メインメニューを開く

広島電鉄2500形電車(ひろしまでんてつ2500がたでんしゃ)は、広島電鉄が市内線(軌道線)から宮島線(鉄道線)への直通運転用車両として、1961年昭和36年)から1967年(昭和41年)にかけて導入した2車体連接構造電車路面電車車両)である[1][2]

広島電鉄3100形電車
「ぐりーんらいなー」
20070925hiroden3103.jpg
3100形3103編成
(広島駅付近 2008年2月)
基本情報
製造所 ナニワ工機・広島電鉄自社工場
(改造施工:大阪車輌工業
主要諸元
編成 3車体4台車連接固定編成
軌間 1,435 mm(標準軌
電気方式 直流600 V架空電車線方式
編成定員 130人(座席64人)
編成重量 34.1 t
全長 25,310 mm
全幅 2,440 mm
全高 4,170 mm
車体 普通鋼(全金属製)
台車 SIG NS-508A(両端・連接部)
SIG NS-508C(両端部)
SIG NS-508D(連接部)
主電動機 直流直巻電動機
TDK546/2-C・TDK546/2-G1C
主電動機出力 40 kW(一時間定格)
搭載数 6基 / 編成
駆動方式 吊り掛け駆動
歯車比 4.93 (69:14)
編成出力 240 kW
制御装置 抵抗制御直並列組合せ制御弱め界磁制御
電動カム軸式間接自動制御 ES-255B
制動装置 発電制動併用直通ブレーキ SLED
保安装置 自動列車停止装置 (ATS)
備考 2500形として運用されていた当時の主要諸元は下記参照
テンプレートを表示

2500形には純然たる新車として導入された車両と[1]、他事業者より譲り受けた中古車両を改造して導入した車両が存在し[2]、前者については後年3車体連接構造化ならびに冷房装置の搭載など各種改造が実施され、3100形と形式区分された[3]

本項では、2500形ならびに同形式を改造して導入された3100形の両形式について詳述する。

導入に至る背景編集

宮島線の車両近代化、および宮島線と市内線との直通運転を目的として1960年(昭和35年)より導入された2000形電車[1]は、同形式に先行して直通運転用車両として1958年(昭和33年)に新製された850形電車(現・350形)を設計の基本としつつ、専用軌道線である宮島線において必要とされる高速性能と、併用軌道区間が大半を占める市内線において必要とされる高い加減速性能の両面を充足させた高性能車両であった[1][注釈 1]。しかし、2000形の車体構造は850形と同様に、従前の市内線用車両と同一の、単車(1両編成)運転を原則とした純然たる路面電車車両そのものであり[1]、1両当たりの車両定員も80人程度と、当時宮島線に在籍した旧型の鉄道線用車両を代替するにあたっては輸送力不足が懸念された[1][注釈 2]

そのため、2000形の走行性能はそのままに、より輸送力の高い車両の導入が求められたことから[1]、2000形を設計の基本としつつ、車体を2車体3台車構造の連接仕様に設計変更して1編成当たりの車両定員を130人に増加させた2500形が、翌1961年(昭和36年)から1964年(昭和38年)にかけて5編成10両新製された[1]。広島電鉄における連接車の導入例は、宮島線所属の1040形電車2両を1957年(昭和32年)に2車体3台車構造の連接車へ改造した前例が存在するが[5]、当初より連接車として設計・製造された車両は2500形が最初であった[6]車両番号(以下「車番」)は前記1040形における車番付与基準に倣って、2501-2502(第1編成)から2509-2510(第5編成)といった具合に編成単位ではなく車体単位で車番が付与された[1]

なお、1961年(昭和36年)に落成した2501 - 2504の2編成4両はナニワ工機において新製されたが[6]、翌1962年(昭和37年)以降に落成した2505 - 2510の3編成6両は導入コスト削減を目的として広島電鉄自社工場において新製され[1][注釈 3]、両者は細部に相違点を有した[7]

  車番 落成年月 製造メーカー
2500形 2501-2502 1961年7月 ナニワ工機
2503-2504
2505-2506 1962年7月 自社工場
2507-2508 1964年9月
2509-2510 1964年11月

しかし、2500形増備の同時期には広島市の都市交通計画が策定され、その中に市内線の己斐(現・広電西広島) - 広島駅間に並行する形で地下鉄路線を建設する構想が盛り込まれた[2]。当時の広島電鉄はモータリゼーションの発展による乗合バスへの利用客移転や交通量の爆発的増加による市内線全線における恒常的なダイヤ乱れ発生など、経営的に困難な状況に直面していた[2]。さらに地下鉄建設計画が具体化した場合、路線の存続危機に直結することから、そのような将来展望が不透明な状況において車両の新製を実施することは得策ではないと判断され[2]、2500形の増備は5編成10両で打ち切られた[2]

