国谷裕子

日本の女性ニュースキャスター

国谷 裕子(くにや ひろこ、1957年2月3日 - )は、日本ニュースキャスター

くにや ひろこ
国谷 裕子
Hiroko Kuniya.jpg
プロフィール
本名 国谷 裕子
出身地 日本の旗 日本大阪府
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1957-02-03) 1957年2月3日(64歳)
最終学歴 ブラウン大学
職歴 アナウンサー
ライター
リサーチャー
活動期間 1981年 - 現在
ジャンル 報道番組
配偶者 あり
著名な家族 田附政次郎(曽祖父)[1]
出演番組・活動
出演経歴NHKニュースTODAY
ワールドニュース
クローズアップ現代

来歴編集

大阪府出身。3人姉妹の次女で父の海外勤務に伴い、幼稚園時代から、ニューヨークサンフランシスコアメリカ合衆国)、小学校6年から中学校まで香港日本を行き来しながら過ごす[2]

帝塚山学院小学校聖心インターナショナルスクールブラウン大学卒業(専攻:国際関係学、副専攻:国際経済学)。

プロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム(現・プロクター・アンド・ギャンブル(P&G) ジャパン)に就職し、販売戦略を担当したが、「結局、なぜ一つでも多くせっけんを売らなくてはいけないのかと、納得がいかなくなり、一年足らずで辞めてしまった」と退職[3]

知人のNHK特派員の紹介で『NHKニュース』(NHK)英語放送の同時通訳者、ライターリサーチャーを務めたのを機に、報道の世界に入る[4]。26歳まで派遣会社や日本外国特派員協会に登録して、海外映像チェック、リサーチなどに従事。

1985年、28歳で結婚し、夫の留学に伴い渡米。ニューヨークで専業主婦になるが[4]、1986年にNHKニューヨーク総局のリサーチャーを担当し、1987年から『ワールドニュース』(NHK BS1)駐米キャスターを担当[5]。1988年に帰国。

帰国後、『ニュースセンター9時』の後継番組である、『NHKニュースTODAY』の国際コーナーを担当。『NHKニュース21』『ワールドニュース』にも契約出演。

『NHKニュース21』が番組終了した、1993年4月5日から『クローズアップ現代』のレギュラーキャスターを番組開始時から務める。2015年12月20日に、黄木紀之NHK編成局長から『クローズアップ現代』担当者に対し国谷の降板が通知され、2016年度の番組改編に伴い、国谷の番組降板情報が報道され[6][7]、同年1月12日付の報道で国谷のキャスター降板が発表された。

2016年4月1日付で、東京藝術大学理事(学長特命担当 兼 ダイバーシティ推進室長)に就任[8]。2016年6月7日『徹子の部屋』で民放初出演。2017年1月、初の著書『キャスターという仕事』を出版、同年3月にBS日テレの『久米書店』に出演して久米宏と初対面する。2017年10月、国連食糧農業機関(FAO)日本担当親善大使に就任[9]

夫は弁護士の国谷史朗(大阪弁護士会所属)。『クローズアップ現代』にゲスト・コメンテーターとして出演したこともある。サッカー日本代表元監督の岡田武史は、小学生時代の同級生[10]

受賞歴編集

  • 橋田壽賀子賞(1994年)
  • 第22回放送文化基金賞(個人・グループ部門)(国谷裕子と「クローズアップ現代」番組制作スタッフ)(1996年)
  • 放送ウーマン賞 '97(1998年)[11]
  • 第50回菊池寛賞(国谷裕子と「クローズアップ現代」制作スタッフ)(2002年)
  • 日本記者クラブ賞(2011年)
  • 第53回ギャラクシー賞 特別賞(「クローズアップ現代」のキャスターとしての功績に対して)(2016年)
  • 放送人グランプリ2016 グランプリ(2016年)
  • 社会起業大学[12]『ソーシャルビジネスグランプリ2017 政治起業家部門グランプリ』[13]
 
国谷裕子 滋賀県大津市

著書編集

  • 『キャスターという仕事』岩波新書、2017年
  • 『国谷裕子と考えるSDGsがわかる本』文溪堂、2019年
共著
翻訳
  • ジェイソン・ゲイズ『ぼくはガンを克服した ある少年の生への闘い イラスト手記』日本放送出版協会 1989

