メインメニューを開く

山城地区(やましろちく)とは、京都府南部の旧山城国のうち、宇治市以南にある12市町村を指す。大阪府奈良県滋賀県三重県に隣接する。下記の特徴がある。

一部では関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)などのニュータウンが開発され、京都市都心3区大阪市都心6区へのベッドタウンとして人口が急増している。1988年(昭和63年)以降は京滋バイパス第二京阪道路京奈和自動車道が相次いで開通し、自動車交通のアクセスも改善されつつある。この地区の人口は60万人で鳥取県に匹敵する。

八幡市や京田辺市西部は隣接する北河内 (大阪府)との、精華町や木津川市は隣接する奈良県北和地区との結びつきが強い。

目次

市町村編集

管轄郵便局編集

山城地区の郵便番号は基本的に610番台である(宇治市には601~地域がある)。郵便番号600~619地域は京都中央郵便局の管轄である。

電話市外局番編集

下記以外は基本的に「0774」(宇治MA)である。

「075」(京都MA

「0743」(奈良県奈良MA)

  • 例外3、八幡市岩田大谷飛び地(枚方カントリークラブ)

「072」(市内局番は800番台(390番台を含む)、大阪府寝屋川MA

一級河川編集

交通編集

鉄道編集

道路編集

高速自動車国道編集

一般国道有料道路編集

一般国道編集

※国道163号の山城町以東は京都府山城南土木事務所、国道307号は京都府山城北土木事務所、その他は国土交通省京都国道事務所京都第一維持出張所の管理である。

主要府道編集

一般府道編集


関連項目編集