志賀 潔(しが きよし、1871年2月7日明治3年12月18日) - 1957年昭和32年)1月25日)は、日本の医学者・細菌学者である。

志賀 潔
Kiyoshi Shiga.jpg
生誕1871年2月7日
日本の旗 日本 陸前国宮城郡仙台(現仙台市
死没 (1957-01-25) 1957年1月25日(85歳没)
日本の旗 日本 宮城県亘理郡山元町
教育帝国大学医科大学卒業
著名な実績赤痢菌の発見
医学関連経歴
職業 医学
所属 伝染病研究所(東京)、伝染治療研究所(ドイツ)、北里研究所慶應義塾大学など
専門 細菌学
研究 生化学免疫学
受賞 文化勲章正三位勲一等

赤痢菌の発見者として知られ、朝鮮総督府医院長、京城医学専門学校校長、京城帝国大学総長などを歴任した。

人物編集

赤痢菌の発見とともに化学療法を研究し、明治時代の日本の近代化の中で世界に通用する科学研究の成果を成し遂げた先駆者と評される。赤痢菌の学名(属名)は志賀に因む Shigella であるが、これは主要な病原細菌の学名に日本人の名前が冠されている殆ど唯一の例となった[1]。私生活では清貧を貫き、数々の名誉を得ながらも晩年は質素な暮らしに徹した[2]

生い立ち編集

1871年(明治3年)、仙台藩領・陸前国宮城郡仙台(現在の仙台市)に、仙台藩士の子として生まれた。姓は佐藤、幼名は直吉。1878年(明治11年)、 母親の実家である志賀家の養子となり、名も潔と改めた。志賀家は、仙台藩の藩医を務める家柄であった。

学歴は、育才小学校(現在の仙台市立片平丁小学校)、 宮城中学(現在の宮城県仙台第一高等学校)、第一高等中学校を経て、1892年(明治25年)に帝国大学医科大学(現:東京大学医学部)に入学した。

医学研究編集

朝鮮勤務編集

 
朝鮮総督府医院

1920年(大正9年)、慶應義塾大学医学部教授に就任したが、同年秋には朝鮮総督府医院長・京城医学専門学校長に転じた。1924年(大正13年)に国際赤痢血清委員会に出席のためヨーロッパに渡航した際に、アルベール・カルメット(Albert Calmette)からBCGワクチンの株(Tokyo 172)を直接分与されて日本に持ち帰った[4]1926年(大正15年)、新たに創立された京城帝国大学(現在のソウル大学校)の医学部長に就任、さらに1929年(昭和4年)には同大学総長となった。

大学総長就任後の1930年、開学記念講演の「らいの歴史とらい病の研究」が、らい学会、医学部の一部の教授たちから非難されたことが、任期を満たさずに辞任したことのきっかけとなった[5]。この講演で、志賀は「らい患者には去勢を施せ、而して夫婦生活を許せ」「らい者救済の第一は去勢であって、らいの撲滅には最効果あり」という「平素の持論」を力説した[6]。藤野豊は去勢と断種の取り違えが原因だろうとしている[7]

晩年編集

 
1953年

1931年(昭和6年)、内地に戻り、北里研究所顧問となった。

1945年(昭和20年)の東京大空襲で被災、家財を失い、仙台に疎開した。終戦後の1949年(昭和24年)からは、宮城県亘理郡坂元村磯浜の別荘(貴洋翠荘)に居住した。1957年(昭和32年)、同地で老衰により死去。仙台市により市葬が行われた。志賀の墓所は、同市青葉区北山の輪王寺にある。