『クローズアップ現代』編集

1993年の開始時から、国谷はNHKが一般的な地上テレビジョンネットワーク、衛星、両方のNHKワールドチャンネルとNHKワールド・プレミアムチャンネル上で週4日のゴールデンアワーに放送する『クローズアップ現代』(英語: Today's Close-up)のホスト役を務める。

2016年1月8日付けのジャパンタイムズは、NHKが国谷の解任も含めて『クローズアップ現代』の番組内容に変更を加えることを考えていると報じた[14]。その後実際に2016年3月17日の放送をもって国谷は降板となったが、海外メディアでは国谷の離脱例などを引いて、安倍政権下の日本で放送者には政治的圧力がかけられているという報道[15]、表現の自由を調査している視察の国際連合職員による批判[16]国境なき記者団による日本の報道の自由の国際的な順位の急激な低下を論ずる報道[17][18]などがなされた。

その他編集

インタビュー編集

  • 世界のクロサワ「スパイの妻」を語る〜ベネチア国際映画祭17年ぶりの快挙〜(2020年10月、NHK BSプレミアム)[19]

脚注編集

  1. ^ NHK「クロ現」3月降板 国谷裕子が辿った挫折とリベンジ”. 日刊ゲンダイ (2016年1月15日). 2016年1月17日閲覧。
  2. ^ NHK「クロ現」3月降板 国谷裕子が辿った挫折とリベンジ”. 日刊ゲンダイ (2016年1月15日). 2016年1月17日閲覧。
  3. ^ 「一人前でありたい」国谷裕子が語る仕事-1”. 朝日新聞. 2009年7月5日閲覧。
  4. ^ a b NHK「クロ現」3月降板 国谷裕子が辿った挫折とリベンジ”. 日刊ゲンダイ (2016年1月15日). 2016年1月17日閲覧。
  5. ^ 国谷裕子委員(キャスター) (PDF)”. 2015年1月17日閲覧。
  6. ^ 国谷キャスター降板で番組コントロール狙う(上)”. 朝日新聞 (2016年1月19日). 2018年5月1日閲覧。
  7. ^ NHK「クロ現」の国谷裕子さん降板へ 出演は3月まで”. 朝日新聞 (2016年1月8日). 2016年1月17日閲覧。
  8. ^ ダイバーシティ推進室
  9. ^ FAO国連食糧農業機関 初の日本担当親善大使に中村勝宏氏、国谷裕子氏が就任
  10. ^ "岡田武史とレジェンドたちが斬るFIFAワールドカップ". 9 June 2018. BS1。 |series=は必須です。 (説明)
  11. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  12. ^ 起業塾・経営塾で、文部科学省が認可した大学ではない。
  13. ^ ソーシャルビジネスグランプリ2017 - 社会起業大学。
  14. ^ NHK may oust anchor of popular news show ‘Close-up Gendai’ (直訳: NHKは『クローズアップ現代』という人気ニュースショーのアンカーを追い出す可能性がある)”. www.japantimes.co.jp. 共同通信社 (2016年1月8日). 2016年1月8日閲覧。
  15. ^ ファクラー, マーティン (2016-5-27). “The Silencing of Japan’s Free Press (直訳: 日本の出版の自由を封じること)” (英語). フォーリン・ポリシー. https://foreignpolicy.com/2016/05/27/the-silencing-of-japans-free-press-shinzo-abe-media/ 2020年3月5日閲覧。. 
  16. ^ 大井, 真理子 (2016年4月21日). “The Japanese magazine shaking up the cosy media club (直訳: 癒着したマスコミクラブを狼狽させている日本の雑誌)”. BBCニュース・オンライン. https://www.bbc.com/news/world-asia-35557838 
  17. ^ マッカリー, ジャスティン (2016年2月17日). “Japanese TV anchors lose their jobs amid claims of political pressure (直訳: 日本のテレビアンカーは政治的圧力の主張の最中に職を失う)”. ガーディアン. https://www.theguardian.com/world/2016/feb/17/japanese-tv-anchors-lose-their-jobs-amid-claims-of-political-pressure 
  18. ^ “Speak no evil (直訳: 悪を言わず)”. エコノミスト. (2015年5月16日). https://www.economist.com/news/asia/21651295-japans-media-are-quailing-under-government-pressure-speak-no-evil 
  19. ^ 世界のクロサワ「スパイの妻」を語る〜ベネチア国際映画祭17年ぶりの快挙〜”. NHK (2021年4月11日). 2021-04-92時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月2日閲覧。

外部リンク編集