相島一之

日本の俳優 (1961-)

相島 一之(あいじま かずゆき、1961年〈昭和36年〉11月30日[1] - )は、日本俳優藤賀事務所を経て2021年8月よりシス・カンパニー所属。

あいじま かずゆき
相島 一之
生年月日 (1961-11-30) 1961年11月30日(62歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県熊谷市
身長 176 cm
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
配偶者 既婚
事務所 シス・カンパニー
公式サイト https://aijimakazuyuki.com/
主な作品
テレビドラマ
ドク
ショムニ』シリーズ
新選組!
富豪刑事』シリーズ
相棒』シリーズ
映画
12人の優しい日本人
ステキな金縛り
テンプレートを表示

略歴・人物

編集

身長176 cm、体重63 kg。剣道2段。妻は福島三郎のマネージメントを担当している。

埼玉県熊谷市出身。実家は熊谷市内で喫茶店を営んでいた。

熊谷市立熊谷東小学校熊谷市立富士見中学校埼玉県立熊谷高等学校立教大学法学部卒業[1]

高等学校時代は剣道部に所属。大学在学中に劇団テアトルジュンヌ(先輩には野際陽子がいる)に入団し、演劇を始める。1984年12月公演『Happy X'mas GAME IS NOT OVER』では脚本と役者を担当。

1987年三谷幸喜が主宰する劇団、東京サンシャインボーイズに入団し、1994年の『罠』までの全作品に出演。劇団の活動休止後も三谷作品には常連出演している。

2008年に直腸がんを患い、摘出手術を受けた[2]。本人によれば、正確な病名は「ジスト」である[3]

2009年の東京サンシャインボーイズの復活公演は、相島の「自分は裏方でもいいから」という熱意に三谷が動かされて実現した[4]

三谷が画数占いに凝って「最も役者として大成する芸名」として熊面鯉を考案し、相島に付けようとしたが猛反対された[5]

音楽にも造詣が深く、無類のブルース好きである。ブルースハープの名手であり、2000年にドラマで知り合ったYASSと共に、2010年にはブルースバンドを結成し、ライブ活動も行っている。バンドではヴォーカル、ブルースハープ、作詞を担当している。

45歳前後に結婚し、第一子が2011年、第二子が2014年に誕生している。

出演

編集

テレビドラマ

編集

日本テレビ

編集

フジテレビ

編集

テレビ朝日

編集

テレビ東京

編集

その他のテレビ局

編集

映画

編集

Vシネマ

編集
  • ゼロワン Others(2021年) - 大門寺茂 役
    • ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷[18]
    • ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー[19]

Webドラマ

編集

舞台

編集

ラジオドラマ

編集

バラエティ

編集

音楽

編集

アルバム

編集
  • ブルースはお好き? ライブ盤(2010年9月24日)
  • A POCKET FULL OF BLUES ポケットいっぱいのブルース(2011年7月31日) - 1st ALBUM

ライブ

編集
  • 2010年6月15日 ブルースはお好き?- I Guess That's Why They Call It The Blues -
  • 2010年9月24日 ブルースはお好き?- I Guess That's Why They Call It The Blues - VOL.2
  • 2011年3月21日 ブルースはお好き?- I Guess That's Why They Call It The Blues - VOL.3
  • 2011年7月31日 ブルースはお好き?- I Guess That's Why They Call It The Blues - VOL.4
  • 2011年11月30日 ブルースはお好き?あいじま50th birthday party!!- I Guess That's Why They Call It The Blues - VOL.5
  • 2012年8月11日 ブルースはお好き?- I Guess That's Why They Call It The Blues - VOL.6

