メインメニューを開く

日本スポーツマスターズ(にほんスポーツマスターズ)は、日本のスポーツ競技大会である。

概要編集

1988年から始まった全国健康福祉祭(ねんりんピック)は60歳以上が対象だが、この大会は、原則35歳以上が対象となる(水泳は30歳以上など、競技による)。大会は生涯学習としてのスポーツの定着(即ち生涯スポーツの定着)と、幼児期~高齢者の幅広い層が、おのおのの能力や志向に応じて、スポーツを楽しむ環境づくりを目指すことを歌っているが、本大会では競技性が高い35歳以上の選手が出場し、いわゆる、シニア版国体とも呼ばれている。その中で、参加者が順位を競いつつもスポーツへ親しみを持ってもらい、スポーツを生涯学習として捕らえ、その普及・信仰と、生きがいある社会形成、健全なる心身の維持と向上に勤めることを目指している。

2001年宮崎県で第1回大会が行われた。

スポンサー編集

開催競技編集

水泳サッカーテニスバレーボールバスケットボール自転車競技ソフトテニス軟式野球ソフトボールバドミントン空手道ボウリングゴルフの計13競技。このうち、自転車競技は2002神奈川大会から、ソフトテニスは2006広島大会、軟式野球は2008高知大会から開催。

過去には陸上競技綱引も行われていたが、休止している。

開催地編集

関連項目編集

外部リンク編集