日本 > 埼玉県 > 戸田市 > 川岸 (戸田市)

川岸(かわぎし)は、埼玉県戸田市町名。現行行政地名は川岸一丁目から三丁目。住居表示実施地区[4]郵便番号は335-0015(蕨郵便局管区)[2]

川岸
川岸の位置(埼玉県内)
川岸
川岸
川岸の位置
北緯35度48分17.02秒 東経139度41分5.47秒 / 北緯35.8047278度 東経139.6848528度 / 35.8047278; 139.6848528
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Saitama Prefecture.svg 埼玉県
市町村 Flag of Toda, Saitama.svg 戸田市
人口
2017年(平成29年)10月1日現在)[1]
 • 合計 5,862人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
335-0015[2]
市外局番 048[3]
ナンバープレート 大宮

地理編集

戸田市の南部の旧入間川(荒川)が作り出した沖積平野に位置する。 菖蒲川沿いは物流倉庫や工場が立地している。国道17号を南下し、戸田橋を渡ると東京都板橋区に入る。戸田の渡しの時代から中山道を往来する人や車で賑わっている。

河川編集

歴史編集

沿革編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)10月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
川岸一丁目 846世帯 2,078人
川岸二丁目 1,291世帯 2,995人
川岸三丁目 444世帯 789人
2,581世帯 5,862人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
川岸一丁目 全域 戸田市立戸田第二小学校 戸田市立喜沢中学校
川岸二丁目 全域
川岸三丁目 全域 戸田市立戸田南小学校 戸田市立戸田中学校

交通編集

地区内の西部にJR東日本埼京線が通るが駅はない。同線戸田公園駅が最寄り駅となっている。また。東北新幹線も当地域を通る。

道路編集

施設編集

一丁目
  • 地蔵堂
  • 水神社
  • 中山道渡船場跡
  • 川岸ミニパーク - 旧中山道の案内板が設置されている
  • 環境空間戸田1(公園)
二丁目
  • 戸田市障害福祉会館
    • 戸田市立図書館 下戸田南分室
  • 川岸会館
  • 川岸公園
  • 川岸みんなの広場
  • 川岸げんきミニパーク
三丁目
  • とだ虹保育園
  • 戸田親水公園 - 戸田漕艇場と菖蒲川を結ぶ曲尺手水門がある。
  • 川岸3丁目遊園地
  • 戸田橋下広場

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 最新の人口について”. 戸田市 (2017年10月2日). 2017年10月25日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年10月20日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  4. ^ 市内の住居表示地区・町界町名地番整理地区一覧”. 戸田市役所 (2021年11月8日). 2022年1月16日閲覧。
  5. ^ 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 287頁。
  6. ^ a b 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』 1092-1093頁。
  7. ^ 小・中学校通学区域一覧”. 戸田市 (2014年8月28日). 2017年10月25日閲覧。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。ISBN 4040011104 

関連項目編集