脚注

編集
  1. ^ a b c 『テレビ・タレント人名事典(第6版)』日外アソシエーツ、2004年6月、5頁。ISBN 978-4-8169-1852-0 
  2. ^ "#107 相島一之(俳優)". 輝きYELL!. 31 October 2015. 日本テレビ放送網
  3. ^ 相島一之「あいじまの病気のこと」『相島一之のBLUESな日々』2012年6月20日。2017年1月8日閲覧
  4. ^ 朝日新聞連載「ありふれた生活」より
  5. ^ エッセイ『オンリー・ミー』より。
  6. ^ 大河ドラマ「べらぼう」に中村隼人、生田斗真、眞島秀和ら、新キャスト11名発表”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年7月15日). 2024年7月15日閲覧。
  7. ^ “生田斗真&多部未華子“がん宣告”された夫婦役「一緒に泣いて、一緒に笑って創り上げた」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年2月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2268506/full/ 2023年2月20日閲覧。 
  8. ^ “バカリズムが送るショートドラマ『ノンレムの窓』第2弾が決定 窪田正孝、木村文乃、木村多江が主演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年9月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2250242/full/ 2022年9月22日閲覧。 
  9. ^ “『それってパクリじゃないですか?』新キャストにともさかりえ&田辺誠一ら 主演・芳根京子「本当にすごくいいチーム」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2023年3月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2272045/full/ 2023年3月18日閲覧。 
  10. ^ 日曜劇場「アンチヒーロー」岩田剛典ら40名の出演者が一挙発表”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年4月5日). 2024年4月5日閲覧。
  11. ^ 日曜劇場『アンチヒーロー』公式サイト 相関図”. 日曜劇場『アンチヒーロー』公式サイト. TBSテレビ (2024年5月19日). 2024年5月19日閲覧。
  12. ^ 「生ドラ!東京は24時」に朝夏まなと、浅利陽介、浜野謙太、増本尚、森香澄ら出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年3月20日). 2024年3月20日閲覧。
  13. ^ 相島一之 @aijima_kazuyuki
  14. ^ “志田彩良『必殺仕事人』ヒロインで時代劇初挑戦 橋本じゅん&西村まさ彦ら共演 Boys be池川侑希弥も”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年12月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2261572/full/ 2022年12月21日閲覧。 
  15. ^ 主な登場人物”. ドラマスペシャル『指定弁護士』. 2018年8月22日閲覧。
  16. ^ “欅坂46ドラマの要人・徳山大五郎の正体は嶋田久作!”. ウォーカープラス. (2016年6月14日). https://thetv.jp/news/detail/80025/ 2016年6月14日閲覧。 
  17. ^ 北大路欣也「さすらい署長」第17弾放送 共演に名取裕子、田中健、渡辺大、高橋和也ら”. 映画ナタリー. ナターシャ (2024年6月18日). 2024年6月18日閲覧。
  18. ^ 岡田龍太郎&鶴嶋乃愛&井桁弘恵&桜木那智『滅亡迅雷』スピンオフ出演 あらすじも判明”. ORICON NEWS (2021年1月10日). 2021年1月10日閲覧。
  19. ^ 仮面ライダーゼロワン:「バルカン&バルキリー」場面写真&特報解禁 大学生時代の刃唯阿 仮面ライダー滅亡迅雷VSバルキリー ジャスティスサーバル&バルカン ローンウルフ”. まんたんウェブ (2021年5月22日). 2021年5月22日閲覧。
  20. ^ 松本まりか、80年代の女性新人監督に!主演映画『雨に叫べば』Amazonで配信へ”. cinemacafe.net (2021年10月12日). 2021年10月13日閲覧。
  21. ^ 「フランケンシュタイン」中川晃教と柿澤勇人のWキャストで17年1月上演”. ステージナタリー (2016年3月10日). 2016年3月10日閲覧。
  22. ^ 大地”. PARCO STAGE. 2020年9月13日閲覧。
  23. ^ 三谷幸喜が作・演出、大泉洋、山本耕史、竜星涼らが出演する舞台『大地(Social Distancing Version)』 10月にTV放送が決定”. SPICE. 2020年9月13日閲覧。
  24. ^ “稲垣吾郎、主演舞台『多重露光』で横山拓也&眞鍋卓嗣とタッグ 共演に真飛聖、相島一之ら”. リアルサウンド映画部 (blueprint). (2023年8月7日). https://realsound.jp/movie/2023/08/post-1396094.html 2023年8月7日閲覧。 
  25. ^ “横山拓也×瀬戸山美咲「う蝕」坂東龍汰ら6人の不条理劇、相島一之は当て書きに喜び”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年8月31日). https://natalie.mu/stage/news/539017 2023年8月31日閲覧。 
  26. ^ 鈴木保奈美がスキャンダルの火消しに奔走する女性県知事に、舞台「逃奔政走」上演決定”. ステージナタリー. ナターシャ (2024年2月20日). 2024年2月20日閲覧。
  27. ^ 森見登美彦「有頂天家族」をG2が舞台化、中村鷹之資・濱田龍臣が狸一家の三男に”. ステージナタリー. ナターシャ (2024年5月21日). 2024年5月21日閲覧。
  28. ^ 池田亮がつづる“ガチャ”の物語「球体の球体」に新原泰佑・シッキン小栗基裕・前原瑞樹・相島一之”. ステージナタリー. ナターシャ (2024年5月31日). 2024年5月31日閲覧。
  29. ^ 東京サンシャインボーイズ「蒙古が襲来」で復活!三谷幸喜「日本の演劇史に残る作品に」”. ステージナタリー. ナターシャ (2024年7月11日). 2024年7月12日閲覧。
  30. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / FMシアター『メフィスト・ワルツ』 (1995年1月14日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年10月30日閲覧。
  31. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / 青春アドベンチャー『イッセー尾形のたゆたう人々』第1回 (全10回、1996年9月23日 - 10月4日放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年10月30日閲覧。
  32. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / 青春アドベンチャー『イッセー尾形のたまゆら日記』第1回 (全10回、1997年9月22日 - 10月3日放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年10月30日閲覧。
  33. ^ NHKアーカイブス NHKクロニクル / FMシアター『水入らず』 (1998年2月28日 放送)”. NHK 日本放送協会. 2022年10月30日閲覧。
  34. ^ J-Wave Sounds of Story 〜Asada Jiro Library〜「琥珀」(2013年6月1日放送)”. J-WAVE. 2022年10月30日閲覧。
  35. ^ る・ジオドラマ第1弾 ひ・るドラ「かたらずの華」”. Audible. 2022年10月30日閲覧。
  36. ^ ラジオ「Changeの瞬間~がんサバイバーストーリー」好評放送中 【随時更新】”. 日本対がん協会. 2023年5月6日閲覧。
  37. ^ 相島一之&壇蜜、谷崎潤一郎夫妻役で“官能の世界”描く”. ORICON STYLE (2015年10月30日). 2015年10月30日閲覧。

外部リンク

編集