一方で宮島線に在籍する木造車体の旧型車の老朽化は限界を迎えつつあり、また宮島線から市内線への直通需要も増加の一途を辿ったことから[2]、直通運転用車両の不足を補うため1966年(昭和41年)に大阪市交通局大阪市電)より同局1601形電車を4両譲り受け、大阪車輌工業において2車体3台車構造の連接車2編成に大改造して2500形へ編入、2511 - 2514として導入した[2][注釈 4]。改造に際しては台車を除く主要機器を2501 - 2510と同一のものへ全面的に換装し性能面では統一を図ったものの[2]、車体は連接化改造を除けば大阪市電1601形の原形を保った形態であったことから、同一形式ながら外観は全く異なるものとなった[2]。また、同4両はいずれも譲渡名義ではなく新製名義で落成した[8]

  車番 種車 落成年月
2500形 2511-2512 大阪市電1617・1630 1967年3月
2513-2514 大阪市電1636・1640

上記経緯を経て計7編成14両の陣容となった2500形は、後年3車体連接構造が直通運転用車両における主流となったことに伴って、1985年(昭和60年)より輸送力増強を目的として2501 - 2510の新製車グループを対象に3車体4台車構造へ改造することとなり[3]、改造後の同グループは3100形と形式区分された[3]。なお、改造対象から外れた車体流用車グループの2511 - 2514は1985年(昭和60年)までに全車廃車となったため2500形は形式消滅し、現存する車両は全て3100形の形式称号が付与されている[9]

車体編集

ナニワ工機製の2503-2504
広電廿日市 - 平良 1986年1月)
自社工場製の2507-2508
(広電廿日市 - 平良 1986年1月)

新製車グループの2501 - 2510は、2000形に類似した全金属製の車体を備える[10]。前面は運転台位置に相当する中央窓の左右寸法を大きく取り、その左右に縦長の開閉可能窓を配した3枚窓構造で[10]、前面向かって右側の幕板部には行先表示器を備え、前面窓上部には水切りを設けた[10]。これら仕様は2000形に準じたものであるが、2500形においては前面上半分に後退角が設けられたほか、前面左右の開閉可能窓が2000形の1枚窓構造から上段下降下段上昇式の二段窓構造に改められた点が異なる[10][11]

前照灯はナニワ工機製の2501 - 2504が外付け形の白熱灯を1灯、前面屋根部に設置したのに対し[12]、自社工場製の2505 - 2510は小型のシールドビームを2灯、逆台形の埋め込み形ケースを介して前面屋根部に設置した点が異なる[12][13]。また、2505 - 2510は宮島線・市内線直通運用に際して点灯する直通標識灯を落成当初より前面屋根部左右に1灯ずつ設置し、2501 - 2504についても後年追設された(共に埋め込み式)[12]後部標識灯は前面腰板部左右に1灯ずつ設置する[10]

側面窓配置は2000形と同様に車体の前部と中央部の2箇所に客用扉を配した前中扉配置を採用する左右非対称構造で、1編成当たりの窓配置はD(1)3(1)D1 / 2(1)D13(D:客用扉、各数値は側窓の枚数、下線付は車掌用窓を、カッコ付は戸袋窓をそれぞれ示す)である[10]。客用扉は軽合金製の片開扉を採用、側窓は下段部分に危険防止を目的として保護棒を設けた二段上昇式のアルミサッシ、車掌用窓は引き違い式の横引窓とし、各車掌用窓の上部には側面行先表示器を設けた[10][12]。ただし、2505 - 2510については前位側車掌窓上の行先表示器を省略し、後位側の1箇所のみとした[12]

その他、側面腰板部には550形電車より採用された蛍光灯による電照式広告装置を設置した[12]。これは半透明のアクリル樹脂で作成された広告板を裏面から蛍光灯で照らす仕組みとなっており[14]、日本国内においては他に例のない広島電鉄独自の装備であった[14]

車内はロングシート仕様で、車内照明に蛍光灯を採用した[7]。なお、2501 - 2504は車内送風機として扇風機を備え、床面をロンリューム仕上げとしたが[7]、2505 - 2510は床面を松材を用いた木製とし、車内送風機は省略された[7]

