上田次朗

上田 次朗 (うえだ じろう、1947年7月6日 - )は、和歌山県田辺市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

上田 次朗
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県田辺市
生年月日 (1947-07-06) 1947年7月6日(70歳)
身長
体重
176 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1969年 ドラフト1位
初出場 1970年
最終出場 1982年7月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1983 - 1987, 1989 - 1994)

縁起を担いで3回にわたって登録名を変更したことでも知られている[2]1970年上田 二郎1971年から1976年上田 二朗1977年から1978年上田 次郎登録名とした。

目次

経歴編集

プロ入りまで編集

南部高校(和歌山)のエースとして活躍し、3年生時の1965年には夏の甲子園予選紀和大会の県予選準決勝[3]まで勝ち進むが、県和歌山商に敗退。甲子園出場を逸する[1]

東海大学に進学し、首都大学リーグでは在学中7度優勝。1年上の渡辺孝博投手との二本柱で活躍する。1年生の時、1966年春季リーグ戦で開幕投手を務め完投勝利した[1]1968年明治維新百年記念明治神宮野球大会では首都大学選抜のエースとして出場、準決勝で大橋穣らのいた東都大学選抜を降す。決勝では東京六大学選抜の星野仙一、橘谷健(東大川崎重工)両投手と投げ合い、田淵幸一らの強力打線を抑えて1-0で完封勝利。この優勝によって首都大学リーグの存在感が高まり、上田個人も各球団の注目の的となる。4年生になった1969年には、春季リーグ戦では完全試合を達成し、全日本大学野球選手権大会では初優勝[1]。この大会では2回戦で明大を降し、決勝では日大と対決。佐藤道郎投手と互いに無失点で投げ合い、9回表、谷口剛一塁手住友金属)の決勝本塁打により3-0で快勝した。同年の第8回アジア野球選手権大会日本代表。リーグ通算51試合登板、37勝5敗、防御率1.27、393奪三振。最高殊勲選手4回、最優秀投手4回、ベストナイン1回受賞。1試合17奪三振を2度記録した[2][4]。同年のドラフト1位で阪神タイガースに入団[1]。上田が即戦力となることを期待し、ドラフト会議で注目されていた三沢高校太田幸司の指名を回避した上での指名だった[2][5]

現役時代編集

プロ1年目から、上田は先発ローテーションに定着する。1970年4月16日の中日戦で公式戦初登板、7回までマウンドに立つが、試合は1-1の引き分けに終わった[6]。初勝利は4月23日大洋戦で9回までに15三振を奪うものの味方からの援護がなく1-1のまま延長戦に突入し、延長10回ながら16奪三振でエース平松に2-1と投げ勝った[7]。9回15奪三振は当時の新人の最多奪三振記録であり、のち1980年日本ハムファイターズ木田勇に更新されるまで記録を保持した[8]

1972年5月9日の対大洋戦で、先発の若生智男が1回無死一・三塁の場面で負傷したため、上田が代わって登板。そのまま点を与えず、救援投手ながら完封が記録された[9][10]。これは公認野球規則に定められた「1回無死無失点の時に代わって出場した投手が無失点のまま試合を終わったときに限って、完投勝利ではないが完封勝利の記録が与えられる」という条項によるもので[9]、プロ野球では上田が初(なおかつ2013年シーズン終了時点では唯一)の適用例であった。後年、上田はこの「リリーフ登板完封試合」を選手生活の中で最高の試合だと述懐している[11]

