メインメニューを開く

概要編集

魚沼市入広瀬地区(旧北魚沼郡入広瀬村)東部の大白川と、只見町大字田子倉の間に所在する峠で、最高点の標高は863mに達する。

六十里越の名の由来は、実際の距離は六里(約24km)でありながら、険しさゆえに一里が十里にも感じられるほど余りに急峻かつ長大な山道であること、あるいは中世まで東日本においては一里は500mであったことなど、諸説ある。

古くから新潟県中越地方と福島県会津地方南部を結ぶ街道の一つであるものの、国内有数の豪雪地帯に位置し、かつ雪崩や落石の危険性が高い箇所を経由することから通年では通行できない難所であった。昭和時代に入ってから道路改築と鉄道建設が進められ、まず1971年昭和46年)に東日本旅客鉄道(JR東日本)只見線の、さらに1973年昭和48年)9月には国道252号の、それぞれ県境区間が開業および開通した。いずれも区間内にはトンネルスノーシェッドが連続して設けられている。

新潟県中越地方と只見町を結ぶ街道としてはもう一つ、六十里越から約15km北東側の三条市と只見町の間に位置する八十里越があるが、こちらは更に急峻な地形を有する難所で、現在も国道289号などの国県道はいずれも自動車の通行不能区間となっており、両県と国土交通省が改築事業を行っている。

国道252号編集

道路改築事業は昭和初期、両県によって着手されたが太平洋戦争の激化で中止となり、戦後の1951年(昭和26年)に再開された。1958年(昭和33年)からは陸上自衛隊も加わって改築が進められ、1973年9月に県境区間が開通した。開通当初は一部区間の路面が未舗装(ダート)になっていたが順次舗装され、現在は全区間が舗装されている。この両県境の区間には2006年平成18年)11月、六十里越 雪わり街道という愛称が命名されている。

魚沼市側の大白川集落(大白川駅周辺)から只見線と並走しながら緩やかな勾配を上り、県境の六十里越トンネルを通過すると、只見町側は急峻な地形となっており、田子倉湖を遥か眼下に見下ろしながら只見町の中心部まで急勾配を駆け下りて行く。この県境区間のうち、魚沼市大白川字末沢から県境の六十里越トンネルを挟んで只見町大字石伏字上宮渕に至る区間は、冬季間(おおむね11月中旬から5月中旬にかけて)は雪崩などの危険性があるため冬季閉鎖の措置が取られ、全面通行止となる。この冬季閉鎖区間は雪崩や落石、土砂崩れなどが発生しやすく、特に急勾配が多い福島県側では、閉鎖解除前には落石や土砂崩れによる路面や法面の損傷が見られることがある。また冬季閉鎖の開始および解除の時期は、積雪や路面の状況によって左右されるため、前後する場合がある。

道路施設編集

六十里越隧道
白沢トンネル
  • 全長:375.0m
  • 幅員:6.0(8.75)m
  • 有効高:4.7m
  • 工法:NATM工法
  • 竣工:1982年
  • 施工:南会建設共同企業体
国道第一種改良事業として六十里越が整備されるに伴い1980年10月に起工された。1982年7月に貫通し、12月15日に開通した。総工費は10億7000万円[1]
入間木隧道
  • 全長:236.0m
  • 幅員:5.0(5.6)m
  • 有効高:5.3m
  • 開通:1958年
田子倉沢隧道
  • 全長:50.0m
  • 幅員:5.0(5.6)m
  • 有効高:4.0m
  • 開通:1958年
芋巻岳隧道
  • 全長:119.7m
  • 幅員:5.0(5.72)m
  • 有効高:3.8m
  • 開通:1958年
下平隧道
  • 全長:40,0m
  • 幅員:5.0(5.65)m
  • 有効高:3.9m
  • 開通:1958年
田子倉第二隧道
  • 全長:70.1m
  • 幅員:5.0(5.8)m
  • 有効高:4.0m
  • 開通:1957年
只見町田子倉字後山から同町石伏字向山に至る。田子倉ダム堤体左岸の尾根を貫く。
田子倉第一隧道
  • 全長:126.0m
  • 幅員:5.0(5.6)m
  • 有効高:4.0m
  • 開通:1955年
只見町田子倉字向山から同町石伏字向山に至る。田子倉発電所左岸斜面部を貫く。

只見線編集

一方の只見線は長大な六十里越トンネルおよび田子倉トンネルで貫通しており、国道252号が閉鎖となる冬期間は魚沼市と南会津郡を直通する唯一の交通手段となる[注釈 1]。ただし列車本数は少なく、また除雪が追いつかないほどの豪雪に見舞われ、雪崩や土砂崩れの危険性が生じた場合は只見駅 - 大白川駅間で運転見合わせの措置が取られることがある。

六十里越トンネル編集

六十里越トンネル(ろくじゅうりごえトンネル)は、六十里越に設けられたトンネルである。国道および鉄道用のものが設置されている。

 
只見線六十里越トンネル

国道252号編集

  • 全長:789.0m
  • 幅員:5.5(6.0)m
  • 有効高:4.5m
銘板上の表記は六十里越隧道1965年(昭和40年)貫通、1973年(昭和48年)竣工[2]
トンネル付近の標高は760mに達する。六十里越のトンネルでは唯一、照明のあるトンネルである。

JR只見線編集

只見線の只見駅大白川駅の間に位置する。全長6,359m、1971年(昭和46年)の国鉄只見線全通時に開通した。

開通時点では、日本の鉄道トンネルでは6番目、貨物線を含めた国鉄(当時、現在のJRグループ)在来線では5番目の長さを誇った。2008年現在では同42番目・8番目[注釈 2]となっている。

位置情報編集

六十里越トンネル(国道252号)編集

六十里越トンネル(JR只見線)編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 魚沼市と南会津郡の間には只見線と国道252号のほかに国道352号が通じているが、こちらも県境区間で冬季閉鎖の措置が取られるため、両地域間の交通手段は只見線のみとなる。なお新潟県阿賀町と福島県西会津町の間は磐越西線国道49号国道459号磐越自動車道で通年直通できる。
  2. ^ 別々に設けられている新清水トンネル(下り線)・清水トンネル(上り線)(JR上越線)を「1つ」として数えた場合。

出典編集

  1. ^ 福島県のトンネル 南会津建設事務所 - 福島県土木部
  2. ^ 福島県のトンネル - 福島県土木部

関連項目編集

外部リンク編集