メインメニューを開く

堀ちえみ

日本の女性タレント、女優、歌手

堀 ちえみ(ほり ちえみ、1967年2月15日 - )は、日本歌手女優タレント。80年代アイドル。本名、尼子 智栄美(あまこ ちえみ)旧姓、。芸名は本名の『智栄美』を平仮名表記の『ちえみ』にしたもの。

堀 ちえみ
出生名 堀 智栄美
生誕 (1967-02-15) 1967年2月15日(52歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府堺市東区
学歴 堀越高等学校卒業
ジャンル アイドル歌謡曲
職業 歌手女優
活動期間 1982年 - 1987年
1989年 - 
事務所 ホリプロ松竹芸能

大阪府堺市東区出身。ホリプロ(アイドル時代)を経て、松竹芸能所属。実子5人、現夫の連れ子2人の計7人の子どもが居ることでも知られる。血液型B型

目次

来歴編集

アイドル歌手デビュー編集

1981年に開かれた第6回ホリプロタレントスカウトキャラバンの優勝をきっかけとして芸能界入り。

1982年3月に『潮風の少女/メルシ・ボク』で、アイドル歌手としてデビューする。なお、デビュー当時のキャッチフレーズは「GOOD FRIEND」。堀の代表曲としては、1983年さよならの物語』、1984年クレイジーラブ/愛のランナー』、1985年リ・ボ・ン』など。また同期生のデビューでは、小泉今日子三田寛子松本伊代早見優中森明菜石川秀美シブがき隊らが居り、「花の82年組」とも言われた。さらに、1984年末の『第35回NHK紅白歌合戦』には『東京Sugar Town』で初出場を果たしている。

大映ドラマのヒロイン役で活躍編集

1983年にTBS系列で放送されたドラマスチュワーデス物語』(原作:深田祐介)で大映ドラマ初主演。劇中での「教官!」「ドジでノロマな亀」の台詞は流行語になり、翌1984年に新語・流行語大賞に指名され、大衆賞を受賞した。この『スチュワーデス物語』以外にも、『スタア誕生』や『花嫁衣裳は誰が着る』でも主演し、「少女がいじめや冷酷な仕打ちに耐えながら、終いに幸運を手に入れる」という、1980年代大映ドラマを象徴するキャラクターを演じた[1]

1987年3月、20歳の誕生日を迎えた直後、堀自ら電撃的に歌手活動を含め、芸能界を引退する事を表明した(アイドル歌手としてのラストシングルは『愛を今信じていたい』)。

芸能界復帰編集

1989年松竹芸能に所属し芸能活動を再開する。大阪の外科医の男性と結婚、1990年に長男、1992年に次男、1993年に三男と3児をもうけたが、1999年に離婚。

2000年5月、雑誌社勤務の男性と再婚、2000年に四男、2002年に長女と2児をもうけた。

2001年、14年ぶりのシングル『ピンクのアオザイの裾を夜風にあそばせ -サウスウインド-』をリリース。2005年から歌手活動を本格的に再開。大阪(9月17日)・東京(9月24日)で、18年ぶりのソロコンサート『青春の忘れ物』を行う。そこではタップダンスなどダンスパフォーマンスを披露した。東京公演ではゲストの中村あゆみと中村の代表曲『翼の折れたエンジェル』のコラボレーションも披露。また、この年には、『うたばん』(TBS)の企画『うたばんスター誕生』にて、早見優松本伊代とともにキューティー★マミーを結成した。

2007年11月には、大阪Big Cat(13日)・東京duo MUSIC EXCHANGE(23日)でデビュー25周年記念ライブ『君といる世界』を開催。初めてのライブハウスでの公演となった。2009年には、SHIBUYA・AXでバースデーライブを開催、夏には23年ぶりの映画出演となる『色即ぜねれいしょん』が公開された。

2010年6月、2度目の離婚[2]

2011年12月11日、一般男性と3度目の結婚、東京・明治神宮にて挙式。相手の連れ子が2人(当時中学生の長女と小学6年生の長男、自分の子は、21歳、19歳、18歳、11歳、9歳)[3]いるので、7人の母となった[4]

