メインメニューを開く

学校法人帝塚山学院(がっこうほうじんてづかやまがくいん)は、大阪府にある私立学校法人である。帝塚山学院大学帝塚山学院中学校・高等学校帝塚山学院泉ヶ丘中学校・高等学校帝塚山学院小学校・帝塚山学院幼稚園を経営する。

概要編集

「帝塚山」という名称は帝塚山古墳に由来し、帝塚山学院は高級住宅街として知られる帝塚山の象徴ともいうべき存在である。帝塚山には学院設立の中心となった大阪船場の木綿商たちの邸宅が数多く存在した。大正5年(1916年)2月私立桃山中学校校長浅野勇と同校教員石谷熊吉は、大阪での子女教育の場の少なさに鑑み帝塚山に邸宅を構える船場の木綿商たちへの協力を求め山田市郎兵衛八木与三郎山本藤助田附政次郎に学院創設を提案しその4人の協力を得て学院は設立された。

泉ヶ丘中・高は1999年から男女共学に移行しており、もともと女子校であった大学も2007年4月までに全学部で男女共学化を済ませている。

なお、1941年に、創立25周年の記念事業として、奈良県帝塚山大学帝塚山中学校・高等学校帝塚山小学校帝塚山幼稚園を運営する学校法人帝塚山学園の創立に関わった。ただし、両者は別個の法人である。

沿革編集

所在地編集

〒558-0053 大阪府大阪市住吉区帝塚山中3-10-51

最寄駅編集

卒業生編集

外部リンク編集