1973年に、上田はキャリアハイの成績を上げる[12]。この年に上田は22勝を挙げ、オールスターゲームにも出場し、江夏豊と並んで投手陣の柱として活躍した。9月23日の広島戦でのダブルヘッダーで上田は1戦目の先発投手として登板し、2戦目の先発投手として登板した江夏と共に同日に20勝目を記録した[13]。同年の江夏は最多勝となる24勝を挙げ、これ以降日本のプロ野球では2013年シーズンまで同一チームから複数の20勝投手が生まれていない。同年7月1日の対巨人戦では9回2死までノーヒットを続けながら長嶋茂雄に安打を浴びてノーヒットノーランを逃し、このとき出塁した一塁ベース上の長嶋から声をかけられた[10][12]。この試合、上田は長嶋を3打席続けて変化球で打ち取っており、4打席目は変化球狙いに切り替えるはずと考えていたところ、捕手の田淵幸一は「長嶋さんはそれでも直球狙いで来る」と意見が対立した[11][10][14]。結局上田の考えを尊重し直球勝負したが、長嶋は田淵の考えどおり直球狙いで、見事に狙い打ちされたという[11][14][10]。上田は「もちろん悔しい思いもあったが、長嶋さんと真っ向勝負したすがすがしさがある」と語っている[11][14]

また、優勝のかかった中日・巨人とのシーズン最後の2試合で、対中日戦に中日キラーの上田ではなく江夏が先発し、結果的に阪神が優勝を逃したため、この起用法について疑問が呈された[5][11]。中日戦を終えた後の10月22日の巨人戦では上田が先発に起用されたが、2回途中で33球4失点と打ち込まれて降板した[5]。ただし、中日戦を迎えた時点の上田の体調が悪く[15]、その前の後楽園球場での対巨人戦でも打ち込まれたため江夏を起用したという談話が残っている。江夏も自叙伝で「この起用法は文句を言うべきものではない」という趣旨のことを記している。

その後も先発として活躍を続けるが、1978年には開幕から低迷、わずか3勝に終わった[2]1979年ドン・ブレイザーが監督に就任すると、小林繁の入団、工藤一彦の台頭もあって先発投手陣の刷新が図られる。この結果、上田は先発から外され、登板機会も極端に減った。1980年南海ホークスに移籍、この時は安仁屋宗八谷村智啓といった功労者も他球団に放出されている。同年は南海先発陣の一角として6勝をあげる。ブレイザーが今度は南海の指揮を執ることになった翌1981年も5勝を記録するが、首脳陣との軋轢もあり、再び1982年シーズン途中に阪神に戻る。同年限りで現役引退[1]

現役引退後編集

その後は阪神で一軍投手コーチ補佐(1983年)、二軍投手コーチ(1984年 - 1987年)、一軍投手コーチ(1989年, 1993年 - 1994年)、二軍育成コーチ(1990年 - 1992年)を歴任。1995年からはフロント入りし、編成部次長(2001年 - 2004年)、球団本部管理部付部長、球団本部付部長も歴任した。コーチ、フロントマンとしても高い評価を得ている[5]2012年1月1日付で40年以上所属した阪神を退団し、退団後は同年よりスカイ・エー解説者2013年からサンケイスポーツ(関西版)評論家も務める。その傍ら全国野球振興会常任理事。