2017年3月20日、デビュー35周年記念ライブ『Chiemi Hori 35th Anniversary Live 〜ちえみちゃん祭り2017〜』を品川ステラボールで開催した[5]

口腔癌による休業編集

2019年2月19日、自身のオフィシャルブログにて、口腔癌舌癌)に罹りステージ4と診断され、左首のリンパ節にも転移していることを公表し、同日に入院、当面は芸能活動を休業して療養に専念するとした[6][7]

前年の6月頃に、舌の裏側の小さな口内炎に気付き、通院治療を続けていたが、当初は2016年から患っているリウマチの治療薬の副作用からでは、と判断されていた。7月にいったん症状は治まったが、10月に入ると大きな口内炎が再発。それ以降は痛みが酷くなる一方で、年明けからは更にしこりが増加し会話や食事も辛くなり、激痛で不眠にも悩まされていたという。

2019年2月22日に受けた11時間に及ぶ手術では、頸部リンパ節や舌の6割を切除し、太ももの組織を移植する舌の再建手術が行われた[8]。同日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に入院前の収録でゲスト出演しており、病気の経緯を詳細に語った[8]。25日、ICU(集中治療室)から一般病棟へ戻り[9][10]、26日には術後初めて本人が自身のブログを更新した[11][12]3月16日、外泊許可を得て一時帰宅[13]3月26日に退院[14]

4月15日、検査によって新たにステージ1の食道がんが発見されたことを公表[15][16]。16日、内視鏡による切除手術を行った[17][18]

人物・エピソード編集

受賞編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  1. 潮風の少女/メルシ・ボク(1982年3月21日)オリコン最高27位、売上枚数8.8万枚
  2. 真夏の少女(1982年6月21日)オリコン最高26位、売上枚数7.7万枚
    • 作詞:中里綴/作曲・編曲:鈴木茂
    (c/w) 真珠色の季節
  3. 待ちぼうけ(1982年8月21日)オリコン最高26位、売上枚数9.8万枚 ※『第24回日本レコード大賞』新人賞獲得
    (c/w) 幸せはモザイク
  4. とまどいの週末(1982年11月5日)オリコン最高14位、売上枚数11.4万枚
    (c/w) Fly
  5. さよならの物語(1983年1月21日)オリコン最高8位、売上枚数18.7万枚 ※堀自身最大のヒット作品
    (c/w) やさしさの横顔
  6. 夏色のダイアリー(1983年4月21日)オリコン最高6位、売上枚数13.7万枚
    • 作詞:岩里祐穂/作曲:岩里未央/編曲:鷺巣詩郎
    (c/w) 太陽のロマンス
  7. 青い夏のエピローグ(1983年7月7日)オリコン最高7位、売上枚数15.4万枚
    • 作詞:岩里祐穂/作曲:岩里未央/編曲:萩田光雄
    (c/w) ザ・ベストワン
  8. 夕暮れ気分(赤い羽根の共同募金CF曲)(1983年10月5日)オリコン最高8位、売上枚数14.4万枚 ※『第25回日本レコード大賞』ゴールデン・アイドル賞受賞
    (c/w) 落ち葉のダンス
  9. 白いハンカチーフ(1984年1月21日)オリコン最高7位、売上枚数14.2万枚
    (c/w) Lai Lai Lai
  10. 稲妻パラダイス花王エッセンシャルシャンプーCF曲)(1984年4月21日)オリコン最高5位、売上枚数13.7万枚
    (c/w) 青い真珠貝
  11. 東京Sugar Town(1984年7月18日)オリコン最高3位、売上枚数14.2万枚 ※『第35回NHK紅白歌合戦』初出場・披露歌唱曲
    (c/w) I Love Youはパラシュート
  12. クレイジーラブ/愛のランナー(花王エッセンシャルシャンプーCF曲)(1984年10月17日)オリコン最高2位、売上枚数16.3万枚
    • クレイジーラブ - 作詞:三浦徳子/作曲:芹澤廣明/編曲:萩田光雄
    • 愛のランナー - 作詞:三浦徳子/作曲・編曲:福岡ゆたか(福岡ユタカ
  13. リ・ボ・ン(1985年1月23日)オリコン最高2位、売上枚数15.3万枚
    • 作詞:三浦徳子/作曲:松田良/編曲:萩田光雄
    (c/w) 君は僕じゃない、僕は君じゃない
  14. Deadend Street GIRL(花王エッセンシャルシャンプーCF曲)(1985年4月24日)オリコン最高9位、売上枚数10.6万枚
    (c/w) 夢色・夏色物語
  15. Wa・ショイ!/風のサザン・カリフォルニア(ミラージュボウル・イメージソング)(1985年7月3日)オリコン最高9位、売上枚数7.4万枚
  16. 青春の忘れ物(1985年9月25日)オリコン最高12位、売上枚数5.0万枚
    (c/w) サヨナラなんて言ってあげない
  17. 夢千秒(1986年1月21日)オリコン最高12位、売上枚数4.8万枚
    • 作詞:売野雅勇/作曲:鈴木キサブロー/編曲:後藤次利
    (c/w)瞳は海の色
  18. ジャックナイフの夏(1986年4月21日)オリコン最高12位、売上枚数3.7万枚
    (c/w) ハートブレイクRhapsody
  19. 夏咲き娘(1986年7月14日)オリコン最高14位、売上枚数2.5万枚
    • 作詞:三浦徳子/作曲:白井良明/編曲:Light House Project
    (c/w) 悪い夏
  20. 素敵な休日(1986年10月21日)オリコン最高29位、売上枚数1.1万枚
    (c/w) 助手席からI Love You
  21. 愛を今信じていたい(1987年3月21日)オリコン最高35位、売上枚数2.5万枚
    (c/w) Faraway - 作詞:Chiemi/作曲:小室哲哉/編曲:武部聡志
  22. ピンクのアオザイの裾を夜風にあそばせ -サウスウインド-(2001年8月17日)
    (c/w) 楓の木の下で 作詞:堀ちえみ/作曲:河島あみる

