島地内)改装。
  • 1991年(平成3年)3月20日 - 教職員住宅2号棟(大島地内)新築。
  • 1995年(平成7年)4月1日 - 富山県立平高等学校に校名変更。
  • 1999年(平成11年)4月1日 - 中高一貫教育推進校の指定を受ける。
  • 2000年(平成12年)
    • 8月28日 - 創立50周年記念事業図書室(新館1階)新設。
    • 9月16日 - 創立50周年記念式典挙行。
    • 11月29日 - 生徒寄宿舎「清流」(鉄筋3階建)新築。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 富山県立南砺総合高等学校平高等学校に校名変更。
  • 2010年(平成22年)
    • 4月1日 - 富山県立南砺平高等学校に校名変更。
    • 10月23日 - 創立60周年記念式典挙行。
  • 2020年(令和2年)10月31日 - 創立70周年記念式典挙行。
  • 2022年(令和4年)4月1日 - コミュニティ・スクールを導入。

部活動編集

小規模校でありながら部活動はさかんであり、中でも郷土芸能部、スキー部、バレーボール部の活躍が目立つ。

郷土芸能部 - 学校の地元五箇山麦屋節こきりこ節などの五箇山民謡を伝承している。全国高等学校総合文化祭等各種大会に出場し、何度も優秀な成績をおさめており、2006年平成18年)第30回全国高等学校総合文化祭京都大会では、郷土芸能部門で最優秀賞・文部科学大臣賞を初受賞、2014年(平成26年)の第38回茨城大会でも同賞を受賞。

バレーボール部 - 全国高校総体などに出場している。2009年には1972年以来37年ぶりに春の高校バレー全国大会に出場している。

スキー部 - 富山県内の全国大会常連校。

  • 運動部 - スキー(アルペン・クロスカントリー)、バレーボール(男)、スポーツ
  • 文化部 - 郷土芸能、GGS(五箇山ガイド研究会)、学芸(写真・美術・書道)、茶道

その他編集

  • 同校の制服は南砺福野高校と同じになっている。ただし、女子の冬服のベストが平ではチェック地(スカートと同じタイプ)なのに対し、福野ではグレーのカーディガンという違いがある。
  • また平成22年度入学生から制服が変更されており、ブレザーのエンブレムが平の新制服にはないことと、女子制服のリボンの色が違うこと以外は南砺福野高校の新制服と同じである。
  • 校章は福野高校と同一のものである。

校歌編集

作詞:宮澤章二、作曲:宮下舜爾

アクセス編集

  • JR城端線城端駅加越能バス(世界遺産バス 白川郷行)「下梨」停留所 徒歩約8分(所要時間約40分)
  • JR城端線城端駅 → 南砺市営バス(なんバス)「平高校」停留所 徒歩約1分
  • 加越能バス(平高校線)「平高校前」停留所 徒歩約1分

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 富山県立高等学校等の分校の設置に関する規則

関連項目編集

外部リンク編集