メインメニューを開く

張 軌(ちょう き、255年 - 314年)は、五胡十六国時代前涼の創建者。は士彦。安定郡烏氏県(現在の甘粛省平涼市涇川県)の人。父は太官令の張温。母は隴西郡の辛氏。祖父は外黄県令の張烈前漢初期の張耳の17世孫に当たると伝わる[1]

武公 張軌
前涼
初代君主
王朝 前涼
在位期間 301年 - 314年
都城 姑臧
姓・諱 張軌
士彦
諡号 武公
廟号 太祖
生年 255年
没年 314年
張温
辛氏
陵墓 建陵

目次

生涯編集

若き日編集

張軌の家系は代々孝廉に推挙され、儒学を専攻していたことで著名であった。張軌は幼い頃から聡明で学問を好み、その才能と人望で世間の評判であった。また、上品であり威厳のある風貌をしていたという。同郡の皇甫謐とは非常に仲が良く、仕官する前は宣陽の女几山で共に隠居生活をしていた。

265年、恩蔭制度(任子)により叔父の五品官を継ぎ、洛陽へ入った。

ある時、中書監張華より招聘を受け、経書を交えて政事の利害を互いに論じ合った。張華は彼の見識を高く評価すると共に、言葉遣いや人となりも称え、二品官と比べても非常に優秀であると感じた。同時に、張華の様な人物がこれまで埋もれていた事から、安定郡の中正官(人材を見極めて適正に評価する官職)が正しく職務を果たしていないことを痛感したという。

その後、衛将軍楊珧に召し出されて属官となり、太子舎人に任じられた。やがて昇進して散騎常侍・征西軍司に任じられた。

河西に拠る編集

八王の乱により洛陽が乱れると、張軌は難を避ける為、密かに河西の地に拠ることを考えるようになった。その吉凶を見定める為に占いを行うと、六十四卦のうち泰卦と観卦を同時に得た。この結果に、張軌は蓍(占いに用いる細い棒)を放り出して大喜びし「これは覇者の吉兆である」と述べ、朝廷へ上表して涼州刺史の地位を求めた。公卿大臣もまた張軌の才能が有れば十分に遠方を治めることが出来ると評価し、彼の要請に賛同した。301年、要求が認められ、張軌は涼州刺史・護羌校尉に任じられた。

当時、涼州では鮮卑が反乱を起こしており、強盗・略奪行為が横行していた。張軌は着任すると瞬く間にこれを討伐し、1万人余りを討伐した。その威名は涼州に轟き、河西においては大いに教化が進められたという。

張軌は宋配陰充氾瑗陰澹らを左右の謀主とし、九郡貴族の子弟5百人を召した。また、学校設立を積極的に推し進め、崇文祭酒(文化事業を行う部門を監督する役職)を設置して別駕と同等の地位とした。春秋には郷射の礼(一般の者から才覚有る者を取り立てる行為)を行い、広く人材を抜擢した。秘書監繆世徴少府摯虞は天文を観測すると「天下は乱れきっており、避難するのはただ涼州の地のみである。張刺史(張軌)は徳行・度量共に非凡であり、まさに人の上に立つ人物ではないか」と述べ、張軌を称えた。

304年、洛陽で河間王司馬顒・成都王司馬穎が専横を極めるようになると、張軌は3千の兵を洛陽へ派遣して恵帝の護衛に当たらせた。

305年6月、隴西郡太守韓稚秦州刺史張輔と対立するようになると、子の韓朴に兵を与えて張輔を攻撃させ、殺害してしまった。少府司馬楊胤は張軌へ「今、韓稚は朝廷の命に背き、独断で張輔を殺しました。明公(張軌)は重兵を配備して守りを固めると共に、不法の徒を罰するべきです。これは『春秋』にも提唱されている大義です。春秋の諸侯が互いに殺し合い領土を奪い合うと、桓公はこれを止めることが出来ず、これを恥としたと言います」と進言した。張軌はこれに従い、中督護軍氾瑗に2万の兵を与えて討伐に当たらせた。同時に、使者を派遣して韓稚に1通の手紙を届け「今、朝廷の綱紀が乱れており、各地の諸侯は力を合わせてこれを支えるべきである。雍州からの報告によれば、汝は兵を起こして内紛を招いたとある。我には里人を監督統治する一方、反逆の徒を討伐する義務がある。そのために今、3万の将士を絶え間なく進ませているが、旧友である汝が殺された痛みは言葉にできるものではない。古来より戦というのは国を保つことが上策であり、汝がもし単身で軍門に来て謝罪するならば、共に世の難を平らげることが出来るだろう」と述べた。韓稚はその書を受け取ると降伏した[2]

