新井 見枝香(あらい みえか、1980年[1] - )は、かつては三省堂書店に、2019年5月より「HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE」に勤務しているカリスマ書店員[1]。文学賞の「新井賞」を主催している。

経歴編集

東京都台東区根岸出身。音楽大学の附属中高に通い、吹奏楽部ホルンを担当していた。ロックバンドに熱中して大学を中退した後、様々なアルバイトを経て、20代後半より三省堂書店有楽町店のアルバイト店員となる。その後契約社員を経て正社員登用されると、「新井賞」を創設したほか、「新井ナイト」と称したトークイベントを開催するようになる。2015年7月には新たにオープンした池袋本店にイベント担当として移籍。その後営業本部、神保町本店に異動し2019年4月に退社。5月にHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEに入社。

新井賞編集

新井が個人的に推したいと選定した本に贈られ、直木賞芥川賞発表の同日の夜に発表される[2]。直木賞受賞作より売上が伸びた例もあり、発表時にメディアで記事が出ることもある[3]。ジャンルが小説に限らない、国内の作品に限らない、ということが特徴である。

以下は過去の受賞作の一覧。

出演編集

テレビ番組編集

ラジオ番組編集

書籍情報編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 山口佳奈 (2019年6月6日). “直木賞より売れる「新井賞」書店員一人で勝手に選考”. NIKKEI STYLE. 日本経済新聞社. 2019年7月17日閲覧。
  2. ^ 新井賞”. 文学賞の世界. 2019年7月17日閲覧。
  3. ^ “書店業界などが注目 「新井賞」に仏小説「三つ編み」”. NHK. (2019年7月17日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190717/k10011996231000.html 2019年7月19日閲覧。 
  4. ^ "新井見枝香". セブンルール. 30 January 2018. フジテレビ系列. カンテレ. 2018年7月17日閲覧
  5. ^ カリスマ書店員・新井見枝香が教える『売れる本の置き場』”. ニッポン放送 (2019年2月13日). 2019年7月19日閲覧。
  6. ^ “カリスマ書店員・新井見枝香 ラジオパーソナリティ初挑戦! 芥川賞作家・町屋良平と本対談”. ニッポン放送. (2019年3月5日). https://news.1242.com/article/169556 2019年7月19日閲覧。 
  7. ^ 出版書籍データベース”. 日本出版インフラセンター. 2019年7月17日閲覧。

外部リンク編集