尾之上 浩司(おのうえ こうじ、生年非公開)は、日本の英米文学翻訳家評論家[1]。東京都大田区出身・神奈川県在住。1990年代にモダンホラー評論家として注目され、以後、ホラー小説・映画/TV原作の翻訳、ノベライゼーションの執筆を主に行っている。また、リチャード・マシスンの翻訳多数。

1989年、編集・刊行したファンジン『SFヒストリー』でSFファンジン大賞グランプリを受賞。

編著・共著編集

  • イラストレイテッド ファンタジーブックガイド (共編・共著 JICC出版局 1989年)
  • モダンホラー読本 (共著 創現社オーパス 1990年8月)
  • 超常現象事件[X-ファイル]の謎(編著 共著大森望堺三保三村美衣ほか ナイト・ストーカーズ名義 フットワーク出版 1995年8月)
  • 特集・本の雑誌〈2〉ブックガイド篇(本の雑誌編纂 角川文庫 1995年11月)
  • 電撃!!スパイ映画の謎 (編著 共著青井美香 三村美衣ほか ナイト・ストーカーズ名義 フットワーク出版 1996年6月)
  • 超常現象事件[X-ファイル]の謎リターンズ(編著 東雅夫 三村美衣ほか ナイト・ストーカーズ名義 フットワーク出版 1996年11月)
  • エヴァンゲリオン 創造と結末の解明―THE CREATION “EVA”(編著 弓立社 1997年7月)
  • 原子怪獣あらわる! GODZILLA誕生の秘密と日本特撮ソフトの未来(編著 ナイト・ストーカーズ名義 フットワーク出版 1998年7月)
  • メイキング・オブ・スモール・ソルジャーズ(編著 ソフトガレージ 1998年12月)
  • ザ・キューブリック―知られざる秘かな愉しみ方(モノリス1・2・3名義 フットワーク出版 1999年9月)
  • シネマガイドブック (2000年版洋画編) (Magazine House mook)(マガジンハウス 2000年9月)
  • リドリー・スコット―期待の映像作家シリーズ (キネ旬ムック―フィルムメーカーズ 2001年10月)
  • ホラー・ガイドブック (編著 共著 角川ホラー文庫 2003年1月)
  • 最新 恐竜映画画報 (映画秘宝2015年09月号増刊 2015年7月)
  • ハヤカワ文庫SF総解説2000 (共著 早川書房ソフトカバー 2015年11月)
  • 『世にも不思議な怪奇ドラマの世界』 (山本弘著 尾之上浩司監修・加筆・翻訳 洋泉社ソフトカバー 2017年4月)
  • 『ゴースト・ハンターズ完全読本』(尾之上浩司編著 洋泉社ソフトカバー 2018年2月)*編著とあるが実質的に単著
  • 『「プリズナーNo.6」完全読本』(尾之上浩司編著 洋泉社ソフトカバー 2018年6月 伊東麻紀 岡和田晃 小山正 樫原辰郎 春日武彦 笹川吉春 立原透邪 野阿梓 深泰勉 松坂健 共著)
  • 『ロッド・サーリングと「四次元への招待」完全読本』(尾之上浩司編著 洋泉社ソフトカバー 三浦玲子翻訳協力 2018年11月 )

雑誌編集監修編集

  • 奇想天外(第三期)
  • ミステリマガジン
  • SFマガジン

アンソロジー監修編集

翻訳編集

編訳編集

ノベライズ執筆編集

解説執筆編集

脚注編集

  1. ^ 『アイ・アム・レジェンド』 (ハヤカワ文庫NV)巻末の訳者略歴より

外部リンク編集