愛していると言ってくれ

日本のテレビドラマ番組

愛していると言ってくれ』(あいしているといってくれ)は、1995年7月7日から9月22日まで毎週金曜日22:00 - 22:54に、TBS系の「金曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は豊川悦司常盤貴子

愛していると言ってくれ
ジャンル テレビドラマ
脚本 北川悦吏子
演出 生野慈朗
土井裕泰
福澤克雄
出演者 豊川悦司
常盤貴子
オープニング DREAMS COME TRUE
LOVE LOVE LOVE
プロデューサー 貴島誠一郎
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1995年7月7日 - 9月22日
放送時間 金曜22:00 - 22:54
放送枠 金曜ドラマ (TBS)
放送分 54分
回数 12
テンプレートを表示

概要編集

聴覚障害者画家女優の卵が、障害を乗り越えながら愛を深めるというストーリー。主演は豊川悦司常盤貴子。第33回ギャラクシー賞テレビ部門大賞を受賞し、常盤は1995年度のエランドール賞新人大賞を受賞した。当時16歳だった矢田亜希子のデビュー作である。 ドラマ上で画家役の豊川悦司が描いた植物や人物の作品は、洋画家菅沼光児の作品である。

平均視聴率は21.3%、最終話で最高視聴率28.1%を記録。主題歌の「LOVE LOVE LOVE」(DREAMS COME TRUE)は売上が約250万枚の大ヒットとなりこの年のオリコン年間第1位となる。

2020年5月31日より6月21日までの毎週日曜日14:00 - 17:00に、「2020特別版」として再放送された。特別版では、主演の豊川と常盤のリモート対談も放送され[1]、撮影当時の心情や役作りの意気込み、裏話などを語った[2][3]MBSでは、6月7日より7月12日まで同じく毎週日曜日12:54 ‐ 15:00まで、2話連続の再放送を開始した。

登場人物編集

主要人物編集

榊 晃次(さかき こうじ)
演 - 豊川悦司
新進青年画家。7歳の時に病気により聴覚を失う。そのため手話筆談を用いて会話をする。
水野 紘子(みずの ひろこ)
演 - 常盤貴子
女優の卵。アルバイトをしながら劇団で演技の勉強をしている。晃次とあるきっかけで出会い、恋に落ちる。
矢部 健一(やべ けんいち)
演 - 岡田浩暉(当時To Be Continued
紘子の劇団の照明スタッフで幼馴染。紘子に想いを寄せる。

晃次の所属する画廊編集

神崎 薫(かんざき かおる)
演 - 余貴美子(第1話 - 第4話、第6話 - 第9話)
晃次が所属する画廊のマネージャー。晃次とはビジネスだけではない関係も結んでいるが特定の恋人関係ではない。
藪下 清(やぶした きよし)
演 - 相島一之(第2話 - 第4話、第6話、第9話)
晃次と同じ画廊に所属する画家でライバル。晃次の才能に激しく嫉妬しておりネチネチと嫌味や小言を言ってくる。

晃次の家族編集

榊 栞(さかき しおり)
演 - 矢田亜希子(第1話 - 第7話、最終話)
晃次の義妹。高校生。晃次を慕っている。手話に長けており、晃次が手話の出来ない者と会話をする際に手話通訳をすることがある。
榊 伸吉(さかき のぶよし)
演 - 橋爪功(第2話、第7話)
晃次の父。栞の継父。手話が苦手であり、晃次との会話は栞に通訳を頼むか筆談で行っている。
榊 敏子(さかき としこ)
演 - 赤座美代子(第5話)
伸吉の後妻。栞の実母であり、晃次の継母。
吉沢 道子(よしざわ みちこ)
演 - 吉行和子(第2話、第6話、第7話)
伸吉の元妻。晃次の実母。聴覚を失った幼い息子を育てる自信を失い、捨てるかのように家を出てしまった。

その他編集

吉田 マキ(よしだ まき)
演 - 鈴木蘭々(第1話 - 第4話、第11話)
紘子のアルバイト先(公園の売店)の同僚で友人。妊娠が判明して売店を辞めることになる。
野田 耕平(のだ こうへい)
演 - 塩見三省(第1話、第3話、第6話)
紘子が所属する劇団の劇作家。
日野 克彦(ひの かつひこ)
演 - 春田純一(第4話、第6話、第8話)
晃次が学生時代から通っていたカフェのマスター。
小柴 力(こしば りき)
演 - 甲本雅裕(第5話、第6話)
紘子のアルバイト先(宅配便)の先輩。
古谷 昭夫
演 - 後藤友輔(当時To Be Continued)(第8話、第9話)
晃次の学生時代の同級生。
松原 浩(まつばら ひろし)
演 - 生瀬勝久(第8話、第9話)
晃次の学生時代の同級生。ギャラリーマネージャー。
島田 光(しまだ ひかる)
演 - 麻生祐未(第8話 - 第10話)
晃次の元恋人。別の男性と見合いして結婚し一児を儲けたが、離婚して東京へ戻ってきた。女手一つで育てるため、夜の仕事をしている。
島田 学(しまだ まなぶ)
演 - 三觜要介(第8話 - 第10話)
光の息子。

スタッフ編集

受賞歴編集

  • 第6回ザテレビジョンドラマアカデミー賞
    • 最優秀作品賞
    • 主演男優賞(豊川悦司)
    • 主演女優賞(常盤貴子)
    • 主題歌賞(DREAMS COME TRUE)
    • 新人俳優賞(矢田亜希子)
    • ベストドレッサー賞(豊川悦司)
    • 脚本賞(北川悦吏子)
    • タイトルバック賞(生野慈朗)

放送日程編集

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
Vol.1 1995年7月07日 出逢い 生野慈朗 17.5%
Vol.2 1995年7月14日 約束 16.4%
Vol.3 1995年7月21日 土井裕泰 17.2%
Vol.4 1995年7月28日 キッス 21.5%
Vol.5 1995年8月04日 会えない 生野慈朗 20.2%
Vol.6 1995年8月11日 過去 土井裕泰 20.4%
Vol.7 1995年8月18日 再会 生野慈朗 20.6%
Vol.8 1995年8月25日 秘密 24.9%
Vol.9 1995年9月01日 疑惑 福澤克雄 21.1%
Vol.10 1995年9月08日 悲劇 土井裕泰 23.9%
Vol.11 1995年9月15日 別離 24.2%
Vol.12 1995年9月22日 僕の声 生野慈朗 28.1%
平均視聴率 21.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品編集

  • 北川悦吏子『愛していると言ってくれ』(1997年、角川文庫)
  • 「愛していると言ってくれ BOXセット」ASIN: B00005HNEL

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “『愛していると言ってくれ』、2020年版で放送決定 豊川悦司&常盤貴子のリモート同窓会企画も”. ORICON NEWS (株式会社oricon ME). (2020年5月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2162809/full/ 2020年5月24日閲覧。 
  2. ^ 豊川は聴覚を失った主人公を演じるにあたり、耳栓をして撮影に臨んでいたことなど。
  3. ^ 『愛していると言ってくれ』最終回にネット感動の嵐 “トヨエツロス”の声も殺到”. クランクイン! (2020年6月21日). 2020年6月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
ジューン・ブライド
(1995.4.14 - 1995.6.30)
愛していると言ってくれ
(1995.7.7 - 1995.9.22)
未成年
(1995.10.13 - 1995.12.22)