同年、鮮卑の若羅抜能が反乱を起こすと、張軌は司馬宋配を派遣してこれを討伐させた。宋配は若羅抜能を斬り殺すと、10万戸余りを捕らえて帰還した。これにより張軌の威徳はさらに知れ渡ったという。

恵帝は使者を派遣して張軌を慰労し、安西将軍に任じて安楽郷侯に封じ、さらに食邑千戸を加えた。これを受け、張軌は治所である姑臧城を大規模に改修した。この城はもともと匈奴が築いたものであり、南北七里・東西三里に渡り、龍の形をしていたために、臥龍城とも称された。

張軌は関中を鎮守する南陽王司馬模のもとに主簿令狐亜を派遣し、礼物を贈った。司馬模はひどく喜び、帝から賜った剣を張軌へ贈ると「隴より以西においては、征伐の一切を汝に委ねよう。それはこの剣と同様である」と言った。

張越の乱編集

308年2月、張軌は中風を患い会話が不自由となり、息子の張茂が州事を代行するようになった。

晋昌郡張越は涼州の豪族であり、隴西内史を勤めていた。ある時、彼は張氏が涼州の覇者となるという予言を聞いたが、自らの才能を過信していたので、自分のことを言っているに違いないと考えた。やがて張越は梁州刺史に昇進したが、涼州を統べる志があった為、病だと称して河西に戻った。さらに、密かに張軌を引きずりおろして自らが取って代わろうと謀り、兄である酒泉郡太守張鎮、尚書侍郎曹祛と共に水面下で画策した。そして、秦州刺史賈龕を仲間に引き入れると、まずは張軌と賈龕の刺史の地位を交代させようとした。張軌の別駕である麹晁もまた権勢を手中に収めたかったので、張越の企みに協力した。彼らは長安を統治する南陽王司馬模のもとへ使者を派遣し、張軌が重病であることを訴え、秦州刺史賈龕を後任とするよう願い出た。さらに、密かに洛陽へ使者を送り、曹祛を西平郡太守に任じるよう請うた。これにより、互いに呼応して乱を為そうとした。

賈龕はこれを受けて任官の準備をしていたが、彼の兄は「張公(張軌)は当代きっての名士であり、威名は涼州で際立っている。おまえは何の徳があって代わりに受けるというのか」と諫めた。これにより賈龕は考えを改め、その地位を辞退した。

賈龕の辞退を受け、張鎮・曹祛は朝廷へ正式に新しい涼州刺史を派遣するよう上表した。またその返答が来る前に、張越は張鎮・曹祛・麹儒らを各郡へ派遣し、張軌を廃して軍司杜耽に州事を代行させる旨の檄文を送った。杜耽は朝廷へ上表し、張越を涼州刺史に任じるよう求めた。

これらの事が張軌の耳に入ると「我は八年に渡って涼州にあったが、地方を安定させることが出来ずにいる。中原は反乱軍共により乱され、秦隴の地も危急の時を迎えている。加えて我の病状は日に日に重くなっており、賢人に職務を譲って隠居することを真剣に考えていた。ただ、任務が重大であるために、すぐにその望みをかなえてやることが出来なかった。図らずもこのような事変が起きてしまい、我の心が明らかになっていないようだ。我は、涼州を離れる事を靴を脱ぐくらいにしか思っていない」と述べ、宜陽に隠遁しようと考えて馬車を準備させ、また朝廷へ使者を派遣して職を辞す旨を伝えようとした。だが、長史王融・参軍孟暢は張鎮の送ってきた文書を踏みにじると「晋室で変事が相次ぎ、人民は塗炭の苦しみを味わっており、みな明公が西方を安撫することを期待しております。張鎮兄弟は厚かましくも凶逆の限りを尽くしており、その罪を明らかにして誅滅するのが当然であります。彼らの野望を成就させてはなりません」と諫めると、張軌は黙り込んでしまった。王融らは戒厳令を敷くと、逆に張越らの討伐を呼びかける檄文を近隣の地に回した。

