メインメニューを開く

忠臣蔵』(ちゅうしんぐら)は、1932年(昭和7年)12月1日公開の日本映画である。松竹製作・配給。監督・脚本は衣笠貞之助モノクロスタンダード、139分。

忠臣蔵
監督 衣笠貞之助
脚本 衣笠貞之助
原作 衣笠貞之助
出演者 阪東寿三郎
林長二郎
市川右太衛門
田中絹代
岡田嘉子
撮影 杉山公平
製作会社 松竹下加茂撮影所
配給 松竹キネマ
公開 日本の旗 1932年12月1日
上映時間 139分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 8万円
テンプレートを表示

忠臣蔵映画の中では初のトーキー映画で、松竹オールキャスト・製作日数80日・総製作費は(当時の金額の)8万円で製作された[1][2]。前篇の「赤穂京の巻」、後篇の「江戸の巻」の2部構成で、公開時は3時間半ほど(全20巻[2])の作品だったが、現存するのは東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵の139分尺のポジフィルムのみである。第9回キネマ旬報ベスト・テン第3位。

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ スターと監督 長谷川一夫と衣笠貞之助「忠臣蔵」東京国立近代美術館フィルムセンター、2015年3月6日閲覧
  2. ^ a b 鈴木晰也『人生仕方ばなし 衣笠貞之助とその時代』、ワイズ出版、2001年

外部リンク編集