参加ユニット作品編集

  1. ミッキーマウス・マーチ(ファミリー・パラパラ・ヴァージョン)(キューティー★マミー)(2005年12月7日)

その他シングルCD編集

  1. 君といる世界(2007年9月14日)
    • 作詞:Chiemi Hori/作曲:杉真理
    • 自筆エッセイ『きょうの空模様』添付曲

オリジナル・アルバム編集

  1. 少女(1982年5月21日)
  2. 夢日記(1982年11月21日)
  3. 風のささやき(1983年6月21日)(スペシャルシングル「CHIEMI SQUALL」付)
  4. ちえみLIVE(1983年10月21日)(ライブアルバム)
  5. 雪のコンチェルト(1983年12月7日)
  6. プラムクリーク(1984年6月21日)
  7. Strawberry Heart(1984年12月5日)
  8. Lonely Universe(1985年6月5日)
  9. 夢の続き(1985年12月28日)
  10. glory days(1986年6月21日)
  11. スカーレット白書(1987年4月5日)
  12. おかあさんっていいな(1992年5月27日)
  13. 80's IDOL SONGS COLLECTION(2005年9月7日)(限定盤のみDVD付)
  14. 雪のコンチェルト+シングルコレクション(2008年7月16日)
  15. Lonely Universe+シングルコレクション(2008年7月16日)

ベスト・アルバム編集

  • 心の扉 〜ちえみMyself〜(1983年3月21日)
  • best -記念日-(1984年3月3日)
  • 堀ちえみ Myベスト24(1984年8月21日)(カセット版)
  • BEST SELECTION(1984年12月5日)(CD版)
  • best 〜生まれた時から〜(1985年3月5日)
  • THE BEST(1985年11月1日)
  • SUPER BEST(1986年10月5日)(カセット版)
  • SUPER BEST(1986年10月21日)(CD版)
  • シングルスI(1986年11月21日)
  • BEST(1987年10月21日)(CD版)
  • Yesterday(1989年7月21日)(CD版)
  • Myこれ!クション堀ちえみベスト(2002年)
  • 82-87 BOKURA-NO BEST(2002年6月19日)(限定盤 5CD)
  • 82-84 BOKURA-NO BEST2(2003年12月17日)(限定盤 7CD+1DVD)
  • 84-87 BOKURA-NO BEST3(2004年6月18日)(限定盤 6CD)
  • シングルスII(2005年7月20日)(全シングルAB曲 + 「リ・ボ・ン(ぼくらのベストVersion)」)
  • Singlesコンプリート(2007年8月17日)
  • Myこれ!Lite 堀ちえみ(2010年4月21日)
  • ザ・プレミアムベスト (2012年11月21日)
  • ゴールデン☆アイドル(2014年7月30日)

