(あしざわ よう、1984年2月13日[1] -)は、日本小説家推理作家東京都生まれ[2]神奈川県川崎市在住[2]千葉大学文学部史学科卒業[1]

芦沢 央
(あしざわ よう)
誕生 (1984-02-13) 1984年2月13日(38歳)
日本の旗 日本東京都
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 千葉大学文学部卒業
活動期間 2012年 -
主な受賞歴 野性時代フロンティア文学賞(2012年)
デビュー作罪の余白』(2012年)
テンプレートを表示

経歴編集

高校時代(2000年ごろ)からデビューまで12年間、雑誌投稿・文学賞への応募を続ける[3][4]。大学時代は創作仲間と同人誌を出しており、似鳥鶏とは当時から交流があった[5]

出版社勤務を経て、2012年、「罪の余白」で第3回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、小説家デビューする。選考委員の池上永一は「切り札の多さが魅力の作品だ」「手札の豊富さで読者を飽きさせない」、山本文緒は「エンターテインメント作品に紛れこませようとしても滲んできてしまう、この著者の只事ではないエネルギーを私は感じた」と評した。

2015年、「許されようとは思いません」で第68回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。同作を収録した短編集『許されようとは思いません』が2016年版「週刊文春ミステリーベスト10」で第7位、「このミステリーがすごい!」2017年版で第5位、第38回吉川英治文学新人賞候補。2018年、「ただ、運が悪かっただけ」で第71回日本推理作家協会賞(短篇部門)候補に選ばれた。2019年、『火のないところに煙は』で第32回山本周五郎賞候補。2021年、『汚れた手をそこで拭かない』で第164回直木三十五賞候補、第42回吉川英治文学新人賞候補。

人物編集

目標とする作家はスティーヴン・キング[6]。感銘を受けた作品は小野不由美の『十二国記』シリーズ[6]。大学の先輩である辻村深月にも影響を受けており、ペンネームの由来は『凍りのくじら』の主人公・芦沢理帆子から[5]

奨励会(プロ棋士の養成機関)を知ったことをきっかけに将棋に関心を持つ。「いつか将棋をテーマに執筆したい」と考え、教室に通ったり定跡書を読んだり詰将棋を解くようになった[4]。2021年秋、第34期竜王戦の現地を訪れて取材し特別観戦記を執筆した[7]

