施政方針演説

施政方針演説(しせいほうしんえんぜつ)とは、政府議会でその年一年間の政府の基本方針や政策についての姿勢を示すために行われる演説である。

以降は日本国会におけるものについて説明する。自治体の議会ではおおむねこれに似たような形式で行われることが多い。

目次

日本の国会における施政方針演説編集

 
施政方針演説を行う日本の吉田茂首相

日本の国会の場合は原則として通常国会の冒頭で内閣総理大臣が本会議場で行う演説を施政方針演説という。衆議院参議院本会議場でそれぞれ行われる。1953年6月以前では臨時国会の冒頭など現在では所信表明演説として扱われる演説でも施政方針演説とされていた。

また、施政方針演説に引き続いて行われる外務大臣の外交演説、財務大臣の財政演説、経済財政政策担当大臣の経済演説を合わせて政府四演説と呼ぶ。議席を持つ各会派はこれら四演説に対して後日代表者1名が代表質問(一般質問)を行う。

施政方針演説を始めとする政府の演説に関しては憲法国会法に明確な規定はないが、内閣総理大臣が国務等について国会に報告する旨の規定は日本国憲法第72条に存在する。1890年の第1回帝国議会山縣有朋首相が行って以降、慣例化している。

なお、立憲君主制の国では君主が政府の方針を議会で読み上げるケース(国王演説)が多いが、ひとたび天皇の口から発せられた言葉に対して異議を差し挟むことがはばかられがちな日本では帝国議会時代を含めてそのような例はない。

施政方針演説を行わなかった例編集

内閣総理大臣の施政方針演説が行われなかったケースは過去に三度ある。

1948年10月11日召集の第3回臨時国会
  • 首相である吉田茂が7月のマッカーサー勧告による国家公務員法及びその関係法規の制定を実行すればいつでも施政方針演説を行う用意はあるとして、施政方針演説を見送った状態で国会の実質審議に入った。野党が施政方針演説の実施を要求したものの、国会会期終了の11月30日まで施政方針演説は行われなかった。
1983年12月26日召集の第101回特別国会
1989年12月25日召集の第117回通常国会

施政方針演説における出来事編集

過去の施政方針演説編集

過去の施政方針演説
年月 国会 施政方針演説
1947年7月1日 第1回国会 片山哲
1948年1月22日 第2回国会
1948年3月20日 芦田均
1948年12月4日 第4回国会 吉田茂
1949年4月4日 第5回国会
1949年11月8日 第6回国会
1950年1月23日 第7回国会
1950年7月14日 第8回国会
1950年11月24日 第9回国会
1951年1月26日 第10回国会
1951年10月12日 第12回国会
1952年1月23日 第13回国会
1952年11月24日 第15回国会
1953年1月30日
1953年6月16日 第16回国会
1954年1月27日 第19回国会
1955年1月22日 第21回国会 鳩山一郎
1955年4月25日 第22回国会
1956年1月30日 第24回国会
1957年2月4日 第26回国会 岸信介[2]
1957年11月1日 第27回国会
1958年1月29日 第28回国会
1958年9月30日 第30回国会
1959年1月27日 第31回国会
1960年2月1日 第34回国会
1960年10月21日 第36回国会 池田勇人
1961年1月30日 第38回国会
1961年9月28日 第39回国会
1962年1月19日 第40回国会
1963年1月23日 第43回国会
1964年1月21日 第46回国会
1965年1月25日 第48回国会 佐藤栄作
1966年1月28日 第51回国会
1967年3月14日 第55回国会
1968年1月27日 第58回国会
1969年1月27日 第61回国会
1970年2月14日 第63回国会
1971年1月22日 第65回国会
1972年1月29日 第68回国会
1973年1月27日 第71回国会 田中角栄
1974年1月21日 第72回国会
1975年1月24日 第75回国会 三木武夫
1976年1月23日 第77回国会
1977年1月31日 第80回国会 福田赳夫
1978年1月21日 第84回国会
1979年1月25日 第87回国会 大平正芳
1980年1月25日 第91回国会
1981年1月26日 第94回国会 鈴木善幸
1982年1月25日 第96回国会
1983年1月24日 第98回国会 中曽根康弘
1984年2月6日 第101回国会
1985年1月25日 第102回国会
1986年1月27日 第104回国会
1987年1月26日 第108回国会
1988年1月25日 第112回国会 竹下登
1989年2月10日 第114回国会
1990年3月2日 第118回国会 海部俊樹
1991年1月25日 第120回国会
1992年1月24日 第123回国会 宮沢喜一
1993年1月22日 第126回国会
1994年3月4日 第129回国会 細川護熙
1995年1月20日 第132回国会 村山富市
1996年1月22日 第136回国会 橋本龍太郎
1997年1月20日 第140回国会
1998年2月16日 第142回国会
1999年1月19日 第145回国会 小渕恵三
2000年1月28日 第147回国会
2001年1月31日 第151回国会 森喜朗
2002年2月4日 第154回国会 小泉純一郎
2003年1月31日 第156回国会
2004年1月19日 第159回国会
2005年1月21日 第162回国会
2006年1月20日 第164回国会
2007年1月26日 第166回国会 安倍晋三
2008年1月18日 第169回国会 福田康夫
2009年1月28日 第171回国会 麻生太郎
2010年1月29日 第174回国会 鳩山由紀夫
2011年1月24日 第177回国会 菅直人
2012年1月24日 第180回国会 野田佳彦
2013年2月28日 第183回国会 安倍晋三
2014年1月24日 第186回国会
2015年2月12日 第189回国会
2016年1月22日 第190回国会
2017年1月20日 第193回国会

脚注編集

  1. ^ この当時の通常国会は12月召集という国会法の規定があった為。1991年国会法改正(平成3年9月19日法律第八六号)により、現在のように通常国会が1月召集となった。
  2. ^ 第26回国会では内閣総理大臣石橋湛山が病に倒れ療養中であったため、外務大臣の岸が登壇・演説した。

関連項目編集