(ちょう)は、中国の時代と、かつての日本で設置された行政区画の単位である。

中国の庁編集

明清代の庁は、新開地や特殊な地域に設けられたものがほとんどで、直隷庁散庁分防庁の種別があった。直隷庁は直隷州と等級が同じで、現在の中華人民共和国の庁局級と地級に相当し、中国語版・道に属し、多くは県を含まない。散庁は府に属し、散州・県と等級が同じである[1]。最初に設置された庁は明の天啓年間に設置された四川の叙永庁(現在の叙永県)である。

清の内地の行政区画は次のような階層構造になっていた:

 
 
 
 
 
 
 
 
布政使司
(省・行省)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直隷州
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直隷庁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
散州
 
 
散庁・分防庁
 



直隷庁編集

の内地(東三省や新疆省は除外する)で、当時、直隷庁(省や道に直属した)は以下のような物があった:

散庁編集

清の統治は200年以上に及び、内地の各地方の行政区画には常に変動ががあり、以上の直隷庁の資料は必ずしも完全なものではない。しかし、上開名簿に載っていない庁なら、府・直隷州の管轄に属する散庁である可能性が高い。

例:


陝西省

四川省

湖北省

江西省

江蘇省

福建省

広東省潮州府と福建省漳州府が共同管轄した南澳庁[2]


いずれも散庁級に属する。

分防庁編集

分防庁、散庁の両長官はいずれも知府の下に属しているが、分防庁は徴税、治安維持、食糧運送、通信、異民族対策、海防などを専従しており、散庁のような行政区域を持っていない。


たとえば:


福建省

  • 泉州府:廈防庁(廈門庁)[3]、蚶江庁
  • 漳州府:石碼庁
  • 臺灣府:臺防庁

広東省


日本の庁編集

日本はかつて北海道北海道庁を設置したことがある。これは現在の北海道の行政庁である北海道庁とは別である。また、樺太島には樺太庁を設置していた。また、台湾にも庁制度があり、第2次世界大戦後の琉球諸島には地方庁が設置された。現在の日本では「庁」は行政区画としては使われていない。「支庁」はあるが、これは都道府県の出先機関である(北海道の支庁は2010年に振興局に改組された)。

なお、日本では都道府県の政庁を庁と呼ぶが、中国では政府の語を用いるので、たとえば「県庁」は中国語では「県政府」となる。

かつて存在した庁としては以下のような物がある。

参考文献編集

  1. ^ 清朝地方行政区画”. 2011年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月4日閲覧。
  2. ^ 〈論16~18世紀南澳島的王朝經略與行政建置演變〉,《廣東社會科學》,2018年01期,2018,王潞
  3. ^ 〈清代前期廈防同知與閩臺互動關係初探〉,《社會科學輯刊》,2014年第1期,2014,呂俊昌