車体流用車グループの2511 - 2514については、連接車化改造に伴って連結面となる側の構体を各車の中央扉付近で切断し車体を短縮し外付け式の直通標識灯を追加した以外、大阪市電1601形として運用されていた当時と大きな変化はない[15]。深い屋根と腰高な窓位置が特徴の重厚な半鋼製車体を備え、客用扉はいずれも木製で、前位寄りの客用扉のみが片開扉仕様でドア窓が縦桟1本で仕切られた2枚窓、その他2箇所は両開扉仕様となっている[15]。1編成当たりの側面窓配置はD(1)4(1)D(1)1 / 2(1)D(1)5で、前面・側面とも行先表示器の装備はない[12][15]

車体塗装はオリエントピーチと称する薄いピンク地にライトベネチアンレッドと称する赤の細帯を配した塗装を新たに採用した[1][16]。この塗装は従来市内線専用車両と同一の濃緑・ベージュの2色塗装であった2000形など他の直通運転用車両各形式にも踏襲され、以降の直通運転用車両における標準塗装となった[1]

主要機器編集

前述の通り、車体の仕様については製造者および新製車両・中古車両の別によって相違点を有するが、主要機器については全車とも概ね共通仕様となっている[12]

制御装置編集

東洋電機製造製の電動カム軸式間接自動制御器ES-255Bを1編成当たり1基搭載[11][17]直並列組合せによる抵抗制御、および弱め界磁制御によって速度制御を行う[18]。同制御装置は2000形において採用実績のある東洋電機製造製ES-255A[17]を一部設計変更した機種で、ES-255Aと同様に停止用発電制動機能を備える[11][12]

主電動機編集

2501 - 2504は東洋電機製造製の直流直巻電動機TDK546/2-Cを1編成当たり4基、両端部分の台車の各軸へ搭載する[17]。2505 - 2514においては同じく東洋電機製造製のTDK546/2-G1Cに変更されたが[17]、端子電圧300 V時定格出力40 kWの特性は両機種とも同一である[18]。駆動方式は吊り掛け式、歯車比は4.93 (69:14) である[18]

2500形は中間連接台車を主電動機を搭載しない付随台車とした関係で[19]、全軸駆動仕様の2000形[19]が搭載する主電動機(日本車輌製造製NE-30またはNE-30A)の端子電圧300V時定格出力30kW[18]と比較して約3割強の出力増強が図られ、また定格牽引力増大のため歯車比も2000形の4.46 (67:15) と比較してローギヤードな設定とされている[12][18]

台車編集

2501 - 2510は日本車輌製造製の「トーションバー台車」と呼称される台車を装着する[20]

トーションバー台車はスイスSIG社が開発した、枕ばねに通常の螺旋状ばね(コイルばね)ではなく枕木方向に左右1本ずつ設置されたトーションバー・スプリング(ねじり棒ばね)を用い、ボルスタアンカーを併用した軽量台車で[21]、日本国内においてはSIG社とライセンス契約を締結した日本車輌製造が製造を担当、広島電鉄のほか遠州鉄道にも納入された[22]

広島電鉄においては2000形2001 - 2003が初採用例となったトーションバー台車であるが[20]、同3両が装着するSIG NS-504台車と比較して固定軸間距離を1,600mmから1,650mmに延長した改良型のSIG NS-508Aが2501 - 2504に採用された[20]。2505 - 2510はSIG NS-508Aをさらに一部設計変更したSIG NS-508C(両端台車)・SIG NS-508D(連接台車)を装着する[20]。軸ばね部は円筒案内式で、軸受はコロ軸受(ローラーベアリング)仕様、車輪径は660mmである[23]

2511 - 2514は種車となった大阪市電1601形が装着する、「大阪市電形台車」と通称される住友製鋼所製の鋳鋼組立式ウィングばね台車KS46Lをそのまま装着した[20]。KS46Lは1928年(昭和3年)の大阪市電1601形の新製に際して設計・製造された台車で、枕ばねを含む全ての緩衝ばねにコイルばねを用いた、製造当時としては画期的な設計を取り入れたものであった[24][25]

2500形への改造に際しては、主電動機増設・2軸駆動化に伴って従来台車内側の付随車軸上部に1台車当たり1基搭載した制動筒(ブレーキシリンダー)[25]を台車側枠へ移設するなど各種改造が実施され、以降広島電鉄においては「大阪市電形改」と呼称された[20]。軸受は平軸受(プレーンベアリング)仕様、固定軸間距離は1,625mm、車輪径は660mmである[23]

制動装置編集

2000形において採用実績のある、運転台に設置されたブレーキ弁の操作によって発電制動・空気制動とも作動するSLED発電制動併用直通ブレーキを採用する[11][17]。このため制動時でも吊り掛け駆動音が発生する。但し、市内線内では運転台の逆転器を切位置にすることで電気ブレーキをカットし、空気ブレーキのみを使用することもある。