作品リスト編集

単著編集

  • 罪の余白(2012年9月 角川書店 / 2015年4月 角川文庫
  • 悪いものが、来ませんように(2013年8月 角川書店 / 2016年8月 角川文庫)
  • 今だけのあの子(2014年7月 東京創元社 ミステリ・フロンティア / 2017年4月 創元推理文庫
    • 届かない招待状(東京創元社『ミステリーズ! Vol.57』2013年2月号)
    • 帰らない理由(東京創元社『ミステリーズ! Vol.62』2013年12月号)
    • 答えない子ども(東京創元社『ミステリーズ! Vol.64』2014年4月号)
    • 願わない少女(東京創元社『Webミステリーズ!』2014年5月号)[8]
    • 正しくない言葉(書き下ろし)
  • いつかの人質(2015年12月 KADOKAWA / 2018年2月 角川文庫)
  • 許されようとは思いません(2016年6月 新潮社 / 2019年6月 新潮文庫
    • 許されようとは思いません(新潮社『小説新潮』2014年11月号)
    • 目撃者はいなかった(新潮社『小説新潮』2016年2月号)
    • ありがとう、ばあば(新潮社『小説新潮』2016年4月号)
    • 姉のように(新潮社『小説新潮』2015年9月号)
    • 絵の中の男(新潮社『小説新潮』2015年6月号)
  • 雨利終活写真館(2016年11月 小学館
  • 貘の耳たぶ(2017年4月 幻冬舎 / 2020年2月 幻冬舎文庫
  • バック・ステージ(2017年8月 KADOKAWA / 2019年9月 角川文庫)
    • 序幕(書き下ろし)
    • 息子の親友(角川書店『小説 野性時代 Vol.116』2013年7月号)
    • 始まるまで、あと五分(角川書店『小説 野性時代 Vol.119』2013年10月号)
    • 舞台裏の覚悟(KADOKAWA『小説 野性時代 Vol.143』2015年10月号)
    • 千賀稚子にはかなわない(KADOKAWA『小説 野性時代 Vol.156』2016年11月号)
    • 終幕(書き下ろし)
  • 火のないところに煙は(2018年6月 新潮社 / 2021年6月 新潮文庫)
    • 染み(新潮社『小説新潮』2016年8月号)
    • お祓いを頼む女(新潮社『小説新潮』2017年2月号)
    • 妄言(「火のないところに煙は」改題)(新潮社『小説新潮』2017年8月号)
    • 助けてって言ったのに(新潮社『小説新潮』2018年1月号)
    • 誰かの怪異(新潮社『小説新潮』2018年2月号)
    • 禁忌(書き下ろし)
  • カインは言わなかった(2019年8月 文藝春秋 / 2022年8月 文春文庫
  • 僕の神さま(2020年8月 KADOKAWA)
    • 春の作り方(中央公論新社小説BOC』4号)
    • 夏の「自由」研究(KADOKAWA『カドブンノベル』2020年8月号)
    • 作戦会議は秋の秘密(KADOKAWA『カドブンノベル』2020年8月号)
    • 冬に真実は伝えない(KADOKAWA『怪と幽 vol.004』2020年5月)
    • 春休みの答え合わせ(書き下ろし)
  • 汚れた手をそこで拭かない(2020年9月 文藝春秋)
    • ただ、運が悪かっただけ(文藝春秋『オール讀物』2017年11月号)
    • 埋め合わせ(文藝春秋『オール讀物』2018年7月号)
    • 忘却(書き下ろし)
    • お蔵入り(文藝春秋『オール讀物』2020年7月号)
    • ミモザ(文藝春秋『オール讀物』2020年8月号)
  • 神の悪手(2021年5月 新潮社)
    • 弱い者(新潮社『小説新潮』2020年5月号)
    • 神の悪手(新潮社『週刊新潮』2020年2月6日号 - 2月20日号)
    • ミイラ(新潮社『小説新潮』2020年9月号)
    • 盤上の糸(新潮社『小説新潮』2021年1月号)
    • 恩返し(新潮社『小説新潮』2021年3月号)
  • 夜の道標(2022年8月 中央公論新社)

