久邇 邦昭(くに くにあき、1929年昭和4年)3月25日 - )は、日本旧皇族久邇宮第4代当主で、元実業家、元神職皇籍離脱前の名と身位は邦昭王(くにあきおう)。香淳皇后(昭和天皇后)の甥であり、第125代天皇・明仁上皇)の従兄にあたる。日本国憲法・現行皇室典範施行後も皇族であったが、GHQの指令により昭和22年(1947年)10月14日皇籍離脱した。北朝3代崇光天皇男系18世孫 (伏見宮邦家親王男系4世孫)。

邦昭王
久邇宮家
Prince Kuniaki of Kuni.jpg
1930年代撮影
続柄 朝融王第1王男子

身位 臣籍降下
敬称 殿下臣籍降下
His Imperial Highness
お印 [1]
出生 (1929-03-25) 1929年3月25日(93歳)
日本の旗 日本東京府東京市本郷区本富士町、東京帝国大学医学部付属病院
(現:東京都文京区本郷)
配偶者 弘世正子
子女 朝尊
邦晴
晃子
父親 久邇宮朝融王
母親 朝融王妃知子女王
役職 川崎汽船取締役
伊勢神宮大宮司
神社本庁統理
霞会館理事長
テンプレートを表示
称号:
Japan Kouzoku Flag 16ben.svg

略歴編集

1929年(昭和4年)3月25日午後3時35分、東京帝国大学医学部付属病院にて、久邇宮朝融王同妃知子女王の第1男子として誕生[2]。御七夜の3月31日に「邦昭」と命名された[3]1935年(昭和10年)4月、学習院初等科に入学、戦時中は海軍兵学校77期)へ進むが、途中で終戦となる。戦後は、連合国軍占領下において、1947年(昭和22年)10月14日に他の皇族と共に臣籍降下(皇籍離脱)した[4]1951年(昭和26年)3月、学習院大学政治経済学部卒業後、川崎汽船に勤務し、取締役を務めた。 同社退職後は伊勢神宮大宮司となり(1990年 - 2001年)、その後 神社本庁統理を務めた(2001年 - 2011年)、元霞会館理事長(1991年 - 2007年[5]。伊勢神宮の大宮司に就任するにあたり、雅楽を研究するため武蔵野音楽大学に入学、卒業した。

栄典編集

血縁編集

祖父は久邇宮邦彦王伏見宮博恭王であり、曽祖父には徳川慶喜伏見宮貞愛親王久邇宮朝彦親王島津忠義がいる。香淳皇后は叔母、第125代天皇・明仁上皇)は従弟、第126代天皇・徳仁今上天皇)は従甥にあたる。娘の久邇晃子は、かつて今上の妃候補の一人に挙げられたこともある。今上と晃子は再従兄弟にあたる。

系譜編集

!--*緑背景は男系の系譜を示し、赤背景は女性皇族を示す-->

邦昭王 父:
朝融王(久邇宮)
祖父:
邦彦王(久邇宮
曾祖父:
朝彦親王久邇宮)
曾祖母:
泉萬喜子
祖母:
俔子
曾祖父:
島津忠義
曾祖母:
山崎寿満子
母:
知子女王
祖父:
博恭王(伏見宮)
曾祖父:
貞愛親王(伏見宮)
曾祖母:
河野千代子
祖母:
徳川経子
曾祖父:
徳川慶喜
曾祖母:
新村信

このように両親が皇族であり、明仁上皇の従兄に当たるなど、現皇室とも血縁的に極めて近いことから、21世紀以降に表面化した、皇族男子(親王・王)の不足による皇位継承問題が指摘される中で、その存在が注目を集めている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【ボンボニエールの物語vol.48】続・皇族 お印の物語” (日本語). TSUGUMI JAPAN&CULTURE 日本美を守り伝える「紡ぐプロジェクト」公式サイト (2021年7月14日). 2022年12月13日閲覧。
  2. ^ 昭和4年宮内省告示第14号(『官報』第670号、昭和4年3月27日)(NDLJP:2957136/3
  3. ^ 昭和4年宮内省告示第17号(『官報』第675号、昭和4年4月2日)(NDLJP:2957141/4
  4. ^ 昭和22年宮内府告示第16号(『官報』第6226号、昭和22年10月14日)(NDLJP:2962747
  5. ^ https://www.gakushuin-ouyukai-branch.jp/shotouka/wp-content/uploads/2016/10/8f151a84c28229bbfd8f65c9c01c74bf.pdf
  6. ^ 『官報』第4438号・付録「辞令二」1941年10月23日。
  7. ^ 「FRIDAY」1989年1月26日増刊号p36-37
  8. ^ a b c 平成新修旧華族家系大成上, p. 37.
  9. ^ 伊勢神宮大宮司に久邇氏 神宮司庁、小松氏退任で交代” (日本語). 伊勢新聞 (2022年7月6日). 2022年7月8日閲覧。
  10. ^ https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/taii_tokurei/dai4/siryou5.pdf

著書編集

  • 『少年皇族の見た戦争―宮家に生まれ一市民として生きた我が生涯』 PHP研究所、2015年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会 『平成新修旧華族家系大成上』吉川弘文館、1996年。ISBN 978-4642036702 

関連項目編集


先代
東園基文
神社本庁統理
2001年 - 2011年
次代
北白川道久