補助機器類編集

集電装置は菱形パンタグラフを採用、各車の屋根上後位寄りにやぐら状のパイプ組立形台座を介して搭載し、運用時には先頭となる側の車両に搭載されたパンタグラフを使用する[7][11]。なお、2511 - 2514の搭載するパンタグラフは阪神電気鉄道より同社の廃車発生品を購入した中古部品である[2][8]

運用編集

2500形が新製された1961年(昭和36年)当時における宮島線 - 市内線直通列車の運行形態は、朝方のラッシュ時間帯に3往復が設定されているのみであったが[26]、2500形導入を契機に夕方のラッシュ時間帯にも2往復の直通列車を新設した[26]。さらに翌1962年(昭和37年)1月10日より、昼間の時間帯においても毎時4本の直通列車を新設[26]、2500形は2000形や850形とともにそれら直通運用へ充当された[26]

2500形は導入当時の直通運転用車両においては最も収容力が大きく、直通運用の主力車両として重用された[11]。しかし、後年の3000形電車および3500形「軽快電車」の導入を契機として直通運転用車両の標準仕様が3車体4台車の連接構造に移行したことや、2000形の2両固定編成化に伴って[12]、2車体3台車構造の連接車である2500形は逆に1編成当たりの収容力が最も小さい車両となり、運用機会が減少した[12]1984年(昭和59年)には3700形電車導入の代替として[12]車体流用車グループのうち2513-2514が同年12月30日付[27]で廃車となった。

また、同時期には将来的に宮島線の全列車を市内線へ直通運転する構想が浮上[28][注釈 5]、輸送力増強のため経年の浅い新製車グループの2501 - 2510を対象に、3車体連接編成化および冷房改造を実施して収容力増加を図るとともに[9][28]、他の3車体連接構造の直通運転用車両と仕様を統一することとなった[3]。改造に際しては、中間車を別途新製して各編成へ組み込み、主要機器の一部を換装して5編成全てを3車体連接編成とする案も検討されたが[3]、最終的には既存の車両の編成組み換えによって2車体連接車5編成10両を3車体連接車3編成9両に再編する方針が決定、減少する2編成分は3700形の新製によって補充することとした[3]

3100形への改造編集

竣功当時の3100形3101編成
(広電宮島駅 1986年5月)

3車体連接編成化は1985年(昭和60年)から翌1986年(昭和61年)にかけて大阪車輌工業において施工され[30][31]、改造後は3100形と改称・改番された[32]。車番は西日本鉄道から譲り受けた1300形電車[注釈 6]より採用された[34]、1編成全車を同一の車番とし、車番末尾にA・B(先頭車)およびC(中間車)の記号を付与して区分する方式に改められた[32]

  車番 種車 竣功年月
3100形 3101A-3101C-3101B 2501・2502・2505 1985年12月
3102A-3102C-3102B 2503・2507・2504 1986年7月
3103A-3103C-3103B 2509・2508・2510 1986年12月

2505-2506・2507-2508の2編成4両を編成解除し、その他の3編成へ繋げる形で3車体連接編成化を実施[30][31]、中間車となる2502・2507・2508は運転台部分の構体を切断して撤去、3101C・3102C・3103Cとなった[30][31][注釈 7]

先頭車を中間車へ転用する手法は3000形において実施されたものと同様であるが[35]、2500形の心皿位置は前位扉が引扉である関係上3000形よりも若干中央寄りに位置しており[35]、3000形の前例に倣って心皿位置で構体を切断すると車体長が短くなり過ぎることから、前位扉の戸袋窓を境界線として構体を切断、心皿位置を切断部分へ移設した[35]。窓配置は先頭車として運用されていた当時の左右非対称構造をそのまま継承したため、左右対称構造を採用する他の3車体連接編成の中間車とは異なり、側面左右で3(1)D1および2(1)D2と客用扉の位置が側窓1枚分ずれが生じている点を特徴とする[35]。その他、屋根上のパンタグラフおよび台座を撤去し、従来車掌窓であった部分を通常の側窓へ置き換え、側面行先表示器も撤去された[35]

両先頭車については従来の行先表示器を痕跡を残さず撤去し、前面幕板中央部へ大型の電動行先表示器が新設された[35]。その他、従来の前照灯を撤去してシールドビーム式の前照灯を腰板部へ新設し、制動動作灯を兼ねた後部標識灯と一体型のケースに収めたほか[35]、各車掌窓上への電動式側面行先表示器の新設、前面中央窓の固定化、ワイパーの電動化および窓下移設・ウィンドウウォッシャーの新設などが施工された[35]

