メインメニューを開く

川上 猛(かわかみ たけし、1972年7月12日 - )は、将棋棋士棋士番号は206。東京都足立区出身。平野広吉七段門下。

 川上猛 七段
名前 川上猛
生年月日 (1972-07-12) 1972年7月12日(46歳)
プロ入り年月日 1993年4月1日(20歳)
棋士番号 206
出身地 東京都足立区
師匠 平野広吉七段
段位 七段
戦績
2017年10月20日現在

目次

棋歴編集

中学1年の頃、第10回中学生名人戦で準優勝(優勝者は屋敷伸之)。翌年の第11回では優勝。

中学3年の春(1987年)に、奨励会に入会。その2年後の1989年1月15日に、師匠の平野広吉が73歳で他界する。

初参加の三段リーグ(1992年度後期)において15勝3敗で1位の成績を収め、三段リーグを1期抜けしてプロ入りする。

その翌年(1994年度)、早くも銀河戦(第3期、非公式戦時代)で準優勝する活躍を見せる(優勝者は田中寅彦)が、第53期順位戦では2勝8敗と振るわず降級点を喫する。

1996年度、第9期竜王戦の竜王ランキング戦6組で優勝。挑戦権を争う本戦トーナメントでは初戦で敗退したが、5組に昇級した。

△森内 銀歩三
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲川上 銀
図1:第56手 △5五同飛まで

1998年9月18日の全日プロでは森内俊之八段と対局。研究の妙手を見せた。図1は当時よく指されていた矢倉3七銀戦法から先手が飛車を中央に回し、後手が追随した結果、中央で銀交換が行われ、それを森内が同飛と銀を取り返した局面。第1図以下、▲同飛△同角と飛車交換も行われ、▲1五香△同銀▲2五桂△3七角成▲4一飛△2六馬に対して、▲1二歩△同香▲1三角成と妙手を放ったのが第2図。

△森内 飛銀香歩五
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲川上 銀
図2:第67手 ▲1三角成まで

第2図以下は△1三同香の一手に▲1一銀△同玉(△1二玉は▲4三飛成)▲1三桂成△1二銀▲4三飛成△8二飛(△4三同金は▲2二金)と森内が必死の抵抗を見せ、川上の失着もあって金星とはならなかったが、存在感を見せた。

2005年度、第18期竜王ランキング戦4組で優勝して、3組へ昇級。また、本戦トーナメントでは、初戦で3組2位の島朗を破り、準々決勝に進出した。

2006年度、第14期銀河戦で決勝トーナメント進出。高橋道雄に勝ち、ベスト8。

2012年度、第71期順位戦C級2組で3つ目の降級点を取り、フリークラス陥落が決定した。

2017年10月17日、第66期王座戦一次予選(対中座真七段)に勝ち、七段に昇段した[1]

棋風編集

デビュー以来、相矢倉、および、居飛車振り飛車の対抗形(どちらを持っても指す)を好み、飛車を振る場合は四間飛車にすることが多い。

2008年前後からは、後手番一手損角換わりも指している。

昇段履歴編集

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 1987年 6級 = 奨励会入会
  • 1990年 初段
  • 1992年6月 三段(1992年度後期から三段リーグ)
  • 1993年4月1日 四段 = プロ入り(三段リーグから1期抜け)
  • 1999年6月3日 五段(勝数規定)
  • 2005年9月20日 六段(勝数規定)
  • 2017年10月17日 七段(勝数規定)

主な成績編集

在籍クラス編集

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集