徳澤 直子(とくざわ なおこ、1984年10月16日 - )は、日本ファッションモデル神奈川県川崎市出身。エスプロを経てイリューム所属。

とくざわ なおこ
徳澤 直子
プロフィール
生年月日 1984年10月16日
現年齢 39歳
出身地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
血液型 O型
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 168 cm / kg
スリーサイズ 82 - 58 - 87 cm
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2001年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般
他の活動 女優タレント
事務所 イリューム
その他の記録
ミス・セブンティーン2001
モデル: テンプレート - カテゴリ

略歴 編集

2001年、女子中高生向けファッション雑誌『セブンティーン』のオーディションで、ミスセブンティーンに選ばれモデルデビュー[1]。2004年から『CanCam』に登場。後に同誌の専属モデルとなった[1]

プロ野球選手である夫がアメリカの球団へ移籍することに伴い、2011年1月22日発売の『CanCam』3月号をもって同誌の専属モデルを卒業した[1]

離婚協議中の2012年にモデルの仕事を再開した[2]

2013年4月、ブログで看護大学へ入学したことを発表[3]

2017年3月30日、自身のブログを通じて看護師国家試験に合格したことを報告した。今後は大学院に進学し、助産学を専攻するという[4]

2020年3月、聖路加国際大学大学院修了[5]

結婚歴 編集

2010年7月27日、プロ野球選手の西岡剛と結婚[6]。同年11月に都内で結婚式を挙げた[7]。アメリカの球団に移籍した西岡は2011年2月に渡米[8]。妊娠中の徳澤は安定期に入った同年4月に渡米し[9]、同年8月8日にミネソタ州ミネアポリスにて第1子女児を出産した[10]

2012年2月に別居と離婚協議中であることが明らかになった[11]。3年の協議を経て2014年12月7日に離婚を発表。長女の親権は徳澤が持つ[12]

2016年3月9日、1歳上の一般男性と再婚[13]。2017年8月に第2子を出産した[14]

人物 編集

  • 5歳上の姉がいる[15]
  • 幼少時代は、あまり派手なことを好まず、どちらかというと引っ込み思案な少女だったとのこと[16][要ページ番号]。そんな自分を変えたいと、セブンティーンモデルのオーディションに友人の推薦によりエントリーしたことが、芸能界入りのきっかけとなった[17]

出演 編集

雑誌 編集

テレビ番組 編集

テレビドラマ 編集

テレビアニメ 編集

映画 編集

CM 編集

カタログ・広告 編集

  • ジョイフル恵利 - ウエディングドレスカタログの表紙&イメージモデル
  • IMAGE - カタログの表紙&イメージモデル
  • CALAJA - 広告イメージモデル
  • 三菱鉛筆「uniEZ10」 - 製品広告モデル
  • RyuRyu - カタログの表紙&イメージモデル
  • 東芝Dynabook」 - カタログ内のイメージモデル。(2009年)

作品 編集

写真集 編集

  • モデル徳澤直子のモテル道。(キャンキャンオッジムック)(2010年2月22日、小学館、編集:CanCam編集部)ISBN 978-4091036216

脚注 編集

  1. ^ a b c “夫の渡米に合わせ… 徳澤直子が『CanCam』を卒業”. ORICON NEWS (オリコン). (2010年12月22日). https://www.oricon.co.jp/news/83246/full/ 2023年3月22日閲覧。 
  2. ^ “徳沢直子モデル復帰、離婚は語らず”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年4月22日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20120422-938031.html 2015年10月30日閲覧。 
  3. ^ “モデル徳澤直子、「なんで今更?」大学生になった理由明かす”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年5月6日). https://mdpr.jp/news/detail/1241866 2015年10月30日閲覧。 
  4. ^ “徳澤直子 看護師国家試験に合格 大学院に進学し助産学を専攻するため”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2017年3月31日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/31/0010052636.shtml 2017年4月3日閲覧。 
  5. ^ 35歳の徳澤直子が聖路加大学院卒業 ママたちから祝福の声(東京スポーツ、2020年3月24日)
  6. ^ “千葉ロッテ・西岡剛&徳澤直子、揃って「27日入籍」をブログで報告”. ORICON NEWS (オリコン). (2010年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/78454/full/ 2023年3月22日閲覧。 
  7. ^ 初白無垢と渡米?”. 徳澤直子オフィシャルブログ「My Little Notebook」. Ameba (2010年12月6日). 2023年3月22日閲覧。
  8. ^ “ツインズ西岡が渡米「走攻守すべてで期待に応えたい」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2011年2月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/02/02/kiji/K20110202000171070.html 2023年8月13日閲覧。 
  9. ^ “徳澤直子、妊娠6カ月で渡米「向こうで出産」”. SANSPO.COM. (2011年4月5日). オリジナルの2011年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110814115654/http://www.sanspo.com/geino/news/110405/gnj1104050506013-n1.htm 2023年8月13日閲覧。 
  10. ^ “西岡に女児 夫人に付き添った後球場入り”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2011年8月9日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20110809-817755.html 2023年3月22日閲覧。 
  11. ^ “西岡が離婚協議 直子夫人と別居状態認める”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年2月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/02/02/kiji/K20120202002551930.html 2023年3月22日閲覧。 
  12. ^ “徳澤直子と虎・西岡、3年協議の末離婚”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年12月7日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/07/0007564622.shtml 2023年3月22日閲覧。 
  13. ^ “徳澤直子:一般男性と再婚 「大学入学が縁で……」”. MANTANWEB (MANTAN). (2016年3月10日). https://mantan-web.jp/article/20160310dog00m200022000c.html 2023年3月22日閲覧。 
  14. ^ “モデルの徳澤直子が第2子出産を報告「ほんとに、たまらんです」”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年8月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2095711/full/ 2023年3月22日閲覧。 
  15. ^ 徳澤直子『モデル徳澤直子のモテル道。』(初版)小学館(原著2010年2月22日)、88頁。 
  16. ^ 『CanCam』の連載「スマイルデイリー」
  17. ^ 「MESSAGE FOR YOU」03:徳澤直子さん”. FAnet. 小学館 (2005年2月22日). 2015年10月30日閲覧。

外部リンク 編集