アンソロジー編集

「」内が芦沢央の作品

  • ザ・ベストミステリーズ 2015 推理小説年鑑(2015年5月 講談社)「許されようとは思いません」
    • 【分冊・改題】Propose 告白は突然に ミステリー傑作選(2018年5月 講談社文庫
  • ベスト本格ミステリ2015(2015年6月 講談社ノベルス)「許されようとは思いません」
    • 【再編集・改題】ベスト本格ミステリ TOP5 短編傑作選001(2018年12月 講談社文庫)
  • 小説なかよしホラー 絶叫ライブラリー 友だち地獄(2015年7月 講談社KK文庫)「地獄エレベーター」 - 瑞樹しずかの漫画のノベライズ、黒戸まち名義[9][10][11]
  • ザ・ベストミステリーズ 2016 推理小説年鑑(2016年5月 講談社)「絵の中の男」
  • 悪意の迷路(2016年11月 光文社 / 2019年5月 光文社文庫)「願わない少女」
  • 共犯関係(2017年10月 ハルキ文庫)「代償」
  • 猫ミス!(2017年10月 中公文庫)「春の作り方」
  • 短篇ベストコレクション 現代の小説2017(2017年6月 徳間文庫)「水谷くんに解けない謎」
  • 怪を編む ショートショート・アンソロジー(2018年4月 光文社文庫)「母校」
  • ザ・ベストミステリーズ 2018 推理小説年鑑(2018年5月 講談社)「ただ、運が悪かっただけ」
    • 【再編集・改題】ベスト8ミステリーズ 2017(2021年4月 講談社文庫)
  • だから見るなといったのに 九つの奇妙な物語(2018年8月 新潮文庫nex)「妄言」
  • 鍵のかかった部屋 5つの密室(2018年9月 新潮文庫nex)「薄着の女」
  • ザ・ベストミステリーズ 2019 推理小説年鑑(2019年6月 講談社)「埋め合わせ」
    • 【改題】2019 ザ・ベストミステリーズ(2022年4月 講談社文庫)
  • 喧騒の夜想曲(2019年12月 光文社)「春の作り方」
    • 【分冊・改題】喧騒の夜想曲 白眉編 Vol.1(2022年5月 光文社文庫)
  • 非日常の謎 ミステリアンソロジー(2021年3月 講談社タイガ)「この世界には間違いが七つある」
  • Day to Day(2021年3月 講談社 / 2021年3月 講談社【愛蔵版】)「5月17日 共同作業」
  • 神様の罠(2021年6月 文春文庫)「投了図」
  • ザ・ベストミステリーズ 2021 推理小説年鑑(2021年6月 講談社)「九月某日の誓い」
  • 現代の小説2021 短篇ベストコレクション(2021年11月 小学館文庫)「ミイラ」
  • Jミステリー2022 SPRING(2022年4月 光文社文庫)「立体パズル」
  • 本格王2022(2022年6月 講談社文庫)「アイランドキッチン」

単著未収録作品編集

読切短編
  • わたしの完璧な夫(KADOKAWA『小説 野性時代 Vol.131』2014年10月号)
  • 水谷くんに解けない謎(双葉社小説推理』2016年11月号)
  • 千日手(幻冬舎『小説幻冬』2017年5月号)
  • 薄着の女(新潮社『小説新潮』2017年7月号)
  • 代償(『共犯関係』2017年10月 ハルキ文庫)
  • 母校(『怪を編む ショートショート・アンソロジー』2018年4月 光文社文庫)
  • ヒーロー(幻冬舎『小説幻冬』2018年7月号)
  • 九月某日の誓い(集英社小説すばる』2020年5月号)
  • この世界には間違いが七つある(講談社『小説現代』2021年2月号)

映像化作品編集

映画編集

メディア出演編集

脚注編集

  1. ^ a b 会員名簿 芦沢央”. 日本推理作家協会. 2021年1月31日閲覧。
  2. ^ a b “野性時代フロンティア文学賞:芦沢央さんと古川春秋さんに”. 毎日新聞. (2012年3月15日). オリジナルの2013年9月16日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/eTFAj 2021年1月31日閲覧。 
  3. ^ 第3回野性時代フロンティア文学賞 『罪の余白』 芦沢 央インタビュー |ダ・ヴィンチ電子ナビ
  4. ^ a b 将棋愛の詰まったミステリー短編集「神の悪手」 作家・芦沢央さんが刊行:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2022年2月7日閲覧。
  5. ^ a b 第183回:芦沢央さんその4「投稿生活と読書」 - 作家の読書道|WEB本の雑誌”. WEB本の雑誌. 2021年1月20日閲覧。
  6. ^ a b 角川新人賞2012 この6人がすごい!
  7. ^ 特別観戦記-芦沢央さん”. 竜王戦中継plus. 2022年2月7日閲覧。
  8. ^ 【特別先行読切】芦沢央『願わない少女』 2014年7月に刊行される『今だけのあの子』の発売に先駆け、収録作の1編を特別先行読み切り!|Special|Webミステリーズ!
  9. ^ AshizawaYouのツイート(1255063378495541248) 2022年2月11日閲覧。
  10. ^ AshizawaYouのツイート(1255064951686787072) 2022年2月11日閲覧。
  11. ^ AshizawaYouのツイート(1255075619521454081) 2022年2月11日閲覧。

外部リンク編集