成田街道

千葉県道路愛称名の成田街道の始点付近を撮影(千葉県道8号船橋我孫子線との分岐点)[1]
東金街道御成街道)からの分岐点にある成田街道道標[2]

成田街道(なりたかいどう)は、江戸時代には水戸街道新宿(にいじゅく)から分岐して佐倉藩成田山新勝寺に向かう街道であり、現在は千葉県道路愛称名により国道296号船橋市前原西の中野木交差点[3]印旛郡酒々井町下台と、国道51号の酒々井町下台~成田市寺台の寺台インターチェンジを指し示す[4][5]。ただし、この成田街道は江戸時代後期に成田山参詣が盛んになってからの愛称であり、江戸幕府の公式文書では「佐倉街道」(江戸城譜代の大藩佐倉藩を結ぶ街道の意味)と呼称され、酒々井からは多胡藩など九十九里浜方面[6]へ向かっており、成田山新勝寺に向かう道はその支道であった事に注意を必要とする。

このほか、水戸街道我孫子宿から分岐して利根川沿いに成田へ向かう道も同名で呼ばれた。現在は国道356号の一部となっている。

目次

宿場編集

途中の市町村編集

脚注編集

  1. ^ 中野木交差点(左・船橋市前原西1丁目1、右・習志野市谷津6丁目21)
  2. ^ 成田街道入口交差点(船橋市前原西1丁目16)
  3. ^ 本来は、その名の通り成田街道入口からであり、成田街道入口までは東金街道御成街道)で直進は千葉県道69号長沼船橋線である。
  4. ^ 道路愛称名”. 千葉県 (2010年12月16日). 2013年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月8日閲覧。
  5. ^ 成田街道 (PDF)”. 千葉県. 2013年4月8日閲覧。
  6. ^ 承平天慶の乱に際して天慶2年(939年)現在の横芝光町に下向した寛朝僧正が、翌天慶3年(940年)公津ヶ原で祈祷をしたのが成田山新勝寺の起源である。

関連項目編集

外部リンク編集