プレースタイル編集

現役時代の上田は端正なルックス、華麗なアンダースローの投球フォームで人気を博した[12][16]。球速はそれほど速くはなかったものの制球力は高く[5]カーブ[2]シンカー[5]を持ち球にしていた。同時期に活躍した江夏豊村山実ら速球派で知られた投手とは対照的に、変化球を中心とする上田の投球スタイルは「いぶし銀」とも評される [14]。中日を得意としたことから、「竜キラー」の愛称でも呼ばれていた[2]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1970 阪神 27 19 7 2 0 9 8 -- -- .529 558 141.1 111 20 31 2 6 105 0 0 50 47 2.99 1.00
1971 16 9 2 0 0 1 6 -- -- .143 254 59.1 54 11 25 0 3 39 1 1 35 29 4.40 1.33
1972 35 10 1 1 0 9 7 -- -- .563 497 124.2 107 20 35 3 5 91 0 0 51 49 3.54 1.14
1973 46 35 20 5 3 22 14 -- -- .611 1159 287.1 229 24 76 8 13 169 1 1 80 71 2.22 1.06
1974 36 26 7 0 0 7 13 1 -- .350 771 176.2 197 19 61 6 3 82 1 0 90 79 4.02 1.46
1975 36 27 5 2 2 9 9 1 -- .500 718 170.0 173 20 44 6 7 82 0 0 76 71 3.76 1.28
1976 31 25 5 0 0 12 9 0 -- .571 699 165.0 163 27 48 3 12 105 1 0 76 73 3.98 1.28
1977 30 27 7 2 1 8 9 0 -- .471 641 148.1 147 22 56 2 7 94 0 1 85 82 4.98 1.37
1978 27 16 2 1 2 3 10 0 -- .231 428 96.1 116 18 31 1 5 55 0 0 70 61 5.70 1.53
1979 15 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 88 19.2 22 3 8 0 3 8 0 0 13 9 4.12 1.53
1980 南海 30 11 1 0 0 6 6 1 -- .500 495 113.1 116 25 41 2 12 60 1 0 70 65 5.16 1.39
1981 24 20 4 0 0 5 9 0 -- .357 589 134.1 152 17 48 2 11 52 0 0 82 73 4.89 1.49
1982 阪神 8 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 48 10.1 17 5 2 0 0 5 1 0 13 13 11.32 1.84
通算:13年 361 226 61 13 8 92 101 3 -- .477 6945 1646.2 1604 231 506 35 87 947 6 3 791 722 3.95 1.28

記録編集

背番号編集

  • 16 (1970年 - 1979年)
  • 15 (1980年 - 1982年)
  • 86 (1983年)
  • 73 (1984年 - 1987年)
  • 83 (1989年)
  • 81 (1990年 - 1994年)

登録名編集

  • 上田 二郎 (うえだ じろう、1970年)
  • 上田 二朗 (うえだ じろう、1971年 - 1976年)
  • 上田 次郎 (うえだ じろう、1977年 - 1978年)
  • 上田 次朗 (うえだ じろう、1979年 - )

出演番組編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、75ページ
  2. ^ a b c d e f 『実録猛虎伝説』(歴史群像シリーズ, 学習研究社, 2003年10月)、73ページ
  3. ^ 準々決勝は、藤田平を擁し同年のセンバツで準優勝した市和歌山商を下していた。
  4. ^ 『猛虎の70年』(ぴあ, 2005年9月)、173ページ
  5. ^ a b c d e f 『猛虎大鑑』(ベースボール・マガジン社, 2002年5月)、104ページ
  6. ^ 阪神タイガース編『阪神タイガース 昭和のあゆみ』(阪神タイガース, 1991年3月)、389ページ
  7. ^ グループ「トラキチ21」企画・制作『阪神タイガースの歩み』(イーストプレス, 2003年9月)、76ページ
  8. ^ 阪神タイガース編『阪神タイガース 昭和のあゆみ』(阪神タイガース, 1991年3月)、390ページ
  9. ^ a b 阪神タイガース編『阪神タイガース 昭和のあゆみ』(阪神タイガース, 1991年3月)、403ページ
  10. ^ a b c d 久保田龍雄編著『プロ野球B級ニュース事件簿 昭和人物伝』(日刊スポーツ出版社, 2013年7月)、18-19ページ
  11. ^ a b c d e 『プロ野球〈猛虎復活〉読本』(別冊宝島437, 宝島社, 1999年5月)、174-177ページ
  12. ^ a b c 『阪神タイガース70年史』(ベースボール・マガジン社, 2010年10月)、59ページ
  13. ^ 阪神タイガース編『阪神タイガース 昭和のあゆみ』(阪神タイガース, 1991年3月)、411-412ページ
  14. ^ a b c d 道頓堀野球倶楽部編『阪神タイガース猛虎列伝』(双葉社, 2008年9月)、76-77ページ
  15. ^ 阪神タイガース編『阪神タイガース 昭和のあゆみ』(阪神タイガース, 1991年3月)、414ページ
  16. ^ 『阪神タイガース栄光の75年』(ベースボール・マガジン社, 2010年10月)、60ページ
  17. ^ 同日は春季キャンプ取材で沖縄に行っており不在。

関連項目編集

外部リンク編集