ちょうどその頃、張軌の長男張寔が洛陽から帰ってきた。王融と孟陽の勧めにより、張軌は張寔を中督護に任じ、張鎮討伐に当たらせることを決めた。同時に張鎮の外甥である太府主簿令狐亜を張鎮の下へ派遣し、張鎮を説得させた。令狐亜は「叔父上は時期と情勢を見定め、よく考えて行動を起こされるべきです。張公は涼州において徳望が高く、雲霞の如く兵馬を有し、烈火さながら燃え滾っております。にもかかわらず、叔父上は江漢の水を待って火を鎮めんと図り、洪水に飲まれております。越地の人が来るのを期待しているようですが、力不足ではないでしょうか。今、数万の大軍が城下に迫っておりますが、誠心誠意に州府に帰順するのであれば、一族の平安は永く続き、家族の幸福は保たれるでしょう」と諭した。張鎮は号泣して「奴らのせいで我は誤まったのだ」と述べ、その罪を功曹魯連に帰して斬首すると、張寔の下へ赴いて謝罪した。だが、張越・曹祛は未だに張軌に従わなかった。その為、張寔は軍を率いて南進すると、曹祛を攻撃してこれを敗走させた。

この頃、朝廷は以前に張鎮らから受けていた上表を認め、張軌を更迭して侍中袁瑜を後任の涼州刺史に任じた。これを聞いた治中楊澹は馬を駆けて長安へ至り、自分の耳を切り落とし皿の上に置いて、張軌が貶められていると司馬模へ訴えた。司馬模はこの要請を入れ受け、上表してこの人事を止めさせるよう朝廷へ求めた。同時期、武威郡太守張琠は子の張坦に駿馬を与えて洛陽へ向かわせ、張軌の更迭を思いとどまるよう請願させた。張坦は朝廷に赴くと、上表して「魏尚は辺境を安定させるも罪を得て、趙充国は忠を尽くすも貶められました。これらは全て前代の歴史においても嘲りの対象とされており、現在の教訓としなくてはなりません。順陽の吏民は太守の劉陶を懐かしく思っており、彼の為に墓を守る者が千人に達しております。張刺史が涼州を統治するようになると、あたかも慈母が赤子を育てるが如く振る舞ったために、涼州の百姓は彼を敬愛しております。それはあたかも乾季に穀物の苗が恵みの雨を迎えるが如しであります。朝廷が刺史が交代させるという噂が涼州に流れており、庶民は父母を失うかのように慌てふためいております。今、胡人華夏を乱している中で、地方を搔き乱すのは得策ではありません」と述べた。懐帝は司馬模の上表と張坦の請願を受け入れ、詔を下して張軌を慰労すると共に、曹祛の討伐を命じた。張坦はこの詔を持って洛陽から急いで引き返すと、張軌は大いに喜び、州内の死罪以下に大赦を下した。また、張寔に尹員・宋配を初め歩騎3万余りを与え、曹祛の討伐を命じた。さらに、従事田迥王豊には8百の騎兵を与え、姑臧の西南から石驢山に出て、長寧に進ませた。曹祛は麹晁を黄阪に派遣して張寔を迎え撃たせた。張寔は密かに小道より浩亹へ出て、破羌において曹祛と交戦すると、牙門将田囂を斬り殺し、さらに曹祛を討ち取った。曹祛の討死を聞いた張越は大いに恐れて逃走したので、涼州の騒動は鎮まった[3]

晋の忠臣編集

308年4月、趙・魏の地を荒らしまわっていた王弥が洛陽を攻撃すると、張軌は北宮純張纂馬魴陰濬らを救援として派遣した。北宮純らは涼州軍を率いて王弥を撃破し、さらに河東に進出してきた劉聡を破った。洛陽では「涼州大馬、横行天下。涼州鴟苕、寇賊消、鴟苕翩翩、怖殺人」という歌謡が作られ、彼らは救国の英雄として称えられた。

5月、懐帝は張軌の忠誠を称賛して西平郡公に進封する詔を下したが、張軌はこれを固辞した。当時、中国は全国各地で乱が発生しており、諸侯の多くは朝廷の命を軽んじるようになっていたが、張軌は使者を派遣して朝貢を行い、1年中絶やすことは無かった。朝廷はこれを称賛して、しばしば慰労した。