主要機器は基本的に改造以前と比較して変化はないが、主電動機出力の都合から従来主電動機を搭載しない付随台車であった中間連接台車にも主電動機を各1基新たに搭載、1編成当たり6基搭載とした[9][注釈 8]。制御装置はES-255Bを一部改造した上で両先頭車へ搭載[9]、一方の制御装置で両端台車に搭載された主電動機4基を制御し、他方の制御装置で中間連接台車に新たに搭載された主電動機2基を制御する変則的な繋ぎとした[9]。力行時は6基全ての主電動機を使用するものの、発電制動動作時は両端台車に搭載された4基の主電動機のみを使用する[9]

また、併せて冷房改造も実施され[35]、先頭車に三菱電機CU77A(冷却能力21,000kcai/h)を、中間車に同CU127A(冷却能力10,500kcal/h)を各1基、屋根上に新設した[35]。両先頭車の屋根上には冷房装置用電源として静止形インバータ (SIV) が新設され[35]、これらの搭載スペースを確保するためパンタグラフの搭載位置を前位寄りへ移設し[35]、パンタグラフそのものも新造品へ交換されたほか、台座を従来のパイプ組立形から屋根上専有面積の小さいアングル材組立形に変更した[35]

車内の仕様は3000形に準じたものとなり、座席モケットは臙脂色のものを採用、床面はロンリューム貼りで仕様が統一された[35]

車体塗装は全編成とも改造以前の薄いピンク地に赤の細帯を配した塗装から変化はないが[36]、新設された前照灯ケースとの位置関係から前面の赤帯は省略された[35]。また、先頭車・中間車とも蛍光灯照明式広告装置は撤去された[35]

改造第一号となる3101編成(元2501・2502・2505)が1985年(昭和60年)12月28日付[30]で竣功したことを皮切りに、翌1986年(昭和61年)7月19日付[31]で3102編成(元2503・2507・2504[注釈 7])が、同年12月24日付[31]で3103編成(元2509・2508・2510[注釈 7])がそれぞれ竣功し、全編成が出揃った。なお、3102・3103編成の両先頭車は前面中央窓の固定化に際して窓枠部分を新製したため、改造以前の原形を保つ3101編成の両先頭車とは形状が異なる[9][35]

この結果、編成組み換えに伴って余剰となった2506、および改造対象から外れた車体流用車グループの2511-2512の計3両は1985年(昭和60年)12月31日付[37]で除籍され、3103編成の竣功をもって2500形は形式消滅した[31][37]

改造後の運用編集

3100形3102編成(左)・3101編成(右)
荒手車庫 2004年6月)

改造を終えた3101編成は1986年(昭和61年)1月20日に広島電鉄へ引き渡され、試運転を実施したのち就役した[35]。3102・3103編成についても1986年(昭和61年)度内に営業運転に導入され[38]、計3編成が出揃った。

1988年(昭和63年)に3101・3102編成が3500形および3700形と同一のアイボリー地に窓周りと車体裾部に緑帯を配した現行塗装に変更され[36]、両先頭車の側面窓下に「ぐりーんらいなー」のロゴが追加された[36]。残る3103編成については、西ドイツの画家であるジョー・ブロッケルホフ[注釈 9]による平和への願いをテーマとした空色基調のエアブラシ画が車体全面に描かれ[36][40]、同年8月6日の広島原爆記念日より「ピースバーン号」として運用を開始した[36]

「ピースバーン号」の企画は、以前より世界最初の被爆地である広島へ興味を寄せていたブロッケルホフが[39]、西ドイツ在住の日本人ジャーナリストより広島電鉄に西ドイツ・ドルトムント市電の車両(70形電車)が導入されていることを伝え聞いたことを契機に、ブロッケルホフ本人より広島電鉄側へ持ち込まれたもので[39]、広島電鉄側もこれを快諾、各種打ち合わせを経て同年7月中旬から8月5日にかけて塗装作業が実施された[39]。エアブラシ画によるイラストは、平和の象徴であるを前後妻面に描き[41]、側面の編成全体に世界中の様々な人種・動物・広島市内の街並み・7色の虹などを描いたものであった[39][40][41]

3103編成は1992年平成4年)5月の定期検査に際して、外板補修のため塗装を剥離する必要性が生じた[42]。また、イラストそのものも経年による塗膜のひび割れなど傷みが生じており、維持が困難となりつつあったことから[42]、当初は外板補修後に車体塗装を3101・3102編成と同一の「ぐりーんらいなー」塗装へ変更することが予定された[43]。しかし、鉄道ファンや沿線利用者からイラストを残して欲しいとする声が多数寄せられ[44]、広島電鉄側もそれら要望や製作者であるブロッケルホフの意図を尊重する形で計画を変更[44]、前面や傷みの進行した屋根部など必要最低限の箇所の補修および再塗装に留め、側面のイラストの大部分は残された[44]。再塗装が実施された部分については「ぐりーんらいなー」塗装に変更されたが[44]、両先頭車の側面窓下には「ピースバーン号」のロゴが貼付され[44]、また側面幕板部には1994年(平成6年)に広島市内において開催されるアジア競技大会に関するメッセージロゴが新たに追加された[45]