親族編集

  • 実父・佐藤信 - 仙台藩[8]伊達藩の下級藩士で副奉行つきの書記を務めていた[9]
  • 養父・志賀翼[8] - 母の実家である志賀家は代々続く岩手県花巻の医家で、先々代は藩医を務めた[9]
  • 妻・イチ(市子、1881-1944) - 山口県士族・井街清顯の四女[8]。1900年に結婚し、四男四女をもうける[10]
  • 長男・直(1901-1944) - 台北帝国大学医学部生化学教授、東京帝国大学医学部教授[11][12]。台湾より帰航中、長崎港外で遭難死亡[9]。妻の孝江は大阪医科大学教授・小沢修造の長女[13][12]。息子の志賀逸夫の妻・賢子は、孝江の弟・小沢将邦(東京銀行副頭取)の妻・寿美子(大野良蔵長女)の連れ子で、賢子の実父が菊亭公長の長男であったことから、逸夫・賢子の娘・直子は公長の妻・章子(中山公憲庶子)の養子となった。
  • 長女・博子(1905年生) - 宮城県出身の弁護士岡得太郞[13]。長男の岳父に斎藤斉、次男の岳父に山下汽船社長・横田愛三郎、次女の舅に梶塚隆二、三女の舅に亀井茲建
  • 次男・亮(1907年生) - 医学博士、北海道帝国大学教授[12]。妻の徳子は画家平福百穂の二女[13]
  • 次女・知子(1909年生) - 実践女学校出身。理学士・加納荘介(東大理学部化学科卒)の妻[13]
  • 三女・治子(1912年生) - 医師・詫摩武元(詫摩武人の弟)の妻[13]
  • 三男・章(1915-1945) - 医学士。戦病により早世[13]
  • 四男・信男(1917年生)  
  • 四女・祥子(1919年生) - 法学士横川敏雄の妻[13]。横川は宇都宮地方裁判所所長、札幌高等裁判所長官などを務めた。

会員資格、受賞など編集

 
志賀潔 胸像(仙台市の勾当台公園

1948年(昭和23年)より、日本学士院会員。また、イギリス王立熱帯病学会名誉会員、パスツール研究所賛助会員、ドイツ学士院自然科学会特別会員であり、ハーバード大学からは名誉博士号を授与されている。

1936年(昭和11年)には錦鶏間祗候に任ぜられた。1944年(昭和19年)には文化勲章を授与されるとともに仙台市名誉市民となった。没後正三位勲一等瑞宝章を追増された。

栄典編集

著書編集

  • 『或る細菌学者の回想』雪華社 (1966)

脚注編集

  1. ^ 竹田美文 『感染症半世紀』 (2008年、株式会社アイカム)
  2. ^ 家の障子を新聞紙で張り、壊れたつるを紙で修繕した眼鏡を掛けた肖像が土門拳の写真集『風貌』に残されている
  3. ^ 北里柴三郎の門下生”. 北里柴三郎記念室. 2019年5月19日閲覧。
  4. ^ 渡辺義政『カルメット氏B C G「ワクシン」ヲ以テセル結核免疫試驗(第一囘報告)』「結核」誌7:496頁-497頁、1929年
  5. ^ 石田純郎『志賀潔と京城帝国大学 - 朝鮮で医学教育に尽くした人々(下)』 日本医事新報4385号、2008年5月10日 p.85 - 88
  6. ^ 『朝鮮社会事業』9巻3月号より「らいの歴史」、1931年3月
  7. ^ 藤野豊『いのちの近代史』 かもがわ出版、2001年
  8. ^ a b c 志賀潔『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  9. ^ a b c 遣稿「回想録」から 志賀亮 シガマコト理科好き子供の広場
  10. ^ 『増補北里柴三郎とその一門』長木大三 慶應義塾大学出版会, 1992, p110
  11. ^ 『志賀潔』高橋功、法政大學出版局, 1957, p84
  12. ^ a b c 志賀潔
  13. ^ a b c d e f g 『志賀潔』高橋功、法政大學出版局, 1957, p171
  14. ^ 『官報』第8257号、「叙任及辞令」1910年12月28日。

関連項目編集

公職
先代:
芳賀栄次郎
医院長
  朝鮮総督府医院長事務取扱
1928年
医院長
1920年 - 1928年
次代:
早野竜三
京城帝国大学医学部附属医院長
先代:
芳賀栄次郎
  朝鮮総督府京城医学専門学校長
1920年 - 1927年
次代:
佐藤剛蔵
校長事務取扱
学職
先代:
(新設)
  京城帝国大学医学部長
1926年 - 1929年
次代:
高楠栄