平成10年8月新潟豪雨

平成10年8月新潟豪雨(へいせい10ねん8がつにいがたごうう)は、1998年平成10年)8月4日を中心に、主に新潟県で起こった豪雨災害(水害)である。なお、この名称は気象庁が正式に命名したものではなく、マスメディアなどでは単に8.4水害(はちてんよんすいがい)と呼ばれている。

平成10年8月新潟豪雨
発災日時 1998年8月4日
被災地域 日本の旗 新潟県下越地方及び佐渡地方
災害の気象要因 集中豪雨
気象記録
最多雨量 宝珠山で270mm
最多時間雨量 新潟で97mm
人的被害
死者
2人
負傷者
3人
建物等被害
全壊
3棟
半壊
16棟
一部損壊
18棟
床上浸水
2,560棟
床下浸水
15,134棟
出典: [1]
テンプレートを表示

※いわゆる平成の大合併で現在は消滅している自治体もあるが、ここでは全て豪雨発生当時の自治体名で示す。

概要編集

4日未明から新潟県下越地方佐渡地方を中心に非常に激しい雨が降り、安田町の宝珠山では4日の24時間降水量270ミリを観測した。また新潟市では24時間降水量265ミリを観測、1886年(明治19年)の観測開始以来第1位の記録となった。このほか新潟市では排水機場のポンプが故障したこともあり、市内各所で浸水被害が相次いだ。この豪雨による浸水被害の約8割は新潟市内で発生している。市内主要道路も広範囲に渡り冠水し、都市機能は完全に麻痺した。また越後線小針駅 - 寺尾駅間で線路路盤の一部が流出し、災害の後もしばらくの間徐行運転を余儀なくされた。

死者は岐阜県での1人を含め2人。住家被害は全壊3棟、半壊16棟、一部損壊18棟のほか、床上浸水2,560棟、床下浸水15,134棟。都市部を直撃したこともあり、浸水被害が非常に多かった。また山間部では土石流や地すべりが発生、甚大な被害を受けた。

気象概況編集

日本海から北陸地方に伸びる梅雨前線が停滞し、ここへ太平洋高気圧の西側から暖湿気流が前線に向かって流れ込んだことから前線の活動が活発になり、北陸地方から東北地方にかけての日本海側で断続的に大雨が降った。

主な降雨記録編集

主な降雨記録
観測地点情報 最大雨量
観測地点 市町村 設置者 24時間 時間
宝珠山 安田町 気象庁 270 74
新潟 新潟市 気象庁 265 97
守門岳 栃尾市 気象庁 246 57
六十里越 福島県只見町 気象庁 232 41
入広瀬 入広瀬村 気象庁 220 52
両津 両津市 気象庁 194 51

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

国の機関
自治体