ライブビデオ・DVD編集

  • 潮騒(1985年10月21日) ホリ企画・東宝 VHS
  • 潮騒(撮影日記)(1985年10月21日) メーキングビデオ HORIGROUP・ホリ企画 VHS ポニー:V78X1283
  • てるてる家族総集編 (2007年8月24日) DVD NHKエンタープライズ:NSDS-10993
  • スチュワーデス物語 前編 後編(2004年11月17日) DVD avex:AVBD34181-4 AVBD34185-8
  • スタア誕生 前編 後編(2005年2月2日) DVD avex:XB-AVBD-34261-4 XB-AVBD-34266-9
  • 花嫁衣裳は誰が着る 前編 後編(2004年11月17日) DVD avex:AVBD34191-4 AVBD34195-8
  • 難波金融伝ミナミの帝王No.15「トイチの身代金」(2004年9月24日) DVD/VHS Kss:KSXM24737
  • REAL STREET(2007年2月28日) DVD Sony Records:SRBL-1296

企画カセット編集

  • おはよう/おやすみカセット(1984年3月21日)
  • いっしょにデートカセット(1986年12月5日)

書籍編集

単著編集

写真集編集

連載編集

  • ファミリーウォーカー角川マーケティング 「堀ちえみのHappyLife」2009年4月号 -
  • Dream Navi四谷大塚出版「何気ないけど愛がいっぱい」2010年1月号 -
  • 東京新聞 コラム「子育て日記」2008年4月15日 - 2010年3月30日 月1回火曜日掲載
  • 月刊誌からだにいいこと 祥伝社 "堀ちえみ「お悩みバスター」" 2009年3月号 - 12月号

出演編集

テレビ番組編集

レギュラー編集

その他編集

他多数

テレビドラマ編集

以前の出演番組編集

NHK紅白歌合戦出場歴編集

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1984年(昭和59年)/第35回 東京Sugar Town 02/20 舘ひろし
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ編集

CM編集

  • 大塚製薬「ジェルブレ」インフォマーシャル(2010年)毎日放送限定
  • レック株式会社 「台所用品・激落ちくん」(2009年)「ピタQ 吸着便座シート」(2010年)
  • 武田薬品工業「ベンザブロック」(2008年)
  • EPSON「カラリオ」(2007年)
  • サントリー「なっちゃん」(2006年)
  • ブルボン「くだものいっぱいゼリー」(2006年)
  • 花王「エッセンシャル キューティクル・ケア シャンプー」(1984・1985年)
  • 江崎グリコ「セシルチョコレート」(1982年)「キャンレディー」(1982年)「花のバレンタイン」(1983年)「コメッコ」(1984年)「ジャイアントコーン」(1984年)「ザ・キャンディ・バー」(1985年)「シャリエ」(1985年)「アイスクリーム ハッピーカード」(1985年)
  • 赤い羽根の共同募金(1983年)
  • アキレス「リバティーベル」(1982年)
  • 映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!(2015年)[28]