張軌は治中張閬を派遣し、五千の義兵、州内の秀才で孝廉な者、租税・武具・土地の名産品を洛陽へ送り届けた。

また、官吏に命じ、涼州成立以来の歴史を細かに調べさせ、高潔で純粋な者、富貴に拘らない者、世俗から離れて節操を保つ者、学問を広く修め経史を著述する者、死を恐れずに身を挺して国家君主に殉じた者、忠心から諫言を行い罪を得た者、交渉に応じ臨機応変に事を行い災禍を減らした者、武勇智略により乱を鎮めた者、暴君を陥れ賢者を称えた者等、全てを詳しく報告させた。また、父老の慶賀を行った。

光禄卿傅祗・太常摯虞は張軌に書を送り、洛陽の物資・食糧の不足を訴えた。張軌は即座に参軍杜勲を派遣し、朝廷に馬5百匹・布3万匹を献上した。

310年11月、懐帝は使者を派遣して張軌を鎮西将軍・都督隴右諸軍事に任じ、覇城侯に封じた。さらに、車騎将軍に任じ、開府儀同三司の特権を与えた。だが、その文書が張軌に届く前に、漢(前趙)の軍勢が洛陽に迫ったとの報があった。張軌は北宮純・張斐郭敷らに精鋭5千を与えて洛陽へ派遣したが、晋朝にはもはや抗う力はなく、漢軍の攻勢の前に洛陽はあえなく陥落し、懐帝を始め皇室・官吏も捕虜となってしまった。北宮純はかろうじて長安に逃れたが、張斐らは捕らえられて殺害された。洛陽の陥落により、河南から涼州へ避難する者が相次ぐようになり、張軌は武威郡を分割して武興郡を置き、さらに西平郡を分けて晋興郡を置き、避難民を居住させた。

312年3月、太府主簿馬魴は張軌へ「四海が動揺しており、天子も賊に降りました。明公が涼州の兵で平陽(漢の本拠地)を突くならば、周囲の者は全て靡き、戦わずして勝利するでしょう。明公は一体何を心配して、この行動を起こされないのですか」と述べた。張軌は「これこそ我が想う所である」と述べ、同意した。

張軌は洛陽崩壊後も西晋への尊崇を続けており、州内の力をすべて傾け、漢の首都平陽の攻略を目論んだ。

しばらくして、秦王司馬鄴関中に入ると、張軌は一帯へ檄を飛ばし「主上は危機に瀕し、賊軍は各地を荒らし、普遍であるはずの天は分裂し、国は沈み込んでいる。秦王は天賦の資質があり、聡明であり仁徳に溢れている。また、すぐれた機略と武断をもって天命に応じている。世祖(司馬炎)の孫の中でも、秦王は一番の年長であるから、全ての晋人は占卜により時期を見定め、誠心誠意力を尽くして明道も険道も心を同じくするのだ。まずは吉日を選んで秦王に位を継がせるべきである。今、前鋒督護の宋配に歩騎2万を与えて長安に向かわせている。天子を護衛し、左右の賊を撃退するためである。西中郎将の張寔には中軍3万を、武威郡太守張琠には胡人の騎兵2万をもってこれに続かせ、秋には臨晋において合流するであろう」と述べた。しかし、結局実行には移されなかった。

9月、秦州刺史裴苞は東羌校尉と共に険阻な地に拠ると、朝廷との往来を断絶していた。その為、張軌は宋配に裴苞討伐を命じた。西平出身の王淑と曹祛の残党である麹儒らは、元福禄県令麹恪を脅して盟主に推戴し、西平郡太守趙彝を捕らえると、東方にいる裴苞らと呼応した。張軌は張寔にその討伐を命じ、張寔は麹儒らを撃破して誅殺した。また、左督護陰預は陝西において裴苞と戦うと、これを大破して柔凶塢まで敗走させた。

313年、秦王司馬鄴が皇太子に立てられると、使者を涼州へ派遣して張軌へ拝した。そして、以前授けた官位(車騎将軍・開府儀同三司)を受けるよう改めて命じたが、張軌は固辞した。左司馬竇濤は張軌へ「周公旦は曲阜に封じられると辞退せず、呂尚は営丘に封じられると命を受けました。これは国家の明確な法によって、殊勲者を顕彰したからです。天下が崩壊して天子が流亡し、涼州は辺境とは言えども明公は朝廷への忠誠を忘れませんでした。そのため、朝廷は誠実に応対し、再三に渡りこの報賞を行うのです。明公は朝廷の意思に従い、皆の心を満たされますように」と述べたが、張軌は従わなかった。