その後、1995年(平成7年)8月の定期検査入場をもって「ピースバーン号」の運行は終了[46]、出場に際して3103編成は「ぐりーんらいなー」塗装へ変更された[47]

2012年(平成24年)10月現在[38]、全編成とも朝ラッシュ時間帯及び花火大会等イベント時など主に車両不足時に運用されている。広島駅に乗り入れることは殆どなく、市内線に乗り入れる際は平日朝ラッシュ時に宮島線内→広電西広島紙屋町西広電本社前の0号線で運用され、その折り返しの3号線広電西広島行きに充当される。また、2000形の運用離脱および3000形の市内線転用に伴って、3100形は直通運用および宮島線内運用に充当される唯一の吊り掛け駆動車となっている[38]

諸元・車歴編集

主要諸元編集

  • 2500形の主要諸元を示す[12][18]。3100形への改造後の主要諸元[37][48]は冒頭テンプレートを参照。
  2501 - 2504 2505 - 2510 2511 - 2514
編成 2車体3台車連接固定編成
編成定員 130人(座席56人) 130人(座席54人)
全長 18,320 mm 18,390 mm
全幅 2,440 mm 2,448 mm
全高 4,190 mm
車体材質 普通鋼(全金属製) 半鋼製
編成質量 23.0 t
軌間 1,435 mm(標準軌)
電気方式 直流600 V(架空電車線方式)
編成出力 160 kW
主電動機 直流直巻電動機
TDK546/2-C
直流直巻電動機
TDK546/2-G1C
主電動機出力 40 kW(一時間定格)
搭載数 4基 / 編成
歯車比 4.93 (69:14)
駆動装置 吊り掛け駆動
制御装置 電動カム軸式間接自動制御 ES-255B
台車 SIG NS-508A SIG NS-508C
SIG NS-508D
大阪市電形改
制動方式 発電制動併用直通ブレーキ SLED

車歴編集

 
3102
  竣功年月 製造メーカー 3100形化 改造年月 廃車 備考
2501 1961年7月 ナニワ工機 3101A 1985年12月  
2502 3101C 1985年12月  
2503 3102A 1986年7月  
2504 3102B 1986年7月  
2505 1962年7月 自社工場 3101B 1985年12月  
2506   1985年12月  
2507 1964年9月 3102C 1986年7月  
2508 3103C 1986年12月  
2509 1964年11月 3103A 1986年12月  
2510 3103B 1986年12月  
2511 1967年3月 大阪車輌工業   1985年12月 元大阪市電1617、新製名義で竣功
2512   元大阪市電1630、新製名義で竣功
2513   1984年12月 元大阪市電1636、新製名義で竣功
2514   元大阪市電1640、新製名義で竣功