映画編集

劇場アニメ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.2.
  2. ^ 堀ちえみ離婚「2回目もダメ情けない」”. 朝日新聞 (2010年6月13日). 2012年5月29日閲覧。
  3. ^ 再々婚発表の堀ちえみ 互いの連れ子2人ずつと6人暮らし”. NEWS-POSTSEVEN (2011年10月21日). 2015年12月3日閲覧。
  4. ^ 7人の母・堀ちえみ、“8人目”に意欲””. ZAKZAK (2012年2月12日). 2012年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年5月29日閲覧。
  5. ^ 堀ちえみ、35周年ライブに感慨 風間杜夫“教官”に感謝&あの名せりふも”. ORICON NEWS (2017年3月22日). 2017年3月29日閲覧。
  6. ^ ご報告させていただきます”. 堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2019年2月19日). 2019年2月25日閲覧。
  7. ^ “堀ちえみ 口腔がん公表、ステージ4 22日手術へ”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年2月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902190000223.html 2019年2月25日閲覧。 
  8. ^ a b “堀ちえみ、舌がん11時間大手術 夫が報告「無事に終わりました」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年2月23日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190223/geo19022305040009-n1.html 2019年2月25日閲覧。 
  9. ^ “堀ちえみ、ICUから一般病棟へ「経過は順調だそうです」夫が報告 筆談で会話も”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2130308/full/ 2019年2月26日閲覧。 
  10. ^ ご報告致します”. 堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2019年2月25日). 2019年2月26日閲覧。
  11. ^ “堀ちえみ、術後初めて本人がブログ更新「日毎に回復の兆しを感じる」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年2月26日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190226/geo19022613470029-n1.html 2019年2月26日閲覧。 
  12. ^ 一般病棟へ”. 堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2019年2月26日). 2019年2月26日閲覧。
  13. ^ “堀ちえみ、外泊許可で一時帰宅 愛犬との笑顔の写真添え報告「短い間でしたが楽しいひとときを」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年3月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2131739/full/ 2019年3月17日閲覧。 
  14. ^ “堀ちえみがブログで退院を報告「綺麗に咲き誇る、病院の桜の花に見送られる気分」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月26日). https://hochi.news/articles/20190326-OHT1T50135.html 2019年3月26日閲覧。 
  15. ^ “堀ちえみ、食道がんを公表 ステージ1、あす手術へ”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年4月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/04/15/0012244068.shtml 2019年4月15日閲覧。 
  16. ^ 病室にて”. 堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2019年4月15日). 2019年4月16日閲覧。
  17. ^ “堀ちえみ 食道がん手術終了「進行がんではなく」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年4月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904160000864.html 2019年4月16日閲覧。 
  18. ^ 無事に終わりました”. 堀ちえみオフィシャルブログ「hori-day」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2019年4月16日). 2019年4月16日閲覧。
  19. ^ 卒業生の活躍 - 帝塚山学院中学校高等学校”. 学校法人帝塚山学院. 2013年5月17日閲覧。
  20. ^ 堀ちえみ アイドル目指したきっかけは石野真子…子供の頃に地元で見て一目ぼれ”. デイリースポーツ (2017年8月7日). 2018年5月14日閲覧。
  21. ^ 腹痛で命の危機 堀ちえみさん救った“念のため”の胃カメラ”. 日刊ゲンダイ (2017年2月27日). 2019年2月23日閲覧。
  22. ^ 堀ちえみ世界記録挑戦!おにぎり5555 - 日刊スポーツ.com(2010年5月5日16時34分発信 2016年1月21日閲覧)
  23. ^ DVD『絶対に笑ってはいけない空港24時』(よしもとアールアンドシー)収録
  24. ^ 【エンタがビタミン♪】堀ちえみ、難病と闘う日々明かす デビュー35周年記念ライブを終えて”. Techinsight (2017年3月29日). 2017年3月29日閲覧。
  25. ^ “堀ちえみ 難病「特発性大腿骨頭壊死症」をTV初告白 坂口憲二も悩まされ活動休止に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月4日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/04/kiji/20180504s00041000278000c.html 2018年5月4日閲覧。 
  26. ^ “堀ちえみ、追突事故に遭い頚椎捻挫 数日間入院で26日生放送は欠席” (日本語). ORICON NEWS. https://www.oricon.co.jp/news/2116270/full/ 2018年7月26日閲覧。 
  27. ^ a b c d 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.72-73.
  28. ^ これも妖怪のせい!? 堀ちえみがジバニャンに変身 衝撃のCMオンエア”. ORICON STYLE (2015年12月3日). 2015年12月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集