メインメニューを開く

武宮 正樹(たけみや まさき、1951年1月1日 - )は、囲碁のプロ棋士、九段。名人1期、本因坊6期など。東京都葛飾区出身。日本棋院所属。本因坊時代の雅号は当初「秀樹(しゅうじゅ)」であったが、2度目の獲得以降は「正樹(せいじゅ)」と改めた。また世界選手権設立当初に活躍したため、「世界最強の男」の異名を取った。

 武宮正樹 九段
Takemiya Masaki.jpg
名前 武宮正樹
生年月日 (1951-01-01) 1951年1月1日(68歳)
出身地 東京都
所属 日本棋院東京本院
師匠 田中三七一、木谷實
段位 九段
概要
タイトル獲得合計 24
七大タイトル
名人 1期 (1995)
本因坊 6期 (1976・1980・1985-88)
十段 3期 (1990-92)
世界タイトル
富士通杯 優勝 (1988,1989)
TVアジア選手権 優勝 (1989,1990,1991,1992)

中央に大模様を作る厚み重視の棋風は、「宇宙流」という愛称で知られる。田中三七一木谷実に師事。尊敬する棋士は藤沢秀行名誉棋聖など。同じ木谷実門下の石田芳夫加藤正夫と並んで「黄金トリオ」「木谷三羽烏」と呼ばれ、木谷一門黄金時代の一翼を担った。プロ棋士の武宮陽光は長男。

目次

棋風編集

先番では三連星を愛用し、よりも中央での展開を重視した独特の感覚から作られる大模様作戦は宇宙流と呼ばれファンも多い。一方、白番二連星から柔軟に展開される模様にこだわらない流水のごとくしなやかな碁は自然流と呼ばれる。

韓国の李昌鎬は武宮を「宇宙流は布石の第2革命と呼ぶべきであり、彼は世界の碁を一人で変えてしまった」[1]と評している。また中国の江鋳久も「アマチュアが強くなる秘訣は、武宮先生の碁を並べること」[2]と述べるなど、独創的なそのスタイルは世界でも極めて高く評価されている。

人物編集

当時名人だった小林光一の棋風を地下鉄と揶揄したり、「三々に打つと碁盤から落っこちそうだ」などと発言したりと数々の逸話を持つ。

趣味はゴルフバックギャモン、歌、麻雀など。特にバックギャモンにおいては、三大タイトルの一つである盤聖戦で、第12期盤聖となった(2005年)ほどの腕前を持つ。また歌については演歌歌手青山みきとのデュエット曲「鷺と烏のラブゲーム」でレコード(CD)デビューもしている。近年はダンスもし、タンゴルンバを踊る姿がテレビで紹介されたり、囲碁イベントのプログラムに入れられたりしている。能書家でサイン色紙には「遊神」「宇宙流」「鮮雲」等をよく揮毫する。

デビュー当初はメガネをかけていたが、レーシック治療を受けたため、現在はかけていない。また、髪型もデビューからタイトルを獲得した頃までは七三分けの髪型だったが、2000年頃から剃髪している。

履歴編集

記録編集

  • 史上5人目の本因坊5期獲得
  • 史上4人目の本因坊4期獲得
  • 史上7人目の本因坊3期獲得
  • 史上8人目の本因坊2期獲得
  • 史上4人目の本因坊4連覇
  • 史上7人目の本因坊3連覇
  • 史上9人目の本因坊2連覇
  • 史上6人目の十段位3期獲得
  • 史上7人目の十段位2期獲得
  • 史上4人目の十段位4期獲得
  • 史上6人目の十段位6期獲得

成績編集

国内棋戦編集

  • 本因坊 6期(歴代4位)4連覇、3度の本因坊奪取は史上唯一。
  • 名人 1期
  • 十段 3期 3連覇
  • 首相杯争奪戦優勝2回(1971年、1973年)
  • NECカップ優勝2回(1982年、1986年)
  • NHK杯優勝(1989年)
  • 早碁選手権優勝2回(1978年、1989年)
  • 鶴聖戦優勝(1990年)

国際棋戦編集

宇宙流布石編集

                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

依田紀基戦。右辺が武宮の得意とする三連星からのコスミ、通称「牛角三連星」。黒15の肩ツキが武宮特有。この後白22の侵入には隅の地を譲り、黒33のカケに回ってあくまで中央を広げる作戦に出た。四隅を与えたものの中央のスケールで圧勝。


                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

趙治勲戦。地に辛い趙が珍しく三連星を敷いたが、武宮は四連星の対峙から黒9,11など豪快な中央志向。兄弟弟子でありながら対照的なスタイルの両者の対決は、常にファンの注目を集めた。


                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     
                                     

本因坊挑戦手合での、対山城宏戦。白の武宮は二連星から14の「上大ゲイマガカリ」の奇手を繰り出した。中央戦に持ち込み、快勝している。