川端 理史(かわばた まさひと、1949年 - )は、和歌山県出身の元アマチュア野球選手(投手)。

川端 理史
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県
生年月日 1949年(74 - 75歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物 編集

箕島高等学校では、1966年秋季近畿大会県予選準々決勝に進むが、エース野上俊夫を擁する市立和歌山商に敗退。翌1967年夏の甲子園県予選は決勝に進出、しかし市立和歌山商の野上に完封負けを喫し甲子園出場を逸する。

東海大学へ進学。首都大学野球リーグでは在学中に6回優勝[1]。3年生から上田二郎の後継としてエースとして活躍する。1970年秋季リーグでは最高殊勲選手、最優秀投手に選出され、第1回明治神宮野球大会でも、決勝で中京大榎本直樹に投げ勝ち優勝を飾る。翌1971年秋季リーグでも最優秀投手、ベストナインに選出された。リーグ通算31試合登板、21勝5敗、118奪三振、防御率1.59。大学同期に二塁手相本和則、2年下に垣野多鶴などがいた。

卒業後は住友金属に入社、主にリリーフとして起用される。1975年には都市対抗初登板、三協精機を相手に5回途中から好投し、延長10回の末に勝利投手となる[2]1979年社会人野球日本選手権では高橋修二との継投で活躍し、準決勝では協和醱酵津田恒美らに投げ勝つ。決勝も高橋をリリーフ、松下電器を完封し優勝を飾った[3]。同大会の優秀選手賞を獲得する。1981年限りで現役引退。

脚注 編集

  1. ^ 東海大学野球部(戦績)」東海大学野球部
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 「社会人野球日本選手権大会20年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1994年

関連項目 編集