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2000形は850形において問題とされた高速域からの制動力不足を解消するため停止用制動として発電制動を常用し、また主電動機を850形の50kW2基仕様から30kW4基仕様に増強、起動加速度3.5km/h/s・常用最大減速度4.0km/h/sの高い加減速性能と、850形の設計最高速度60km/hに対して同70km/hに向上した高速性能の両立を実現した[1]
  2. ^ 代替対象とされた1010形・1020形電車の一部は2両固定編成化が実施されており、同改造を施工された車両の1編成当たりの定員は120人と2000形の1.5倍の輸送力を有した[4]
  3. ^ その他、製造メーカーであるナニワ工機が当時他社からの受注を多く抱えていたことにより広島電鉄向けの新製受注を受け入れる余裕がなかったこと、また2000形2004以降を自社工場において新製した経験から製造技術に自信を得たことなどが理由とされる[7]
  4. ^ 大阪市電1601形は1965年(昭和40年)に広島電鉄へ計14両が譲渡され[8]、うち4両 (1617・1630・1636・1640) が2500形2511 - 2514として、残る10両が750形751 - 760としてそれぞれ導入された[8]
  5. ^ この構想は広電西広島駅のホーム改良工事完成に伴って1989年(平成元年)7月1日付で実施されたダイヤ改正において実現した[29]。午前9時以降に広電宮島駅(現・広電宮島口駅)を発車する宮島線の全列車を市内線への直通列車としたことにより、利便性が飛躍的に向上した[29]
  6. ^ 広島電鉄1300形は西日本鉄道(西鉄)福岡市内線に所属した1300形電車を譲り受けた車両で、西鉄在籍当時の原形式・原番号のまま1976年(昭和51年)1月より運用を開始した[33]。西鉄より譲り受けた1100形・1200形・1300形の2車体連接車各形式は、本来広島電鉄において3車体連接車へ改造の上で導入する計画で譲り受けたが[33]、2000形の2両固定編成化に従って生じた車両不足を早急に解消する目的から[33]、1300形1305・1306編成の2車体連接車2編成に対して必要最低限の改造を施工し、暫定的に導入したものであった[33]。もっとも、1305・1306編成は高速域の加速性能に難があった関係から実際の運用機会は少なく[33]、後に3車体連接車へ再改造され、他の西鉄より譲り受けた連接車各形式と同様に3000形へ編入・統合された[34]
  7. ^ a b c ただし、「私鉄車両めぐり(142) 広島電鉄」p.50など一部資料においては、3100形の種車となった2501 - 2510との旧番対照を以下の通りとした上で(本文中対照表と異なる部分を下線にて示す)、2502・2504・2509の3両に対して中間車化改造が施工されたとしている。
      車番 種車 竣功年月
    3100形 3101A-3101C-3101B 2501・2502・2505 1985年12月
    3102A-3102C-3102B 2503・25042507 1986年7月
    3103A-3103C-3103B 25082509・2510 1986年12月
  8. ^ 中間連接台車に主電動機を新設したことに伴って、搭載スペースを確保する目的で連接部の床面が50mmかさ上げされたため、連接部から隣接する客用扉にかけての床面は緩いスロープ状に処理されている[35]
  9. ^ 東ドイツライプツィヒの出身で、幼少時に西ドイツへ移住、同国内において電車・バスの車体にエアブラシ画を描くなどの活動を行う画家であった[39]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 「広島電鉄宮島線直通電車運転史 (前編)」(1994) p.67
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「広島電鉄宮島線直通電車運転史 (前編)」(1994) p.70
  3. ^ a b c d e f 「広島電鉄宮島線直通電車運転史 (後編)」(1994) p.99
  4. ^ 「広島鉄道宮島線」(1965) p.82
  5. ^ 「広島鉄道宮島線」(1965) p.80
  6. ^ a b 「広島鉄道市内線」(1962) p.70
  7. ^ a b c d e f 「広島鉄道宮島線」(1965) p.81
  8. ^ a b c d 「各地に散った元大阪市電譚」(2007) pp.118 - 120
  9. ^ a b c d e f g 「シリーズ 路面電車を訪ねて20 広島電鉄 Part2」(1989) p.109
  10. ^ a b c d e f g 『路面電車ガイドブック』 pp.242 - 243
  11. ^ a b c d e f 「ナニワ工機で製造された1960年代の路面電車たち」(2003) p.153
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『私鉄の車両3 広島電鉄』 pp.20 - 21
  13. ^ 『私鉄の車両3 広島電鉄』 pp.18 - 19
  14. ^ a b 『私鉄の車両3 広島電鉄』 pp.68 - 69
  15. ^ a b c 『路面電車ガイドブック』 pp.244 - 245
  16. ^ 『私鉄の車両3 広島電鉄』 p.113
  17. ^ a b c d e 『私鉄の車両3 広島電鉄』 pp.132 - 133
  18. ^ a b c d e f 「日本の路面電車車両諸元表」(1982) p.160
  19. ^ a b 『私鉄の車両3 広島電鉄』 pp.130 - 131
  20. ^ a b c d e f 『私鉄の車両3 広島電鉄』 pp.136 - 137
  21. ^ 台車近影 NS-504 / 広島電鉄2000形 - 鉄道ホビダス(ネコ・パブリッシング) 2013年2月10日閲覧
  22. ^ 台車近影 NS-508B / 広島電鉄2000形 - 鉄道ホビダス(ネコ・パブリッシング) 2013年2月10日閲覧
  23. ^ a b 『日本民営鉄道車両形式図集 下巻』 pp.670 - 671
  24. ^ 台車近影 KS46L(大阪市電型) / 広島電鉄750形 - 鉄道ホビダス(ネコ・パブリッシング) 2013年2月10日閲覧
  25. ^ a b 『大阪市電が走った街 今昔』 p.76
  26. ^ a b c d 「広島電鉄宮島線直通電車運転史 (前編)」(1994) pp.67 - 68
  27. ^ 『私鉄の車両3 広島電鉄』 p.160
  28. ^ a b 『宮島線の全便を市内直通化計画 広島電鉄』 - 中国新聞 1985年8月4日付朝刊 17面
  29. ^ a b 「広島電鉄宮島線直通電車運転史 (後編)」(1994) pp.100 - 101
  30. ^ a b c d 『新車年鑑 1986年版』 p.169
  31. ^ a b c d e f 『新車年鑑 1987年版』 p.213
  32. ^ a b 「私鉄車両めぐり(142) 広島電鉄」(1990) pp.49 - 50
  33. ^ a b c d e 「広島電鉄宮島線直通電車運転史 (後編)」(1994) p.97
  34. ^ a b 『私鉄の車両3 広島電鉄』 pp.154 - 155
  35. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 「ひろでんの近況」(1986) p.128
  36. ^ a b c d e 「私鉄車両めぐり(142) 広島電鉄」(1990) p.48
  37. ^ a b c 『ローカル私鉄車輌20年 路面電車・中私鉄編』 pp.158 - 159
  38. ^ a b c 『路面電車年鑑 2013』 pp.90 - 98
  39. ^ a b c d e 『平和を描いた電車が走る 西独画家の願い 広島電鉄「OK」 8・6には登場』 - 中国新聞 1988年7月12日付朝刊 18面
  40. ^ a b 「広島電鉄のカラフルな車両たち」(1990) p.6
  41. ^ a b 『「絵画電車」走る ハト舞い動物踊る 西独の画家製作』 - 中国新聞 1988年8月7日付朝刊 20面
  42. ^ a b 『ドイツ人が描いた絵画電車 保存か塗り替えか 5月の車体検査で検討』 - 中国新聞 1992年1月29日付朝刊 24面
  43. ^ 『「絵画電車」ラストラン 特殊塗装が老朽化』 - 中国新聞 1992年5月7日付夕刊 3面
  44. ^ a b c d e 『「走る絵画」残った 電車塗り替え 市民がノー』 - 中国新聞 1992年8月6日付朝刊 20面
  45. ^ 「広電『ピースバーン』 塗装変更」(1992) p.135
  46. ^ 『平和電車の作者のドイツ人画家 新たな創作また広島で』 - 朝日新聞広島版 1995年8月7日付朝刊 20面
  47. ^ 広電 電車 車両紹介 ‐ 連接車 - ひろでんアベニュー(広島電鉄公式Web) 2013年2月10日閲覧
  48. ^ 「シリーズ 路面電車を訪ねて20 広島電鉄 Part2」(1989) pp.104 - 105

