徳永 友一(とくなが ゆういち、1976年)は、日本脚本家

徳永 友一
プロフィール
本名 徳永 友一
別名 西平 晃太
誕生日 1976年
主な作品
テレビドラマ
映画翔んで埼玉』『ライアー×ライアー
受賞
日本アカデミー賞
最優秀脚本賞
2019年翔んで埼玉[1]
テンプレートを表示

略歴編集

2001年獨協大学法学部法律学科卒業後、総合人材サービス会社インテリジェンス(現・パーソルキャリア)に7年間勤務し、ナレッジマネジメントに従事。2002年、オリジナル作品「同棲倶楽部」が第14回フジテレビヤングシナリオ大賞最終選考対象作品に選出され、2005年フジテレビのテレビドラマ『電車男』第6話の脚本で地上波デビューを果たす。現在は映画や漫画にも活動の幅を広げている。2017年よりオリガミクスパートナーを離れフリーとなっている。

脚本作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

その他編集

原作作品編集

受賞歴編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「翔んで埼玉」日本アカデミー賞で最多受賞、「閉鎖病棟」「キングダム」が続く”. 映画ナタリー (2020年1月15日). 2020年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月8日閲覧。

外部リンク編集