メインメニューを開く

岡井 朝子(おかい あさこ、1966年 - )は日本外交官国際公務員国連公使等を経て、国連事務次長補、国連開発計画(UNDP)総裁補兼危機局長。

人物・経歴編集

東京都出身[1]。父親の仕事に伴い小学校5年からワシントンD.C.の学校に通う。中学3年で帰国し、東京学芸大学附属高等学校を経て[2]、1989年一橋大学法学部卒業、外務省入省。1992年ケンブリッジ大学エマニュエル・カレッジ英語版卒業、学術修士M.A. in History of Art)[3][4]。高校では合唱部、大学ではオーケストラ部(ヴァイオリン担当)に所属[2]

1992年外務省文化交流部文化第二課。1994年経済協力局政策課、調査計画課併任。1996年内閣官房内閣安全保障室参事官補。1998年欧亜局西欧第二課首席事務官。2000年在パキスタン日本国大使館一等書記官(経済班長)。2002年在オーストラリア日本国大使館一等書記官(経済担当)。2005年経済協力局政策課首席事務官。2006年経済協力局政策課企画官。同年国際協力局政策課企画官[5]

2007年から国際協力局人道支援室長を務め国際連合児童基金国際連合世界食糧計画国際連合難民高等弁務官事務所を所掌[6]。2009年中近東アフリカ局アフリカ第二課長[3]。2010年国際連合日本政府代表部公使参事官(政務担当)。2011年第66会期国際連合総会議長室上席政策調整官。2012年国際連合日本政府代表部公使参事官(政務担当)[3]。2014年在スリランカ日本国大使館次席公使、モルディブ兼轄。2016年からカナダ初の女性日本国総領事としてバンクーバー総領事を務めた[3][1]

開発平和構築、国際協力分野が長く[7]、2018年国際連合日本政府代表部公使を経て[8]中満泉の後任として、国際連合事務次長補兼国際連合開発計画総裁補兼第2代危機対応局長に就任[9][10]。同年には水鳥真美国際連合事務総長特別代表に任命されており、外務省出身の日本人女性の国連幹部への登用が続いた[11]。その後、改組された危機局の局長として、他機関との連携計画策定にあたるなどした[12]

同期編集

脚注編集