同年、懐帝が殺害されると、司馬鄴がその位を継いだ。愍帝(司馬鄴)は張軌の位を司空に進めたが、張軌はまたも固辞した。

太府参軍索輔は張軌へ「古代、金貝の皮幣を通貨とし、糧食や織物を交換品として消耗することはなくなりました。両漢の時代には五銖銭が造られましたが、あまり流通しませんでした。泰始年間(265年 - 274年)になると河西は荒廃し、銭の使用はさらに滞り、布を切り分けて銭の代わりとしました。絹布は破られ、交易が始まるもまた困難となり、絹布を使って衣服を作ることすらできなくなりました。女工の作業は虚しく廃れ、本当にひどい弊害となりました。河南では今、戦乱が止む気配が有りませんが、涼州は安定しております。状況に応じて五銖銭を復活させ、商売を流通させますように」と進言した。張軌はこの提案に同意し、絹布を基準として銭と交易する制度を定めた。銭は大いに流通し、涼州の民はその恩恵を被った。

この時期、漢の劉曜が北地を侵略して長安に迫ったので、張軌は参軍麹陶に騎馬3千を与え、長安の防衛に当たらせた。

最期編集

314年2月、愍帝は大鴻臚辛攀を張軌の下へ派遣し、拝礼した。張軌は侍中・太尉・涼州牧に任じられ、西平郡公に封じられたが、侍中・太尉・涼州牧については固辞した。また、既に老齢に差し掛かっていたために、息子の張寔を副刺史に任命した。

5月、張軌は病のために、病床へ伏すようになると「我は他者への恩徳が少なく、今や病により危篤となっており、恐らく命数は尽きるであろう。我の死後、文武の将佐は皆忠義を尽くして民百姓を安んじ、上は国に報いて下は家を安んじることを旨とせよ。我の死後、葬儀は普通の棺を用いて質素に行い、墓に金玉は入れないように。また、良く安遜(張寔)を助けて朝廷の意思に従うように」と遺言し、正徳殿において亡くなった。享年60であった。前涼の創建者とされる張軌だが、生涯晋朝には忠義を尽くし、王号を用いることはなかった。

遺体は建陵に葬られ、武公と諡された。また、朝廷より侍中・太尉を追贈され、武穆公とされた[4]。子の張寔が後を継いだ。後に張祚が僭称すると、張軌を追諡して武王に封じ、廟号を太祖とした。

逸話編集

  • 後漢末期、金城郡の陽成遠が太守を殺して反乱を起こすと、郡の人である馮忠は太守の死体を前にして大声で泣き、血を吐いて死んだ。張掖郡呉詠は護羌校尉馬賢から招集を受けて佐吏となり、次いで太尉龐参の属官となった。後に馬賢と龐参が対立するようになると、互いに罪状を捏造して陥れ、死刑にすべきだと言い合った。二人は呉詠を呼び寄せて証言を求めたが、呉詠は双方の理に適うことが出来ないのはわかっていたので、憂悶の末に自害してしまった。馬賢・龐参は甚だこれを後悔し、相互に和解した。張軌がこれらの話を聞くと、馮忠・呉詠の墓参りに赴き、彼らの子孫を優遇したという。
  • 同じく後漢末期、敦煌郡の博士侯瑾は弟子へ「そのうち、城西の泉は枯渇し、間もなく泉底の上に二つの楼台が立つであろう。そこから城の東門を互いに見ると、きっと覇者が出現するであろう」と予言した。嘉平年間(249年 - 254年)に至ると、郡の長官は学舎を建てると共に、泉底の上に城の東門を見渡せる二つの楼台を築いた。後に張軌が涼州に着任した時、東門より到来し、河西の覇者に昇ったという。

家族編集

祖父編集

編集

編集

  • 辛氏 - 隴西郡出身

編集

  • 張粛 - 建威将軍・西海郡太守

編集

  • 張寔 - 第2代君主
  • 張茂 - 第3代君主(張寔の同母弟)

脚注編集

  1. ^ 晋書』張軌伝では「常山王(張耳)の子孫である」と記述されているが、『史記』や『漢書』では、「常山王」は項羽から与えられた地位であり、後に仕えた高祖劉邦から与えられたのは「趙王」と記述されているため、張軌自身が張耳の子孫かどうかについては議論の余地がある。
  2. ^ 『晋書』では307年の出来事と記載されている。
  3. ^ 『晋書』と『資治通鑑』・『十六国春秋』では、出来事の順序に相違がある。
  4. ^ 『晋書』では武公と記載されている。

参考文献編集