参考文献編集

書籍
雑誌
  • 鉄道ピクトリアル』 鉄道図書刊行会
    • 窪田正実 「広島鉄道市内線」 私鉄車両めぐり第3分冊 1962年8月臨時増刊号(通巻135号) pp.66 - 71
    • 窪田正実 「広島鉄道宮島線」 私鉄車両めぐり第6分冊 1965年7月臨時増刊号(通巻173号) pp.76 - 82
    • 『新車年鑑 1986年版』 1986年5月臨時増刊号(通巻464号)
    • 『新車年鑑 1987年版』 1987年5月臨時増刊号(通巻480号)
    • 鉄道ピクトリアル編集部 編 「広島電鉄のカラフルな車両たち」 1990年11月号(通巻535号)pp.6 - 7
    • 日本路面電車同好会・中国支部 「私鉄車両めぐり(142) 広島電鉄」 1990年11月号(通巻535号)pp.30 - 35・42 - 51
    • 田辺栄司 「広島電鉄宮島線直通電車運転史 (前編)」 1994年9月号(通巻595号) pp.66 - 71
    • 田辺栄司 「広島電鉄宮島線直通電車運転史 (後編)」 1994年10月号(通巻596号) pp.36 - 37・97 - 103
    • 加藤幸弘 「ナニワ工機で製造された1960年代の路面電車たち」 車両研究 1960年代の鉄道車両 2003年12月臨時増刊号(号外) pp.142 - 169
    • 藤井信夫 「各地に散った元大阪市電譚」 アーカイブスセレクション12 路面電車の時代 2007年1月号別冊 pp.117 - 128
  • 『世界の鉄道』 朝日新聞社
    • 「日本の路面電車車両諸元表」 世界の鉄道'83 1982年12月 pp.156 - 165
  • 鉄道ファン交友社
    • 木村伸生 「ひろでんの近況」 1986年5月号(通巻301号) p.128
    • 松原淳 「シリーズ 路面電車を訪ねて20 広島電鉄 Part2」 1989年3月号(通巻335号) pp.101 - 110
    • 田中真一 「広電『ピースバーン』 塗装変更」 1992年11月号(通巻379号) p.135