メインメニューを開く

弘世 現(ひろせ げん、1904年5月21日 - 1996年1月10日)は、日本の実業家日本生命社長。同社の「中興の祖」と呼ばれた弘世助太郎娘婿。娘の準子はサントリー名誉会長・鳥井道夫の妻で、孫の夫はパナソニック副会長・松下正幸

人物・来歴編集

成瀬隆蔵の六男として、東京市麴町区(現・東京都千代田区[1]に生まれる。成瀬家は二条関白藤原良基の末裔で、尾張犬山城の城主だった成瀬隼人正を先祖とする門閥である。弘世現の兄である、成瀬隆蔵の長男の成瀬達が日本生命4代目社長、三男の成瀬雄吾まは第一火災海上社長を務めた。

弘世現は、初等科から高等科まで学習院に学び、1928年東京帝国大学経済学部卒業。卒業と同時に弘世家の婿養子となる。弘世家は嵯峨源氏の流れを汲むとされており、旧彦根藩の御用商人であった。

大学卒業後は、最初に三井物産に入社、16年間勤務した。1944年、日本生命の取締役として転身した。株式会社であった日本生命が相互会社として1947年に再出発するに当り、専務になり、その後 1948年、44歳の時、5代目社長に就任、1982年まで35年間にわたり社長を務めた。社長時代の1974年11月3日勲一等瑞宝章受章。生保業界の重鎮とも呼ばれ、1976年に、オハイオ州立大学内にある保険殿堂入りを果たした。また、浅利慶太石原慎太郎のスポンサーとなり、日生劇場を実現させた生みの親でもある。

1983年から1996年まで、松下幸之助の後任として伊勢神宮崇敬会第4代会長[2]。その他には、朝日放送[3]近畿日本鉄道高島屋などの取締役をそれぞれ務めた。

1996年1月10日、死去。享年91。

家族編集

  • 妻:芳子 - 弘世助太郎の三女
    • 源太郎 - 長男。日本生命元常務。44歳で死亡。小説『いのちの風』高杉良著のモデル。妻は松方正義の曾孫・信子。
    • 準子 - 鳥井道夫の妻
    • 正子(ただこ) - 久邇邦昭の妻
    • 久邇晃子 - 正子の子
    • 岡橋昌子(よしこ) - 松下正幸の妻
    • 晃嗣郎 - 三井史子(旧男爵松坂三井家令嬢)の夫

著書編集

脚注編集

外部リンク編集


先代:
成瀬達
日本生命保険社長
第5代:1948年 - 1982年
次代:
川瀬源太郎
先代:
松下幸之助
伊勢神宮崇敬会会長
第4代:1983年 - 1996年
次代:
細川護貞
  1. ^ 旧弘世助三郎邸(現・蘇州園)| 財界の名士が次々邸宅 神戸に「日本一の富豪村」| 神戸新聞NEXT
  2. ^ 神戸のレストラン・結婚式場、ザ・ガーデンプレイス蘇州園を運営するTS ...