メインメニューを開く

杉原 達(すぎはら とおる、1953年 - )は、日本の歴史学者、日本学、文化史研究者。経済学博士。大阪大学大学院文学研究科名誉教授

目次

人物編集

京都市生まれ。帝国主義時代のドイツ経済史研究から出発し、日本・アジア関係史、日本学を専門とする。在日朝鮮人史、中国人強制連行問題など近代の文化・経済の交流や移動、越境に関する研究がある。

父は経済学者(経済学史研究)の杉原四郎、実兄は経済史家(アジア圏貿易史研究)の杉原薫

略歴編集

学歴編集

職歴編集

著書編集

  • 『オリエントへの道 ―ドイツ帝国主義の社会史』(藤原書店、1990年)
  • 『越境する民 ―近代大阪の朝鮮人史研究』(新幹社、1998年)
  • 『中国人強制連行』(岩波新書、2002年)

共著・編著編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ “平成二十九年度 退職教員略歴・主要業績”. 大阪大学大学院文学研究科紀要 58: 223–277. (2018-03). http://hdl.handle.net/11094/68249.